Secure Hubの既知の問題および解決された問題の履歴

ここでは、最新のサポートバージョンよりも前のバージョンのSecure Hubで解決された問題と既知の問題について説明します。最新のドキュメントは、「Citrix Secure Hub」を参照してください。

Secure Hub 21.6.0

Secure Hub for iOS

Secure Hub 21.6.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 21.6.0で解決された問題

Secure Hub for iOSでは、ユーザープリンシパル名(UPN)を使用してデバイスを登録すると、ユーザー名は自動入力されません。この問題は、自動検出サービスが有効になっている場合に発生します。[CXM-94168]

Secure Hub for Android

Secure Hub 21.6.0での既知の問題

Secure Hub for Androidでは、 指定されたFQDNに大文字が含まれている場合、デバイスをMDM+MAMモードで登録することはできません。代わりに、デバイスはMAMモードで登録されています。[CXM-96595]

Secure Hub 21.6.0で解決された問題

Secure Hub for Androidでは、Samsung Knoxを実行している工場出荷時の状態にリセットされたデバイスをデバイス管理者モードで登録することはできません。[CXM-95271]

Secure Hub 21.5.1

Secure Hub for iOS

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub for Android

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 21.5.0

Secure Hub 21.5.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 21.5.0で解決された問題

Secure Hub for Androidでは、Android EnterpriseデバイスにWi-Fiポリシーを展開できません。ポリシーは保留状態のままになります。[CXM-94044]

Secure Hub 21.4.0

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 21.3.2

Secure Hub for iOS

Secure Hub 21.3.2での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 21.3.2で解決された問題

Citrix PINを入力した後、Citrix Endpoint Managementにデバイスを登録できません。Secure Hubは、PINの要件に関する正しいメッセージを表示しません。[CXM-93980]

Secure Hub 21.3.0

Secure Hub 21.3.0での既知の問題

Secure Hub for Androidバージョン20.9.0以降では、Google Pixel 2デバイスでVPNモードを使用して接続することはできません。[CXM-87460]

Secure Hub 21.3.0で解決された問題

  • Secure Hub for Androidでは、SIMカードが挿入されていないデバイスのICカードID(ICCID)が表示されます。[CXM-90377]
  • Secure Hub for Androidでは、デバイスを再起動すると、インストールされている業務用モバイルアプリが [マイアプリ] 画面に表示されません。[CXM-91518]
  • Secure Hub for Androidでは、間違ったパスワードを複数回入力してデバイスを再起動しようとすると、Android Enterpriseデバイスのロックを解除できません。次のエラーメッセージが表示されます:Phone turned off, Contact your IT administrator.(電話がオフになっています。IT管理者に連絡してください。)[CXM-93684]

Secure Hub 21.2.0

Secure Hub for Android

Secure Hub 21.2.0での既知の問題

Secure Hub for Androidでは、デバイスを再起動すると、インストールされている業務用モバイルアプリが [マイアプリ] 画面に表示されません。 [CXM-91518]

Secure Hub 21.2.0で解決された問題

  • Secure Hub for Androidは、デバイスの登録中にハングします。[CXM-90820]
  • Secure Hub for Androidの特定のバージョンでSamsung Knoxデバイスで登録が完了すると、ホームボタンと戻るボタンが表示されません。[CXM-91154]

Secure Hub 21.1.0

Secure Hub 21.1.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 21.1.0で解決された問題

  • Androidを実行しているデバイスでは、接続スケジューリングデバイスポリシーが有効になっていると、Secure HubがCitrix Endpoint Managementに接続できません。[CXM-89341]
  • 一部の登録済みSamsungデバイスでは、Citrix Endpoint Managementコンソールに間違ったシリアル番号が報告されます。[CXM-90634]

Secure Hub 20.12.0

Secure Hub 20.12.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 20.12.0で解決された問題

