Citrix ADC

HTTP/3 サービスの検出

HTTP プロトコルは、同等のサービスの可用性をアドバタイズするために、オリジンサーバーに HTTP 代替サービスを使用することに依存しています。HTTP/3 サービスディスカバリも同じ原理を使用します。代替の HTTP/3 エンドポイントは、次のいずれかの方法を使用してアドバタイズできます。

  • HTTP Alt-Svc レスポンスヘッダー
  • HTTP/2 レスポンス内の Alt-Svc フレーム
  • アプリケーション層プロトコルネゴシエーション (ALPN)

代替サービスは、HTTP Alt-Svc 応答ヘッダーと HTTP/2 Alt-Svc フレームの使用を HTTP/3 エンドポイントとしてアドバタイズします。サーバーは任意の UDP ポートで HTTP/3 を提供できます。代替サービスアドバタイズメントには明示的なポートが含まれ、URL にはスキームに関連付けられた明示的なポートまたはデフォルトポートのいずれかが含まれます。

代替サービスヘッダーまたはフレームを受信するクライアントは、それらを使用するようにバインドされません。クライアントは、代替サービスを認識し、代替サービスメカニズムをサポートしている場合は、アドバタイズされた適切な代替サービスを使用する必要があります。つまり、HTTP/1.1 サービスまたは HTTP/2 サービスは、HTTP/3 プロトコルをサポートする同等のエンドポイントをアドバタイズする可能性があります。この代替サービス情報を受信するクライアントは、指定された代替サービスとのQUIC接続を確立することを選択できます。使用可能になると、この接続を後続の要求に使用できます。選択した代替サービスとの接続の確立に失敗した場合、クライアントは元のエンドポイントにフォールバックできます。クライアントがアドバタイズされた代替サービスの使用を開始すると、は Alt-Used ヘッダーを含めることでこれを示します。

Citrix ADCは、HTTPおよびSSLタイプの仮想サーバー上の同等のHTTP/3エンドポイントの広告をサポートしています。

HTTP/3 サービスディスカバリを構成する

HTTP/3 サービスディスカバリを設定するには、次の手順を実行します。

  1. HTTP Alt-Svc ヘッダーを使用して HTTP/3 代替サービスエンドポイントを構成する
  2. HTTP/2 Alt-Svc フレームを使用した HTTP/3 代替サービスエンドポイントの設定 HTTP Alt-Svc ヘッダーを使用して HTTP/3 代替サービスエンドポイントを構成する HTTP Alt-Svc ヘッダーを使用して HTTP/3 エンドポイントをアドバタイズするには、次のコマンドを入力します。

注:代替サービスを宣伝する主な目的は、HTTP/1.1または.b.cd: 443の HTTP/2 サービスでも HTTP/3 機能にアクセスできることをユーザーに知らせることです。

add ns httpProfile <name> -custom -altsvc [ ENABLED | DISABLED ]
<!--NeedCopy-->

例:

add ns httpProfile http-profile -altsvc ENABLED -altSvcValue  "h3-29=":443"; ma=3600; persist=1"
<!--NeedCopy-->

または

set ns httpProfile http-custom -altsvc ENABLED -altSvcValue  "h3-29=":443"; ma=3600; persist=1"
<!--NeedCopy-->

HTTP/2 Alt-Svc フレームを使用して HTTP/3 代替サービスエンドポイントを構成する

HTTP/2 Alt-svcフレームを使用して HTTP/3 エンドポイントをアドバタイズするには、次のコマンドを入力します。

add ns httpProfile <name> -custom -altsvc [ ENABLED | DISABLED ] -http2AltSvcFrame [ ENABLED | DISABLED ]
<!--NeedCopy-->

例:

add ns httpProfile http-custom -http2 ENABLED -http2Direct ENABLED -http2AltSvcFrame ENABLED -altsvc ENABLED -altSvcValue "h3-29=\":443\"; ma=3600; persist=1"

または

set ns httpProfile http-custom -http2 ENABLED -http2Direct ENABLED -http2AltSvcFrame ENABLED -altsvc ENABLED -altSvcValue "h3-29=\":443\"; ma=3600; persist=1"

GUI を使用して HTTP Alt-Svc ヘッダー値を使用した HTTP/3 代替サービスを構成する

  1. [ システム] > [プロファイル] > [HTTP プロファイル] に移動します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. [ HTTP プロファイルの作成 ] ページで、[HTTP/3] セクションに移動し、[ 代替サービス ] チェックボックスをオンにします。
  4. http2 セクションに [ 代替サービス値 ] テキストボックスが表示されます。
  5. 代替サービス値を”h3-29=”: 443”、ma=3600、永続=1」と入力します。
  6. [ OK]をクリックして[閉じる]をクリックします。

HTTP Alt-Svc ヘッダーを使用した HTTP/3 代替サービスの設定