Citrix Application Delivery Managementサービス

分散トレース

サービスグラフでは、分散トレーシングビューを使用して、次のことができます。

  • サービス全体のパフォーマンスを分析します。

  • 選択したサービスとその相互依存サービス間の通信フローを視覚化します。

  • エラーを示しているサービスを特定し、誤ったサービスをトラブルシューティングします。

  • 選択したサービスとその相互依存サービス間のトランザクションの詳細を表示します。

前提条件

サービスのトレース情報を表示するには、次の操作を行う必要があります。

  • east-west トラフィックを送信しながら、アプリケーションが次のトレースヘッダーを維持していることを確認します。

    ヘッダ

  • 1.7.23 より前のCICビルドの場合、CPX NS_DISTRIBUTED_TRACING YAMLファイルをおよび値として更新します yes

    CPX YAML

  • 1.7.23 以降の CIC ビルドでは、ConfigMap を使用する必要があります。

    ConfigMaps を使用すると、Pod から設定を分離し、ワークロードを移植することができます。ConfigMaps を使用すると、ワークロード構成を簡単に変更および管理でき、構成データを Pod 仕様にハードコードする必要性を軽減できます。

    ConfigMapサポートでは、Citrix ingress controller ポッドを実行したまま構成を自動的に更新できます。更新後に Pod を再起動する必要はありません。詳しくは、「入力コントローラの ConfigMap サポート」を参照してください。

    ConfigMap を使用すると、分散トレース、イベント、監査ログなどを有効または無効にできます。コンフィグマップを使用するには、次の手順に従います。

    1. 必要なパラメータを使用して YAML ファイルを作成します。

      次の YAML ファイルの例では、分散トレースが有効になり、監査ログ、イベント、トランザクションなどのその他の変数が無効になっています。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: cic-configmap
        namespace: default
      data:
        LOGLEVEL: 'debug'
        NS_PROTOCOL: 'http'
        NS_PORT: '80'
        NS_HTTP2_SERVER_SIDE: 'ON'
        NS_ANALYTICS_CONFIG: |
          distributed_tracing:
            enable: 'true'
            samplingrate: 100
          endpoint:
            server: <ADM-AgentIP> / <ADM-AppserverIP>
          timeseries:
            port: 5563
            metrics:
              enable: 'true'
              mode: 'avro'
            auditlogs:
              enable: 'false'
            events:
              enable: 'false'
          transactions:
            enable: 'false'
            port: 5557
      <!--NeedCopy-->
      

      0 から 100 Samplingrate までの値を指定できます。Citrix ADMには、上記のトレーストランザクション数が表示されます。

    2. 以下を使用して ConfigMap を展開します。

      kubectl create -f <configmap-yaml>.yaml

    3. CPX YAML ファイルを編集し、 envFromまたはargsを使用して次の引数を指定します。

      envFrom:
       - configMapRef:
           name: cic-configmap
      <!--NeedCopy-->
      

      または

      YAML

      ConfigMap の YAML 設定は CIC にデプロイされます。

    4. 任意の変数の値を変更する場合は、ConfigMap で値を編集します。この例では、他のすべての変数をfalseからtrueに変更しています。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: cic-configmap
        namespace: default
      data:
        LOGLEVEL: 'debug'
        NS_PROTOCOL: 'http'
        NS_PORT: '80'
        NS_HTTP2_SERVER_SIDE: 'ON'
        NS_ANALYTICS_CONFIG: |
          distributed_tracing:
            enable: 'true'
            samplingrate: 100
          endpoint:
            server: <ADM-AgentIP> / <ADM-AppserverIP>
          timeseries:
            port: 5563
            metrics:
              enable: 'true'
              mode: 'avro'
            auditlogs:
              enable: 'true'
            events:
              enable: 'true'
          transactions:
            enable: 'true'
            port: 5557
        <!--NeedCopy-->
      
