Citrix ADC

キャッシュポリシーとセレクタの式を設定する

リクエスト時間式は、リクエストタイムトランザクションのデータを検査し、応答時間式は応答時間トランザクション内のデータを検査します。キャッシュのポリシーで、式が要求または応答のデータと一致する場合、Citrix ADCアプライアンスはポリシーに関連付けられたアクションを実行します。セレクタでは、リクエスト時間式を使用して、コンテンツグループに格納されている一致する応答を検索します。

統合キャッシュのポリシーとセレクタを構成する前に、少なくとも HTTP 要求および応答 URL に表示されるホスト名、パス、および IP アドレスを知っておく必要があります。そして、おそらくHTTPリクエストとレスポンス全体の形式を知る必要があります。Live HTTP ヘッダーhttp://livehttpheaders.mozdev.org/) or HTTPFox https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/6647などのプログラムは、組織が操作する HTTP データの構造を調べるのに役立ちます。

株価プログラムに対する HTTP GET リクエストの例を次に示します。

GET /quote.dll?page=dynamic&mode=data&mode=stock&symbol=CTXS&page=multi&selected=CTXS&random=0.00792039478975548 HTTP/1.1

Host: quotes.mystockquotes.com

User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.9) Gecko/2008052906 Firefox/3.0

Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,\*/\*;q=0.8

Accept-Language: en-us,en;q=0.5

Accept-Encoding: gzip,deflate,compress,pack200-gzip

Accept-Charset: ISO-8859-1,utf-8;q=0.7,*;q=0.7

Keep-Alive: 300

Connection: keep-alive

Referer: http://quotes.mystockquotes.com/quote.dll?mode=stock&symbol=CTXS&page=multi&selected=CTXS

Cookie: __qca=1210021679-72161677-10297606
<!--NeedCopy-->

式を設定するときは、次の制限事項に注意してください。

式タイプ 制限
リクエスト CACHE アクションまたは NOCACHE アクションを使用して、ポリシーにリクエスト時間式を設定しないでください。代わりに MAY_CACHE または MAY_NOCACHE を使用してください。
応答 キャッシュポリシーでのみ応答時間式を構成します。セレクタはリクエスト時間式のみを使用できます。INVAL アクションを使用してポリシーで応答時間式を設定しないでください。注:CACHE アクションとパラメータ化されたコンテンツグループを使用して、ポリシーで応答時間式を設定しないでください。MAY_CACHE アクションを使用します。

注: 高度な式の包括的な説明については、「 ポリシーと式」を参照してください。

式の構文

構文の基本的なコンポーネントは次のとおりです。

  • 次のように、キーワードをピリオド (.) で区切ります。

http.req.url

  • 次のように、文字列値を括弧と引用符で囲みます。

http.req.url.query.contains("this")

  • コマンドラインから式を構成するときは、内部引用符 (式を区切る引用符ではなく、式の値を区切る引用符) をエスケープする必要があります。1 つの方法は、次のようにスラッシュを使用することです。

\"abc\"

セレクタ式は外観順に評価され、セレクタ定義内の複数の式は論理 AND で結合されます。セレクタ式とは異なり、ブール演算子を指定し、ポリシールールの高度な式の優先順位を変更できます。

キャッシュポリシーまたはセレクタで式を設定する

注: ポリシー式の構文は、セレクタ式とは異なります。高度な表現に関する包括的な説明については、「ポリシーと式」を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用してポリシー式を設定するには

  1. 「統合キャッシュポリシーのグローバルバインド」の説明に従って、ポリシー定義を開始します。
  2. ポリシールールを設定するには、ルール全体を引用符で囲み、ルール内の文字列値をエスケープ引用符で囲みます。

以下はその例です:

「http.req.url.contains (「jpg」)」

  1. ブール値を追加するには、&&、||、または!演算子。

次に例を示します。

"http.req.url.contains(\"jpg\") || http.req.url.contains(\"jpeg\")"

"http.req.url.query.contains(\"IssuePage\")"

"http.req.header(\"Host\")contains(\"my.company.com\") && http.req.method.eq(\"GET\") && http.req.url.query.contains(\"v=7\")"

