Citrix ADC

グローバルサーバロードバランシング(GSLB)によるゾーンプリファレンス

GSLB電源ゾーンプリファレンスは、Citrix Virtual Apps and Desktops、StoreFront、およびCitrix ADCを統合し、クライアントの場所に基づいて最も最適化されたデータセンターにクライアントがアクセスできるようにする機能です。

分散型CitrixVirtual Apps and Desktops展開では、複数の同等のリソースが複数のデータセンターから利用できる場合、StoreFrontは最適なデータセンターを選択しない可能性があります。このような場合、StoreFrontはランダムにデータセンターを選択します。要求を行うクライアントとの近さに関係なく、任意のデータセンター内の任意のCitrix Virtual Apps and Desktopsサーバーに要求を送信できます。

HTTP要求がCitrixGatewayアプライアンスに到着すると、クライアントのIPアドレスが調べられます。実際のクライアントIPアドレスは、StoreFrontに転送されるデータセンター設定リストを作成するために使用されます。Citrix ADCアプライアンスがゾーン優先ヘッダーを挿入するように構成されている場合、StoreFront 3.5以降では、アプライアンスから提供された情報を使用して、配信コントローラのリストを並べ替え、クライアントと同じゾーン内の最適な配信Controller に接続できます。StoreFrontは、選択したデータセンターゾーンに最適なゲートウェイVPN仮想サーバーを選択し、この情報を適切なIPアドレスを使用してICAファイルに追加し、クライアントに送信します。次に、Storefront は、優先データセンターの配信コントローラーでホストされているアプリケーションを起動してから、他のデータセンターにある同等のコントローラーに接続しようとします。

このソリューションの構成の詳細については、「ここ」をクリックしてください。

GSLB 電源ゾーン設定ソリューションに関するビデオ概要については、https://www.youtube.com/watch?v=Y8DELum0Xp0をクリックしてください。

グローバルサーバロードバランシング(GSLB)によるゾーンプリファレンス