Citrix Application Delivery Managementサービス

HDX Insight

HDX Insightは、Citrix ADCを通過するCitrix Virtual Apps and Desktops へのHDXトラフィックのエンドツーエンドの可視性を提供します。管理者は、HDX Insightを通じて、リアルタイムのクライアントとネットワークの遅延測定基準、履歴レポート、エンドツーエンドのパフォーマンスデータを確認し、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングできます。リアルタイムの可視性と履歴データの両方を利用できるため、Citrix Application Delivery Management(ADM)はさまざまなユースケースをサポートできます。

データが表示されるようにするには、ADC Gateway 仮想サーバーで AppFlow を有効にする必要があります。AppFlow は、 IPFIX プロトコルまたは Logstream メソッドによって配信できます。

ICAラウンドトリップ時間の計算を記録するには、次のポリシー設定を有効にします。

  • ICA往復計算
  • ICA往復計算間隔
  • アイドル接続のICA往復計算

個々のユーザーをクリックすると、選択した時間枠内でユーザーが行った各HDXセッション(アクティブまたは終了済み)を確認できます。その他の情報には、セッション中に消費されるレイテンシー統計および帯域幅が含まれます。オーディオ、プリンタマッピング、クライアントドライブのマッピングなど、個々の仮想チャネルから帯域幅情報を取得することもできます。

また、アクティブなセッションと終了したすべてのユーザーの統合ビューを表示することもできます。

HDX Insight 改善

管理者として、このビューを使用すると、次のことが可能になります。

  • 単一ペインビジュアライゼーションですべてのユーザーの詳細を表示する

  • 各ユーザーを選択し、アクティブなセッションと終了したセッションの表示に関する複雑さを排除

グループを作成するときに、グループにロールを割り当てたり、グループへのアプリケーションレベルのアクセスを提供したり、ユーザーをグループに割り当てることができます。Citrix ADM 分析では、仮想IPアドレスベースの認証がサポートされるようになりました。ユーザーは、権限のあるアプリケーション(仮想サーバー)のみのすべての Insightのレポートを表示できるようになりました。グループとグループへのユーザーの割り当てについて詳しくは、Citrix ADMでのグループの構成を参照してください。

また、[ HDX Insight ] > [ アプリケーション ] に移動し、[ 起動期間 ] をクリックして、アプリケーションの起動にかかった時間を表示することもできます。[ HDX Insight] > [ユーザー] に移動して、接続されているすべてのユーザーのユーザーエージェントを表示することもできます

注:

HDX Insightは、ソフトウェアバージョン 12.0 で実行される ADC インスタンスで構成された Admin パーティションをサポートしています。

次のシンクライアントがHDX Insightをサポートしています。

  • WYSE Windows ベースのシンクライアント
  • WYSE Linux ベースのシンクライアント
  • WYSE Thinos ベースのシンクライアント
  • 10ZiG Ubuntu ベースのシンクライアント

パフォーマンス遅延問題の根本原因の特定

シナリオ1

Citrix Virtual Apps and Desktops へのアクセス中に遅延が発生している

遅延の原因として考えられるのは、サーバーネットワークの遅延、サーバーネットワークに起因するICAトラフィックの遅延、またはクライアントネットワークの遅延です。

問題の根本原因を特定するために、次の測定基準を分析します。

  • WAN 遅延
  • DCの遅延
  • ホストの遅延

クライアント・メトリックを表示する手順は、次のとおりです。

  1. [ 分析 ] タブで、[ HDX Insight ] > [ ユーザー] に移動します。
  2. 下にスクロールしてユーザー名を選択し、リストからピリオドを選択します。期間は、1 日、1 週間、1 か月にすることができます。また、データを表示する期間をカスタマイズすることもできます。
  3. グラフには、指定した期間におけるユーザーのICA RTTおよびDCレイテンシー値がグラフとして表示されます。

    クライアント・メトリック

  4. [ 現在のアプリケーションセッション ] テーブルで、 RTT 値の上にマウスを置き、ホスト遅延、DC 遅延、および WAN 遅延の値をメモします。

  5. 現在のアプリケーションセッション 」(Current Application Sessions) テーブルで、ホップ図の記号をクリックして、クライアントとサーバー間の接続に関する情報 (遅延値を含む) を表示します。