  • Secure Hub for iOSで、デバイスを登録できません。次のエラーが発生します:このデバイスは登録されていません。[CXM-87707]
  • Secure Hub for iOSでは、ユーザーエージェント文字列に、MAM+MDMで登録されているデバイスのOSバージョンが含まれていません。[CXM-86826]
  • Android Enterpriseデバイスでは、登録中にSecure Hubがクラッシュします。[CXM-89732]
  • Secure Hub for Androidバージョン20.11.0は、特定のSamsungデバイスでクラッシュします。[CXM-90314]

Secure Hub 20.11.0

Secure Hub for Android

Secure Hub 20.11.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 20.11.0で解決された問題

一部のSamsungデバイスでは、Secure Hub for Androidがクラッシュし、次のエラーが発生します:Secure Hub keeps stopping.[CXM-88434]

Secure Hub 20.10.5

Secure Hub 20.10.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 20.10.5で解決された問題

  • Android 11を実行している特定業務専用コーポレート所有端末(COSU)デバイスでは、Secure Hubをデフォルトのランチャーとして設定できません。[CXM-80244]
  • Androidを実行しているデバイスでは、特定のSamsungデバイスで仕事用プロファイルの作成が失敗します。次のエラーが表示されます:Unable to configure work prof.[CXM-83794]
  • Citrix Endpoint Management Autodiscoveryサービスを介したAndroidデバイスのモバイルアプリ管理(MAM)登録が失敗します。[CXM-84063]
  • iOSを実行しているデバイスでは、特定のアプリを起動できません。Secure Hubの更新プログラムがない場合でも、次のようなエラーが表示されます:このアプリを使用するには、Secure Hubを更新する必要があります。[CXM-86669]
  • iOSを実行しているデバイスでは、最大オフライン期間が終了すると、Secure Mailは認証を求めるプロンプトを表示します。その後、Secure MailはSecure Hubに切り替わり、使用できなくなります。[CXM-86789]

Secure Hub 20.9.0

Secure Hub 20.9.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 20.9.0で解決された問題

  • Secure Hub for iOSでは、証明書ピン留めを有効にすると、いずれかのサーバーからピン留めされた証明書が正しくない場合でも、サーバー間で接続が確立されます。[CXM-84028]
  • Secure Hub for iOSでは、通知を受信できません。次のエラーが表示されます:Secure Hubトークンが有効なデバイスがありません。[CXM-84228]

Secure Hub 20.7.5

Secure Hub 20.7.5での既知の問題

Android 11を実行している特定業務専用コーポレート所有端末(COSU)デバイスでは、Secure Hubをデフォルトのランチャーとして設定できません。 [CXM-80244]

Secure Hub 20.7.5で解決された問題

  • Secure Hub for Androidで証明書のピン留めが有効になっている場合、Androidデバイスの登録が失敗します。[CXM-74371]
  • Secure Hub for Androidでは、制限ポリシーの [日付/自国の変更] 機能がSamsungデバイスで機能しません。[CXM-79757]
  • Secure Hub for Androidでは、ファイアウォールポリシーがバージョン19.12.5以降を実行しているSamsungデバイスで機能しません。[CXM-79785]
  • Secure Hub for Androidでは、[マイアプリ] からアプリをアンインストールできません。[CXM-80668]

Secure Hub 20.6.5

このリリースには、既知の問題や解決された問題はありません。

Secure Hub 20.3.0

Secure Hub for iOS

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 20.2.0

Secure Hub for iOS

Secure Hub 20.2.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 20.2.0で解決された問題

  • 一部のiOSデバイスでは、Secure Hub for iOSのモバイルアプリケーション管理(MAM)登録が失敗します。[CXM-76044]
  • Secure Hub for iOSでは、アプリがデバイスからランダムに削除されます。[CXM-76825]

Secure Hub 20.1.5

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 19.12.5

Secure Hub 19.12.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.12.5で解決された問題

iOS 13を実行しているデバイスで、XenMobile Serverのユーザー証明書が、SSLエラーコードを基にユーザー証明書の有効期限をチェックせずに、実際の有効期限日にチェックされ、更新されます。[CXM-75146]

