はじめに

このドキュメントでは、Citrix Analytics を初めて使用する方法について説明します。

導入

ステップ1:Citrix Cloudにサインインする

Citrix Analytics を使用するには、Citrix Cloudアカウントが必要です。https://citrix.cloud.comに移動し、既存のCitrix Cloudアカウントでサインインします。

Citrix Cloudアカウントをお持ちでない場合は、まずCitrix Cloudアカウントを作成するか、組織内の他のユーザーが作成した既存のアカウントに参加する必要があります。詳細なプロセスと手順については、「Citrix Cloudにサインアップ」を参照してください。

ステップ 2: Analyticsへのアクセス

Analyticsには、次のいずれかの方法でアクセスできます。

  • Citrix Analytics オファリングトライアルをリクエストします。Citrix Cloudにサインインした後、[ 利用可能なサービス ]セクションの[ Analytics ]タイルで[ 管理 ]をクリックして、Analyticsの概要ページを表示します。

    概要ページには、Analyticsオファリング( セキュリティパフォーマンス使用状況)が表示されます。

    • セキュリティ分析とパフォーマンス分析の場合は、[ 試用版をリクエスト ] をクリックして、オファリングの試用版を使用します。リクエストが承認され、試用版が利用可能になると、メールが届きます。試用版は、最大 60 日間使用できます。サービス試用版について詳しくは、「Citrix Cloudサービスのトライアル」を参照してください。

    • 使用状況分析は、以下の製品およびパッケージで無料で利用できます。

      • Citrix Content Collaboration

      • Citrix Workspace パッケージ-スタンダード、プレミアム、プレミアムプラス

      これらのサブスクリプションをお持ちの場合は、使用状況分析サービスを使用して、Citrix 製品の基本使用状況レポートを表示できます。このオファリングを使用するために試用版をリクエストする必要はありません。

    Citrix Cloudページで、[ 分析 ]タイルが[ マイサービス ]セクションに移動します。

  • Citrix Analytics に登録します。次のCitrix Analytics サブスクリプションを購入できます。

    セキュリティ向けCitrix Analytics yticsおよびパフォーマンス向けCitrix Analyticsは、Citrix Workspace パッケージ(ワークスペーススタンダード、ワークスペースプレミアム、ワークスペースプレミアムプラス)のアドオンサービスとして提供されます。詳しくは、「Citrix Cloudサービス」を参照してください。

注:

Citrix Cloudアカウントをお持ちの場合は、いつでもAnalyticsのデモを表示できます。Citrix Cloudの [Analytics] タイルで [管理] をクリックして、[Analyticsの概要]ページを表示します。概要ページで、各 Analytics オファリングに固有の [ デモを試 す] リンクをクリックするか、でデモに登録 https://www.citrix.com/products/citrix-analytics.htmlします。

ステップ 3: Analyticsの管理

セキュリティ分析とパフォーマンス分析では、必要なサブスクリプションを持っているか、トライアルにアクセスする権限が付与されると、Analyticsの概要ページで、オファリングの [ トライアルをリクエスト ] ボタンが [管理] に変更されます。[ 管理 ] をクリックして、各オファリングに対応するユーザーダッシュボードを表示します。

使用状況分析の場合は、[ 開始 ]または[ 管理 ]をクリックして、Citrix 製品の使用状況ダッシュボードを表示します。

ウェルカムページ

Citrix Analyticsでは、Citrix Cloudアカウントに関連付けられたCitrix Cloudサービス(データソース)が自動的に検出されます。検出されたデータソースを表示するには、[ 設定] > [データソース ] をクリックし、必要なタブ ([ セキュリティ]、[ パフォーマンス]、または [ 使用状況]) をクリックします。

Analysicsの各オファリングについて詳しくは、

はじめに