Citrix Application Delivery Management サービス

Citrix ADM を使用した AWS での Citrix ADC の自動スケーリング

クラウドでアプリケーションを効率的にホストすると、アプリケーションの必要に応じて、リソースを簡単にコスト効率よく管理できます。たとえば、AWS で実行されている E コマースウェブポータルがあるとします。このポータルは、アプリケーショントラフィックが急増している間に莫大な割引を提供することがあります。これらの提供中にアプリケーショントラフィックが増加した場合、アプリケーションを動的にスケールアウトする必要があり、それに応じてネットワークリソースも増加する必要があります。

Citrix ADM 自動スケーリング機能は、AWS での Citrix ADC インスタンスのProvisioning と自動スケーリングをサポートします。Citrix ADM 自動スケーリング機能は、メモリ使用量、CPU使用量、スループットなどのしきい値パラメータを常に監視します。これらのパラメータの 1 つを選択することも、複数のパラメータを選択してモニタリングすることもできます。これらのパラメータ値は、ユーザが設定した値と比較されます。パラメータ値が制限に違反すると、それに応じてスケールアウトまたはスケールインがトリガーされます。

Citrix ADM Autoscale機能のアーキテクチャは、各Autoscaleグループのインスタンスの最小数と最大数を構成できるように設計されています。これらの番号を事前に設定すると、アプリケーションが常に起動して実行できるようになります。

重要

自動スケーリングは、クラスターノード上でスポット設定を必要とする以下の機能を除き、すべてのCitrix ADC 機能をサポートします。

  • GSLBか
  • Citrix Gateway とその機能
  • Telco 機能

スポッティング設定について詳しくは、ストライプ、部分的にストライプ、およびスポットされた構成を参照してください。

オートスケーリングの利点

アプリケーションの高可用性。自動スケーリングにより、アプリケーションのトラフィック要求を処理するための適切な数のCitrix ADC VPX インスタンスが常に確保されます。これは、トラフィック要求に関係なく、アプリケーションが常に起動して実行されるようにするためです。

スマートなスケーリング決定とゼロタッチ構成。自動スケーリングはアプリケーションを継続的に監視し、要求に応じて動的にCitrix ADC インスタンスを追加または削除します。需要が急増すると、インスタンスは自動的に追加されます。需要が急増すると、インスタンスは自動的に削除されます。 Citrix ADC インスタンスの追加と削除は自動的に行われ、手動によるゼロタッチ構成になります。

自動DNS管理。Citrix ADM Autoscale機能では、自動DNS管理機能を使用できます。新しいCitrix ADC インスタンスが追加されると、ドメイン名が自動的に更新されます。

グレースフル接続終了。スケールイン中、Citrix ADC インスタンスは正常に削除され、クライアント接続が失われるのを防ぎます。

コスト管理の向上。自動スケーリングは、必要に応じてCitrix ADC インスタンスを動的に増減します。これにより、関連するコストを最適化できます。必要なときにのみインスタンスを起動し、不要になったときにインスタンスを終了することで、コストを節約できます。したがって、使用したリソースに対してのみお支払いいただきます。

観測性。アプリケーションの稼働状態を監視するには、アプリケーションの開発運用や IT 担当者にとって重要なのは監視です。Citrix ADMの自動スケールダッシュボードでは、しきい値パラメータ値、自動スケールトリガータイムスタンプ、イベント、および自動スケールに関与するインスタンスを視覚化できます。

サポート性

現在、自動スケール機能は AWS にデプロイされた Citrix ADC インスタンスでのみサポートされています。

注:

AWS で自動スケールグループを作成するための Citrix ADC リリース 12.1 ビルド 50.28 イメージの使用はサポートされていません。

ライセンスの要件

CitrixAutoscaleグループ用に作成されたCitrix ADCインスタンスは、Citrix ADCアドバンストまたはプレミアムADCライセンスを使用します。Citrix ADC クラスタリング機能は、アドバンストまたはプレミアムADCライセンスに含まれています。

次のいずれかの方法を選択して、Citrix ADCitrix ADM によってプロビジョニングされたCitrix ADCのライセンスを取得できます。

  • Citrix ADMに存在するADCライセンスの使用: Autoscaleグループの作成時に、プール容量、VPXライセンス、または仮想CPUライセンスを構成します。したがって、新しいインスタンスがAutoscaleグループ用にプロビジョニングされると、すでに設定されているライセンスタイプが、プロビジョニングされたインスタンスに自動的に適用されます。

