Citrix ADC

NSIPアドレスの構成

NSIPアドレスは、管理目的でCitrix ADCアプライアンスにアクセスするIPアドレスです。アプライアンスは、管理IPアドレスとも呼ばれるNSIPを1つだけ持つことができます。Citrix ADCを初めて構成するときは、このIPアドレスを追加する必要があります。NSIPアドレスは削除できません。セキュリティ上の理由から、NSIP は組織の LAN 上のルーティング不可能な IP アドレスである必要があります。

このアドレスを変更する場合は、Citrix ADCアプライアンスを再起動する必要があります。新しい NSIP アドレスのサブネットアドレスが前のサブネットアドレスと異なる場合は、新しい NSIP アドレスが LAN 上の他のネットワークから到達可能になるように、このサブネットのデフォルトルートを追加する必要があります。

重要

NSIPアドレスの構成は必須です。

Citrix ADCアプライアンスのNSIPアドレスの変更は、次のタスクで構成されます。

  • NSIP アドレスを変更します。
  • NSIPアドレスのサブネット・アドレスにデフォルト・ルートが存在しない場合は、追加します。
  • 構成を保存します。
  • アプライアンスを再起動します。

コマンドラインプロシージャ

CLI を使用して NSIP アドレスを変更するには、次の手順で行います。

コマンドプロンプトで入力します。

  • set ns config -IPAddress <ip_addr> -netmask <netmask>
  • show ns config

CLI を使用してデフォルトルートを追加するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

  • add route 0 0 <gateway IP address>
  • show route

CLI を使用して設定を保存するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

  • save config

CLIを使用してCitrix ADCアプライアンスを再起動するには:

コマンドプロンプトで入力します。

  • リブート

GUI の手順

GUIを使用してNSIPアドレスを構成するには、次の手順で行います。

  1. [設定] ページの右上隅にある歯車アイコンをクリックします。
  2. [**NSIP アドレス**] ペインをクリックします。
  3. [NSIP アドレス] ページで、次のパラメータを設定し、[完了] をクリックします。

    • NSIPアドレス
    • ネットマスク

GUI を使用してデフォルトルートを追加するには、次の手順を実行します。

[システム] > [**ネットワーク]** > [ルート] に移動し、[基本] タブで、次のパラメータ設定でデフォルトルートを追加し、[作成] をクリックします。

  • ネットワーク (ゼロに設定)
  • ネットマスク(ゼロに設定)
  • Gateway(ゲートウェイの IP アドレス)

GUIを使用してCitrix ADCを再起動するには:

  1. [システム] ノードの [システム情報] タブページで、[再起動] をクリックします。
  2. 再起動を求めるメッセージが表示されたら、[Save Configuration] を選択して、設定が失われないようにします。

構成例

次の例では、Citrix ADCアプライアンスのNSIPアドレスが192.0.2.90に変更され、以前のNSIPアドレスとは異なるサブネット・アドレス(192.0.2.0/24)が割り当てられています。したがって、新しいNSIPアドレスが他のネットワークから到達可能になるように、このサブネットにデフォルトルートが追加されます。

> set nsconfig -ipAddress 192.0.2.90 -netmask 255.255.255.0

 Warning: The configuration must be saved and the system rebooted for these settings to take effect
> add route 0 0 192.0.2.1

 Warning: The configuration must be saved and the system rebooted for these settings to take effect
> save config

 Done
> reboot
NSIPアドレスの構成