アラート

アラート機能は 、世界中のエンドユーザーネットワークから構成されたプラットフォームのパフォーマンスの問題または異常を監視します。

アラートを作成する

プラットフォームのパフォーマンスを監視するアラートを作成するには、まずプラットフォームを設定する必要があります。左側のサイドバーで [ プラットフォーム ] をクリックしてプラットフォーム画面に移動し、プラットフォームを設定します。

新しいアラートを追加するには:

  1. 左側のサイドバーで、[ アラート ] をクリックして [アラート] ページに移動し、アラートを作成します。
  2. [アラート] ページで、[ 開始 ] をクリックするか、右上隅の [ + ] 記号をクリックします。

    はじめに

  3. [ 新しいアラート ] ウィンドウで、次の手順

    • アラート名を入力してください
    • 監視する相対的なプラットフォームを選択する
    • 比較するピアプラットフォームを選択します (最大 5 つのピアを選択できます)。このパラメーターはオプションです。
    • [ 次へ] をクリックします。

    新しいアラート

  4. **アラートを監視する場所とネットワークを選択し** 、[ 次へ] をクリックします。

    新しいアラートネットワーク

  5. アラートをトリガーするイベントの適切な KPIしきい値および最小期間を選択します

    新しいアラート KPI

    インテリジェントトラフィック管理は、次の KPI を提供します。

    • 応答時間: しきい値の値は、アラートがトリガーされる前に受け入れられる最大値 (ミリ秒単位) を示します。アラートをトリガーするには、 測定値が少なくともユーザーが選択したminimum_duration以上の時間しきい値より大きくなければなりません 。しきい値を下回る測定値を少なくとも最小時間以上受信すると、同じアラートが鳴ります。

    • 可用性: しきい値の値は、アラートがトリガーされる前に許容される最小値を示します。アラートをトリガーするには、測定値が少なくともユーザーが選択したminimum_duration以上の時間しきい値より低い必要があります。しきい値を超える測定値を少なくとも最小時間以上受信すると、同じアラートが鳴ります。

    • スループット: しきい値の値は、アラートがトリガーされる前に受け入れられる最小値 (kbps 単位) を示します。アラートをトリガーするには、測定値が少なくともユーザーが選択したminimum_duration以上の時間しきい値より低い必要があります。しきい値を超える測定値を少なくとも最小時間以上受信すると、同じアラートが鳴ります。

  6. アラートの送信先のメールアドレスを入力し、アラートの種類を選択し、アラートメールの最小間隔を選択します。

    新しいアラートメール

    アラートの種類は次のとおりです。

    • 即時: このオプションでは、アラートがトリガーされるとすぐにメールが送信されます。
    • Daily Summary: このオプションでは、トリガーされたすべてのイベントを含む、協定世界時 (UTC) で毎晩 1 通の電子メールだけが送信されます。
    • 即時および毎日の要約: このオプションは、即時メール送信と日次メール送信の両方を組み合わせたものです。
  7. アラートを設定すると、[アラート]タブにアラートが表示され 、[ビジュアライザー] タブにグローバルマップが表示されます。 特定のアラートのレポートを表示するには、[アラート] タブの [ **レポートの表示 ] をクリックします。**

新しいアラートダッシュボード

次のレポートページには、毎月毎日監視されるイベントが表示されます。たとえば、次のスクリーンショットでは、2022年1月の同じ日に監視された3つのインシデントがあります。

新しいアラートイベント

次の図に示すように、特定のインシデントまたはイベントをクリックして詳細を表示できます。

新しいアラート固有のイベント

アラート

この記事の概要