Citrix Application Delivery Managementサービス

監査テンプレートの作成

ネットワークのパフォーマンスを最適化するため、特定の構成を特定のインスタンス上で実行する場合があります。また、管理対象のCitrix ADCインスタンス間の構成変更の監視、構成エラーのトラブルシューティング、および突然のシステムのシャットダウン後に保存されていない構成の回復も必要になります。特定のインスタンスで監査する特定の構成を持つ監査テンプレートを作成できます。Citrix Application Delivery Management(ADM)は、これらのインスタンスを監査テンプレートと比較し、構成に不一致がある場合はレポートします。構成の不一致がある場合、Citrix ADMは構成差分レポートを生成し、トラブルシューティングを行い、不要な構成変更を修正できます。

監査テンプレートの実行を自動化するには、

  • テンプレートを実行する必要がある時刻をスケジュールする

  • Citrix ADMがテンプレートを実行する必要がある頻度の設定。テンプレートは、毎日、週の特定の日、または月の特定の日に実行できます。

また、Citrix ADM によって生成された差分レポートを、構成可能な指定したメールアドレスに送信することもできます。このオプションを使用すると、ユーザーはレポートをメール添付ファイルとして受信できます。ユーザーがCitrix ADM にログオンしてレポートを手動でエクスポートする必要はありません。

注: [ 名前の変更 ] オプションは、既定の構成テンプレートでは無効になっています。ただし、カスタム構成テンプレートの名前は変更できます。

監査テンプレートを作成するには、次の手順に従います。

  1. [ ネットワーク ] > [ 構成監査 ] > [ 監査テンプレート] に移動し、[ 追加] をクリックします。

  2. [ テンプレートの作成 ] ページと [ 監査コマンド ] タブで、テンプレート名とその説明を指定します。

  3. [ 構成エディタ] ページで、コマンドを入力し、コマンドを構成テンプレートとして保存します。既存のテンプレートを左ペインからエディタにドラッグすることもできます。

  4. 変数に変換する値を選択し、[ 変数に変換]をクリックします。たとえば、負荷分散サーバー「ipaddress1」の IP アドレスを選択し、[ 変数に変換]をクリックします。下の図に示すように、変数は 「$」で囲まれています。

    変数に変換

    変数の定義 」(Define Variable) ウィンドウで、この変数のプロパティ (名前、表示名、変数のタイプ) を設定します。変数のデフォルト値をさらに指定する場合は、「詳細設定」( Advanced ) オプションをクリックします。

    変数を定義する

    コマンドを構成テンプレートとして保存することもできます。

    コマンドを設定テンプレートとして保存する

  5. [ 保存 ] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。

  6. [ Select Instances ] タブで、設定監査を実行するインスタンスを選択し、[ Next] をクリックします。

    インスタンスを選択

  7. 変数値の指定 」タブには、次の 2 つのオプションがあります。

    1. 入力ファイルをダウンロードして、コマンドで定義した変数の値を入力し、Citrix ADM サーバーにファイルをアップロードします。

    2. すべてのインスタンスに定義した変数に共通の値を入力します。

  8. [次へ] をクリックします。

    変数値の指定

  9. [ Template Preview ] タブでは、各インスタンスまたはインスタンスグループで実行するコマンドを評価および確認できます。[次へ] をクリックします。

    テンプレートのプレビュー

  10. [ Schedule Template ] タブには、テンプレートの実行をスケジュールし、差分レポートを送信するようにメールアドレスを設定する次のオプションがあります。

    • グローバルポーリング間隔を使用します。Citrix ADM でグローバルに構成されたインスタンスでテンプレートを一度に実行するには、このオプションを選択します。

      注:

      Citrix ADM でグローバルポーリング間隔を構成するには、[ ネットワーク ]>[ 構成監査 ]>[ 監査テンプレート]の順に選択し、グローバルポーリング間隔]をクリックします。[ ポーリング間隔 ]フィールドに、Citrix ADMがインスタンスをグローバルにポーリングする必要がある分を入力します。

    • テンプレート集計表をカスタマイズします。このオプションを使用して、テンプレートを実行する必要がある時間と頻度を設定します。

    • レポートを電子メールで送信する。このオプションを使用して、差分レポートの送信先となるメールプロファイルをメール添付ファイルとして構成します。

  11. [完了] をクリックします。

    スケジュールテンプレート

    監査テンプレートは [ Audit Templates ] リストに表示され、指定されたインスタンスの設定に対してスケジュールされた時刻に実行されます。

    テンプレートの作成

監査テンプレートの作成