Citrix Virtual Apps and Desktops

解決された問題

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912 LTSR CU1以降、次の問題が解決されています:

Citrix Director

  • Citrix Directorの [傾向] にある [失敗] タブで、接続に失敗していないデリバリーグループのレポートを取得すると、詳細が正しく表示されます。しかし、レポートをエクスポートするとき、接続に失敗していないデリバリーグループを含めすべてのデリバリーグループの詳細が、失敗した接続として表示されることがあります。[CVADHELP-14392]

  • Citrix Directorを使用してスタンドアロンサーバー上にメールサーバーを構成しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    無効なメールサーバーです。

    この問題は、警告と通知のメールサーバーを構成するときに発生します。[CVADHELP-14648]

  • Citrix Directorでレコードのすべての行が表示されない場合があります。[アプリケーションインスタンス] フィルターページに複数のアプリケーションインスタンスが一覧表示されている場合でも、上位50のエントリのみが.CSVファイルにエクスポートされます。[CVADHELP-14783]

  • Citrix Directorの [負荷評価基準インデックス] タブでデリバリーグループのレポートを取得すると、詳細が正しく表示されないことがあります。このレポートには、選択したデリバリーグループではなく、すべてのデリバリーグループの詳細が表示されます。[CVADHELP-14869]

  • Citrix Directorで、Directorコンソール >[傾向]>[マシンの使用量]に移動し、選択したデリバリーグループのマシンの使用状況を確認すると、値が0と表示されます。この問題は、[マルチセッションOSマシン] に表示されているデリバリーグループを選択すると発生します。この問題は、[使用中] 列でのみ発生します。[CVADHELP-15136]

  • NetScaler Management and Analytics System(MAS)とCitrix Directorとの統合が失敗することがあります。その結果、コマンド「C:\inetpub\wwwroot\Director\bin..\DisplayConfig\HdxInsightPlugin\HdxInsightForUDPluginConfig.xml」が次の例外で失敗します:

    ログオン操作と内部例外を実行できませんでした:リモートサーバーがエラーを返しました:(400)不正な要求。

    [CVADHELP-15219]

  • VDAのバージョン1912 LTSRまたは1912 LTSR CU1でセッションをシャドウすると、Microsoftリモートアシスタンスプロセス(msra.exe)が予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-15230]

  • セッションアクティビティ統合タスクがタイムアウトし、ユーザーエクスペリエンスに影響を与える可能性があります。[CVADHELP-15305]

  • [容量管理]>[ホストされたアプリケーションの使用量] タブで、一定期間におけるデリバリーグループのアプリケーションごとの使用量を示すテーブルを表示すると、利用状況データが正しくない可能性があります。[CVADHELP-15368]

Citrixポリシー

  • [ポリシー]>[割り当て先] タブには、1つまたは複数のデリバリーグループに割り当てたCitrixポリシーが誤って表示される場合があります。たとえば、2つのデリバリーグループに1つのポリシーを割り当て、そのうちの1つの割り当てだけを有効にします。[割り当て先] タブに移動すると、両方のデリバリーグループが表示されます。ポリシーを無効にすると、割り当てが解除されます。ただし [割り当て先] タブには、引き続きポリシーが割り当てられていると表示されます。[CVADHELP-15233]

  • VDAを累積更新プログラムバージョン2005からバージョン2006にアップグレードしたあと、例外コード0xc0000409が発生してグループポリシーエンジン(CseEngine.exe)サービスが予期せず終了することがあります。[CVADHELP-15363]

  • Citrix Studioで、Citrixポリシーを作成または変更しようとすると、次のエラーメッセージが[ログ]タブに表示されます:

    ポリシー変更の詳細を判別するときにエラーが発生しました。

    ポリシーは正しく適用されますが、誰が設定を変更したかを知ることはできません。この問題は、Citrix Virtual Apps and Desktopsをバージョン1912 LTSRからバージョン1912 LTSR CU1にアップグレードした後に発生します。[CVADHELP-15726]

Citrix Provisioning

Citrix Provisioning 1912 CU2のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Citrix Studio

  • 専用デスクトップセッションを開始すると、ログオンに失敗し、ログオフプロセスが停止することがあります。Citrix Studioではセッションは接続済みと表示されますが、手動でマシンを再起動するまでログオフすることはできません。[CVADHELP-10932]