Secure Hub 19.11.5

Secure Hub 19.11.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.11.5で解決された問題

Secure Hub for iOSでは、ユーザーエントロピーを無効にした後、MDXでラップされたアプリの登録に失敗します。[CXM-74189]

Secure Hub 19.10.5

Secure Hub for Android

Secure Hub 19.10.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.10.5で解決された問題

Secure Hub for Androidでは、資格情報ポリシーが構成されている場合、Secure Hubバージョン19.10.5を実行しているデバイスにビジネスアプリをインストールできません。[CXM-74058]

Secure Hub 19.10.0

Secure Hub 19.10.0での既知の問題

  • Secure Hub for Androidで、Androidバージョン10で実行されているGoogle Pixel 2デバイスをデバイス所有者モードで登録しようとすると、権限のエラーが原因で登録に失敗します。[CXM-72620]
  • Secure Hub for Androidで、Androidバージョン10を実行しているGoogle Pixelデバイスにて、デバイス所有者モードでデバイスを登録しようとすると、位置情報の許可の検証エラーが原因で登録に失敗します。[CXM-72720]

Secure Hub 19.10.0で解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

Secure Hub 19.9.5

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 19.9.0

Secure Hub 19.9.0での既知の問題

Android Enterpriseを有効にしたSecure Hub for Android 19.9.0では、Pixel 2デバイスで次の問題が発生します:認証情報ポリシーが正常に展開されません。その結果、ユーザーは証明書とパスワードを求められず、証明書はインストールされません。解決方法として、ユーザーはアプリの [基本設定]>[デバイス情報] でポリシーを手動で更新できます。ここで [ポリシーの更新] を押して資格情報を入力し、成功メッセージを確認します。[CXM-72301]

Secure Hub 19.9.0で解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

Secure Hub 19.8.5

このリリースには、既知の問題や修正された問題はありません。

Secure Hub 19.8.0

Secure Hub 19.8.0での既知の問題

Secure Hub for iOSでは、共有デバイスで誤ったパスワードを入力し、[ユーザーの切り替え] をタップして再度ログインすると、お待ちくださいというメッセージが表示されたままになります。[CXM-69435]

Secure Hub 19.8.0で解決された問題

完全VPN経由で接続すると、モバイルデバイス管理(MDM)ネットワークが正しくルーティングされません。[CXM-70294]

Secure Hub 19.7.5

Secure Hub 19.7.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.7.5で解決された問題

  • Secure Hub for Androidでは、Webクリップのインストールを促すプロンプトが慌ただしく表示され、Secure HubのPINの構成が妨げられます。[CXM-68381]
  • Samsung Knoxデバイスバージョン3以降のProfile OwnerモードでSecure Hubを登録し、Android EnterpriseプラットフォームでSamsung MDMライセンスキーポリシーをプッシュすると、デバイスコンテナのパスワードリセットコマンドが失敗します。[CXM-68592]
  • Apple Storeの新しいアプリURLを使用して公開アプリをMAMモードで構成しようとすると、Secure Hub for iOSで次のエラーメッセージが表示されます:ストアを読み込めません。再試行してください。https://support.citrix.com/article/CTX256704の回避策を参照してください。[CXM-68836]
  • Secure Hub for Androidで完全VPNトンネルが確立されると、MDXアプリをインストールできません。[CXM-69221]
  • 共有デバイスモードでSecure Hub for Androidを実行しているPoint Mobile PM80デバイスでセッションタイムアウトが発生すると、再度ログインできなくなります。[CXM-69441]
  • Secure Hub for Androidでは、内部でラッピングされたアプリケーションをインストールして起動した後、次のエラーが表示されます:このアプリでのデータの暗号化方法が変更されました。このアプリを削除してから再インストールしてください。[CXM-69918]

Secure Hub 19.6.5

Secure Hub 19.6.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.6.5で解決された問題