    現在のアプリケーションセッション

概要:

この例では、 DC 遅延は 751 ミリ秒、 WAN 遅延は 52 ミリ秒、 ホスト遅延は 6 秒です。これは、サーバネットワークによる平均遅延が原因で、ユーザが遅延していることを示します。

シナリオ2

Citrix Virtual Apps または Desktops でアプリケーションの起動中に遅延が発生しています

遅延の原因として考えられるのは、サーバーネットワークの遅延、サーバーネットワークに起因するICAトラフィックの遅延、クライアントネットワークの遅延、またはアプリケーションの起動にかかる時間です。

問題の根本原因を特定するために、次の測定基準を分析します。

  • WAN 遅延
  • DC 遅延
  • ホスト遅延

ユーザー・メトリックを表示する手順は、次のとおりです。

  1. [ 分析 ] タブで、[ HDX Insight ] > [ ユーザー] に移動します。

  2. 下にスクロールし、ユーザー名をクリックします。

  3. グラフに示されている該当するセッションのWANの遅延、DCの遅延、RTTの値を書き留めます。

  4. [ 現在のアプリケーションセッション ] テーブルで、ホストの遅延が大きいことに注意してください。

    ユーザーメトリック

概要:

この例では、 DC 遅延は 1 ミリ秒、 WAN 遅延は 12 ミリ秒ですが、 ホスト遅延は 517 ミリ秒です。DC および WAN のレイテンシーが低い RTT が高いのは、ホストサーバ上のアプリケーションエラーを示します。

注:

ソフトウェア11.1ビルド51.21以降を実行しているCitrix ADMを使用している場合、HDX Insightは、WANジッタやサーバー側の再送信など、より多くのユーザーメトリックも表示されます。これらの指標を表示するには、[ **Analytics ] > [ HDX Insight ] > [ユーザー] の順に選択し、ユーザー名を選択します。**ユーザーの測定基準がグラフの隣の表に表示されます。

概要

HDX Insight の地情報マップ

Citrix ADMの地理マップ機能は、マップ上の異なる地理的場所におけるWebアプリケーションの使用状況を表示します。管理者は、この情報を使用して、アプリケーションの使用率の傾向を把握し、キャパシティプランニングを行うことができます。

地域マップは、国、州、および都市に固有の次の指標に関する情報を提供します。

  • 合計ヒット数:アプリケーションがアクセスされた合計回数。

  • 帯域幅:クライアント要求の処理中に消費される総帯域幅

  • 応答時間:クライアント要求への応答の送信に要した平均時間。

地理マップは、次のようないくつかのユースケースに対処するために使用できる情報を提供します。

  • アプリケーションにアクセスするクライアント数が最大であるリージョン

  • 応答時間が最も高いリージョン

  • 最も帯域幅を消費するリージョン

Citrix ADM ではWebインサイト を有効にすると、プライベートIPアドレスまたはパブリックIPアドレスのジオマップが自動的に有効になります。

プライベート IP ブロックを作成する

Citrix ADM は、クライアントのプライベートIPアドレスがCitrix ADM サーバーに追加されると、クライアントのロケーションを認識できます。たとえば、クライアントのIPアドレスがA市に関連付けられたプライベートIPアドレスブロックの範囲内にある場合、Citrix ADM はこのクライアントのA市町からトラフィックが発信していることを認識します。

IP ブロックを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Citrix ADM で、[ Analytics ]>[ 設定 ]>[ IPブロック]の順に選択し、[ 追加]をクリックします。