  • Studioを公開アプリとして実行すると、Studioが応答しなくなることがあります。[CVADHELP-14207]

  • [マシンの割り当て] ページで、特定のチェックボックスが表示されない場合があります。この問題は、ユーザーが割り当てた1つまたは複数のマシンがあるデリバリーグループまたはマシンカタログにマシンを追加しようとした場合に発生します。[CVADHELP-15684]

  • この修正により、次のレジストリ設定がStudioポリシーに置き換えられます:
    • クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善。動的キーボードレイアウトの同期とIMEを有効または無効にします。
    • Unicodeキーボードレイアウトのマッピングの有効化。Unicodeキーボードレイアウトマッピングを有効または無効にします。
    • キーボード レイアウトの切り替えポップアップメッセージを非表示にする。キーボードレイアウトの切り替え通知ダイアログメッセージを表示または非表示にします。

    [CVADHELP-15706]

  • Azureへのホスト接続を作成しているときに、サービスプリンシパルを作成しようとすると、ADSTS700016エラーで失敗する場合があります。[CVADHELP-16219]

Delivery Controller

  • udadminコマンドを使用してライセンスサーバーレポートを生成すると、同じデバイスにライセンスが複数回発行されているという内容のレポートが表示されることがあります。この問題は、正しいハードウェアIDを持つ別のデバイスが、重複している名前に対して更新される場合に発生します。この問題は、ライセンスの消費には影響せず、レポートにのみ影響します。[CVADHELP-13763]

  • Machine Creation Servicesを使用してマシンカタログを更新すると、以前の基本ディスクフォルダーが VMwareストレージから削除されないことがあります。[CVADHELP-14264]

  • メモリ使用量が高いことが原因でVDAが負荷限界を報告した後、メモリ使用量が低いレベルまで低下しても、読み込みインデックス値が10,000のままになることがあります。[CVADHELP-14563]

  • MonitorData.[User]テーブルは監視データベースに存在し、データをActive Directoryと同期できないことがあります。また、テーブル内に存在するユーザー名、表示名、UPN情報は廃止されます。[CVADHELP-14700]

  • アプリケーションを起動できないことがあります。Chb_State.Sessions テーブルへの多くのアクセス要求がブロックされます。[CVADHELP-14876]

  • Studioのナビゲーションペインで[マシンカタログ]を選択すると、Studioがカタログのリストを表示できないことがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    カタログを表示できません。

    この問題は、StudioではPowerShellコマンドの「Get-ProvSchemeMasterVMImageHistory」でオブジェクトのリストを取得できないために発生します。[CVADHELP-15211]

  • VMware vSphere 7.0を使用してMachine Creation Services(MCS)カタログを作成しようとすると失敗する場合があります。[CVADHELP-15237]

  • この修正により、Azureでマシンの種類NV4as_v4のサポートが追加されます。[CVADHELP-15317]

  • この修正により、DirectorおよびMonitor Serviceへのv1キー参照が削除されます。[CVADHELP-15327]

  • VDAをバージョン1912 LTSR CU1にアップグレードした後、マシンにログオンしている信頼できないユーザーのユーザー名は、Domain\User nameではなく Domain\UPN と表示されます。[CVADHELP-15440]

  • Citrix DirectorでCitrix Analytics for Performanceを有効にすると、Monitor Serviceでメモリリークが発生する可能性があります。[CVADHELP-15607]

  • テーブルストレージアカウントがない場合でも、15分で20秒ごとに各マシンの個々のレコードを読み取ることができます。その後、電源状態が応答しなくなります。[CVADHELP-15677]

  • Microsoft Azureを使用している場合、スナップショットをダウンロードしようとすると失敗することがあります。[CVADHELP-15679]

  • この修正にはMicrosoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2019によるMachine Creation Service(MCS)のサポートが含まれます。 [CVADHELP-15779]

  • DefaultInstallパラメーターへの変更により、Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)を使用してMachine Creation Services I/O(MCSIO)をシステムアカウントにインストールできます。[CVADHELP-15593]

  • Delivery Controllerから電源操作が送信されると、デスクトップを起動しようとして失敗する場合があります。電源操作は、次の例外で失敗します:

    System.Runtime.Remoting.RemotingException

    [CVADHELP-15835]

