Citrix ADC

TCP を介したシステムログ

Syslog は、イベント通知メッセージを送信するための標準です。これらのメッセージは、ローカルに保存することも、外部ログサーバに保存することもできます。Syslog を使用すると、ネットワーク管理者はログメッセージを統合し、収集したデータから洞察を得ることができます。

Syslogは元々UDPを介して動作するように設計されており、UDPは、パケット損失を最小限に抑えて同じネットワーク内で大量のデータを送信できます。ただし、通信事業者は、ネットワーク間で信頼性の高い順序付けされたデータ転送を必要とするため、TCP 経由で syslog データを送信することを好みます。たとえば、電話会社はユーザーアクティビティを追跡し、TCPはネットワーク障害が発生した場合に再送信を提供します。

TCP を介した Syslog の仕組み

TCP を介した syslog の動作を理解するには、次の 2 つの仮説的なケースを検討してください。

ネットワーク管理者の Sam は、外部の syslog サーバで重要なイベントをログに記録したいと考えています。

ISPであるXYZTelecomは、政府の規制に準拠するために、大量のデータを送信してsyslogサーバーに保存する必要があります。

どちらの場合も、ログメッセージは信頼できるチャネル経由で送信され、外部 syslog サーバに安全に保存される必要があります。UDP とは異なり、TCP は接続を確立し、メッセージを安全に送信し、ネットワーク障害により破損または失われたデータを送信者から受信者に再送信します。

Citrix ADCアプライアンスは、ログメッセージをUDP経由でローカルSyslogデーモンに送信し、ログメッセージをTCPまたはUDP経由で外部Syslogサーバーに送信します。

Syslog に対する SNIP のサポート

監査ログモジュールがsyslogメッセージを生成するとき、外部のsyslogサーバーにメッセージを送信するための送信元アドレスとしてCitrix ADC IP(NSIP)アドレスを使用します。SNIP を送信元アドレスとして設定するには、SNIP を netProfile オプションの一部にして、netProfile を syslog アクションにバインドする必要があります。

TCPは、SNIPを使用して監視プローブを送信して接続を確認してから、NSIPを介してログを送信します。したがって、syslogサーバーはSNIP経由で到達可能である必要があります。ネットプロファイルを使用して、SNIPを介してすべてのTCPSyslogトラフィックを完全にリダイレクトできます。

SNIP アドレスの使用は、内部ロギングではサポートされていません。

完全修飾ドメイン名監査ログのサポート

以前は、audit-log モジュールは、ログメッセージの送信先となる外部 syslog サーバの宛先 IP アドレスで設定されていました。現在、監査ログサーバーは、宛先IPアドレスの代わりに完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用します。FQDN 設定は、syslog サーバの設定済みドメイン名を、audit-log モジュールからログメッセージを送信するための対応する宛先 IP アドレスに解決します。ネームサーバーは、ドメイン名を解決し、ドメインベースのサービスの問題を回避するように適切に構成する必要があります。

FQDNを構成する場合、syslogアクションまたはnslogアクションでの同じCitrixADCアプライアンスのサーバードメイン名構成はサポートされていません。

コマンドラインインターフェイスを使用したSyslogoverTCPの設定

コマンドラインインターフェイスを使用してTCP経由でSyslogメッセージを送信するようにCitrix ADCアプライアンスを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

    add audit syslogAction <name> (<serverIP> | ((<serverDomainName>[-domainResolveRetry <integer>]) | -lbVserverName<string>))[-serverPort <port>] -logLevel <logLevel>[-dateFormat <dateFormat>] [-logFacility <logFacility>]   [-tcp ( NONE | ALL )] [-acl ( ENABLED | DISABLED )][-timeZone ( GMT_TIME | LOCAL_TIME )][-userDefinedAuditlog ( YES | NO )][-appflowExport ( ENABLED | DISABLED )] [-lsn ( ENABLED | DISABLED )][-alg ( ENABLED | DISABLED )] [-subscriberLog ( ENABLED | DISABLED )][-transport ( TCP | UDP )] [-tcpProfileName <string>][-maxLogDataSizeToHold <positive_integer>][-dns ( ENABLED | DISABLED )] [-netProfile <string>]

    add audit syslogaction audit-action1 10.102.1.1 -loglevel INFORMATIONAL -dateformat MMDDYYYY -transport TCP

