Citrix Content Collaboration

Citrix Content Collaboration はクラウドベースのコンテンツコラボレーションプラットフォームで、企業はいつでもどのデバイスでも簡単に作業を完了できます。ビジネスクラスのファイル共有、合理化されたワークフロー、リアルタイムコラボレーションを1つの場所にまとめて、ユーザーが思いどおりに作業できるようにします。

組織のモバイル化、情報中心、コラボレーションが進むにつれ、信頼性が高く安全なファイル共有の必要性が高まっています。Citrix Content Collaboration プラットフォームにより、IT部門は、ユーザーのモビリティとコラボレーションのニーズ、および企業のデータセキュリティ要件を満たす堅牢なデータ共有および同期サービスを提供できます。

また、Webベースのインターフェイス、モバイルクライアント、デスクトップアプリ、Microsoft OutlookやGmailとの統合など、Citrix Content Collaborationにより、さまざまな方法で作業できます。Content Collaboration にログインする最も一般的な方法は、 ShareFile.comCitrix Workspaceを使用する方法です。

ShareFile Enterprise Enterpriseはエンタープライズクラスのサービスを提供し、 ストレージゾーンコントローラーとユーザー管理ツールが含まれています

Citrix Files

Citrix Filesは、安全なデータ共有とストレージ、カスタマイズ可能な使用法と設定、および共同作業をより簡単にして作業を完了できるツールを使用して、ファイルを簡単、安全、プロフェッショナルな方法で交換できるようにします。Citrix Files は、Androidフォン用のCitrix Files やiOS用のCitrix FilesなどのCitrix Filesモバイルクライアントなど、さまざまなアクセスオプションをユーザーに提供します。Citrix Files for WindowsおよびCitrix Files for Macは、Content Collaboration プラットフォームでファイルを安全に操作するために使用されるクライアントソフトウェアです。Citrix Files for OutlookおよびGmailでは、メールアカウントからファイルへのリンクを直接送信できます。

詳しくは、「 Citrix Files アプリ」を参照してください。

ヒント:

CitrixユーザーヘルプセンターのCitrix Files ユーザーガイダンスを参照してください。

ストレージゾーンコントローラー

独自のデータストレージを管理することで、規制コンプライアンス要件を満たし、ストレージをユーザーの近くに配置して、パフォーマンスを最適化できます。ストレージゾーンは、オンプレミスのシングルテナントストレージシステムまたはサポートされているサードパーティのクラウドストレージに存在します。また、ストレージゾーンコントローラー により、ユーザーはストレージゾーンコネクタを介してCitrix Content Collaborationおよびネットワークファイル共有に安全にアクセスできます。接続したファイル共有には、Citrix Virtual Apps and Desktops環境で使用されるのと同じネットワークのホームドライブを含めることができます。ストレージゾーンコネクタは、データをクラウドに移行することなく、企業のファイアウォールの内側にあるデータにセキュアなモバイルアクセスを提供します。

ストレージゾーンコネクタを使用すると、ShareFileクライアントユーザーはドキュメントの参照、アップロード、ダウンロードを行うことができます。SharePoint に格納されているドキュメントの場合、モバイルユーザーは Microsoft Office ドキュメントのダウンロード、チェックアウト、編集、およびチェックインを行い、Adobe PDF ドキュメントに注釈を付けることができます。ShareFileと統合されたモバイルコンテンツエディタは、オフラインで作業する場合でも、安全で豊富な編集体験をモバイルユーザーに提供します。

詳細については、「 ストレージゾーンコントローラー について」を参照してください。

ユーザー管理ツール

Citrix Content Collaboration 管理者は、ユーザー管理ツールを使用して、Active Directory(AD)からアクセス許可を照会して、従業員のユーザーアカウントと配布グループをプロビジョニングできます。

  • プロビジョニングされたユーザーがAD資格情報を使用してCitrix Files にサインインできるようにします。
  • ユーザーアカウントのプロビジョニングルールをアカウント情報とともにCitrix Cloud します。任意のマシンにツールをインストールし、アカウントにログインしてルールにアクセスできます。
  • Citrix Content Collaboration アカウントと AD をメールアドレスに基づいて照合し、既存の従業員アカウントをADにリンクし、Citrix Content Collaboration の従業員アカウント情報を更新します。
  • プロビジョニングルールごとに、認証方法や既定のストレージゾーンなどのオプションを指定できます。
  • 配布グループを使用してフォルダーを管理し、グループとドキュメントを簡単に共有できます。
  • 指定したスケジュールに基づいて、ShareFile/Citrix Content Collaborationを AD の変更と同期させます。ユーザー管理ツールでは、名前の付いた同期ジョブを複数作成できます。
  • ユーザー管理ツールとCitrix Content Collaboration間のプロキシサーバー接続をサポートします。

詳細については、「 ユーザー管理ツールについて」を参照してください。

電子署名

Citrixは、Citrix RightSignatureを使用して電子署名機能を提供します。電子署名 (電子署名) は、電子署名と呼ばれることもあります。ただし、電子署名とは、電子契約書またはその文書の条件に同意する意思を示すためにお客様が作成する文書上のマークを除きます。

Citrix RightSignature と Citrix Content Collaboration の統合により、法的拘束力のある署名を完全にオンラインで取得し、紙の文書を作成するよりも迅速かつ安全に完了できます。

Citrixは、さまざまなレベルで電子署名機能を提供しています:

詳しくは、「 電子署名」を参照してください。

Citrix Content Collaboration