Citrix ADC

接続の確立中にバックエンドサーバーがTCP接続をリセットした場合は、再試行を要求します

バックエンドサーバーがTCP接続をリセットすると、要求の再試行機能は、リセットをクライアントに送信する代わりに、次に使用可能なサーバーに要求を転送します。リロードバランシングを実行することにより、アプライアンスが次に利用可能なサービスに対して同じ要求を開始したときに、クライアントはRTTを保存します。

バックエンドサーバーがSYN確立時にTCP接続をリセットするときの要求の再試行のしくみ

次の図は、コンポーネントが相互作用することを示しています。

リクエストの再試行の仕組み

  1. プロセスは、アプライアンスでappqoe機能を有効にすることから始まります。
  2. クライアントがHTTPまたはHTTPS要求を送信すると、負荷分散仮想サーバーがバックエンドサーバーへの接続を開始します。
  3. 要求されたサービスがTCPSYNの確立で利用できない場合、バックエンドサーバーはTCP接続をリセットします。
  4. appqoe構成で「再試行」が有効になっていて、必要な再試行回数が指定されている場合、負荷分散仮想サーバーは、構成された負荷分散アルゴリズムを使用して、次に使用可能なアプリケーションサーバーに要求を転送します。
  5. 負荷分散仮想サーバーが応答を受信した後、アプライアンスは応答をクライアントに転送します。
  6. 使用可能なバックエンドサーバーが再試行回数以下であり、すべてのサーバーがリセットを送信した場合、アプライアンスは500内部サーバーエラーに応答します。使用可能なサーバーが5つあり、再試行回数が6に設定されているシナリオを考えてみます。5つのサーバーすべてが接続をリセットすると、アプライアンスは500内部サーバーエラーをクライアントに返します。
  7. 同様に、バックエンドサーバーの数が再試行回数を超え、バックエンドサーバーがTCP SYNの確立時に接続をリセットした場合、アプライアンスはリセットをクライアントに転送します。3つのバックエンドサーバーがあり、再試行回数が2に設定されているシナリオを考えてみます。3つのサーバーが接続をリセットすると、アプライアンスはリセットパケットをクライアントに送信します。

TCP SYNの確立時にバックエンドサーバーがリセットされたときの要求の再試行(GETおよびPOSTメソッド)を構成します

CLIおよびGUIの構成は、GETおよびPOSTメソッドの場合と同様の手順です。詳細については、「 GET メソッドのリクエスト再試行の構成 」の「バックエンドサーバーが接続セクションをリセットするときの POST メソッドのリクエスト再試行を構成する」を参照してください。tyuu

接続の確立中にバックエンドサーバーがTCP接続をリセットした場合は、再試行を要求します