  1. コンパウンドの構成部分の評価順序を設定するには

"http.req.url.contains(\"jpg\") || (http.req.url.contains(\"jpeg\") && http.req.method.eq(\"GET\"))"

コマンドラインインターフェイスを使用してセレクタ式を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 「コンテンツ・グループについて」の説明に従って、セレクタ定義を開始します。
  2. セレクタ式を設定するには、ルール全体を引用符で囲み、ルール内の文字列値をエスケープ引用符で囲みます。

以下はその例です:

"http.req.url.contains(\"jpg\")"

  1. ブール値を追加したり、&&、||、! を挿入することはできません。演算子。各式エレメントを引用符で囲んで入力します。定義内の複数の式は、論理 AND で結合された複合式として扱われます。

次に例を示します。

"http.req.url.query.value("ProductId")" "http.req.url.query.value("BatchNum")" "http.req.url.query.value("depotLocation")"
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してポリシーまたはセレクタ式を設定するには

  1. 「構成ユーティリティを使用してキャッシュまたは無効化のポリシーを構成するには」または「構成ユーティリティを使用してセレクタを構成するには」の説明に従って、ポリシーまたはセレクタ定義を開始します。
  2. [ ] フィールドでは、[クラシック構文に切り替え] をクリックして詳細ポリシーを手動で入力するか、 式エディタを使用して新しい式を作成できます
  3. 複合式の 2 つの部分の間に演算子を挿入するには、[演算子] ボタンをクリックし、オペレータタイプを選択します。次に、ブール値 OR(二重縦棒、||)が設定された式の例を示します。
  4. [ 頻繁に使用する式 ] ドロップダウンリストをクリックして、よく使用される式を挿入します。
  5. 式をテストするには、[ 評価] をクリックします。[ 式エバリュエータ ] ダイアログボックスで、式と一致するフロータイプを選択します。データフィールドに、式を使用して解析する HTTP リクエストまたはレスポンスを貼り付け、[ 評価] をクリックします。

キャッシュされたオブジェクトとキャッシュ統計を表示する

特定のキャッシュされたオブジェクトを表示したり、キャッシュリクエスト、ミス、メモリ使用量に関するサマリー統計を表示できます。この統計は、キャッシュから提供されるデータの量、最大のパフォーマンス上の利点の原因となる項目、およびキャッシュのパフォーマンスを向上させるために調整できる内容に関する洞察を提供します。

ここでは、次の詳細について説明します。

  • キャッシュされたオブジェクトの表示
  • 特定のキャッシュされたレスポンスの検索
  • キャッシュ統計の表示

キャッシュされたオブジェクトの表示

キャッシュを有効にすると、キャッシュされたオブジェクトの詳細を表示できます。たとえば、次の項目を表示できます。

  • レスポンスサイズとヘッダーサイズ
  • ステータスコード
  • コンテンツグループ
  • ETag、最終変更ヘッダー、およびキャッシュ制御ヘッダー
  • URL をリクエストする
  • ヒットパラメータ
  • 宛先 IP アドレス
  • リクエストと応答時間

