Secure MailとMicrosoft Intune/EMSとの統合

この統合により、Citrix Secure Mailをより安全に管理および配信し、生産性を向上させることができます。

Secure MailはさまざまなIntune構成に対応します。オンプレミスのExchangeまたはOffice 365のメールボックスに接続できます。Endpoint ManagementとEMS/Intuneとの統合をセットアップするには、「Citrix Endpoint ManagementとMicrosoft Intune/EMSとの統合」を参照してください。

Secure Mailは以下の展開モードをサポートします:

  • Intune MAM
  • Intune MAMおよびIntuneモバイルデバイス管理(MDM:Mobile Device Management)
  • Intune MAMとEndpoint Management MDM-only
  • Intune MAMとEndpoint Management MDMおよびMAM

サポートされているメールサーバー

  • Exchange Online
  • Exchange Server 2016
  • Exchange Server 2013

制限事項

Secure Mailでは、証明書ベースの認証はサポートされていません。

重要:

MDMモードのSecure MailをCitrix Endpoint Management(MDMおよびMAMモード)と使用するには、環境でSecure Hubを構成する必要があります。

Secure Mail for Intuneを構成するには

環境でMDMモードのCitrix Endpoint Managementが構成されている場合、Secure Mailによって自動的にFTUエクスペリエンスにユーザー名が入力されます。

この機能を有効にするには、Endpoint Managementコンソールでカスタムポリシーを構成する必要があります。詳しくは、Endpoint Managementのドキュメントで「Secure Mailを構成するには」を参照してください。

Intuneと互換性のない機能

以下のSecure Mail機能は、Endpoint ManagementとEMS/Intuneとの統合で使用できません:

  • Secure Ticket Authority(STA)
  • シングルサインオン(SSO)によるメール登録
  • リッチプッシュ通知
  • Citrix Files(ShareFileの新名称)
  • S/MIME署名と暗号化
  • Microsoft Information Rights Management
  • セキュアブラウズ+非KCD SSO内部Exchange Server

Secure MailとMicrosoft Intune/EMSとの統合