  • この修正では、次のメリットが得られます:
    • Azure標準SSDのサポートを提供します。カタログを作成するとき、Citrix Virtual Apps and Desktopsの管理者は、プールカタログと永続カタログの両方のディスクの種類として標準SSDを選択できます。
    • Azureストレージで安全に転送するためのAzureのサポートを許可します。安全な転送が必要なオプションは、セキュリティで保護された接続からのアカウントへのアクセスのみを許可にするため、ストレージアカウントのセキュリティが強化されます。
    • 電源状態のキャッシュの問題を解決します。電源状態の同期が20分から5分に短縮されます。
    • 電源管理の制約の削除をサポートします。12分で1,000台の仮想マシンの電源をオンにできます。以前は、1時間かかりました。
    • この修正では、Azure Resource Managerはサブスクリプションおよびテナントの要求を調整し、プロバイダーの特定のニーズに対応して定義された制限を基にルーティングします。

    [CVADHELP-15392]

  • Citrix Broker Serviceが取得する仮想マシンの電源状態が正しくないため、セッションの起動に失敗する可能性があります。この問題は、コントローラーが仮想マシンの電源を正しく再投入できない場合に発生します。[CVADHELP-15864]

  • Microsoft Azureプラグインを使用して多くのマシンを管理すると、または電源を再投入すると、リモート処理の例外が発生する場合があります。[CVADHELP-16103]

Linux VDA

Linux VDA 1912 CU2のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Metainstaller

  • VDAServerSetup_1912.exeインストーラーを実行しようとすると、例外が発生する可能性があります。[CVADHELP-14457]

  • VDAをアップグレードするとき、[機能]ページで [パフォーマンス最適化] 機能を無効にできません。また、そのページで他の機能を有効にできません。[CVADHELP-14560]

Profile Management

Profile Management 1912 CU2のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Session Recording

Session Recording 1912 CU2のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

StoreFront

StoreFront 1912 CU2のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

サードパーティの問題

  • Microsoft Windows 10バージョン1809の問題により、Surface ProとSurface Bookのペンを使用すると、若干動作が不安定になることがあります。[HDX-17649]

シングルセッションOS対応VDA

インストール、アンインストール、アップグレード

  • VDAをアップグレードすると、MaxVideoMemoryBytesレジストリキーがデフォルト値に戻ることがあります。[CVADHELP-13629]

キーボード

  • Windowsキー+ Pを押してディスプレイのサイドバーを表示すると、Escキーをクリックするまで、接続されているすべてのモニターの背景が黒になる場合があります。この問題は、シームレスセッションで透過的なキーのパススルーが有効になっている場合に発生します。[CVADHELP-14949]

  • リモートPCアクセスの展開では、Windows以外のデバイスで実行されているセッションでキーボードからの入力が機能しない場合があります。[CVADHELP-15291]

  • F5キーをCATIA V5 Digital Mockup(DMU)のActivate Terminal Node機能へのキーボードショートカットとして構成すると、セッションへの再接続で対応する機能がトリガーされる場合があります。[CVADHELP-15402]

セッション/接続

  • 専用デスクトップセッションを開始すると、ログオンに失敗し、ログオフプロセスが停止することがあります。Citrix Studioではセッションは接続済みと表示されますが、手動でマシンを再起動するまでログオフすることはできません。[CVADHELP-10931]

  • 複数のUSBデバイスがセッションにリダイレクトされると、そのうちの1つが正しく機能しない場合があります。[CVADHELP-12516]

  • オーディオデバイスをユーザーセッションに追加すると、Skype for Businessのサウンド以外のデバイスからサウンドを聞くことはできません。このエラーメッセージが表示されます:

    エラー - 使用可能なデバイススロットがありません - デバイスを追加できませんでした。

    この問題は、8つを超える数の再生デバイスまたは録音デバイスがエンドポイントに接続されている場合に発生します。[CVADHELP-12760]

  • 高DPIではなくネイティブ解像度を使用するように高DPI設定を構成すると、VDAとユーザーデバイスとの間のDPIスケーリングが一致しないことがあります。この問題は初期接続中に発生します。[CVADHELP-13205]

  • セッションのデフォルトのオーディオデバイスは、ユーザーデバイスのデフォルトのオーディオデバイスと異なる場合があります。セッションでは、オーディオデバイス一覧の一番上のデバイスがデフォルトになります。[CVADHELP-13324]

  • VDAを再起動した後、ハードウェアベースの暗号化されたUSBリダイレクトが機能しない場合があります。[CVADHELP-13336]