コマンドラインインターフェイスを使用してキャッシュされたオブジェクトのリストを表示するには

コマンドプロンプトで入力します。

show cache object

プロパティ 説明
応答サイズ (バイト) レスポンスヘッダーとボディのサイズ。
レスポンスヘッダーのサイズ (バイト) レスポンスのヘッダー部分のサイズ。
レスポンスステータスコード レスポンスとともに送信されるステータスコード。
ETag 応答に挿入された ETag ヘッダー。通常、このヘッダーは、応答が最近変更されたかどうかを示します。
最終変更日 レスポンスに挿入された Last-Modified ヘッダー。このヘッダーは、レスポンスが最後に変更された日付を示します。
キャッシュコントロール レスポンスに挿入された Cache-Control ヘッダー。
日付 応答がいつ送信されたかを示す Date ヘッダー。
コンテンツグループ レスポンスが格納されるコンテンツグループ。
複合マッチ このオブジェクトがパラメータ化された値に基づいてキャッシュされている場合、このフィールド値は YES です。
ホスト このレスポンスを要求した URL で指定されたホスト。
ホストポート このレスポンスを要求した URL で指定されたホストのリスニングポート
URL 格納されたレスポンスに対して発行された URL。
接続先IP このレスポンスが取得されたサーバーの IP アドレス。
Destination port 宛先サーバーのリスニングポート。
ヒットパラメータ レスポンスを格納するコンテンツグループがヒットパラメータを使用している場合は、このフィールドに表示されます。
ヒットセレクタ このコンテンツグループがヒットセレクタを使用している場合は、このフィールドに表示されます。
無効なセレクタ このコンテンツグループが無効化セレクタを使用している場合は、このフィールドに表示されます。
セレクタ式 このコンテンツグループがセレクタを使用している場合、このフィールドには選択ルールを定義する式が表示されます。
要求時間 リクエストが発行されてからの時間(ミリ秒)。
Response time キャッシュがレスポンスの受信を開始してから経過した時間(ミリ秒)。
年齢 オブジェクトがキャッシュ内にある時間。
有効期限 オブジェクトが期限切れとしてマークされるまでの時間。
フラッシュされた 有効期限が切れた後に応答がフラッシュされたかどうか。
プリフェッチ このコンテンツグループに対してプリフェッチが設定されている場合、オブジェクトがオリジンからフェッチされる有効期限までの時間。プリフェッチはネガティブオブジェクトには適用されません (たとえば、404「オブジェクトが見つかりません」というレスポンス)。
現在の読者 現在処理されているリクエストの概数。Content-Length ヘッダーオブジェクトを含むレスポンスがダウンロードされている場合、現在のミスおよび現在のリーダー値はそれぞれ 1 になります。チャンクレスポンスオブジェクトがダウンロードされている場合、現在のミス値は通常 1 になりますが、クライアントに対して提供されるチャンク応答は統合キャッシュバッファから送信されないため、現在のリーダー値は通常 0 になります。
現在のミス キャッシュミスおよびオリジンサーバーからのフェッチの結果となったリクエストの現在の数。この値は、通常 0 または 1 です。コンテンツグループに対して [毎回ポーリング] が有効になっている場合、カウントは 1 より大きくなる可能性があります。
ヒット数 このオブジェクトのキャッシュヒット数。
ミス このオブジェクトのキャッシュミス数
圧縮形式 このオブジェクトに適用される圧縮のタイプ。圧縮形式としては、gzip、deflate、compress、pack200-gzip などがある。
応答中の HTTP バージョン レスポンスの送信に使用された HTTP のバージョン。
応答に弱いetagが存在する エンティティのビットが変更された場合、強力な etag ヘッダーが変わります。強力なヘッダーは、オブジェクトのオクテット値に基づいています。エンティティの意味が変わると、弱い etag ヘッダーが変わります。弱な etag 値は、セマンティックアイデンティティに基づいています。弱いetagsの値は「W」で始まります。
ネガティブマーカーセル マーカーオブジェクトはキャッシュ可能ですが、キャッシュされるための条件をすべて満たしているわけではありません。たとえば、オブジェクトがコンテンツグループの最大応答サイズを超えている可能性があります。このタイプのオブジェクトに対してマーカーセルが作成されます。ユーザーが次回このオブジェクトに対するリクエストを送信すると、キャッシュミスが提供されます。
理由マーカーが作成されました マーカーセルが作成された理由 (たとえば、「minhit を待っている」、「コンテンツ長の応答データがグループサイズの制限にありません」など)。
毎回オートポーリング 統合キャッシュがバリデーター(Last-Modified または eTag レスポンスヘッダーのいずれか)で既に期限切れの 200 OK レスポンスを受け取った場合、レスポンスを保存し、Auto-PET(毎回自動的にポーリング)としてマークします。
Citrix ADC Etagがレスポンスで挿入されました Citrix ADCアプライアンスによって生成されるETagヘッダーのバリエーション。Citrix ADCが応答にEtagを挿入すると、値YESが表示されます。
キャッシュに完全なレスポンスが存在 これが完全な応答であるかどうかを示します。
DNS によって検証された宛先 IP オブジェクトの格納時に DNS 解決が実行されたかどうかを示します。
キャッシュフォワードプロキシを介して格納されたオブジェクト 統合キャッシュに設定されたフォワードプロキシが原因で、この応答が格納されたかどうかを示します。
オブジェクトはデルタベースファイルです デルタ圧縮された応答。
minhits待ち レスポンスをキャッシュする前に、このコンテンツグループで最小数のオリジンサーバーヒットが必要かどうかを示します。
ミニヒットカウント オブジェクトをキャッシュする前に、このコンテンツグループが最小数のオリジンサーバー要求を必要とする場合、このフィールドにはこれまでに受信したリクエストの数が表示されます。
HTTP リクエストメソッド このオブジェクトを取得したリクエストで使用されるメソッド GET または POST。
ポリシー別に格納 このオブジェクトが格納された原因となったキャッシュポリシーの名前。[利用不可] の値は、ポリシーが非アクティブ化または削除されたことを示します。NONE の値は、オブジェクトが可視ポリシーと一致せず、キャッシュの内部基準に従って格納されたことを示します。
アプリケーションファイアウォールのメタデータが存在します このパラメータは、アプリケーションファイアウォールと統合キャッシュの両方が有効になっている場合に使用されます。アプリケーションファイアウォールは、レスポンスページのコンテンツを分析し、そのメタデータ(ページに含まれる URL やフォームなど)を保存し、レスポンスを含むメタデータをキャッシュにエクスポートします。キャッシュはページとメタデータを格納し、キャッシュがページを提供すると、メタデータをリクエストのセッションに送り返します。
HTTP コールアウトオブジェクト、名前、タイプ、応答 これらのセルは、HTTP コールアウト式の結果としてこのデータが格納されたかどうかを示し、コールアウトのさまざまな側面と対応する応答に関する情報を提供します。HTTP コールアウトの詳細については、「HTTP コールアウト」を参照してください。