    • プールされたキャパシティ: Autoscaleグループ内のすべてのプロビジョニングされたインスタンスに帯域幅を割り当てます。新しいインスタンスをプロビジョニングするために必要な帯域幅がCitrix ADM で利用可能であることを確認します。詳しくは、「プール容量を構成する」を参照してください。

      autoscale グループの各 ADC インスタンスは、1 つのインスタンス・ライセンスと指定された帯域幅をプールからチェックアウトします。

    • VPXライセンス: 新しくプロビジョニングされたインスタンスにVPXライセンスを適用します。新しいインスタンスをプロビジョニングするために、Citrix ADM で必要な数のVPXライセンスがあることを確認します。

      Citrix ADC VPX インスタンスがプロビジョニングされると、インスタンスはCitrix ADM からライセンスをチェックアウトします。詳しくは、「Citrix ADC VPX チェックインとチェックアウトのライセンス」を参照してください。

    • 仮想 CPU ライセンス: 新しくプロビジョニングされたインスタンスに仮想 CPU ライセンスを適用します。このライセンスでは、Citrix ADC VPX インスタンスの資格を持つCPUの数を指定します。新しいインスタンスをプロビジョニングするために必要な数の仮想CPUがCitrix ADM にあることを確認します。

      Citrix ADC VPX インスタンスがプロビジョニングされると、インスタンスはCitrix ADM から仮想CPUライセンスをチェックアウトします。詳しくは、「Citrix ADC仮想CPUライセンス」を参照してください。

    プロビジョニングされたインスタンスが破棄またはプロビジョニング解除されると、適用されたライセンスは自動的にCitrix ADM に返されます。

    消費されたライセンスを監視するには、[ ネットワーク ] > [ ライセンス ] ページに移動します。

  • AWS サブスクリプションライセンスの使用: Autoscaleグループの作成時に、AWS マーケットプレイスで使用可能な Citrix ADC ライセンスを設定します。したがって、Autoscaleグループ用に新しいインスタンスがプロビジョニングされると、ライセンスは AWS Marketplace から取得されます。

AWS 用語

次の表は、この文書で使用されている Auto Scaling 用語のいくつかの簡単な説明です。

用語 説明
AWS Auto Scaling グループ AWS Auto Scaling グループは、同様の特性を共有する EC2 インスタンスの集合であり、インスタンスのスケーリングおよび管理を目的として論理的なグループとして扱われます。
Amazon Machine Image (AMI) マシンイメージ。クラウド内の仮想サーバーであるインスタンスを起動するのに必要な情報を提供します。
Elastic Compute Cloud(EC2) クラウドで、安全でサイズ変更できる処理能力を提供するWebサービスです。Web規模のクラウドコンピューティングを開発者が簡単に実施できるように設計されています。
Elastic IP(EIP)アドレス Elastic IP アドレスは、動的なクラウドコンピューティング用に設計された静的なパブリック IPv4 アドレスです。Elastic IP アドレスは、アカウント内の任意の VPC のインスタンスまたはネットワークインターフェイスに関連付けることができます。
エラスティックネットワークインターフェイス (ENI) VPCのインスタンスにアタッチできる、仮想のネットワークインターフェイスです。
インスタンスの種類 Amazon EC2では、さまざまなユースケースに対応できるよう最適化された幅広い種類のインスタンスを提供してます。インスタンスタイプを構成するCPU、メモリ、ストレージ、およびネットワーク機能の組み合わせはさまざまで、アプリケーションに合わせて最適なリソースの組み合わせを柔軟に選択できます。
Identity and Access Management(IAM)ロール AWSでIDが実行できること、または実行できないことを決定する許可ポリシーを持つAWSのID。IAMロールを使うことでEC2インスタンス上で実行されるアプリケーションが、AWSリソースに安全にアクセスできるようになります。
IAM インスタンスプロファイル AWS のクラスターでプロビジョニングされた Citrix ADC インスタンスに提供される ID。プロファイルにより、インスタンスが、クライアントリクエストの負荷分散を開始したときに AWS サービスにアクセスできるようになります。
リスナー リスナーは、構成するプロトコルとポートを使用して、接続要求をチェックするプロセスです。リスナーに対して定義するルールによって、ロードバランサーが 1 つ以上のターゲットグループのターゲットにリクエストをルーティングする方法が決まります。
NLB ネットワークロードバランサ。NLB は、AWS 環境で使用可能な L4 ロードバランサーです。
国道53号 Route 53 は、Amazon の高可用性とスケーラブルなクラウドドメインネームシステム (DNS) ウェブサービスです。
セキュリティグループ あるインスタンスに対して許可されている、名前が付けられた一連の受信方向のネットワーク接続。
サブネット EC2インスタンスをアタッチできるVPCのIPアドレス範囲の一部分。セキュリティと運用上の必要に応じて、サブネットを作成し、インスタンスをグループ分けできます。
Virtual Private Cloud(VPC) 定義した仮想ネットワーク内でAWSリソースを起動できる、AWSクラウドの論理的に隔離されたセクションをプロビジョニングするWebサービス。