  • マルチモニター環境で、アプリケーションが同じモニターに一貫性をもって表示されないことがあります。この問題は、新しいワークステーションに移行するときに発生します。[CVADHELP-13657]

  • HDX RealTime Webカメラビデオ圧縮を使用すると、ライブ画像ではなく黒い画像がWebカメラに表示されることがあります。[CVADHELP-13877]

  • アプリケーションウィンドウの一部が透明になり、アプリケーションがフォアグラウンドではなくバックグラウンドで実行されることがあります。この問題は、シームレスモードで発生します。[CVADHELP-13903]

  • XenAppおよびXenDesktopバージョン7.15 LTSR CU4がMicrosoft Windows Server 2016で実行されているサイトで、公開アプリケーションを起動しようとすると、アプリケーションセッションが応答しなくなることがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    ローカルセッションマネージャーをお待ちください

    [CVADHELP-13967]

  • 4KモニターでVDIセッションを初めて開始したときに、セッションが低解像度で表示されることがあります。また、セッションウィンドウの周囲に灰色の境界線が表示されることがあります。この問題は、特定のサードパーティのグラフィックカードを使用しているデバイスで発生します。[CVADHELP-14401]

  • Citrixソフトウェアグラフィックスプロセス(Ctxgfx.exe)は、セッション内で常に使用可能なメモリを消費することがあります。[CVADHELP-14509]

  • VDAバージョン1912またはバージョン7.15 CU5を物理マシンにインストールすると、Windows Management Instrumentation(WMI)は、そのマシンを仮想物理マシンではなく仮想マシンとして記録します。Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)が、そのマシンを物理マシンではなく仮想マシンとして記録します。この問題は、Microsoftポリシーの [仮想化ベースのセキュリティを有効にする][オン] に設定されている場合に発生します。[CVADHELP-14597]

  • VDAで、マルチモニターシンクライアントからシングルモニターシンクライアントに再接続すると、モニターレイアウトが更新されないことがあります。[CVADHELP-14646]

  • 一部のサードパーティ製32ビットスキャンアプリケーションは、汎用USBリダイレクトを使用してVDAにリダイレクトされると、VDAで動作しないことがあります。この問題は、VDA上のスキャンアプリケーションがTWAIN DSMを使用している場合に発生します。また、リモートPCアクセスVDAでも発生する可能性があります。[CVADHELP-14698]

  • ユーザーがリモートPCアクセスによってオフィスPCにアクセスすると、リモートセッションがオフィスPCで表示されることがあります。その結果、セッションアクティビティが公開されることになります。[CVADHELP-14893]

  • Microsoft Teamsの最適化が、Microsoft Teamsで機能しない可能性があります。この問題は、Citrix HDXが接続されていない場合に発生します。[CVADHELP-14967]

  • この修正により、UDP接続経由で小さなデータグラムを送信するタイマーが提供され、ホストとクライアント間の接続が維持されます。

    この修正を有効にするには、次のようにレジストリキーを作成します。

    • 32ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

    • 64ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

      [CVADHELP-15122]

  • デスクトップの最大化、最小化、またはサイズ変更を行うと、セッションが切断されることがあります。この問題は、Microsoft Windows 10バージョン1809で実行されているシングルセッションOSバージョン1912 CU1のVDAで発生します。[CVADHELP-15200]

  • CtxUvi Hookingドライバーを無効にすると、イベントログが生成されない場合があります。この問題は、使用可能なシステムリソースが少ない場合に発生します。[CVADHELP-15241]

  • 新しい仮想マシンに再接続しようとすると、次のMicrosoft .NET Frameworkエラーメッセージが表示されることがあります:

    エラー未処理の例外がアプリケーションで発生しました

    [CVADHELP-15267]

  • 最新の仮想チャネルは、内部のハードコードされた許可リストに追加されない場合があります。許可リストを有効にした場合、この新しい仮想チャネルは、ユーザーが構成した許可リストに追加されない限り、機能しなくなります。[CVADHELP-15296]

  • この修正により、アイドルタイムアウトによってセッションが切断される前に、ワークステーションVDAに対して警告メッセージが表示されます。[CVADHELP-15319]

