Citrix ADC

Citrix ADCアプライアンスの問題をログに記録するためのVARディレクトリ上の領域を解放する方法

次の記事では、管理者がCitrix /var ADCアプライアンスのディレクトリから領域を解放する方法について説明します。Citrix GUIにアクセスできない場合は、手順に従うことができます。

アプライアンスの /var ディレクトリのディスク容量が少ない場合は、Citrix GUIにサインインできないことがあります。このシナリオでは、古いログファイルを削除して /var ディレクトリに空き領域を作成できます。

確認事項

  • ファイルをアプライアンスから削除する前に、必ずファイルをバックアップしてください。

Citrix ADCアプライアンスの/varディレクトリ内の領域を解放するには、次の手順を実行します。

  1. SSHを使用してCitrix ADCのCLIにログオンします。このタスクを完了する方法の詳細については、Citrix ADC ドキュメントを参照してください。
  2. Citrix ADC CLIにログオンした後、次のコマンドを使用してシェルプロンプトに切り替えます。 shell
  3. 次のコマンドを実行して、Citrix ADCアプライアンスの空き容量を確認します。 df -h
  4. /varディレクトリのメモリ容量が最大 90% 満たされている場合は、このディレクトリからファイルを削除する必要があります。

    • 次のコマンドを実行して、/var ディレクトリの内容を表示します。 cd /var ls -l

    通常、目的のディレクトリは次のとおりです。

    /var/nstrace - This directory contains trace files.This is the most common reason for HDD being filled on the Citrix ADC appliance. This is due to an nstrace being left running for indefinite amount of time. All traces that are not of interest can and should be deleted. To stop an nstrace, go back to the CLI and issue stop nstrace command.
    
    /var/log - This directory contains system specific log files.
    
    /var/nslog - This directory contains Citrix ADC log files.
    
    /var/tmp/support - This directory contains technical support files, also known as, support bundles. All files not of interest should be deleted.
    
    /var/core - Core dumps are stored in this directory. There will be directories within this directory and they will be labeled with numbers starting with 1. These files can be quite large in size. Clear all files unless the core dumps are recent and investigation is required.
    
    /var/crash - Crash files, such as process crashes are stored in this directory. Clear all files unless the crashes are recent and investigation is required.
    
    /var/nsinstall -  Firmware is placed in this directory when upgrading. Clear all files, except the firmware that is currently being used.
    
    • ディレクトリのいずれかがより多くのスペースを使用しているかどうかを確認します。

      du -hs *
      44k    cache
      2.0k    clusterd
      2.0k    configdb
      6.0k    core
      989M    crash
      4.0k    cron
      2.0k    dev
      6.0k    download
      2.0k    gui
      2.0k    install
      2.0k    krb
      2.0k    learnt_data
      122M    log
      366M    NetScaler
      14k    ns_gui
      86k    ns_sys_backup
      631M    nsinstall
      883M    nslog
      32k    nsproflog
      2.0k    nssynclog
      16k    nstemplates
      36k    nstmp
      4.5G    nstrace
      8.1M    opt
      6.0k    pubkey
      52k    run
      28M    safenet
      72M    tmp
      2.0k   vmtools
      14k    vpn
      
  • 不要なファイルを削除します。

     rm -r nstrace/*
    

    For more help on deleting files see FreeBSD Man Pages.

    • Delete the files which are not required. rm -r nstrace/* For more help on deleting files see FreeBSD Man Pages.
    • If the log or nslog directory is using more space, then run the following commands to open the log directory and view its contents:

       cd /var/log
       ls -l
       cd /var/nslog
       ls -l
      
  1. すべてのファイルが圧縮されていることを確認します。これは、.tar.gz ファイル名の拡張子で示されます。
  2. Citrix ADMまたはCommand Center を使用している場合は、/var/ns_system_backupディレクトリを確認します。Citrix ADMまたはCommand Center が作成したバックアップファイルがクリアされていることを確認します。

その他のリソース

前の手順で説明したコマンドの詳細については、http://ss64.com/bash/を参照してください。

Citrix ADCアプライアンスの問題をログに記録するためのVARディレクトリ上の領域を解放する方法