Citrix ADC

アップグレードに関する考慮事項-SNMP構成

SNMPアラームのタイムアウトパラメータは、アラーム設定に影響を与えない内部オプションです。

これらの SNMP アラーム設定に変更を加えない場合でも、実行構成(sh running)および保存された構成(ns.conf)の SNMP アラーム設定に Timeout パラメータが表示されることがあります。

タイムアウト設定の問題が修正されたリリースビルドにアップグレードすると、SNMP構成が誤ってデフォルト値にリセットされます。

次のSNMPアラーム(設定されている場合)は、アップグレード中に影響を受けます。

  • APPFW-BUFFER-OVERFLOW
  • APPFW-COOKIE
  • APPFW-CSRF-TAG
  • APPFW-DENY-URL
  • APPFW-FIELD-CONSISTENCY
  • APPFW-FIELD-FORMAT
  • APPFW-POLICY-HIT
  • APPFW-REFERER-HEADER
  • APPFW-SAFE-COMMERCE
  • APPFW-SAFE-OBJECT
  • APPFW-SQL
  • APPFW-START-URL
  • APPFW-VIOLATIONS-TYPE
  • APPFW-XML-ATTACHMENT
  • APPFW-XML-DOS
  • APPFW-XML-SCHEMA-COMPILE
  • APPFW-XML-SOAP-FAULT
  • APPFW-XML-SQL
  • APPFW-XML-VALIDATION
  • APPFW-XML-WSI
  • APPFW-XML-XSS
  • APPFW-XSS
  • CLUSTER-BACKPLANE-HB-MISSING
  • CLUSTER-NODE-HEALTH
  • CLUSTER-NODE-QUORUM
  • CLUSTER-VERSION-MISMATCH
  • COMPACT-FLASH-ERRORS
  • CONFIG-CHANGE
  • CONFIG-SAVE
  • HA-BAD-SECONDARY-STATE
  • HA-NO-HEARTBEATS
  • HA-SYNC-FAILURE
  • HA-VERSION-MISMATCH
  • HARD-DISK-DRIVE-ERRORS
  • HA-STATE-CHANGE
  • HA-STICKY-PRIMARY
  • PORT-ALLOC-FAILED
  • SYNFLOOD

これらのSNMPアラーム構成は、Citrix ADCを次のリリースビルドにアップグレードすると影響を受けます。

  • リリース11.1ビルド61.2以降
  • リリース12.0ビルド61.0以降
  • リリース12.1ビルド30.1以降
  • リリース13.0ビルド51.4以降

CLUSTER-NODE-HEALTHSNMPアラームの例を考えてみましょう。

CLUSTER-NODE-HEALTH SNMP alarm is set up by using the Citrix ADC command line:

> set snmp alarm CLUSTER-NODE-HEALTH -time 111 -state DISABLED -severity Major

> save config

このSNMPアラーム構成は、保存された構成ファイル(ns.conf)に次のように表示されます。

set snmp alarm CLUSTER-NODE-HEALTH -time 111 -state DISABLED -severity Major -timeout 86400

上記のいずれかのリリースビルドへのアップグレード中に、ns.logファイルに次のエラーが表示されます。

May 23 09:14:46 <local0.err> ns nsconfigd: __init_config_filter(): (null) line 0: No such argument [-timeout]>> set snmp alarm CLUSTER-NODE-HEALTH -time 111 -state DISABLED -severity Major -timeout 86400.

アップグレード後、SNMPアラーム設定はデフォルト値にリセットされます。

回避方法

この問題を回避するには、以下のいずれかを行います。

  • アップグレードする前に、保存された構成ファイル(ns.conf)のSNMP構成からタイムアウト設定を削除してください。

  • アップグレード後、timeoutパラメータなしでSNMPアラームを再設定します。

アップグレードに関する考慮事項-SNMP構成