新機能

このリリースについて

Citrix Hypervisorは仮想アプリケーションとデスクトップのワークロード用に最適化された高性能のハイパーバイザーで、Xen Projectハイパーバイザーをベースとしています。

Citrix Hypervisor 8.2は、機能セットに関して最大限の安定性を目指した長期サービスリリースです。

Citrix Hypervisor 8.2には、以下のエディションが用意されています:

  • Premium Edition
  • Standard Edition
  • Express Edition

各エディションで使用できる機能については、Citrix Hypervisorの機能マトリックスを参照してください。

Citrix Hypervisor 8.2で追加および強化された機能

Citrix Hypervisor 8.2では、アプリケーション、デスクトップ、サーバー仮想化に使用できる機能が強化されました。Citrix Hypervisor 8.2のすべての機能は、ライセンスを取得したすべてのCitrix Virtual Apps and Desktopsのお客様が利用できます。

構成の制限値の引き上げ

以下の構成の制限値が引き上げられました:

  • ホストの最大RAMが6TBに
  • ホストあたりの論理プロセッサの最大数が448 CPUに

詳しくは、「構成の制限」を参照してください。

XenCenter内からの読み取りキャッシュの有効化および無効化

読み取りキャッシュ機能により、同じソースから複製された複数の仮想マシンをホストするNFS、EXT、CIF/SMBストレージリポジトリのパフォーマンスが向上します。XenCenterコンソールからストレージリポジトリごとに、この機能を個別に有効または無効にできるようになりました。次の場合は、読み取りキャッシュを無効にすることをお勧めします:

  • ファイルベースのSRがない
  • 複製された仮想マシンがない
  • パフォーマンス上のメリットを引き出すためにdom0に割り当てる十分なメモリがない

詳しくは、「ストレージリポジトリプロパティの変更」を参照してください。

ゲストオペレーティングシステムのサポートの変更点

Citrix Hypervisorがサポートするゲストオペレーティングシステム一覧がアップデートされました。詳しくは、「ゲストオペレーティングシステムのサポート」を参照してください。

追加

Citrix Hypervisorは、次の新しいゲストオペレーティングシステムをサポートします:

  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP5(64ビット)
  • Ubuntu 20.04(64ビット)

削除

  • Windows 7
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 SP1

セキュリティの機能向上

Citrix HypervisorサーバーへのTLS証明書のインストール

Citrix Hypervisorでは、TLS証明書をサーバーに簡単にインストールできるようになりました。

Citrix Hypervisorサーバーには、デフォルトのTLS証明書がインストールされています。ただし、HTTPSを使用してCitrix HypervisorとCitrix Virtual Apps and Desktopsとの間の通信を保護するには、新しい証明書をインストールする必要があります。証明書を発行する認証機関は、Citrix Virtual Apps and Desktopインストールによって信頼されている必要があります。

この機能は、ユーザーがCitrix Hypervisorサーバーのファイルシステムにアクセスせずに、ホストの証明書を更新できるメカニズムを提供します。また、証明書およびキーファイルが有効で正しい形式であることも確認されます。

次のいずれかの方法を使用して、Citrix HypervisorサーバーにTLS証明書をインストールできます:

またこの機能では、サーバーのTLS証明書の有効期限が近づいている場合に、XenCenterによる通知が提供されます。詳しくは、XenCenterドキュメントの「システムアラート」を参照してください。

TLS 1.2プロトコルの使用の適用

Citrix Hypervisorでは、Citrix Hypervisorと外部ネットワーク間のHTTPSトラフィックに対して、TLS 1.2プロトコルの使用が適用されるようになりました。すべてのCitrix Hypervisorコンポーネントで、相互に通信する際にTLS 1.2プロトコルが使用されます。

この機能の一部として、従来のSSLモードとTLS 1.0/1.1 プロトコルのサポートが削除されました。Citrix Hypervisor 8.2にアップグレードまたは更新する前に、プールで従来のSSLモードが無効になっていることを確認してください。別のプロトコルに依存するカスタムスクリプトまたはクライアントがある場合は、TLS 1.2を使用するようにこれらのコンポーネントを更新します。

Citrix VM Toolsの個別の提供

Citrix VM Toolsが、Citrix Hypervisorダウンロードページで、次の2つのコンポーネントとして個別に提供されるようになりました:

  • Windows向けCitrix VM Tools
  • Linux向けCitrix VM Tools

これにより、guest-tools.isoファイルがCitrix Hypervisorのインストールから削除されました。

ツールが個別のコンポーネントとして提供されることで、Citrix Hypervisorサーバーに保存されているツールのISOイメージに対して、Hotfixなどの更新プログラムを適用する必要がなくなります。

詳しくは、「Linux仮想マシン」および「Windows仮想マシン」を参照してください。

ワークロードバランスアプライアンスとConversion Managerアプライアンスの更新

これらの追加コンポーネントでは、次の改善が行われました:

