Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADC仮想CPUライセンス

お客様のようなデータセンター管理者は、より低いコストと高い拡張性を提供しながら、ネットワーク機能をシンプル化する新しいテクノロジーに移行しています。新しいデータセンターのアーキテクチャには、少なくとも次の機能が含まれている必要があります。

  • ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)
  • ネットワーク機能の仮想化 (NFV)
  • ネットワーク仮想化(NV)
  • マイクロサービス

このような動きでは、変化し続けるビジネスニーズを満たすために、ソフトウェア要件が動的、柔軟性、俊敏性である必要もあります。ライセンスは、使用状況を完全に把握できる中央管理ツールによって管理されることも期待されています。

Citrix ADC VPXの仮想CPUライセンス

以前は、Citrix ADC VPX ライセンスは、インスタンスによる帯域幅消費に基づいて割り当てられていました。Citrix ADC VPX は、バインドされているライセンスエディションに基づいて、特定の帯域幅やその他のパフォーマンス指標を使用するように制限されています。使用可能な帯域幅を増やすには、より多くの帯域幅を提供するライセンスエディションにアップグレードする必要があります。特定のシナリオでは、帯域幅の要件は少なくなりますが、SSL TPS、圧縮スループットなど、他の L7 パフォーマンスの要件はより多くなります。このような場合には、Citrix ADC VPX ライセンスのアップグレードが適切でない場合があります。ただし、CPU 負荷の高い処理に必要なシステムリソースのロックを解除するには、帯域幅が大きいライセンスを購入する必要があります。Citrix ADM では、仮想CPU要件に基づいてCitrix ADC インスタンスへのライセンスの割り当てがサポートされるようになりました。

仮想CPU使用量ベースのライセンス機能では、特定のCitrix ADC VPX が資格を持つCPUの数がライセンスに指定されます。そのため、Citrix ADC VPX は、ライセンスサーバー上で実行されている仮想CPUの数だけライセンスをチェックアウトできます。Citrix ADC VPX は、システムで実行されているCPUの数に応じてライセンスをチェックアウトします。Citrix ADC VPX は、ライセンスのチェックアウト中にアイドル状態のCPUを考慮しません。

プールされたライセンス容量とCICOライセンス機能と同様に、Citrix ADM ライセンスサーバーは個別の仮想CPUライセンスを管理します。また、仮想 CPU ライセンスの管理には、スタンダード、アドバンスト、プレミアムの 3 つのエディションがあります。これらのエディションは、帯域幅ライセンスのエディションでロック解除された機能と同じ機能のセットをロック解除します。

仮想CPUの数が変更されたり、ライセンスエディションに変更があったりすることがあります。このような場合、新しいライセンスのセットのリクエストを開始する前に、常にインスタンスをシャットダウンする必要があります。ライセンスをチェックアウトした後、Citrix ADC VPX を再起動します。

GUIを使用してCitrix ADC VPX でライセンスサーバーを構成するには:

  1. Citrix ADC VPX で、[ システム ]>[ ライセンス ]に移動し、[ ライセンスの管理]をクリックします。

  2. [ ライセンス ] ページで、[ 新しいライセンスの追加] をクリックします。

  3. [ ライセンス ] ページで、[ リモートライセンスを使用する ] オプションを選択します。

  4. [ リモート **ライセンスモード] リストから [CPU ライセンス** ] を選択します。

  5. ライセンスサーバーのIPアドレスとポート番号を入力します。

  6. [続行] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    注:

    Citrix ADC VPX インスタンスは常にCitrix ADM に登録する必要があります。まだ実行していない場合は、 Citrix ADM で登録 ]を有効にして、Citrix ADMのログイン資格情報を入力します。

  7. [ ライセンスの割り当て ] ウィンドウで、ライセンスのタイプを選択します。このウィンドウには、使用可能な仮想 CPU の合計と、割り当て可能な CPU が表示されます。[ライセンスの取得] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  8. 次のページで [Reboot] をクリックして、ライセンスを申請します。

    ローカライズされた画像

    注:

    現在のライセンスをリリースして、別のエディションからチェックアウトすることもできます。たとえば、インスタンスで Standard Edition ライセンスをすでに実行しているとします。そのライセンスをリリースしてから、Advanced Edition からチェックアウトできます。

