Secure Mail for iOSのリッチプッシュ通知

Secure Mail for iOSは、リッチプッシュ通知をサポートします。リッチ通知機能により、Secure Mailがバックグラウンドで実行されていない場合でも、受信トレイのロック画面の通知を確実に受信できます。この機能は、パスワードベースの認証セットアップとクライアントベースの認証セットアップでサポートされています。

注:

この機能をサポートするアーキテクチャが変更されたため、VIPのみのメール通知機能は利用できなくなりました。

リッチプッシュ通知機能を有効にするには、次の前提条件が満たされていることを確認してください:

  • Endpoint Managementコンソールで、プッシュ通知を [オン] に設定します。
  • ネットワークアクセスポリシーは、[制限なし] または [内部ネットワークへトンネル] に設定されています。ネットワークアクセスポリシーが [内部ネットワークへトンネル] に設定されている場合は、バックグラウンドネットワークサービスポリシーでExchange Webサービス(EWS)ホストが設定されていることを確認してください。EWSホストとActiveSyncホストが同じ場合は、ActiveSyncホストがバックグラウンドネットワークサービスポリシーで設定されていることを確認します。
  • ロック画面上の通知を制御ポリシーは、[許可] または [メールの送信者またはイベントのタイトル] に設定されています。
  • [Secure Mail]>[設定]>[通知] の順に移動し、[メール通知] を有効にします。

この機能は、次のいずれかの設定を実行している場合はサポートされていません。

  • Microsoft Office 365の先進認証
  • Endpoint ManagementとMicrosoft Intune/EMSとの統合によって管理されるアプリ
  • 派生資格情報を使用して登録されたデバイス

Secure Mail for iOSでのプッシュ通知の動作

Secure Mailは次の受信トレイでのアクティビティについて、プッシュ通知を受信します。

  • 新しいメール、会議要求、会議キャンセル、会議更新:APNsによりiOSのSecure Mailにリモート通知がプッシュされると、Secure Mailにより自動更新対象としてマークされているすべてのフォルダーが更新されます。

    注:

    デフォルトでは、受信トレイ、カレンダー、連絡先フォルダーは自動更新対象としてマークされています。ユーザーは [Secure Mail]>[設定]>[自動更新] からその他の任意のメールフォルダーを自動更新対象として選択できます。

  • Secure Mailアイコンは、Exchangeの受信トレイのフォルダー内の未読メッセージと新規メッセージの合計のみを表示します。ユーザーがデスクトップまたはノートブックコンピューターでメールを開いた後、Secure Mailはアイコンを更新します。

  • インストールまたはアップグレード中、Secure Mail for iOSによりプッシュ通知を許可するプロンプトがユーザーに表示されます。また、iOSの設定を使ってプッシュ通知を後から許可することもできます。

リッチプッシュ通知をサポートしないプッシュ通知の動作

iOSのリッチプッシュ通知機能でサポートされていない構成の場合でも、Secure Mailは同期期間中に受信トレイの未読メールの数を提供します。ロック画面上の通知を制御ポリシーが [オン] の場合、iOSがSecure Mailをウェイクアップして同期を実行した後プッシュ通知がロックされたデバイス画面に表示されます。

Secure Mail for iOSのプッシュ通知に関するよくある質問

iOSは、どのタイミングでSecure Mailに通知を配信しますか

リッチプッシュ通知機能を有効にすると、iOSはSecure Mailにリモート通知を配信します。これらの通知は、アプリがバックグラウンドで実行されていない場合や省電力モードであっても機能します。

注:

リッチプッシュ通知が有効になっていない場合、Secure Mailがアクティブでないときに通知がSecure Mailに配信されないことがあります。この状況は、次のようなさまざまな理由で発生します:

  • デバイスが省電力モードで、Secure Mailがバックグラウンドで動作している場合。通知が配信されない最も一般的なケースです。

  • Secure Mailの [Appのバックグラウンド更新][オフ]か、Secure Mailがバックグラウンドで動作している場合。ユーザーは、この設定を制御できます。

  • デバイスのネットワーク接続状態が不十分な場合。この状況はiOSデバイスによって異なります。

iOSデバイスに「新しいメールがあります」という通知が表示される理由

指定時間内にSecure MailがExchange Webサービス(EWS)から応答を受信しなかった場合、iOSデバイスに「新しいメールがあります」という通知が表示されます。メッセージ詳細の取得に必要な時間は30秒です。

一般的なiOSメール通知の画像

Wi-Fiまたはデータ接続の質が低い場合に、デバイスでこの動作が発生することもあります。

EWS応答の遅延以外に、Secure Mailでは、次の場合に「新しいメールがあります」という通知が表示されます:

  • Secure Mailがセキュアコンテナから必要な情報を読み取れない場合。この事象は通常、デバイスの再起動後、デバイスのロックを解除する前に発生します。
  • Secure MailがCitrix GatewayまたはEWSとの接続やセキュアチャネル設定に失敗した場合。
  • 資格情報の有効期限が切れた場合、または資格情報を変更したがSecure Mailで更新されていない場合。次の図は、このような事象で通知がどのように表示されるかを示しています。

    メール通知メッセージの画像

  • Secure Mailが、Secure Mailからの有効な要求に対して、Exchange Serverから予期しない応答を受け取った場合。EWS応答コードについて詳しくは、Microsoft社の開発者ドキュメントを参照してください。

Secure Mail for iOSのプッシュ通知の失敗メッセージ

Secure Mail for iOSでは、デバイスの通知センターに適切なプッシュ通知の失敗メッセージが表示されます。これらの通知は、失敗した通知の種類に基づいて表示されます。

次のようにそれぞれの失敗内容ごとに通知メッセージが表示されます:

  • Secure Mailが組織のネットワークに接続できません。この通知は、Secure MailがCitrix GatewayとSOCKS5接続を確立できない場合に表示されます。

  • Secure Mailが組織のネットワークに接続できません。管理者にお問い合わせください。この通知はCitrix Gatewayにアクセスできない場合に表示されます。Citrix ADCが正しく構成され、外部ネットワークから通信できることを確認してください。

  • Secure Mailが組織のネットワークに安全に接続できません。管理者にお問い合わせください。この通知は、Secure MailがCitrix GatewayとSSL接続を確立できない場合に表示されます。SSL証明書が有効であることを確認してください。

  • Secure Mailがメールサーバーに安全に接続できません。管理者にお問い合わせください。この通知は、Secure MailがExchange ServerとSSL接続を確立できない場合に表示されます。Exchange ServerでSSL証明書が有効であることを確認してください。有効な証明書がないアプリをExchange Serverに接続する場合、「すべてのSSL証明書を承認する」MDXポリシーを承諾していることを確認してください。

  • メールサーバーエラーのため、Secure Mailがメッセージを取得できません。管理者にお問い合わせください。Secure MailがExchange ServerからのEWS応答を解析できない場合、この通知が表示されます。

  • 要求がタイムアウトになったため、Secure Mailがメッセージを取得できません。Secure Mailが30秒以内にサーバーから応答を受信できない場合、この通知が表示されます。デバイスのデータやWi-Fi接続が不十分な場合に、この通知が表示されることがあります。数分待ってから再試行してください。

  • メッセージを取得できません。Secure Mailを起動してください。Secure Mailがセキュアコンテナから資格情報を読み取れない場合に、この通知が表示されます。デバイスが再起動されたときにロック解除されていない場合、この通知が表示されることがあります。デバイスをロック解除すると、Secure Mailが自動的にセキュアコンテナにアクセスできます。この通知を受信し続ける場合、Secure Mailを起動してセキュアコンテナの資格情報を自動的に更新します。