Citrix ADC

SNMP

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用して、Citrix ADCアプライアンス上のSNMPエージェントを構成して、 トラップと呼ばれる非同期イベントを生成できます。トラップは、Citrix ADCで異常な状態が発生したときに生成されます。その後、トラップは トラップリスナーと呼ばれるリモートデバイスに送信され、Citrix ADCアプライアンスの異常状態を通知します。または、SNMP マネージャと呼ばれるリモートデバイスからシステム固有の情報を SNMPエージェントに照会することもできます。次に、エージェントは管理情報ベース(MIB)で要求されたデータを検索し、そのデータを SNMP マネージャに送信します。

Citrix ADC上のSNMPエージェントは、SNMPv1、SNMPv2、SNMPv3に準拠したトラップを生成できます。クエリでは、SNMP エージェントは SNMP バージョン 1(SNMPv1)、SNMP バージョン 2(SNMPv2)、および SNMP バージョン 3(SNMPv3)をサポートします。

SNMPパラメータ、トラップ、およびその説明については、 Citrix ADC SNMP OIDリファレンスを参照してください

次の図は、SNMPが有効で構成されているCitrix ADCを使用するネットワークを示しています。この図では、各SNMPネットワーク管理アプリケーションは、SNMPを使用してCitrix ADC上のSNMPエージェントと通信しています。SNMP エージェントは、管理情報ベース(MIB)を検索して、SNMP マネージャによって要求されたデータを収集し、その情報をアプリケーションに提供します。

Citrix ADC SNMP

重要

Citrix ADCアプライアンスのSNMPモジュールは、SNMP OIDの最大128バイト(RFC 3416に準拠している)をサポートします。オブジェクトの長いインデックス変数名を使用すると、SNMP OID の長さが 128 バイトを超える場合があります。

この問題を解決するために、Citrix ADC SNMPモジュールは、インデックス変数名に対して最大31文字をサポートします。インデックス変数名の長さが 31 文字を超える場合、ハッシュアルゴリズムを使用する SNMP モジュールは、名前を 31 文字のハッシュ値に変換します。このハッシュ値は、その変数の SNMP OID で使用されます。

元のインデックス変数名は、次の名前の形式を持つ別の変数に格納されます。<variable type>FullName。たとえば、負荷分散仮想サーバーの名前が 31 文字を超える場合、 vserverName SNMP OID にはハッシュ値が含まれ、 vsvrFullName SNMP OID には仮想サーバーの完全な(元の)名前が含まれます。

同様に、SNMP トラップの場合、インデックス変数にはハッシュ値が表示されます。 <variable type>FullNameは、元のインデックス変数名のフルネームを格納し、トラップメッセージの一部でもあります。

SNMP マネージャおよびトラップリスナーへの MIB ファイルのインポート

Citrix ADCアプライアンスを監視するには、MIBオブジェクト定義ファイルをダウンロードする必要があります。Citrix ADCアプライアンスは、次のエンタープライズ固有のMIBをサポートします。

  • 標準 MIB-2 グループのサブセット。MIB-2グループのSYSTEM、IF、ICMP、UDP、およびSNMPを提供します。
  • システムエンタープライズ MIB。システム固有の設定と統計情報を提供します。

MIB オブジェクト定義ファイルは、/netscaler/snmp ディレクトリまたは GUI の [ダウンロード] タブから取得できます。

SNMP