    5. 次のコマンドを使用して ConfigMap を再適用します。

      kubectl apply -f <yaml-file>.yaml

サービストレースの詳細の表示

サービスグラフでサービスをクリックし、[ トレース情報] を選択します。

トレース情報

選択したサービスの [トレースの概要] ページが表示されます。

トレースの概要

[ トレースの概要 ] には、次の情報が表示されます。

  • 提案と演算子を使用したトランザクションを検索できる拡張検索 (1)。詳しくは、「高度な検索」を参照してください。

  • 1 時間、12 時間、1 日、1 週間、1 ヶ月、カスタム時間 (2) などの期間を選択できる期間リスト。

  • 「タイムラインの詳細」グラフ。ドラッグして選択して、特定の期間 (3) の結果を表示できます。

  • 各メトリックからオプションを選択できる [フィルタ] パネル (4)。

  • 選択したサービスのトランザクション詳細 (5)。

取引の詳細の表示

トランザクションをクリックして、詳細情報をドリルダウンします。次のような、選択したサービスの取引詳細を表示できます。

  • 開始日時

  • 終了時間

  • SSL メトリック

  • 相互依存サービスとの通信(各サービスとのエラーおよび応答時間とともに)。

次の例は、catalogue-store-serviceからのエラーを示しています。詳しくは、[トレースの詳細を表示 ] をクリックします。

トレースの詳細

「トレースの詳細」ページが表示されます。

トランザクションのトレース

1 — トランザクションの開始時間、応答時間、サービスの合計、および合計スパンが表示されます。

2 — 依存関係間のサービスと通信した、選択したサービスの詳細を表示します。各トランザクションをクリックすると、詳細を表示できます。

3 — 各サービスのトランザクションの詳細を表示します。

例の画像によると、catalogue-store-serviceはエラーを示しました.catalogue-store-serviceで利用可能なトランザクションをクリックします 。

クリックトランザクション

product-catalogue-servicecatalogue-store-serviceの間のトランザクションの詳細は、HTTP 応答を 500と示します。これらの詳細情報を使用して、管理者として、誤ったサービスを分析し、解決方法 product-catalogue-service としてトラブルシューティングできます。

また、フィルターパネルの各指標からオプションを選択して、結果を フィルター することもできます。たとえば、すべての 5xx トランザクションを表示する場合は、[ 応答コード ] をクリックし、[ 500] を選択します。

[フィルタ] パネル

  • クライアント RTT:パケットがクライアントから転送される時間。

  • サーバ RTT: パケットがサーバから転送される時間。

  • アプリの応答時間: アプリケーションの平均応答時間

  • データ転送時間:データ転送サイズと、サービスとの間で送信が行われる速度。

  • 場所: クライアントの場所

  • ブラウザ:クライアントが使用するブラウザのタイプ。例:Chrome、Firefoxです。

  • クライアントOS:ブラウザからのユーザーエージェントの詳細に基づくクライアントOS。

  • デバイス:ブラウザからのユーザーエージェントの詳細に基づくデバイス。例:タブレット、モバイル。

  • 要求タイプ: 取引要求タイプ。例:GET。

  • 応答コード:サーバーから受信した応答コード。例:501、404、200。

  • 応答コンテンツ・タイプ: 取引コンテンツ・タイプ。クライアント要求がtext/htmlの場合、サーバーからの応答はtext/htmlでなければなりません。

  • SSL プロトコル: クライアントが使用する SSL プロトコルのバージョン。例:SSLv3。

  • SSL 暗号の強度: SSL 証明書キーサイズ (高、中、低) に基づく暗号の強度。

  • SSL キーの強度: SSL 暗号の強さは、SSL 証明書のキーサイズから計算されます。キーの長さは、SSL アルゴリズムのセキュリティを定義します。例:2048

  • SSL フロントエンド失敗の理由: フロントエンド SSL ハンドシェイクのエラーメッセージ。例: SSL CLIENTAUTH FAILURE

分散トレース