コマンドラインインターフェイスを使用して、ネットプロファイルオプションにSNIPIPアドレスを追加する

コマンドラインインターフェイスを使用してネットプロファイルにSNIPIPアドレスを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

    add netProfile <name> [-td <positive_integer>] [-srcIP <string>][-srcippersistency ( ENABLED | DISABLED )][-overrideLsn ( ENABLED | DISABLED )]add syslogaction <name> <serverIP> –loglevel all –netprofile net1
    add netprofile net1 –srcip 10.102.147.204`

ここで、srcIP はSNIP です。

コマンドラインインターフェイスを使用してsyslogアクションにネットプロファイルを追加する

コマンドラインインターフェイスを使用して syslog アクションに netProfile オプションを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

     add audit syslogaction <name> (<serverIP> | -lbVserverName <string>)  -logLevel <logLevel>
    -netProfile <string> …

    add syslogaction sys_act1 10.102.147.36 –loglevel all –netprofile net1

ここで、-netprofileは、構成されたネットプロファイルの名前を指定します。SNIP アドレスは netProfile の一部として設定され、この netProfile オプションは syslog アクションにバインドされます。

LB仮想サーバー名がsyslogアクションで構成されている場合は、常にnetProfileオプションをSYSLOGUDPまたはSYSLOGTCP負荷分散仮想サーバーにバインドされているSYSLOGUDPまたはSYSLOGTCPサービスにバインドする必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用した FQDN サポートの構成

コマンドラインインターフェイスを使用して Syslog アクションにサーバードメイン名を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add audit syslogAction <name> (<serverIP> | ((<serverDomainName>[-domainResolveRetry <integer>]) | -lbVserverName <string>)) -logLevel <logLevel> ...
    set audit syslogAction <name> [-serverIP <ip_addr|ipv6_addr|*>]-serverDomainName <string>] [-lbVserverName <string>]-domainResolveRetry <integer>] [-domainResolveNow]

コマンドラインインターフェイスを使用して Nslog アクションにサーバードメイン名を追加する。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

    add audit nslogAction <name> (<serverIP> | (<serverDomainName>[-domainResolveRetry <integer>]))  -logLevel <logLevel> ...
    set audit nslogAction <name> [-serverIP <ip_addr|ipv6_addr|*>][-serverDomainName <string>] [-domainResolveRetry <integer>][-domainResolveNow]

ここでserverDomainName。ログサーバーのドメイン名。serverIP / lbVserverNameと相互に排他的です。

ドメイン解決再試行整数。DNS 解決が失敗した後、DNS クエリを送信してドメイン名を解決するまでの Citrix ADC アプライアンスが待機する時間(秒単位)。

今すぐドメイン解決。サーバーのドメイン名を解決するために DNS クエリをすぐに送信する必要がある場合に含まれます。

GUI を使用した TCP 経由の Syslog の設定

GUIを使用してTCP経由でSyslogメッセージを送信するようにCitrix ADCアプライアンスを構成するには

  1. [システム] > [監査] > [Syslog] に移動し、[サーバ] タブを選択します。
  2. [追加] をクリックし、[TCP] として [トランスポートタイプ] を選択します。

GUIを使用したSNIPサポート用のネットプロファイルの構成

GUIを使用してSNIPサポートのネットプロファイルを構成するには

  1. System > Auditing > Syslog に移動してServersタブを選択します。
  2. [追加] をクリックして、リストからネットプロファイルを選択します。

GUI を使用した FQDN の構成

GUI を使用して FQDN を構成するには

  1. [システム] > [監査] > [Syslog] に移動し、[サーバ] タブを選択します。
  2. 追加 」をクリックし、リストから「サーバーの種類」と「サーバーのドメイン名」を選択します。
TCP を介したシステムログ