Secure Webの機能

Secure Webでは、モバイルデータ交換技術を使用した専用のVPNトンネルが作成され、内部サイトや外部のWebサイトにアクセスできるようになります。これらのサイトには、組織のセキュリティポリシーで保護された環境で機密情報を含むサイトがあります。

Secure MailおよびCitrix Filesとの連携により、Secure WebではセキュアなEndpoint Managementコンテナ内のシームレスなユーザーエクスペリエンスが提供されます。連携機能の例をいくつか示します:

  • ユーザーがmailtoリンクをタップすると、Secure Mailで新規メールメッセージ画面が開きます。資格情報を入力する必要はありません。
  • Secure Webでリンクを開いてデータをセキュアな状態で保護する。Secure Web for iOSおよびAndroidでは、ユーザーは専用のVPNトンネルによって機密情報があるサイトに安全にアクセスできます。Secure Mailから、Secure Web内から、またはサードパーティ製アプリからリンクをクリックでき、Secure Webでリンクを開くため、データはセキュアな状態のままです。ユーザーは、Secure Webでctxmobilebrowser(s)スキームを使用した内部リンクを開きます。このとき、先頭の「ctxmobilebrowser://」が「http://.」に変換されてHTTPSリンクが開かれます。「ctxmobilebrowsers://」は「https://」に変換されます。

この機能は、受信ドキュメント交換と呼ばれるアプリとMDXポリシーとの相互作用によるものです。デフォルトでは、このポリシーは [制限なし] に設定されています。この設定では、URLをSecure Webで開くことができます。許可リストに登録されたアプリのみがSecure Webと機能できるように、ポリシー設定を変更できます。

  • また、メールメッセージ内のイントラネットリンクをクリックするとSecure Webがサイトに移動して、資格情報を入力せずにイントラネットサイトにアクセスできます。
  • ユーザーは、Secure Webを使用してWebからダウンロードしたデータをCitrix Filesにアップロードできます。

また、Secure Webユーザーは以下の操作も実行できます:

  • ポップアップをブロックする。

    注:

    Secure Webのメモリの大部分は、ポップアップのレンダリングで消費されます。そのため、通常、[設定]でポップアップをブロックすることで、パフォーマンスが向上します。

  • お気に入りサイトをブックマークとして登録する。
  • ファイルをダウンロードする。
  • オフライン用にページを保存する。
  • パスワードを自動保存する。
  • キャッシュ、履歴、およびCookieを削除する。
  • CookieおよびHTML5のローカルストレージの無効化。
  • 他のユーザーとデバイスを安全に共有する。
  • アドレスバー内で検索する。
  • Secure Webで実行するWebアプリによる位置情報へのアクセスを許可します。
  • 設定のエクスポートおよびインポート。
  • ファイルをダウンロードすることなくCitrix Filesでファイルを直接開く。この機能を有効にするには、Endpoint Managementの「許可するURL」ポリシーに「ctx-sf:」を追加します。
  • iOSで、3Dタッチ操作でホーム画面から直接新しいタブを開いて、オフラインページ、お気に入りサイト、およびダウンロードにアクセスする。
  • iOSで、あらゆるサイズのファイルをダウンロードし、Citrix Filesやその他のアプリで開く。

    注:

    Secure Webをバックグラウンドに置くと、ダウンロードが停止します。

  • 現在のページビュー内で [ページ内の検索] を使用して用語を見つけます。

    [ページの検索]オプションの画像

動的テキストサポートによって、デバイスで設定するフォント設定がSecure Webに表示されます。

Secure Webの機能