Citrix ADC VPX Autoscaleの用語

次の表に、このドキュメントで使用されているCitrix ADC VPX オートスケーリング用語の概要を示します。

用語 説明
グループのAutoscale Autoscaleグループは、Citrix ADC インスタンスのグループで、アプリケーションを単一のエンティティとして負荷分散し、しきい値パラメータが制限に違反したときに自動スケーリングをトリガーします。Citrix ADC インスタンスは、Autoscaleグループ構成に基づいて動的にスケールアウトまたはスケールインします。注: このドキュメントでは、Citrix オートスケールグループは自動スケールグループと呼ばれていますが、AWS オートスケールグループは明示的に AWS オートスケールグループと呼ばれます。
Citrix ADC クラスター Citrix ADCクラスターは、Citrix ADC VPXインスタンスのグループであり、各インスタンスはノードと呼ばれます。クライアントトラフィックは、高可用性、高スループット、およびスケーラビリティを提供するために、ノード間で分散されます。
ドレイン接続タイムアウト スケールイン中、プロビジョニング解除のためにインスタンスが選択されると、Citrix ADM はインスタンスがAutoscaleグループへの新しい接続を処理しなくなり、指定されたドレイン接続タイムアウト期間が満了するまで待機してからプロビジョニング解除します。これにより、プロビジョニングを解除する前に、このインスタンスへの既存の接続をドレインアウトできます。ドレイン接続タイムアウトの期限が切れる前に接続がドレインされた場合、Citrix ADM はドレイン接続タイムアウトの期限が切れるまで待機してから、新しい評価を開始します。注: ドレイン接続のタイムアウトが経過しても接続がドレインされない場合は、アプリケーションに影響する可能性のあるインスタンスがCitrix ADM によって削除されます。デフォルト値は 5 分で、設定可能です。
クールダウン期間 スケールアウト後のクールダウン期間は、統計の評価を停止する必要がある時間です。これにより、次のスケーリング決定が行われる前に、現在のトラフィックが安定して現在のインスタンスセットで平均化されるため、Autoscaleグループのオーガニックな成長が保証されます。デフォルトのクールダウン期間の値は 10 分で、設定可能です。注: デフォルト値は、スケールアウト後のシステムの安定に必要な時間(約4分)と、Citrix ADC 構成とDNSアドバタイズメント時間に基づいて決定されます。
タグ 各Autoscaleグループには、キーと値のペアであるタグが割り当てられます。リソースにタグを適用すると、リソースの整理や識別が容易になります。タグは AWS と Citrix ADM の両方に適用されます。例: キー=名前、値=ウェブサーバー。開発、実稼働、テストなど、さまざまなグループに属する可能性のあるAutoscaleグループを簡単に追跡するには、一貫したタグセットを使用することをお勧めします。
しきい値パラメータ スケールアウトまたはスケールインをトリガーするために監視されるパラメータ。パラメータは、CPU 使用率、メモリ使用率、およびスループットです。監視するパラメータを 1 つ以上選択することも、複数のパラメータを選択できます。
生存時間(TTL) 情報のソースを再度参照する前に、DNS リソースレコードをキャッシュできる時間間隔を指定します。デフォルトの TTL 値は 30 秒で、設定可能です。
総再生時間 スケーリングが発生するために、scale パラメータのしきい値を超過したままにする時間。この指定された時間内に収集されたすべてのサンプルでしきい値を超えると、スケーリングが行われます。この期間中、しきい値パラメータが最大しきい値よりも高い値にとどまる場合は、スケールアウトがトリガーされます。しきい値パラメータが最小しきい値よりも低い値で動作する場合、スケールインがトリガーされます。デフォルト値は 3 分で、設定可能です。
Citrix ADM を使用した AWS での Citrix ADC の自動スケーリング