制限

この記事では、Citrix DaaS Standard for Azure(旧称Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureサービス)の展開におけるリソースの制限を示します。

構成の制限

リソース 上限
Active Directoryドメイン 25
カタログ 100
リソースの場所 25
サブスクリプションあたりのVDA 2,500

リソースの場所の制限

次の表は、各リソースの場所の制限です。要件がこれらの制限を超える場合は、より多くのリソースの場所をお勧めします。

リソース 上限
Active Directoryドメイン 1
シングルセッションVDA 10,000
マルチセッションVDA 1,000

Citrix Cloud Connectorはリソースの場所に割り当てられ、ワークロードをCitrix DaaS for Azureにリンクします。Cloud Connectorの制限の詳細と、サイズとスケールの推奨事項については、「 Cloud Connectorのサイズとスケールの考慮事項」を参照してください。

プロビジョニング制限

次の表に、単一のCitrix Cloudアカウントの推奨最大値を示します。

大規模な展開では、VDAが複数のサブスクリプションおよびネットワーク接続に分散されるハブアンドスポークモデルをお勧めします。

リソース 上限
カタログごとのマルチセッションVDA 500
カタログごとのシングルセッションVDA 1,200
Microsoft AzureサブスクリプションごとのVDA 2,500

使用制限

リソース 上限
フル管理者の同時監視 5
エンドユーザー(同時) 100,000
単一のユーザーに公開されたリソース 250
1分あたりのセッション起動数 3,000

トライアル制限

次の表に、Citrix DaaS for Azureの試用期間中の制限を示します。

Azureサブスクリプション リソース 上限
Citrix Managed Azureサブスクリプション カタログの最大数 3
  最大ユーザー数 25
  カタログあたりのVDAの最大数 3
カスタマー管理の Azure サブスクリプション カタログの最大数 10
  最大ユーザー数 25
  カタログあたりのVDAの最大数 10
制限