  • iOSを実行しているデバイスで広域サーバー負荷分散のフェイルオーバーがあると、Secure Hubはストアを読み込みません。[CXM-66861]
  • Secure Hub for Androidで、ポリシーの更新が失敗します。そのため、新しいデバイスポリシーを展開できなくなります。[CXM-67675]
  • Secure Hub for Androidでは、Samsung S10デバイスでの登録またはポリシーの更新操作に時間がかかります。[CXM-67871]
  • Androidを実行しているデバイスでは、Secure Hubが完全VPN接続を確立すると、管理対象外のアプリの接続は切断されます。[CXM-69068]

Secure Hub 19.5.5

Secure Hub 19.5.5での既知の問題

  • Secure Hub for Androidで、特定業務専用コーポレート所有端末(COSU)モードのデバイスを登録すると数分後に接続が切断され、GCMが有効になっていても通知を受け取らなくなります。[CXM-62977]
  • プロファイル所有者モードとデバイス所有者モードのデバイスに場所ポリシーを同時展開すると、デバイス所有者モードのユーザーアカウントが削除されます。この問題は、NFCバンプ登録中およびEndpoint ManagementがMDMモードで設定されている場合に発生します。[CXM-63429]

Secure Hub 19.5.5で解決された問題

  • このリリース以降、Secure HubはAndroid 5.0以降を実行するデバイスのみでサポートされます。[CXM-35542]
  • Secure Hub for Androidで、デバイス所有者モードでデバイスを登録し、新しいパスワードを設定します。この場合、最初の試行でデバイスがロックされていません。[CXM-66509]

Secure Hub 19.5.0

Secure Hub 19.5.0での既知の問題

  • 登録後、OnePlus Androidバージョン7.1.1およびOnePlus 5T Androidバージョン9.0.3のSecure HubでCitrix PINの入力画面を表示するには、手動で再起動する必要があります。[CXM-64120]
  • Secure Hub for Androidでは、ポリシーまたはストアを更新しない限り、必須アプリはAndroidデバイスに展開されません。[CXM-65635]

Secure Hub 19.5.0で解決された問題

  • このリリース以降、Secure HubはAndroid 5.0以降を実行するデバイスのみでサポートされます。 [CXM-35542]
  • Secure Hub for Androidでは、サーバー証明書に複数のサブジェクトの別名が存在する場合、Android 6.0デバイスの登録に失敗します。[CXM-65030]
  • Secure Hub for Androidでは、管理対象アプリがデバイスの登録解除後もアンインストールされません。[CXM-65369]
  • Samsung S9デバイスでは、ユーザーがAndroid Pにアップデートした後に次の問題が発生します:Endpoint Management経由でデバイスパスワードを変更したときに、デバイス上でパスワードが変更されません。代わりに表示画面が黒色になり、Endpoint Managementコンソールにデバイスがロックされたステータスが表示されます。[CXM-66391]

Secure Hub 19.4.5

Secure Hub 19.4.5での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.4.5で解決された問題

iOSデバイスでは、デバイス登録リンクをクリックしても、Endpoint ManagementのFQDN、インスタンス名がSecure Hubに自動的に入力されません。デバイス登録要求は失敗します。[CXM-65423]

Secure Hub 19.3.5

Secure Hub 19.3.5での既知の問題

Secure Hub for iOSから通知が送信されると、Secure Hubの通知バッジの数字が更新されません。[CXM-53500]

