ゲストオペレーティングシステムのサポート

仮想マシンを作成する場合、実行するオペレーティングシステムや関連アプリケーションのメモリおよびディスク容量に関するガイドラインに従って、メモリやディスクスペースなどのリソースを割り当てます。

オペレーティングシステム 最小RAM 最大RAM 最小ディスク容量
Windows 8.1、Windows 10(32ビット) 1GB 4GB 24GB(40GB以上を推奨)
Windows 8.1(64ビット) 2GB 512GB 24GB(40GB以上を推奨)
Windows 10(64ビット) [テスト済みの最新バージョンは1909] 2GB 1.5TB 32GB(40GB以上を推奨)
Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 (64ビット) 1GB 1.5TB 32GB(40GB以上を推奨)
Windows Server 2016、Windows Server Core 2016(64ビット) 1GB 1.5TB 32GB(40GB以上を推奨)
Windows Server 2019、Windows Server Core 2019(64ビット) 1GB 1.5TB 32GB(40GB以上を推奨)
CentOS 7.x(64ビット) [テスト済みの最新バージョンは7.7] 2GB 1.5TB 10GB
CentOS 8.x(64ビット) [テスト済みの最新バージョンは8.0] 2GB 1.5TB 10GB
Red Hat Enterprise Linux 7.x(64ビット) [テスト済みの最新バージョンは7.6] 2GB 1.5TB 10GB
Red Hat Enterprise Linux 8.x(64ビット) [テスト済みの最新バージョンは8.1] 2GB 1.5TB 10GB
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3、12 SP4、12 SP5(64ビット) 1GB 1.5TB 8GB
SUSE Linux Enterprise Server 15、15 SP1(64ビット) 1GB 1.5TB 8GB
SUSE Linux Enterprise Desktop 12 SP3、12 SP4(64ビット) 1GB 1.5TB 8GB
SUSE Linux Enterprise Desktop 15、15 SP1(64ビット) 1GB 1.5TB 8GB
Oracle Linux 7.x(64ビット) [テスト済みの最新バージョンは7.6] 2GB 1.5TB 10GB
Oracle Linux 8.x(64ビット)[テスト済みの最新バージョンは8.0] 2GB 1.5TB 10GB
Scientific Linux 7.x(64ビット) 2GB 1.5TB 10GB
Debian Jessie 8(32ビット) 128MB 64GB 8GB
Debian Jessie 8(64ビット) 128MB 1.5TB 8GB
Debian Stretch 9(32ビット) 256MB 64GB 10GB
Debian Stretch 9(64ビット) 256MB 1.5TB 10GB
Debian Buster 10(64ビット) 1GB 1.5TB 10GB
Ubuntu 16.04(32ビット) 512MB 64GB 10GB
Ubuntu 16.04(64ビット) 512MB 1.5TB 10GB
Ubuntu 18.04(64ビット) 512MB 1.5TB 10GB
Ubuntu 20.04(64ビット) 512MB 1.5TB 10GB
CoreOS Stable(64ビット)[テスト済みの最新バージョンは2191.5.0] 2GB 512GB 8GB
NeoKylin Linux Advanced Server 7.2(64ビット) 1GB 1.5TB 10GB
  • サポートされているすべてのオペレーティングシステムは、HVMモードで実行されます。

    準仮想化(PV)仮想マシンのサポートは、Citrix Hypervisor 8.1で終了します。これらのオペレーティングシステムを使用する既存の仮想マシンは、Citrix Hypervisor 8.1以降のインストールにインポートできます。ただし、Citrixはこれらのオペレーティングシステムを使用する仮想マシンをサポートしません。できるだけ早く、サポートされている最新バージョンのオペレーティングシステムに仮想マシンをアップグレードしてください。

  • オペレーティングシステムの個々のバージョンでは、ライセンス上の理由などから、サポートされるメモリの量に独自の最大制限を設けることもできます。

  • 仮想マシンには、そのオペレーティングシステムで使用可能な物理メモリの上限を超えるメモリを割り当てないでください。オペレーティングシステムがサポートするメモリ量の上限を超えると、その仮想マシンの動作が不安定になる場合があります。

  • 前述の表に一覧表示されているRHELリリースより新しいマイナーバージョンの仮想マシンを作成する場合は、次の方法を使用します:
    • メジャーバージョン用にサポートされている最新のメディアから仮想マシンをインストール
    • yum updateを使用して、仮想マシンを新しいマイナーバージョンにアップデート

    この作業は、CentOSやOracle LinuxなどのRHELベースのオペレーティングシステムにも適用されます。

  • 一部の32ビット版Windowsでは、物理アドレス拡張(PAE:Physical Address Extension)モードを使用することで4GBを超えるRAMがサポートされます。ただし、仮想マシンに4GBを超えるメモリを割り当てるには、XenCenterではなくxe CLIを使用する必要があります(CLIのmemory-static-maxに4GBを超えるバイト数を指定できるため)。

Long-Term Guest Support

Citrix Hypervisor には、Linux仮想マシン向けのLong-Term Guest Support(LTS)ポリシーが含まれています。LTSポリシーを使用すると、次のいずれかの方法でマイナーバージョンの更新プログラムを利用できるようになります:

  • 新しいゲストメディアからインストールする
  • 既存のサポートされているゲストからのアップグレード

サポート外のオペレーティングシステム

サポートされるゲストOSの一覧には、このバージョンのCitrix Hypervisorがリリースされた当時にベンダーによってサポートされていたオペレーティングシステムが含まれていることがありますが、現在これらのOSはベンダーによってサポートされていません。

これらのオペレーティングシステムのサポートは終了しました(サポートされるゲストの表にそれらが残っている場合や、そのテンプレートがCitrix Hypervisorホストで引き続き利用可能な場合であってもサポートされません)。報告された問題の対処と解決を試みている間、Citrixは問題が仮想マシン上のサポート対象外のオペレーティングシステムに直接関連しているかどうかを評価します。その判断に役立てるため、サポートされているバージョンのゲストOSを使用して問題を再現できるかどうか試していただくよう、Citrixからお願いをすることがあります。問題がサポート対象外のオペレーティングシステムに関連していると思われる場合、Citrixが問題をさらに調査することはありません。