  • プラットフォームをCentOS 7.7に更新
  • Citrix Hypervisorとの通信にJSON-RPCを使用することでパフォーマンスを向上
  • OpenSSLをバージョン1.1.1に更新
  • 他のサードパーティライブラリを更新することでセキュリティとパフォーマンスを向上
  • TLS 1.2の適用によりセキュリティを確保

インストールオプション

Citrix Hypervisor 8.2は、Citrix Hypervisor製品ダウンロードページから次のパッケージでダウンロードできます:

  • Citrix Hypervisor 8.2アップデートISO。このファイルを使用して、Citrix Hypervisor 8.2をCitrix Hypervisor 8.1または8.0のアップデートとして適用します。

  • Citrix Hypervisor 8.2基本インストールISO。このファイルを使用して、Citrix Hypervisor 8.2の新規インストールを作成するか、XenServer 7.1 CU2または7.0からアップグレードします。

重要:

  • ホストのアップグレードにXenCenterを使用する場合、アップデート前にXenCenterをCitrix Hypervisor 8.2ダウンロードページにある最新バージョンにアップデートしてください。
  • プール内の他のホストをアップグレードする前に、必ずプールマスターをアップグレードしてください。
  • XenServer 7.1を累積更新プログラム2にアップデートしてから、Citrix Hypervisor 8.2にアップグレードしてください。
  • 従来のSSLモードはサポートされなくなりました。Citrix Hypervisorで最新バージョンにアップグレードする前に、プール内のすべてのホストでこのモードを無効にしてください。従来のSSLモードを無効にするには、アップグレードを開始する前にプールマスターで次のコマンドを実行します:xe pool-disable-ssl-legacy uuid=<pool_uuid>
  • vSwitch Controllerはサポートされなくなりました。Citrix Hypervisorで最新バージョンに更新またはアップグレードする前に、vSwitch Controllerをプールから切断してください。更新またはアップグレード後に、次の構成変更が行われます:
    • サーバー間のプライベートネットワークが、ホスト内部のプライベートネットワークに戻ります。
    • DVSCコンソールで行ったQoS(サービス品質)設定は適用されなくなりました。ネットワークレート制限は適用されなくなりました。
    • ACL規則が削除されます。仮想マシンからのすべてのトラフィックが許可されます。
    • ポートミラーリング(RSPAN)が無効になります。

    更新またはアップグレード後に、vSwitch Controllerの前の状態がプール内に残っていることが明らかになった場合は、次のCLIコマンドを実行して、その状態を削除します:xe pool-set-vswitch-controller address=

はじめに

インストールを開始する前、または古いバージョンから移行する前に、次の記事を確認してください:

インストール、アップグレード、または更新プロセスの詳細については、「インストール」を参照してください。

ライセンス

Citrix Hypervisor 8.2のライセンスが必要な機能を使用するには、お客様がCitrixライセンスサーバーをバージョン11.16以上にアップグレードする必要があります。

Citrix Hypervisor 8.2のライセンスについて詳しくは、「ライセンス」を参照してください。

ハードウェアの互換性

ハードウェアの互換性についての最新情報を確認するには、「Citrix Hypervisorハードウェア互換性リスト(英語)」を参照してください。

仮想GPUが接続された仮想マシンがある場合は、Citrix Hypervisorの最新リリースにアップグレードする前に、サポートされているドライバーが使用できることを確認してください。詳しくは、「ハードウェア互換性リスト(英語)」およびGPUベンダーのドキュメントを参照してください。

シトリックス製品との互換性

Citrix Hypervisor 8.2は、Citrix Virtual Apps and Desktops 7.15 LTSR、1912 LTSR、および2006と相互運用可能です。

Citrix Hypervisor 8.2は、Citrix Provisioning 7.15 LTSR、1912 LTSR、および2006と相互運用可能です。

Citrix Hypervisor 8.2は、Citrix Cloudと相互運用可能です。

その他のCitrix製品との相互運用性について詳しくは、『Citrixアップグレードガイド』を参照してください。

ローカライズのサポート

このリリースでは、XenCenterの日本語および簡体字中国語バージョンも使用できます。以前のリリースでは、XenCenterのローカライズ版は個別のコンポーネントとして提供されていました。Citrix Hypervisor 8.2以降では、XenCenterのローカライズ版はすべて、英語版と同じ.msiインストールファイルに含まれます。

製品ドキュメント

Citrix Hypervisor 8.2の製品ドキュメントにアクセスするには、Citrix Hypervisor 8.2製品ドキュメントを参照してください。

製品に付属のドキュメントは、必要に応じて改訂される場合があります。ドキュメント履歴のRSSフィードを購読して、最新のドキュメントを定期的にチェックすることをお勧めします。