Secure Hub 19.3.5で解決された問題

  • Secure Hub for Androidでは、共有デバイスを登録し、Webクリップポリシーを展開し、WebおよびSaaSアプリを追加すると、展開が成功します。ただし、Citrix Endpoint Managementコンソールのアプリインベントリ画面では、展開が失敗したと表示されます。[CXM-57500]
  • Secure Hub for Androidでは、ユーザーがセキュアなPINでログインするとVPNトンネルが確立されますが、Secure WebはWebサイトを読み込みません。ただし、Secure Webを閉じて再度開くと、Webサイトが正常に読み込まれます。[CXM-60751]
  • Microsoft Intuneポリシーが構成されたSecure Mail for Androidでは、認証後空白の画面が表示されます。[CXM-61457]
  • Secure Hub for Androidでは、暗号化を無効にしたアプリがSecure Hubから暗号キーを取得しようとします。[CXM-61459]
  • Intuneポータルサイトバージョン5.0.4324.0がインストールされている場合、Secure Mail for Androidは起動時にクラッシュします。詳しくは、Support Knowledge Centerの記事を参照してください。[CXM-62516]
  • Secure Hub for Androidは、Android 7.1.1が動作するAndroid Enterpriseデバイスの特定業務専用コーポレート所有端末(COSU)で、システムアプリを使用できません。[CXM-63653]
  • Secure Hub for Androidでは、Google Playで複数のアプリを必須アプリとして構成し登録しようとすると、最初のアプリをインストールするよう求められます。このプロンプトの後にすぐ次のプロンプトが表示され、2番目のアプリをインストールするよう促し、以降は同様にプロンプトが表示されます。[CXM-63654]

Secure Hub 19.3.0

Secure Hub 19.3.0での既知の問題

  • Secure Hub for Androidでは、共有デバイスを登録し、Webクリップポリシーを展開し、WebおよびSaaSアプリを追加すると、展開が成功します。ただし、Citrix Endpoint Managementコンソールのアプリインベントリ画面では、展開が失敗したと表示されます。 [CXM-57500]
  • Android Enterpriseデバイスでは、ジオフェンスが侵害されたときに場所ポリシーでロック操作が設定されている場合、システムによって生成されたパスコードを使用する代わりに、新しいパスコードを設定するように求められます。[CXM-60425]

Secure Hub 19.3.0で解決された問題

完全管理対象のAndroid Enterpriseデバイスを、[パスコードを使用したロック]によるセキュリティ操作を使用してリモートでロックしようとすると、エラーメッセージの表示なく失敗することがあります。デバイスが確実にロックされるようにするには、[パスコードを使用したロック]を2回設定します。デバイスは、2度目に設定したパスコードでロックされます。[CXM-61095]

Secure Hub 19.2.0

Secure Hub 19.2.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 19.2.0で解決された問題

  • Secure Hub for iOSでは、ユーザーがSecure Hubストアからログオフすると、次のSSLハンドシェイクの失敗メッセージが繰り返し表示されます:アプリを取得するネットワーク要求がサーバーからタイムアウトされます。[CXM-61339]
  • Android Enterpriseのファイルデバイスポリシーが仕事用プロファイルモードのAndroidデバイスに展開されません。[CXM-61196]
  • Secure Hub for Androidでは、共有デバイスでの新しいユーザーのログイン認証に時間がかかります。登録ユーザーとしてログオフしてから新しいユーザーとしてログインしようとすると、デバイスを再起動するまでSecure Hubが読み込みを続けます。[CXM-61338]
  • Secure Hub for Androidでは、クラウドの顧客がAndroid Enterpriseデバイスを外部IDプロバイダーで登録できません。[CXM-61738]
  • Secure Hub for Androidでは、特定業務専用コーポレート所有端末(COSU)モードの場合、アプリのアイコンが重なって表示されます。[CXM-61740]
  • Secure Hub for Androidでは、既存のセットアップで証明書ピンニングが有効な場合、証明書に複数のサブジェクトの別名があると認証が失敗し初回のユーザー画面に戻ります。[CXM-61933]

Secure Hub 19.1.5

Secure Hub 19.1.5での既知の問題

  • Samsung Galaxy S8デバイスの場合、パスワードポリシーの変更に伴ってSecure Hub for Androidでパスワードを更新すると、アプリのアイコンが表示されなくなります。[CXM-61177]
  • Secure Hub for Androidでは、Android Enterpriseがファイルデバイスポリシーを仕事用プロファイルモードのデバイスに展開しません。 [CXM-61196]

