Citrix SD-WAN

構成

SD-WAN ソフトウェアとライセンスをインストールしたら、SD-WAN アプライアンス設定を構成して、ネットワークと配置の管理を開始できます。

SD-WAN アプライアンスの設定には、次のものが含まれます。

MCN の構成:MCN は、初期システム構成とその後の構成変更の配布ポイントとして機能します。ほとんどのアップグレード手順は、MCN の管理 Web インターフェイスから実行します。仮想WANに存在できるアクティブなMCNは1つだけです。 デフォルトでは、アプライアンスにはクライアントの役割が事前に割り当てられています。アプライアンスを MCN として確立するには、まず MCN サイトを追加して構成し、指定した MCN アプライアンス上で構成と適切なソフトウェアパッケージをステージングしてアクティブ化する必要があります。

ブランチの設定:ブランチサイトを追加する手順は、MCN サイトの作成と構成に似ています。ただし、構成手順と設定の一部は、ブランチサイトでは若干異なります。さらに、最初のブランチサイトを追加したら、 同じアプライアンスモデルを持つサイトのクローン作成 (複製)機能を使用して、それらのサイトの追加と構成のプロセスを合理化できます。MCN サイトの作成と同様に、ブランチサイトをセットアップするには、MCN アプライアンスの管理 Web インターフェイスの構成エディタを使用する必要があります設定エディタは 、インターフェイスが MCN コンソールモードに設定されている場合にのみ使用できます

MCN とブランチサイト間の仮想パスを構成する:MCN と各クライアント (ブランチ) サイト間の仮想パスサービスを構成します。これを行うには、 設定エディタの [ **接続 ] セクションの設定ツリーにある設定フォームと設定を使用します**。

WAN 最適化の有効化と構成:このセクションでは、仮想 WAN で SD-WAN Premium (Enterprise) Edition WAN 最適化機能を有効化および構成する手順について説明します。これを行うには、MCN の Web 管理インターフェイスの [構成エディター] の [最適化 ] セクションフォームを使用します。

注:

Citrix SD-WAN Orchestrator サービスは IPv6 アドレスをサポートしていません。

Citrix SD-WANアプライアンスの次の機能は、Citrix SD-WAN 11.3リリースからのIPv6アドレスをサポートします。

メモ

  • IPv6アドレスは、Citrix SD-WAN 1000 SE/PE、Citrix SD-WAN 2000 SE/PE、およびCitrix SD-WAN 4000 SEアプライアンスではサポートされていません。

  • IPv6 アドレスは、次の構成ではサポートされていません。

    • Dynamic Routing (OSPF/BGP)
    • Virtual Router redundancy protocol
    • Premium edition or Two-Box support
    • Cloud direct
    • VNF/3rd Party Firewall
    • Netflow
    • Header compression for IPv6 packets
    • Application Routing
    • Office-365 support
    • Prefix delegation group
構成