  • この修正により、VDAでNTLM認証を有効にせずに複数のフォレスト展開を構成できる新機能がサポートされます。ただし、NTLM認証を有効にするための以前の機能は、その他の信頼を伴わない展開用に保持されます。VDAでNTLM認証が不要に有効になることを回避するために、SupportMultipleForestDdcLookupという名前のレジストリエントリが追加されています(NTLMはKerberosよりも安全性が低くなります)。SupportMultipleForestエントリの代わりにSupportMultipleForestDdcLookupを使用できます。SupportMultipleForestは、後方互換性のために引き続き使用できます。SupportMultipleForestDdcLookupレジストリキーは、VDAがDelivery Controllerのルックアップを実行する方法を決定します。詳しくは、「複数のActive Directoryフォレスト環境での展開」を参照してください。[CVADHELP-15467]

  • VDAがDelivery Controllerに登録しようとすると、Broker Agentはローカルドメインで最初のDNSルックアップを実行します。このルックアップにより、Delivery Controllerに到達できることを確認します。DNSルックアップが失敗すると、Broker AgentはActive Directoryでトップダウンクエリを実行するようにフォールバックし、すべてのドメインで検索を繰り返し実行します。Delivery Controllerのアドレスが無効な場合(たとえば、管理者がVDAのインストール時にFQDNを誤って入力した場合)、クエリ操作によってドメインコントローラーでDDoSのような結果が発生する可能性があります。詳しくは、「VDA登録中のControllerの検索」を参照してください。[CVADHELP-15484]

  • 従来のグラフィックモードポリシーを有効にすると、セッションを起動したときに灰色の画面が表示される場合があります。この問題は、VDAバージョン7.15.6000で発生します。[CVADHELP-15841]

  • この修正により、フラグを0x80000000に設定すると、WTS Hookがデフォルトで有効になります。[CVADHELP-15929]

  • Microsoft Teamsでは、次の問題が発生する可能性があります:

    • セッションに再接続すると、HdxTeams.exeプロセスの開始に失敗する場合があります。この問題は、Microsoft Windows Server上で実行されているVDAで発生します。
    • Citrix HDX Teamsリダイレクトサービス(TeamsSvcs)がユーザーセッションIDの取得に失敗する場合があります。その結果、Microsoft Teamsリダイレクトのレジストリキーは更新されません。
    • セッションに再接続すると、Citrix HDX Teamsリダイレクトサービス(TeamsSvcs)が予期せず終了する場合があります。

    [CVADHELP-16213]

スマートカード

  • この修正では、SCardGetStatusChange関数を使用して、スマートカードがリーダーに対して挿入または削除された回数を追跡できます。[CVADHELP-15463]

システムの例外

  • Citrix Audio Redirection ServiceÂ(CTXAudioSvc)が、イベントID 1000と例外コード0x0c0000005で予期せず終了することがあります。この問題は、CtxVorbisDmo64.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-14898]

  • クリップボード仮想チャネルDLLにヒープ破損がある場合、PicaShell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。[CVADHELP-14945]

  • ブラウザーコンテンツリダイレクトに必要なInternet Explorerブラウザーのアドオン(Citrix HdxJSinjector)により、開発者ツールの使用時にWebページエラーが発生することがあります。HTML document.headにアクセスすると、InjectorScript.jsで断続的にランタイム例外のエラーが発生します。このエラーメッセージが表示されます:

    Error: Unable to get property ‘appendChild’ of undefined or null reference

    [CVADHELP-14960]

  • VDAでtdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x1000007eによるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、HTML5向けCitrix Workspaceアプリ経由でセッションを起動したときに発生します。[CVADHELP-15220]

ユーザーエクスペリエンス

  • 特定のサードパーティアプリケーションがユーザーセッション内で実行されている場合、マウスポインターが回転する円に変わることがあります。この問題は、セッションでオブジェクトをドラッグするか、ズーム操作を実行すると発生します。[CVADHELP-14247]

マルチセッションOS対応VDA

キーボード

  • Windowsキー+ Pを押してディスプレイのサイドバーを表示すると、Escキーをクリックするまで、接続されているすべてのモニターの背景が黒になる場合があります。この問題は、シームレスセッションで透過的なキーのパススルーが有効になっている場合に発生します。 [CVADHELP-14949]

セッション/接続

  • 複数のUSBデバイスがセッションにリダイレクトされると、そのうちの1つが正しく機能しない場合があります。 [CVADHELP-12516]

  • ユーザーセッションでテキストをハイライトしようとすると、パフォーマンスの問題が発生することがあります。この問題は、公開デスクトップで実行されているMicrosoft Outlookバージョン2016でそれを行う場合に発生します。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Graphics