CLIを使用したCitrix ADC VPX ライセンスでのライセンスサーバーの構成

Citrix ADC VPX コンソールで、以下の2つのタスクに対して次のコマンドを入力します。

  1. ライセンスサーバーをCitrix ADC VPX に追加するには:

    add licenseserver <IP address of the license server>
    
  2. ライセンスを申請するには:

    set capacity -vcpu - edition premium
    

    プロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力してインスタンスを再起動します。

    reboot -w
    

ライセンスサーバーの IP アドレスを更新する

VPXインスタンスのライセンスサーバーのIPアドレスを更新できます。インスタンスに割り当てられたライセンス帯域幅やデータの損失に影響はありません。ライセンスサーバーのIPアドレスを更新するには、VPXインスタンスで次のコマンドを入力します。

add licenseserver <licensing server IP address> -forceUpdateIP

このコマンドは、新しいサーバーに接続し、以前のライセンスサーバーに関連付けられたリソースを解放します。

Citrix ADM での仮想CPUライセンスの管理

  1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ ライセンス ]>[ 仮想CPUライセンス]に移動します。

  2. このページには、各ライセンスエディションに割り当てられたライセンスが表示されます。

  3. 各ドーナツ内の番号をクリックして、このライセンスを使用しているCitrix ADC インスタンスを表示します。

    管理-仮想 CPU

Citrix ADC CPX用の仮想CPUライセンス

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 中に、インスタンスのCPU使用率に応じて、ライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトするようにCitrix ADC CPXインスタンスを構成できます。

Citrix ADC CPXは、Citrix ADM 上で動作するライセンスサーバーを使用してライセンスを管理します。Citrix ADC CPXは、起動時にライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトします。Citrix ADC CPXがシャットダウンすると、ライセンスはライセンスサーバーにチェックインされます。

Citrix ADC CPXは、Docker アプリストアからダウンロードできます。Docker ホストで、Citrix ADC CPXをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

docker pull store/citrix/netscalercpx: [version]

CPXライセンスには、次の3つのライセンスタイプがあります。

  1. CPXおよびVPXでサポートされる仮想CPUサブスクリプションライセンス

  2. プールされたキャパシティライセンス

  3. CPX のみで単一から複数の vCPU をサポートする CP1000 ライセンス

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 中にvCPUサブスクリプションライセンスを構成するには:

Citrix ADC CPXインスタンスが使用するvCPUライセンスの数を指定します。

  • この値は、Docker、Kubernetes、またはMesos/Marathonを通じて環境変数として入力されます。

  • ターゲット変数は「CPX_CORES」です。CPXは1から7コアまでサポートできます。

2つのコアを指定するには、次のようにdocker runコマンドを実行します。

docker run -dt -P --privileged=true --ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2

Citrix ADC CPXインスタンスをProvisioning するときに、以下のように docker run コマンドでCitrix ADC ライセンスサーバーを環境変数として定義します。

docker run -dt -P --privileged=true --ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2 -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> cpx:11.1

各項目の意味は次のとおりです。

  • < LS_IP_ADDRESS >は、Citrix ADCライセンスサーバーのIPアドレスです。

  • < LS_PORT >は、Citrix ADC ライセンスサーバーのポートです。デフォルトのポートは27000です。

注:

デフォルトでは、Citrix ADC CPXインスタンスはvCPUサブスクリプションプールからライセンスをチェックアウトします。インスタンスが「n」の CPU で実行されている場合、CPX インスタンスは「n」個のライセンスをチェックアウトします。

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 時にCitrix ADC プールキャパシティまたはCP1000ライセンスを構成するには:

プールされたライセンス(帯域幅ベース)または CPX プライベートプール(CP1000 またはプライベートプールベース)を使用して CPX インスタンスのライセンスをチェックアウトする場合は、それに応じて環境変数を指定する必要があります。

例:

docker run -dt -P --privileged=true --ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2 -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> -e PLATFORM=CP1000 cpx:11.1

CP1000. このコマンドは、CP1000 プール(CPX プライベートプール)からのチェックアウトをトリガーします。その後、Citrix ADC CPXインスタンスは、CPX_CORESに指定された「n」個のコア数のインスタンスを取得します。最も一般的な使用例は、1 つのインスタンスのチェックアウトに n = 1 を指定することです。マルチコア CPX ユースケースは、「n」の vCPU をチェックアウトします (「n」は 1 から 7 まで)。

docker run -dt -P --privileged=true --ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2 -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> -e BANDWIDTH=2000 cpx:11.1

プールされた容量。このコマンドは、インスタンスプールから 1 つのライセンスをチェックアウトし、Premium 帯域幅プールから 1000 Mbps の帯域幅を消費しますが、CPX は最大 2000 Mbps の実行を可能にします。プールライセンスでは、最初の 1000 Mbps は課金されません。

注:

次の表で説明するように、帯域幅プールからチェックアウトするときに、目的のターゲット帯域幅に対応する vCPU の数を指定します。

|コア数(vCPU) | 最大帯域幅 | |———————-|———————| | 1 | 1000 Mbps | | 2 | 2000 Mbps | | 3| 3500 Mbps | | 4 | 5000 Mbps | | 5 | 6500 Mbps | |6 | 8000 Mbps | | 7 | 9300 Mbps |