GUI を使用してキャッシュされたオブジェクトを表示するには

[ 最適化 ] > [ 統合キャッシュ ] > [ キャッシュオブジェクト]に移動します。キャッシュされたすべてのオブジェクトを表示し、必要に応じて並べ替えることができます。

キャッシュオブジェクトの表示

キャッシュされた特定のレスポンスを見つける

検索条件に基づいて、キャッシュ内の個々のアイテムを検索できます。キャッシュされたアイテムを検索するには、データを含むコンテンツグループがヒットセレクターと無効化セレクターを使用するかどうかに応じて、次のようにさまざまな方法があります。

  • コンテンツグループがセレクターを使用している場合、キャッシュされたアイテムのロケータ ID を使用してのみ検索を実行できます。
  • コンテンツグループがセレクタを使用しない場合は、URL、ホスト、コンテンツグループ名などの基準を使用して検索を実行します。

キャッシュされたレスポンスを検索するときに、URL とホストでいくつかの項目を見つけることができます。レスポンスがセレクタを使用するコンテンツグループ内にある場合は、ロケータ番号(たとえば、0x00000000ad7af00000050)を使用してのみ検索できます。後で使用するためにロケータ番号を保存するには、エントリを右クリックし、[ コピー] を選択します。セレクタの詳細については、「セレクタと基本コンテンツグループの設定」を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用して、セレクタを持たないコンテンツグループのキャッシュされたレスポンスを表示するには

コマンドプロンプトで入力します。

show cache object [-locator <positiveInteger>] | [(-url <URL> (-host <hostName> [-port <port>] [-groupName <contentGroupName>] [-httpMethod GET | POST ])) | [-httpStatus <positive integer>] | -group <contentGroupName> | -ignoreMarkerObjects (ON | OFF) | -includeNotReadyObjects (ON | OFF)]

コマンドラインインターフェイスを使用してセレクタを持つコンテンツグループのキャッシュされたレスポンスを表示するには

コマンドプロンプトで入力します。

show cache object -locator <locatorString> MarkerObjects ( ON | OFF ) | -includeNotReadyObjects ( ON | OFF ) | [-httpStatus<positive integer>]