    名前:CursorShapeChangeMinInterval

    種類:DWORD

    値:設定可能な値:10~100。推奨値:50。デフォルトは0で、これは無効を意味します。

    [CVADHELP-12886]

  • VDAを再起動した後、ハードウェアベースの暗号化されたUSBリダイレクトが機能しない場合があります。 [CVADHELP-13336]

  • マルチモニター環境で、アプリケーションが同じモニターに一貫性をもって表示されないことがあります。この問題は、新しいワークステーションに移行するときに発生します。 [CVADHELP-13657]

  • HDX RealTime Webカメラビデオ圧縮を使用すると、ライブ画像ではなく黒い画像がWebカメラに表示されることがあります。 [CVADHELP-13877]

  • アプリケーションウィンドウの一部が透明になり、アプリケーションがフォアグラウンドではなくバックグラウンドで実行されることがあります。この問題は、シームレスモードで発生します。 [CVADHELP-13903]

  • XenAppおよびXenDesktopバージョン7.15 LTSR CU4がMicrosoft Windows Server 2016で実行されているサイトで、公開アプリケーションを起動しようとすると、アプリケーションセッションが応答しなくなることがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    ローカルセッションマネージャーをお待ちください

    [CVADHELP-13967]

  • Citrixソフトウェアグラフィックスプロセス(Ctxgfx.exe)は、セッション内で常に使用可能なメモリを消費することがあります。 [CVADHELP-14509]

  • HTML5セッションでCitrix Workspaceアプリからファイル(.crx、.exe、zipファイルなど)をアップロードしようとすると、セッション画面の保持機能によってセッションが切断される場合があります。[CVADHELP-14513]

  • Microsoft Windows winlogon.exeが予期せず終了することがあります。この問題は、サーバー経由で起動されたシームレスなセッションを閉じると発生します。この問題は、icagfxstack.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-14579]

  • シームレスセッションをロックすると、セッションウィンドウのサイズに関係なく、ログオンウィンドウが全画面表示されることがあります。その結果、エンドポイントのデスクトップやその他のアプリケーションにアクセスできなくなります。[CVADHELP-14589]

  • 一部のサードパーティ製32ビットスキャンアプリケーションは、汎用USBリダイレクトを使用してVDAにリダイレクトされると、VDAで動作しないことがあります。この問題は、VDA上のスキャンアプリケーションがTWAIN DSMを使用している場合に発生します。また、リモートPCアクセスVDAでも発生する可能性があります。 [CVADHELP-14698]

  • この修正により、基本コンポーネント内のセキュリティ上の脆弱性の問題が解決されます。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX285059を参照してください。[CVADHELP-14755]

  • 音声処理のサンドボックス化を許可するポリシーを有効にすると、Citrix Virtual Apps and Desktopsから開いたGoogle Chromeでオーディオが機能しない場合があります。[CVADHELP-14784]

  • Microsoft Teamsの最適化が、Microsoft Teamsで機能しない可能性があります。この問題は、Citrix HDXが接続されていない場合に発生します。 [CVADHELP-14967]

  • この修正により、UDP接続経由で小さなデータグラムを送信するタイマーが提供され、ホストとクライアント間の接続が維持されます。

    この修正を有効にするには、次のようにレジストリキーを作成します。

    • 32ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

    • 64ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

      [CVADHELP-15122]

  • CtxUvi Hookingドライバーを無効にすると、イベントログが生成されない場合があります。この問題は、使用可能なシステムリソースが少ない場合に発生します。 [CVADHELP-15241]

  • 新しい仮想マシンに再接続しようとすると、次のMicrosoft .NET Frameworkエラーメッセージが表示されることがあります:

    エラー未処理の例外がアプリケーションで発生しました

    [CVADHELP-15267]

  • 最新の仮想チャネルは、内部のハードコードされた許可リストに追加されない場合があります。許可リストを有効にした場合、この新しい仮想チャネルは、ユーザーが構成した許可リストに追加されない限り、機能しなくなります。 [CVADHELP-15296]

  • タスクバープレビューを使用してウィンドウに切り替えようとすると、そのウィンドウを開くのに時間がかかる場合があります。[CVADHELP-15422]