Secure Hub 19.1.5で解決された問題

  • Secure Hub for Androidでは、ユーザーがSecure PINでログインするとVPNトンネルが確立されますが、Secure WebはWebサイトを読み込みません。ただし、Secure Webを閉じて再度開くと、Webサイトが正常に読み込まれます。[CXM-58576]
  • Secure Hub for Androidでは、ユーザーがSecure PINでログインするとVPNトンネルが確立されますが、Secure WebはWebサイトを読み込みません。ただし、Secure Webを閉じて再度開くと、Webサイトが正常に読み込まれます。 [CXM-60751]
  • Secure Hub for Androidでは、TechXpertという社内アプリのログをキャプチャしようとすると、Secure Hubが再起動し、再認証を要求します。[CXM-61310]

Secure Hub 19.1.0

Secure Hub 19.1.0での既知の問題

Secure Hub for iOSでMDXとWeb/SaaSアプリを展開すると、[マイアプリ] 画面に表示されます。[その他] をタップすると、[削除] および [キャンセル] オプションを含む、古いUIブランド設定によるポップアップが開きます。[CXM-60683]

Secure Hub 18.12.0で解決された問題

  • Android for Workで登録済みのSamsung Knoxデバイス上に、1日または2日で期限切れになるようにパスワードポリシーが設定されている場合にパスワードの期限切れというメッセージが繰り返し表示されます。[CXM-59250]
  • QRコードを使う登録方法では、Android EnterpriseでOnePlus 5Tデバイスを登録できません。[CXM-59288]

Secure Hub 18.11.0

Secure Hub 18.11.0で解決された問題

  • 共有デバイスモードで登録されているAndroidデバイスでシングルサインオンを実行することはできません。次のエラーが表示されます:現在、コーポレート資格情報を取得できません。ShareFileへの手動ログインは、管理ポリシーによりブロックされます。[CXM-58238]
  • 企業所有の特定用途の(COSU)デバイスでAndroidボリュームレベルを編集することができません。[CXM-58323]

Secure Hub 18.10.5

Secure Hub 18.10.5で解決された問題

  • XenMobile ServerでFIPSモードが有効になっている場合、ユーザーがSecure Hub for iOSをバージョン18.10.5に更新した後にアプリを開くと、暗号化関連のエラーメッセージが表示されます。解決策の更新状態については、Citrix Support Knowledge Centerの記事を参照してください。[CXM-56454]

Secure Hubバージョン10.8.25~18.10.6

Secure Hubバージョン10.8.25〜18.10.6で解決された問題

  • Secure Hubバージョン10.8.25〜18.10.6(Android)に既知の問題はありません。次の問題は、Secure Hubで解決されています。Secure Hubに影響を与えるMDXに関する問題も含まれています。

Secure Hub 18.10.0

Secure Hub 18.10.0で解決された問題

  • EMSコンソールでMVPNポリシーがオフになっている場合、Intune管理対象アプリを開くときにSecure Hubに空白の画面が表示されます。[CXM-56033、CXM-56086、CXM-54393、CXM-54823]

Secure Hub 10.8.60

Secure Hub 10.8.60で解決された問題

  • Samsung Galaxy Tab Active 2 SM-T395デバイスで、管理者がXenMobileの「工場出荷時リセット無効化」の制限を設定すると、Secure Hub for Androidでのセキュリティ操作である[完全なワイプ]が失敗します。[CXM-54452]
  • VPNポリシーが設定されていて、Citrix SSOアプリケーションがデバイスにインストールされていない場合、デバイスの登録時にSecure Hub for Androidが応答しなくなります。[戻る] ボタンをタップするかアプリを再起動すると反応するようになります。[CXM-54627]
  • Android Enterprise環境でのデバイスオーナーモードでの登録時、Secure Hub for Androidがクラッシュします。[CXM-55008]
  • Secure Hub for iOSの有効なPINを入力した後、Secure HubからPINの入力を繰り返し求められます。[CXM-55047]
  • Android Enterprise環境でのプロファイルオーナーモードでの登録時、Secure Hub for Androidがクラッシュします。[CXM-55076]
  • Secure Hub for AndroidでAndroid Enterpriseを使用すると、デフォルトでGoogle Chromeがインストールされます。[CXM-55232]
  • Secure Hub for iOSをバージョン10.8.55にアップグレードすると、既存または新規iOSデバイスを登録できなくなります。[CXM-55267]