構成ユーティリティを使用して、セレクタを持たないコンテンツグループのキャッシュされた応答を表示するには

[ 最適化] > [統合キャッシュ] > [キャッシュオブジェクト] に移動し、[検索] をクリックし、必要なキャッシュされた応答を表示するように検索条件を設定します。

コンテンツグループをまだ構成していない場合は、すべてのオブジェクトが Default グループに属します。

キャッシュ統計の表示

次の表に、表示できる詳細なキャッシュ統計情報をまとめたものです。

|カウンター|説明| |— |— | |ヒット数|統合キャッシュで見つかり、統合キャッシュから提供されるレスポンス。イメージファイルなどの静的オブジェクト、ステータスコード 200、203、300、301、302、304、307、403、404、410、および CACHE アクションを使用したユーザー定義のポリシーに一致する応答を含むページが含まれます。| |ミス|レスポンスが最終的にオリジンサーバーからフェッチされた HTTP リクエストをインターセプトしました。| |リクエスト|キャッシュリクエストの合計とキャッシュミスの合計。| |304ヒット以外|ユーザーがアイテムを複数回要求し、Citrix ADCアプライアンスが最後にアイテムを提供してからキャッシュ内のアイテムが変更されていない場合、Citrix ADCアプライアンスはキャッシュされたオブジェクトの代わりに304の応答を提供します。 この統計は、304の応答を除いて、Citrix ADCアプライアンスがキャッシュから処理したアイテムの数を示します。| |304 ヒット|Citrix ADCアプライアンスがキャッシュから処理した304(オブジェクトが変更されていない)応答の数。| |304 ヒット率 (%) |Citrix ADCアプライアンスが提供した304の応答のうち、他の応答に対する割合。| |ヒット率 (%) |キャッシュから提供できなかった応答に対するCitrix ADCアプライアンスがキャッシュ(キャッシュリクエスト)から処理したレスポンスの割合。| |オリジン帯域幅の保存 (%) |キャッシュからの応答を提供するため、Citrix ADCアプライアンスがオリジンサーバーに保存した処理能力の推定。| |Citrix ADCによって処理されるバイト数|Citrix ADCアプライアンスがオリジンサーバーとキャッシュから処理した合計バイト数。| |キャッシュによって処理されるバイト数|Citrix ADCアプライアンスがキャッシュから処理した合計バイト数。| |バイトヒット率(%)|Citrix ADCアプライアンスがキャッシュから提供したデータの割合。すべての応答に含まれるすべてのデータに対する相対値。| |キャッシュから圧縮されたバイト|Citrix ADCアプライアンスが圧縮形式で処理したデータの量(バイト単位)。| |ストレージ可能なミス|Citrix ADCアプライアンスがキャッシュ内で要求されたオブジェクトを見つけない場合、オリジンサーバーからオブジェクトを取得します。これは、キャッシュミスと呼ばれます。保存可能なキャッシュミスはキャッシュに格納できます。| |格納不能なミス|格納不可能なキャッシュミスをキャッシュに保存できません。| |Misses|すべてのキャッシュミス。| |Revalidations|Cache-Control ヘッダーの Max-Age 設定により、ユーザーに提供する前に、中間キャッシュが統合キャッシュでコンテンツを再検証する必要があるタイミングを秒数で決定します。 詳しい情報については、「キャッシュコントロールヘッダーの挿入」を参照してください。| |正常に再検証|実行された再検証の数。 詳しい情報については、「キャッシュコントロールヘッダーの挿入」を参照してください。| |条件付き Req への変換|キャッシュされた PET オブジェクトに対するユーザーエージェントリクエストは、常に条件付きリクエストに変換され、オリジンサーバーに送信されます。 詳しい情報については、「リクエストを受信するたびにオリジンサーバーのポーリングを行うこと」を参照してください。| |ストレージ可能なミス率 (%) |格納可能なキャッシュミスを格納できないキャッシュミスのパーセンテージで表す。| |成功したリヴァール率 (%) |すべての再検証試行に対するパーセンテージで表した再検証の成功率。 詳しい情報については、「キャッシュコントロールヘッダーの挿入」を参照してください。| |最後のバイトで期限切れ|最後のボディバイトを受け取った直後にキャッシュのコンテンツが期限切れになった回数。表の「キャッシュヒットとミス」で説明されているように、ポジティブレスポンスにのみ適用されます。 詳細については、「パフォーマンス最適化の例」を参照してください。