  • この修正により、VDAでNTLM認証を有効にせずに複数のフォレスト展開を構成できる新機能がサポートされます。ただし、NTLM認証を有効にするための以前の機能は、その他の信頼を伴わない展開用に保持されます。VDAでNTLM認証が不要に有効になることを回避するために、SupportMultipleForestDdcLookupという名前のレジストリエントリが追加されています(NTLMはKerberosよりも安全性が低くなります)。SupportMultipleForestエントリの代わりにSupportMultipleForestDdcLookupを使用できます。SupportMultipleForestは、後方互換性のために引き続き使用できます。SupportMultipleForestDdcLookupレジストリキーは、VDAがDelivery Controllerのルックアップを実行する方法を決定します。詳しくは、「複数のActive Directoryフォレスト環境での展開」を参照してください。 [CVADHELP-15467]

  • VDAがDelivery Controllerに登録しようとすると、Broker Agentはローカルドメインで最初のDNSルックアップを実行します。このルックアップにより、Delivery Controllerに到達できることを確認します。DNSルックアップが失敗すると、Broker AgentはActive Directoryでトップダウンクエリを実行するようにフォールバックし、すべてのドメインで検索を繰り返し実行します。Delivery Controllerのアドレスが無効な場合(たとえば、管理者がVDAのインストール時にFQDNを誤って入力した場合)、クエリ操作によってドメインコントローラーでDDoSのような結果が発生する可能性があります。 [CVADHELP-15484]

  • この修正により、フラグを0x80000000に設定すると、WTS Hookがデフォルトで有効になります。 [CVADHELP-15929]

スマートカード

  • この修正では、SCardGetStatusChange関数を使用して、スマートカードがリーダーに対して挿入または削除された回数を追跡できます。 [CVADHELP-15463]

システムの例外

  • Windowsオーディオサービスをホストするサービスホスト(svchost.exe)プロセスが、ユーザーセッション内で予期せず終了することがあります。この問題は、メモリリークが原因で発生します。[CVADHELP-13687]

  • サービスホスト(svchost.exe)プロセスまたはwfshell.exeプロセスで、アクセス違反が発生して予期せず終了することがあります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-14276]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x22によるブルースクリーンが表示されることがあります。[CVADHELP-14332]

  • wfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。[CVADHELP-14414]

  • 9台を超える数のモニターを持つデバイスでは、ユーザーセッションの起動が致命的な例外で失敗し、バグチェックコード0x3Bによるブルースクリーンが表示されることがあります。[CVADHELP-14775]

  • Citrix Audio Redirection ServiceÂ(CTXAudioSvc)が、イベントID 1000と例外コード0x0c0000005で予期せず終了することがあります。この問題は、CtxVorbisDmo64.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-14898]

  • クリップボード仮想チャネルDLLにヒープ破損がある場合、PicaShell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-14945]

  • ブラウザーコンテンツリダイレクトに必要なInternet Explorerブラウザーのアドオン(Citrix HdxJSinjector)により、開発者ツールの使用時にWebページエラーが発生することがあります。HTML document.headにアクセスすると、InjectorScript.jsで断続的にランタイム例外のエラーが発生します。このエラーメッセージが表示されます:

    Error: Unable to get property ‘appendChild’ of undefined or null reference

    [CVADHELP-14960]

  • VDAでtdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x1000007eによるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、HTML5向けCitrix Workspaceアプリ経由でセッションを起動したときに発生します。 [CVADHELP-15220]

  • Linux向けCitrix Workspaceアプリから起動されたマルチポート対応TCPセッションに再接続しようとすると、VDAが予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-15674]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • アプリケーションパッケージの外にあるショートカットを使用してApp-Vアプリケーションを起動すると、appve引数がコマンドラインに追加されることがあります。このappve引数は不要です。[CVADHELP-14369]

  • AppData フォルダー内にあるショートカットを使用してApp-Vアプリケーションを起動しようとすると、失敗することがあります。[CVADHELP-14691]

  • この修正により、基本コンポーネント内のセキュリティ上の脆弱性の問題が解決されます。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX285059を参照してください。[CVADHELP-14989]

  • Citrix Studioでシングル管理方式を使用してApp-Vアプリケーションを作成すると、アプリケーションの列挙が遅くなる可能性があります。この問題は、App-Vパッケージに重複するアプリケーションが存在する場合に発生します。[CVADHELP-15427]

  • この修正により、基本コンポーネント内のセキュリティ上の脆弱性の問題が解決されます。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX285059を参照してください。[CVADHELP-15612]