廃止

以下の告知は、お客様が適宜ビジネス上の決定を下せるように、段階的に廃止されるCitrix Endpoint Managementの機能について前もってお知らせするためのものです。シトリックスではお客様の使用状況とフィードバックをチェックして、各プラットフォーム、シトリックス製品、機能を撤廃するかどうかを判断しています。お知らせする内容は以降のリリースで変わることがあり、廃止される機能がすべて含まれるわけではありません。製品ライフサイクルサポートについて詳しくは、「製品ライフサイクルサポートポリシー」を参照してください。

廃止と削除

廃止または削除されるCitrix Endpoint Managementの機能を以下の一覧に示します。

廃止されたアイテムはすぐには削除されません。Citrixは今後のリリースで、廃止されたアイテムが削除されるまではサポートを継続します。

削除されたアイテムは、Citrix Endpoint Managementで削除されたか、サポートされなくなりました。

製品終了となった業務用モバイルアプリについて詳しくは、「EOLと廃止予定のアプリ」を参照してください。

項目 説明 廃止の発表 削除 代替手段
Samsung SEAMSコンテナ Samsung SEAMSコンテナのサポートは廃止されました。 2020年6月 対象:2020年8月 Android Enterprise用のSamsung Knox Service Plugin(KSP)アプリを使用します。「Knoxサービスのプラグインアプリの追加」を参照してください。
自己署名のSecure Sockets Layer(SSL)証明書 すべてのデバイスプラットフォームに対する自己署名SSL証明書のサポートが終了しました。 2020年5月   既存の自己署名L証明書を、既知のCA(Certificate Authority:証明機関)からの信頼されるSSL証明書に置き換えます。
証明書ベースの認証署名アルゴリズム(非FIPSおよび弱い暗号) 次の署名アルゴリズムのサポートが終了しました:SHA1withRSA、SHA224withRSA、SHA1withECDSA、SHA224withECDSA、SHA1withDSA、RIPEMD160withRSA、RIPEMD128withRSA、RIPEMD256withRSA。 2020年5月 対象:2020年8月 Endpoint Managementコンソール([設定]>[資格情報プロバイダー]>[証明書署名要求])で資格情報プロバイダーのCSR(証明書の署名要求)を作成するときは、より強い暗号を選択します。
Citrix Launcher Citrix Launcherアプリのサポート廃止 2020年5月 予定:2020年8月(アプリストアから削除) Citrix Launcherの代替を構成するには、「Citrix Launcher」を参照してください。
Android 6.xおよびiOS 11.x向けのCitrixモバイルアプリおよびWorkspaceアプリ Android 6.xおよびiOS 11.xバージョンのSecure Hub、Secure Mail、Secure Web、Citrix Workspaceアプリのサポートが廃止されます。 2020年4月 予定:2020年6月 最低限、主要オペレーティングシステムプラットフォームの最新バージョンおよび1つ前のバージョンを使用してください。古いデバイスは登録されたまま残ります。ただし、Citrixは従来のデバイスをテストまたはサポートしません。
MDX ToolkitとMDX Service MDX ToolkitおよびMDX Serviceのサポートが廃止され、モバイルアプリケーション管理(MAM)SDKに置き換えられます。移行期間中、MDXでラップされたアプリとMAM SDKで開発したアプリの両方を使用できます。 2020年3月 予定:2021年9月 エンタープライズアプリケーションの管理を続行するには、MAM SDKを使用してください。
MDX:代替ゲートウェイサーバー iOSおよびAndroidデバイスの拡張認証が廃止されます。 2020年3月 予定:2021年9月 代替はありません
MDX:マイクロVPN(完全トンネルモード) iOSおよびAndroidデバイス向けの完全仮想プライベートネットワーク(VPN)トンネルが廃止されます。 2020年3月 予定:2021年9月 MAM SDKのWeb SSOモードを使用するか、Citrix SSOの接続の種類でPer-App VPNポリシーを作成します。
MDX:PACファイルのサポート をiOSおよびAndroidデバイスの完全VPNトンネル展開で、Proxy Automatic Configuration(PAC)ファイルのサポートが廃止されます。 2020年3月 予定:2021年9月 Citrix Gatewayを使用してプロキシサーバー経由で接続し、内部ネットワークにアクセスします。
MDX共有デバイスのサポート MDXアプリ向けの共有デバイスのサポートが廃止されます。 2020年3月 予定:2021年9月 Android Enterpriseでは、共有デバイスのMDMのサポートを使用します。iOSの場合は、Apple School ManagerまたはGroundControlを使用します。
Android 10のデバイス管理者の登録 Android 10デバイスでのレガシーデバイス管理者モードのサポートが終了しました。 2020年2月 目標:2020年7月 Android 10を実行しているデバイスは、Android Enterpriseを使用して登録または再登録する必要があります。
MDX暗号化 XenMobileコンソールでMDX暗号化およびMDX暗号化機能が廃止されました。 2019年10月 予定:2020年9月1日 コンプライアンスチェックを追加した暗号化管理機能を使用して、iOSまたはAndroidプラットフォームの暗号化を有効にします。そのため、2020年7月までにMDX暗号化からの移行をテストし、計画してください。
パスコードデバイスポリシー:Android Enterprise向けの [制限なし] 設定 Android 7以降を実行しているAndroid Enterpriseデバイスは、文字制限付きで作成されたパスコードのみをサポートします。以前のバージョンで [必須文字][制限なし] に設定されている場合、この更新によって値は [数字のみ] に変更されます。 2019年2月 2019年4月 現在のユーザーのサインイン方法が、この変更の影響を受けることはありません。
リモート サポート Remote Supportクライアントは、Endpoint Managementでは使用できません。 2019年1月 対象:2020年8月 代替はありません
Secure Hub for iOSのネットワーク拡張機能 iOSデバイス用のネットワーキング機能をカスタマイズできる、ネットワーク拡張フレームワークを廃止します。Secure Hubリリース20.3.0 2018年10月 2020年3月 代替はありません
TLSバージョン1.0および1.1 Citrix Endpoint Managementサービスのセキュリティを向上させるため、Transport Layer Security(TLS)1.0および1.1を介した通信はブロックされるようになりました。セキュリティが弱体化した結果、TLS 1.0およびTLS 1.1はPCI評議会によって廃止されました。 2018年6月 2019年3月 TLS 1.2にアップグレードしてください。
Windows Mobile/CE Windows Mobile/CEデバイスのサポートをご利用できなくなります。 2018年4月 予定:2020年9月1日 Windows 10デスクトップおよびノートブックを使用します。