| |Flashcache misses|Flash Cache を有効にした場合、キャッシュはサーバーへのリクエストを 1 つだけ許可し、フラッシュの群れを排除します。この統計は、キャッシュミスであったフラッシュキャッシュ要求の数を示します。 詳細は、「キャッシュへのリクエストのキューイング。」| |Flashcache ヒット|キャッシュヒットしたフラッシュキャッシュリクエストの数。 詳細は、「キャッシュへのリクエストのキューイング」を参照してください。| パラメータ化されたインバルリクエスト|無効化 (INVAL) アクション、および無効化セレクタまたはパラメータを使用してグループ内のキャッシュされたオブジェクトを選択的に期限切れにするコンテンツグループを持つポリシーに一致するリクエスト。| |完全インバル要求|invalGroups パラメータが設定され、1 つ以上のコンテンツグループが期限切れになる無効化ポリシーに一致するリクエスト。| |Inval Request|無効化ポリシーに一致し、特定のキャッシュされたレスポンスまたはコンテンツグループ全体の有効期限が切れるリクエスト。| |パラメータ化されたリクエスト|パラメータ化されたコンテンツグループのポリシーを使用して処理されたキャッシュリクエストの数。| |パラメータ化された非 304 ヒット|パラメータ化されたコンテンツグループを持つポリシーを使用して処理されたキャッシュリクエストの数。フルキャッシュされたレスポンスが検出され、応答が 304(オブジェクトが更新されていない)応答ではありませんでした。| |Parameterized 304 ヒット|パラメータ化されたコンテンツグループを持つポリシーを使用して処理されたキャッシュリクエストの数。キャッシュされたオブジェクトが見つかり、オブジェクトが 304(オブジェクトが更新されていない)応答でした。| |パラメータ化されたヒット数の合計|パラメータ化されたコンテンツグループを持つポリシーを使用して処理されたキャッシュリクエストの数。キャッシュされたオブジェクトが見つかった。| |パラメータ化された 304 ヒット率 (%) |パラメータ化されたポリシーを使用して検出された 304 (オブジェクトが更新されていない) 応答のうち、すべてのキャッシュヒットに対する割合。| |リクエストのたびにポーリング|毎回ポーリングが有効になっている場合、Citrix ADCアプライアンスは、保存されたオブジェクトを提供する前に、常にオリジンサーバーを参照します。 詳しい情報については、「リクエストを受信するたびにオリジンサーバーのポーリングを行うこと」を参照してください。| |ヒットするたびにポーリング|毎回ポーリングメソッドを使用してキャッシュヒットが検出された回数。 詳しい情報については、「リクエストを受信するたびにオリジンサーバーのポーリングを行うこと」を参照してください。| |毎回ポーリングヒット率 (%) |Poll Every Time メソッドを使用したキャッシュヒットのパーセンテージ。[毎回ポーリング] を使用したキャッシュオブジェクトに対するすべての検索に対する相対値。詳しい情報については、「リクエストを受信するたびにオリジンサーバーのポーリングを行うこと」を参照してください。| |最大メモリ(KB)|キャッシュに割り当てられているCitrix ADCアプライアンスの最大メモリ容量。詳細は、「キャッシュのグローバル属性の設定」を参照してください。| |最大メモリアクティブ値 (KB) |メモリをキャッシュに割り当てた後に設定される最大メモリ量 (アクティブ値)。詳細については、「さまざまなシナリオでCitrix ADCアプライアンスの統合キャッシュ機能を構成する方法」を参照してください。| |使用済みメモリ (KB) |実際に使用されているメモリの量。| |メモリ割り当て失敗|キャッシュにレスポンスを格納する目的でメモリの使用に失敗した回数。| |これまでの最大の応答|キャッシュまたはオリジンサーバーのいずれかで見つかり、クライアントに送信された最大レスポンス (バイト単位)。| |キャッシュされたオブジェクト|キャッシュ内のオブジェクトの数。まだ完全にダウンロードされていないレスポンスや、有効期限が切れているがまだフラッシュされていないレスポンスを含みます。| |Marker オブジェクト|マーカーオブジェクトは、応答がコンテンツグループの最大または最小応答サイズを超えている場合、またはコンテンツグループの最小ヒット数をまだ受け取っていない場合に作成されます。| |処理中のヒット|キャッシュから配信されたヒットの数。| |処理ミス|オリジンサーバーからフェッチされ、キャッシュに保存され、処理された応答。保管可能なミスの数を概算する必要があります。保存不可能なミスは含まれません。|

