Citrix Virtual Apps and Desktops

解決された問題

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912 LTSR CU5以降、次の問題が解決されています:

Citrix Director

  • Citrix Directorでは、ポリシーにコンピューターとユーザーの両方の設定が定義されている場合、[セッションの詳細] ページに適用されたポリシーが2回表示されることがあります。[CVADHELP-19205]

Citrixポリシー

  • Citrix Virtual Apps and Desktopsをバージョン1912 LTSR CU3からバージョンCU4またはCU5にアップグレードした後、VDAがDelivery Controllerに登録されず、未登録のままになることがあります。[CVADHELP-19834]

  • CseEngine.exeがグループポリシーオブジェクト(GPO)を取得するときに、不正なDNSクエリが生成されることがあります。[CVADHELP-20361]

Citrix Provisioning

Citrix Provisioning 1912 CU6のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Citrix Studio

  • Citrix StudioでAzureへのホスト接続を作成しようとすると、例外が発生して失敗することがあります。[CVADHELP-18741]

  • カタログへのアクセス、作成、削除、または列挙など、Citrix Studioのマシンカタログに関連する操作が遅くなる場合があります。この問題は、Nutanixハイパーバイザーを使用して接続をホストしている場合に発生します。[CVADHELP-19652]

Delivery Controller

  • Citrix Broker Service(Brokerservice.exe)が応答しなくなり、オフラインになることがあります。[CVADHELP-16352]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.6をXenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR CU6以降、またはCitrix Virtual Apps and Desktops 1912 LTSRにアップグレードし、Machine Creation Services(MCS)カタログを作成した後、オプションの [ディスクキャッシュサイズ(GB)] が無効になり、有効にできません。修正プログラムを有効にするには、ホストサービスを再起動し、DBschemaのアップグレード後にCitrix Studioを再度開きます。[CVADHELP-17705]

  • Machine Creation Servicesカタログの更新中に、仮想マシンを選択してから関連するスナップショットを選択すると、次のエラーメッセージが表示される場合があります:

    予期しないエラーが発生しました。Citrixテクニカルサポートに連絡してください。

    [CVADHELP-17794]

  • System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)への接続が復元された後、マシンの電源を入れようとすると失敗することがあります。[CVADHELP-18400]

  • LicPolEng.dllモジュールの障害により、Citrix Broker Service(Brokerservice.exe)が突然終了することがあります。[CVADHELP-19674]

  • 静的IPアドレスを使用してVDAバージョン2203 LTSRマシンをマスターイメージから作成すると、イメージの準備中にMachine Creation Services(MCS)がDHCPを有効にしないことがあります。[CVADHELP-19892]

  • バージョン1912 LTSRからバージョン1912 LTSR CU2への仮想マシンのアップグレード中に、ドメイン資格情報を使用したマシンへのログオンが、最初の再起動後に失敗します。ただし、その後の再起動ではログオンは成功します。[CVADHELP-19900]

  • この修正により、基本ディスクに一意の名前が割り当てられます。[CVADHELP-19938]

  • Delivery ControllerのCPU使用率が高くなる可能性があります。その結果、VDAの電源状態が不明と表示されます。[CVADHELP-20061]

  • Delivery Controllerをバージョン1912 CU5にアップグレードした後、電源管理されていないVDAではスケジュールされた再起動が正しく機能しない場合があります。[CVADHELP-20138]

Linux Virtual Delivery Agent

Linux Virtual Delivery Agent 1912 CU6のドキュメントには、解決された問題は含まれていません。

Profile Management

Profile Management 1912 CU6のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Session Recording

Session Recording 1912 CU6のドキュメントには、解決された問題は含まれていません。

StoreFront

StoreFront 1912 CU6のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

シングルセッションOS対応VDA

キーボード

  • キーボードショートカットのCtrl+Breakは、 Linux向けCitrix Workspaceアプリを使用して開いたセッションでは機能しない場合があります。[CVADHELP-19043]

  • ユーザーデバイスでプライマリボタンがに設定されている左利き用マウスとVDAが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19444]

セッション/接続

  • Windows Media Playerがプレイリストの現在のトラックから次のトラックに移動すると、次のトラックの先頭でオーディオが再生されないことがあります。この問題は、Windows Mediaリダイレクトが有効になっている場合に発生します。[CVADHELP-17876]

  • Broker Agentのデッドロックによりマシンの登録が解除され、未登録のままになることがあります。[CVADHELP-18952]

  • モニターを接続または接続解除すると、シームレスウィンドウが正しくない場所に配置される場合があります。[CVADHELP-19168]

  • 単一のユーザーに1つではなく2つのVDAが割り当てられる場合があります。[CVADHELP-19700]

