Citrix ADC

ユースケース14:Citrix 共有ファイルの負荷分散のためのShareFileウィザード

ウィザードを使用して、Citrix ShareFile用の負荷分散を構成できます。Citrix ShareFileウィザードは、要求されたコンテンツのタイプに基づいて、ShareFileサイトの負荷分散構成をセットアップするのに役立ちます。コンテンツスイッチングサーバーは、StorageZone、CIFS、またはSharePoint要求のいずれであるかに基づいて要求を送信します。コンテンツスイッチングは、ポリシーに基づいています。ウィザードは、要求がStorageZone、CIFS、またはSharePointのいずれであるかを識別するためのポリシーを自動生成します。コンテンツスイッチ仮想サーバーは、これらのポリシーを使用して、要求を正しい負荷分散サーバーに転送します。

次の図に示すように、一般的なデータフローを表すことができます。

図1:ShareFile データ・ロード・バランシング

ShareFileパケットフロー

Traffic Management > Virtual ServersおよびServices > Virtual Serversに移動してShareFileウィザードが作成する負荷分散仮想サーバーを表示できます。ShareFileウィザードを使用して作成した仮想サーバーを手動で削除することはできません。ウィザードを使用して、仮想サーバを削除します。

Citrix ADC は、SharePointまたはCIFS要求に対してLDAP認証を使用します。ハッシュ認証は、StorageZoneの要求を認証するために使用されます。

Citrix ADCアプライアンスを構成してCitrixShareFile 負荷分散を構成するには

  1. ナビゲーションペインで、[ トラフィック管理]をクリックします。
  2. [CitrixShareFile ]セクションで、 [Citrix ADCをShareFile用に設定]をクリックします。
  3. ShareFile用コンテンツスイッチングの設定 」ページで、次の情報を入力します。
    • IP アドレス:コンテンツスイッチ仮想サーバーの IP アドレス。
    • [名前]: コンテンツスイッチ仮想サーバーの名前。
    • CIFSまたはSharePointの負荷分散を設定する場合は 、ネットワークファイル用 のStorageZoneコネクタをクリックします Shares/SharePoint チェックボックスをオンにして、[ 続行]をクリックします。既定では、[ ShareFile データ ] チェックボックスはオンになっています。 ShareFilecs仮想サーバー
  4. 有効な証明書を指定します。証明書がある場合は、[証明書の 選択 ]をクリックし、ドロップダウンリストから証明書を選択します。証明書をインストールする必要がある場合は、[証明書の インストール ]をクリックして、証明書とキーのペアを指定します。証明書キーペア
  5. [続行] をクリックします。
  6. [ 新しいStorageZoneコントローラー の追加]ダイアログボックスで、次のパラメーターの値を指定します。
    • StorageZone・コントローラのIPアドレス:IPアドレス
    • ポート:ポート番号。デフォルト値は 443 です。
    • プロトコル:HTTPS または HTTP sf ストレージゾーンから選択
  7. [ 作成 ]をクリック してから、[完了]をクリックします。ウィザードは自動的にサービスを作成し、サービスの名前を自動生成します。
  8. 手順4.cでCIFSまたはSharePointのロード・バランシングを選択した場合は、LDAP認証設定の値を指定します。
    • Citrix ADC AAA仮想サーバーのIPアドレス:Citrix ADC AAA仮想サーバーのIPアドレス
    • LDAP サーバの IP アドレス:LDAP サーバの IP アドレス
    • ポート:ポート番号。デフォルト値は 389 です。
    • Timeout:タイムアウト値(分)
    • シングルサインオンドメイン-シングルサインオンドメイン名
    • ベース DN:ベースドメイン名
    • 管理者バインド DN:ドメイン名を持つ LDAP アカウント名(adminstrator@domainname.com など)
    • ログオン名-ログオン名はsAMAccountNameです
    • パスワードとパスワードの確認:パスワードを入力し、パスワード SF LDAP 設定を確認します
  9. [ 続行 ]をクリック してから、[完了]をクリックします。

ShareFile用の負荷分散構成を削除するには

  1. ナビゲーションペインで、[ トラフィック管理]をクリックします。
  2. [ Citrix ShareFile ]セクションで、[ ShareFile構成の削除]をクリックします。
ユースケース14:Citrix 共有ファイルの負荷分散のためのShareFileウィザード