コマンドラインインターフェイスを使用してサマリーキャッシュ統計を表示するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

stat cache

コマンドラインインターフェイスを使用して特定のキャッシュ統計情報を表示するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

stat cache -detail

> stat cache -detail

Integrated Cache Statistics - Detail
Integrated Cache Statistics - Summary
                                          Rate (/s)                Total


Hits                                               0                    0

Misses                                             0                    0

Requests                                           0                    0

Hit ratio(%)                                      --                    0

Origin bandwidth saved(%)                         --                    0
Cached objects                                    --                    0

Marker objects                                    --                    0
                                          Rate (/s)                Total

Requests                                           0                    0


Hit Statistics

                                          Rate (/s)                Total


Non-304 hits                                       0                    0

304 hits                                           0                    0


Sql hits                                           0                    0


Hits                                               0                    0

304 hit ratio(%)                                  --                    0

Hit ratio(%)                                      --                    0

Origin bandwidth saved(%)                         --                    0
Byte Statistics
                                          Rate (/s)                Total


Bytes served by Citrix ADC                        648             55379204

Bytes served by cache                              0                    0
Byte hit ratio(%)                                 --                    0
Compressed bytes from cache                        0                    0

Miss Statistics

                                          Rate (/s)                Total


Storable misses                                    0                    0

Non-storable misses                                0                    0

Misses                                             0                    0

Revalidations                                      0                    0

Successful revalidations                           0                    0

Conversions to conditional req                     0                    0


Storable miss ratio(%)                            --                    0
Successful reval ratio(%)                         --                    0

Flashcache Statistics
                                          Rate (/s)                Total


Expire at last byte                                0                    0

Flashcache misses                                  0                    0
Flashcache hits                                    0                    0

Invalidation Statistics

                                          Rate (/s)                Total

Parameterized inval requests                       0                    0


Full inval requests                                0                    0



Inval requests                                     0                    0

Parameterized Caching Statistics

                                          Rate (/s)                Total


Parameterized requests                             0                    0

Parameterized non-304 hits                         0                    0

Parameterized 304 hits                             0                    0


Total parameterized hits                           0                    0

Parameterized 304 hit ratio(%)                    --                    0

Poll Every Time (PET) Statistics

                                          Rate (/s)                Total


Poll every time requests                           0                    0

Poll every time hits                               0                    0

Poll every time hit ratio(%)                      --                    0

Memory Usage Statistics
                                              Total

Maximum memory(KB)                                 0

Maximum memory active value(KB)                    0

Utilized memory(KB)                                0

Memory allocation failures                         0

Largest response so far(B)                         0

Cached objects                                     0

Marker objects                                     0

Hits being served                                  0
Misses being handled                               0
 Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してサマリーキャッシュ統計を表示するには

  1. ページの上部にある [ ダッシュボード ] タブをクリックします。
  2. ウィンドウの [ 統合キャッシュ ] セクションまでスクロールします。
  3. 詳細な統計を表示するには、表の下部にある [More…] リンクをクリックします。

GUI を使用して特定のキャッシュ統計を表示するには

  1. ページの上部にある [ レポート ] タブをクリックします。
  2. [組み込みレポート] で、[ 統合キャッシュ] を展開し、表示する統計情報を含むレポートをクリックします。
  3. レポートをテンプレートとして保存するには、[ 名前を付けて保存 ] をクリックし、レポートの名前を指定します。保存したレポートが [ カスタムレポート ] の下に表示されます。
キャッシュポリシーとセレクタの式を設定する