Citrix ADC

サージキューをフラッシュする

物理サーバが要求の急増を受信すると、現在接続しているクライアントへの応答が遅くなり、ユーザが不満になり、不満や不満が残ります。多くの場合、オーバーロードにより、クライアントはエラーページを受信します。Citrix ADCアプライアンスは、サービスへの新しい接続を確立できる速度を制御し、過負荷を回避するサージ保護などの機能を提供します。

アプライアンスは、クライアントと物理サーバ間の接続の多重化を行います。サーバ上のサービスにアクセスするためのクライアント要求を受信すると、アプライアンスはすでに確立されているサーバへの接続を空いているか探します。空き接続が見つかった場合、その接続を使用してクライアントとサーバー間の仮想リンクを確立します。既存の空き接続が見つからない場合、アプライアンスはサーバーとの新しい接続を確立し、クライアントとサーバーの間に仮想リンクを確立します。ただし、アプライアンスがサーバーとの新しい接続を確立できない場合、クライアント要求をサージキューに送信します。負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドされているすべての物理サーバーがクライアント接続の上限(最大クライアント値、サージ保護しきい値、またはサービスの最大容量)に達した場合、アプライアンスはどのサーバーとも接続を確立できません。サージ保護機能は、サージキューを使用して、物理サーバとの接続が開かれる速度を調整します。アプライアンスは、仮想サーバにバインドされたサービスごとに異なるサージキューを維持します。

アプライアンスが接続を確立できない要求が来るたびに、サージキューの長さが長くなります。サージキューの長さは、次の条件のいずれかで減少します。

  • キュー内のリクエストがサーバーに送信されます。
  • リクエストがタイムアウトし、キューから削除されます。

サービスまたはサービスグループのサージキューが長くなりすぎる場合は、それをフラッシュすることをお勧めします。特定のサービスまたはサービスグループ、または負荷分散仮想サーバーにバインドされているすべてのサービスとサービスグループのサージキューをフラッシュできます。サージキューをフラッシュしても、既存の接続には影響しません。サージキューに存在する要求だけが削除されます。これらの要求の場合、クライアントは新しい要求を行う必要があります。

コンテンツスイッチング仮想サーバーのサージキューをフラッシュすることもできます。コンテンツスイッチング仮想サーバーが特定の負荷分散仮想サーバーにいくつかの要求を転送し、負荷分散仮想サーバーが他のいくつかの要求も受信する場合、コンテンツスイッチング仮想サーバーのサージキューをフラッシュすると、このコンテンツスイッチングから受信した要求のみが仮想サーバーがフラッシュされます。負荷分散仮想サーバーのサージキュー内の他の要求はフラッシュされません。

注:キャッシュリダイレクト、認証、VPN、または GSLB 仮想サーバーまたは GSLB サービスのサージキューをフラッシュすることはできません。

注:[ソース IP (USIP) を使用] が有効になっている場合は、サージ保護機能を使用しないでください。

CLI を使用してサージキューをフラッシュするには

flush ns surgeQ コマンドは、次のように動作します。

  • サージキューをフラッシュする必要があるサービス、サービスグループ、または仮想サーバの名前を指定できます。
  • コマンドの実行中に名前を指定すると、指定したエンティティのサージキューがフラッシュされます。複数のエンティティが同じ名前を持っている場合、アプライアンスはそれらすべてのエンティティのサージキューをフラッシュします。
  • コマンドの実行中にサービスグループの名前、サーバー名、およびポートを指定すると、アプライアンスは指定されたサービスグループメンバーのみのサージキューをフラッシュします。
  • サービスグループの名前(<name>)を指定せずにサービスグループメンバー(<serverName><port>)を直接指定することはできません。また、<serverName>なしで<port>を指定することはできません。特定のサービスグループメンバーのサージキューをフラッシュする場合は、<serverName>および<port>を指定します。
  • 名前を指定せずにコマンドを実行すると、アプライアンスはアプライアンスに存在するすべてのエンティティのサージキューをフラッシュします。
  • サービスグループメンバーがサーバ名で識別される場合は、このコマンドでサーバ名を指定する必要があります。その IP アドレスを指定することはできません。

コマンドプロンプトで入力します。

flush ns surgeQ [-name <name>] [-serverName <serverName> <port>]
<!--NeedCopy-->

flush ns surgeQ –name SVC1ANZGB –serverName 10.10.10.1 80
<!--NeedCopy-->

前のコマンドは、SVC1ANZGB という名前で IP アドレスが 10.10.10 のサービスまたは仮想サーバのサージキューをフラッシュします。

flush ns surgeQ
<!--NeedCopy-->

前のコマンドは、アプライアンスのすべてのサージキューをフラッシュします。

GUI を使用してサージキューをフラッシュするには

[ トラフィック管理 ] > [ コンテンツスイッチング ] > [ 仮想サーバ] に移動し、仮想サーバを選択し、[アクション] リストで [ サージキューのフラッシュ] を選択します。

サージキューをフラッシュする