  2. [ IP ブロックの作成 ] ページで、次のパラメータを指定します。

    • 名前。プライベート IP ブロックの名前を指定します。

    • 開始 IP アドレス。IP ブロックの最小の IP アドレス範囲を指定します。

    • 終了 IP アドレス。IP ブロックの最大の IP アドレス範囲を指定します。

    • 。リストから国を選択します。

    • 地域。国に基づいて、地域は自動的に入力されますが、地域を選択できます。

    • 。地域に基づいて、都市は自動入力されますが、都市を選択できます。

    • 都市の緯度と都市の経度。選択した都市に基づいて、緯度と経度が自動的に設定されます。

  3. [Create]をクリックすると、作業が終了します。

    IPブロック

パブリック IP ブロック

クライアントがパブリックIPアドレスを使用している場合、Citrix ADMはクライアントの場所を認識することもできます。Citrix ADM には組み込みの場所CSVファイルがあり、これはクライアントのIPアドレス範囲に基づいて場所と一致します。パブリック IP ブロックを使用するには、[Insight の設定] ページから [地理的データ収集を有効にする ] を有効にする必要があります。

Citrix ADM では、特定の地理的場所のジオマップを表示するためにインターネット接続が必要です。GeoMapを.pdf、.png、または.jpg形式でエクスポートするには、インターネット接続も必要です。

ジオのマップ

このダッシュボードのレポートをエクスポートするには、次の手順に従います。

このページのレポートをエクスポートするには、このページの右上にある エクスポート アイコンをクリックします。[ エクスポート ] ページでは、次のいずれかの操作を実行できます。

  1. [ 今すぐエクスポート ] タブを選択します。レポートを PDF、JPEG、PNG、または CSV 形式で表示して保存します。

  2. [ スケジュールエクスポート ] タブを選択します。レポートを毎日、毎週、または毎月スケジュールし、電子メールまたは余裕メッセージでレポートを送信する。

  • [ 毎週 の繰り返し] を選択した場合は、レポートをスケジュールする平日を選択してください。
  • [ 毎月の繰り返し ] を選択した場合は、レポートをスケジュールするすべての日をカンマで区切って入力します。

データセンターの geomap を設定するには、次の手順に従います。

[ ネットワーク ] タブで、[ サイト ] > [ プライベート IP ブロック ] の順に選択し、特定の場所のジオマップを構成します。

レポートのエクスポート

使用例

このシナリオでは2つの支店を持つABCという名前の企業を扱います。ABCはサンタクララとインドにオフィスを構えています。

サンタクララのユーザーは、SClara.x.com の ADC ゲートウェイアプライアンスを使用して VPN トラフィックにアクセスします。インドのユーザーは、India.x.com の ADC Gatewayアプライアンスを使用して VPN トラフィックにアクセスします。

サンタクララでは、午前10時から午後5時などの特定の時間帯にSClara.x.comに接続し、VPNトラフィックにアクセスします。ほとんどのユーザーは同じADC Gatewayにアクセスするため、VPNへの接続に遅延が生じる。そのため、Sclara.x.comではなくIndia.x.comに接続するユーザーもいる。

トラフィックを分析する ADC 管理者は、地理マップ機能を使用して、サンタクララオフィスのトラフィックを表示できます。マップは、サンタクララオフィスでの応答時間が高いことを示しています。これは、サンタクララオフィスには、ユーザーが VPN トラフィックにアクセスできる ADC ゲートウェイアプライアンスが 1 つしかないためです。したがって、管理者は、別の ADC ゲートウェイをインストールして、VPN にアクセスするための 2 つのローカル ADC ゲートウェイアプライアンスをユーザに割り当てることができます。

識見

制限事項

ADCインスタンスに Advanced ライセンスがある場合、分析データが収集されるのは 1 時間だけであるため、Citrix ADM for HDX Insight に設定されたしきい値はトリガーされません。

このダッシュボードのレポートをエクスポートするには、次の手順に従います。

このページのレポートをエクスポートするには、このページの右上にある エクスポート アイコンをクリックします。[ エクスポート ] ページでは、次のいずれかの操作を実行できます。

  1. [ 今すぐエクスポート ] タブを選択します。レポートを PDF、JPEG、PNG、または CSV 形式で表示して保存します。

  2. [ スケジュールエクスポート ] タブを選択します。レポートを毎日、毎週、または毎月スケジュールし、電子メールまたは余裕メッセージでレポートを送信する。

  • [ 毎週 の繰り返し] を選択した場合は、レポートをスケジュールする平日を選択してください。
  • [ 毎月の繰り返し ] を選択した場合は、レポートをスケジュールするすべての日をカンマで区切って入力します。
HDX Insight