  • 再接続後、HDX InsightデータがリモートPCアクセスVDAのユーザーセッション用に更新されないことがあります。その結果、Citrix ADMが接続を実際の数よりも少なく報告します。[CVADHELP-19762]

  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384の暗号の組み合わせを使用してセッションを起動しようとすると、失敗する場合があります。[CVADHELP-19796]

  • セッションを終了すると、サーバーが応答しなくなることがあります。この問題は、icausbb.sysの無限ループが原因で発生します。[CVADHELP-19814]

  • servervdiコマンドラインパラメーターを使用してVirtual Delivery Agentをインストールすると、Windowsオーディオサービスが自動的に開始しないことがあります。このエラーメッセージは、システムトレイに表示されます:

    オーディオサービスが実行されていません。

    [CVADHELP-19823]

  • Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクトサービス(WebSocketService.exe)は、Citrix HDXに最適化されたMicrosoft Teamsの使用中にセッションリークを引き起こす可能性があります。[CVADHELP-20058]

  • 公開アプリケーションに再接続すると、2つの公開アプリケーションが起動され、Delivery Controllerにアプリケーションの状態が「アプリケーションが実行されていない」と表示されることがあります。[CVADHELP-20476]

システムの例外

  • CTXCDFのエラーにより、Windows Management Instrumentationプロバイダーサービス(WMIPRVSE.exe)が停止し、イベントログにイベントID 5612が生成される場合があります。[CVADHELP-17425]

  • WebSocketService.exeプロセスが予期せず終了し、Microsoft Teamsの通話が失敗し、次のエラーメッセージが表示される場合があります:

    Still connecting to remote devices. Calling isn’t available yet. (引き続きリモートデバイスに接続しています。通話は利用できません。)

    [CVADHELP-17758]

  • PicaVcHost.exeプロセスで、アクセス違反が発生して、予期せずに終了する場合があります。[CVADHELP-18387]

  • セッションの起動で、灰色の画面が表示されない場合があります。[CVADHELP-19232]

マルチセッションOS対応VDA

キーボード

  • ユーザーデバイスでプライマリボタンがに設定されている左利き用マウスとVDAが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19444]

セッション/接続

  • Broker Agentのデッドロックによりマシンの登録が解除され、未登録のままになることがあります。[CVADHELP-18952]

  • Windows Media Playerを使用してビデオを再生している間、カスタム仮想チャネルのイベントログがイベントビューアーに表示されないことがあります。この問題は、仮想チャネルの許可リストポリシーが[有効]に設定され、値セットが空の場合に発生することがあります。[CVADHELP-19525]

  • レジストリ キーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Ica\SessionのTermService権限がCitrix Virtual Apps and Desktops 1912 CUでのVDAのインストール中に復元されず、セッションが失敗する可能性があります。[CVADHELP-19546]

  • 再接続後、HDX InsightデータがリモートPCアクセスVDAのユーザーセッション用に更新されないことがあります。その結果、Citrix ADMが接続を実際の数よりも少なく報告します。[CVADHELP-19762]

  • セッションを終了すると、サーバーが応答しなくなることがあります。この問題は、icausbb.sysの無限ループが原因で発生します。[CVADHELP-19814]

  • 公開アプリケーションに再接続すると、2つの公開アプリケーションが起動され、Delivery Controllerにアプリケーションの状態が「アプリケーションが実行されていない」と表示されることがあります。[CVADHELP-20476]

システムの例外

  • CTXCDFのエラーにより、Windows Management Instrumentationプロバイダーサービス(WMIPRVSE.exe)が停止し、イベントログにイベントID 5612が生成される場合があります。[CVADHELP-17425]

  • セッションの起動で、灰色の画面が表示されない場合があります。[CVADHELP-19232]

  • マルチセッションOSのVDAでクライアントの自動再接続(ACR)を使用すると、Citrix Audio Redirection Serviceが突然終了することがあります。[CVADHELP-19694]

  • VDAでpicavc.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。[CVADHELP-19897]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • App-Vキャッシュが固定ドライブにリダイレクトされている場合、非永続的なマシンでApp-Vアプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。[CVADHELP-19125]

  • Citrix Studioでシングル管理方式を使用してApp-Vアプリケーションを作成すると、App-Vパッケージでアプリケーションが重複します。これにより、アプリケーションの列挙スピードが遅くなります。この問題は、Citrix Virtual Apps and Desktops 1912 LTSRをバージョンCU2からCU4にアップグレードした後に発生します。Citrix Studioでシングル管理方式を使用してApp-Vアプリケーションを作成すると、App-Vパッケージでアプリケーションが重複します。これにより、アプリケーションの列挙スピードが遅くなります。この問題は、Citrix Virtual Apps and Desktops 1912 LTSRをバージョンCU2からCU4にアップグレードした後に発生します。[CVADHELP-19603]

解決された問題