Secure Hub 10.8.55

Secure Hub 10.8.55で解決された問題

  • G Suiteの資格情報がEndpoint Managementの資格情報と異なる場合、Secure HubにサインインしてAndroid for Workアカウントに登録できません。[CXM-53956]

バージョン10.8.55で解決されたMDX関連の問題

  • 優先VPNモードがSecureBrowseに設定されていると、エンタープライズアプリで内部リソースへの接続の問題が発生することがあります。[CXM-52309]
  • アプリケーションクラスにandroid.support.multidex.MultiDexApplicationまたはandroid.app.Applicationを指定したアプリは、セキュアブラウズモードで内部ネットワークに接続できません。[CXM-53126]
  • Androidデバイスでは、複数の証明書が生成されており、有効期限前に証明書が失効しています。[CXM-53428]

Secure Hub 10.8.55

Secure Hub 10.8.55での既知の問題

  • デバイスからSecure Hubアカウントを削除すると、MDMの再登録に失敗します。[CXM-54142]

Secure Hub 10.8.50

Secure Hub 10.8.50での既知の問題

  • Secure Hub for AndroidでWebリンクのショートカットを追加できない。[XMHELP-952]

Secure Hub 10.8.35

Secure Hub 10.8.35で解決された問題

  • Android Oで、ポリシーによって作成されたショートカットがデバイスのホーム画面に表示されない。これはAndroid Oの仕様です。[CXM-35460]
  • Androidでは、一定期間使用しないとSecure HubがSamsungタブレットで開かれません。[CXM-50797]
  • Secure Hub for Androidでは、Samsung Knoxデバイスにプッシュポリシーを展開できません。[CXM-50869]
  • Secure Hub for iOSでは、次のような問題が発生することがあります:Active Directoryのパスワードを変更した後も、PINを入力し続ける必要があります。[CXM-50224]

Secure Hub 10.8.25

Secure Hub 10.8.25で解決された問題

  • MDX Toolkitバージョン10.7.20でラッピングしたサードパーティ製のiOS用Cordovaアプリでは、画面の内容を不鮮明にするポリシーを有効にすると、PIN画面ではなく黒い画面が表示されます。[CXM-48471]
  • Android 7を実行しているZebra T51デバイスに、Citrix Launcherアプリをインストールできません。[CXM-50621]

Secure Hub 10.8.20

Secure Hub 10.8.20で解決された問題

  • ユーザーがAndroidデバイスをバージョン8(Oreo)に更新すると、Endpoint Managementから展開したアプリストアからエンタープライズアプリまたは.apkアプリをインストールできません。サードパーティのアプリケーションのインストールを有効にしても、この問題は解決されません。この問題は、Samsungデバイスに限定されません。[CXM-50401]

Secure Hub 10.8.15

Secure Hub 10.8.15で解決された問題

  • Android Oを実行しているデバイスで位置情報の詳細を取得するときに、Secure Hub for Androidがクラッシュします。[CXM-47893]

Secure Hub 10.8.10

Secure Hub 10.8.10で解決された問題

  • Androidデバイスでは、複数のアプリが自動的にインストールされない場合や、ユーザーが [インストール] をクリックしない場合でも、アプリはダウンロードを続けます。その結果、データ使用率が高くなります。[CXM-46404]
  • Android 7以降を実行するデバイスの場合:パスワードを伴うロックセキュリティの操作をXenMobile Serverからデバイスに送信すると、デバイスはロックされます。ただし、既存のロック画面のパスワードがある場合、デバイスのパスワードは変更されません。ユーザーは元のパスコードを使用してデバイスのロックを解除できます。[CXM-47908]

Secure Hub for iOSの更新(2018年3月19日): Secure Hub for iOSバージョン10.8.6では、VPPアプリポリシーの問題を修正できます。詳しくは、Citrix Knowledge Centerの記事を参照してください。