Citrix ADC

新規および非推奨のコマンド、パラメータ、SNMP OID

このセクションでは、新規および非推奨のコマンド、パラメータ、および SNMP OID を示します。

新しいコマンド

次の表に、リリース13.1の新しいコマンドを示します。

コマンドグループ コマンド
クラウド 統計クラウド

新しいパラメーター

コマンドグループ コマンドとパラメータ
アプリケーションファイアウォール add appfw profile [-clientIpExpression <expression>];set appfw profile [-clientIpExpression <expression>]; show appfw profile [-clientIpExpression <expression>]
ボット add bot profile [-verboseLogLevel ( NONE \| HTTP_FULL_HEADER )]; set bot profile [-verboseLogLevel ( NONE \| HTTP_FULL_HEADER )]; show bot profile [verbose Log Level]; set cloud ngsparameter [-csvserverTicketingDecouple ( YES \| NO )]; show cloud ngsparameter [-csvserverTicketingDecouple]
GSLBか set gslb parameter [-GSLBSyncSaveConfigCommand ( ENABLED \| DISABLED )]show gslb parameter [GSLBSyncSaveConfigCommand]
NS set ns tcpParam [-delinkClientServerOnRST ( ENABLED \| DISABLED )]show ns tcpParam [delinkClientServerOnRST]
RDP add rdp clientprofile [-rdpValidateClientIP ( ENABLE \| DISABLE )];set rdp clientprofile [-rdpValidateClientIP ( ENABLE \| DISABLE )]; show rdp clientprofile [-rdpValidateClientIP]

非推奨のコマンド

コマンドグループ コマンド
NS add ns trafficDomain; rm ns trafficDomain; bind ns trafficDomain; unbind ns trafficDomain; enable ns trafficDomain; disable ns trafficDomain; show ns trafficDomain; stat ns trafficDomain
WI add wi site; rm wi site; set wi site; bind wi site; unbind wi site; show wi site; install wi package; uninstall wi package; show wi package
WF install wf package; uninstall wf package; show wf package; add wf site; rm wf site; set wf site; show wf site

廃止予定の機能が削除されました

次の非推奨機能は削除され、Citrix ADCバージョン13.1以降では構成できなくなりました。

  • フィルタ機能 (コンテンツフィルタまたは CF とも呼ばれる)-アクション、ポリシー、およびバインディング。
  • SPDY、確実接続(SC)、プライオリティキューイング(PQ)、HTTP サービス拒否(DoS)、および HTML インジェクション機能。
  • SSL、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクト、圧縮、およびアプリケーションファイアウォールに関する従来のポリシー。
  • コンテンツスイッチングポリシーのurlパラメータとdomainパラメータ。
  • 負荷分散永続性ルールのクラシック式。
  • 書き換えアクションのpatternパラメータ。
  • 書き換えアクションのbypassSafetyCheckパラメータ。
  • 高度な定義式のSYS.EVAL_CLASSIC_EXPR
  • patclass設定エンティティ。
  • 高度な定義式で引数のないHTTP.REQ.BODYです。
  • 高度な定義式の Q および S プレフィックス。
  • 圧縮パラメータ設定のpolicyTypeパラメータ。(CLI コマンドset cmp parameter)。

変換にはnspepiツールを使用できます。このツールはCitrix ADCアプライアンスバージョン13.0または12.1で実行する必要があります。

詳細については、「 クラシックポリシーの廃止に関する FAQ」を参照してください。

また、最新バージョンのツールを使用してクラシック構成から詳細構成に移行するには、「 GitHubのCitrix ADCスクリプト」を参照してください。

新しい SNMP OID

詳細については、『 SNMP OID リファレンスガイド 』を参照してください。

新規および非推奨のコマンド、パラメータ、SNMP OID