Citrix Virtual Apps and Desktops

レジストリで管理されるHDX機能

注:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

レジストリエディターを開くには、サーバーでregedit.exeを実行します。次に、レジストリキーに移動して、設定を追加または編集します。

デバイス

Bloombergキーボード

Citrix Virtual Apps and Desktopsでは、Bloombergモデル4およびモデル3 Starboardキーボードがサポートされています。デフォルトでは、Bloombergキーボードの拡張サポートは無効になっています。

Bloombergキーボードのサポートを有効にするには、接続を開始する前にクライアントマシンで次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICAClient\GenericUSB
  • 値の名前:EnableBloombergHID
  • 値の種類:DWORD
  • 値データ:0 = 無効、1 = 有効

詳しくは、「Bloombergキーボード」を参照してください。

マップされたクライアントドライブ

セキュリティ対策として、ユーザーがCitrix Virtual Apps and Desktopsにログオンすると、サーバーはデフォルトでユーザーの実行権限なしでクライアントドライブをマップします。ユーザーがマップされたクライアントドライブにある実行可能ファイルを実行できるようにするには、サーバーのレジストリを編集してこのデフォルト設定を上書きします。

アクセスを許可するには、次のレジストリ値を編集します(CDMSettingsが存在しない場合は作成します):

  • キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Citrix\CDMSettings
  • 値の名前:ExecuteFromMappedDrive
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1 = アクセスを許可、0 = マップされたドライブのアクセスを拒否

この変更は、レジストリの編集後に接続されたセッションに対して有効になります。

詳しくは、「マップされたクライアントドライブ」を参照してください。

Microsoft Surface ProおよびSurface Bookのペン

Citrix Virtual Apps and Desktopsでは、Windows Inkを使用するアプリケーションで標準のペン機能がサポートされています。この機能は、デフォルトで有効になります。

この機能を無効または有効にするには、レジストリ値を次のように設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Citrix Virtual Desktop Agent\PenApi
  • 値の名前:DisablePen
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1 = 無効、0 = 有効

詳しくは、「[Microsoft Surface ProおよびSurface Bookのペン]」(/en-us/citrix-virtual-apps-desktops/devices/mobile-devices.html#microsoft-surface-pro-and-surface-book-pens)を参照してください。

Windows Image Acquisitionアプリケーションの許可リスト

この設定により、VDA上のどのアプリケーションにWindows Image Acquisitionスキャナーのリダイレクトへのアクセスを許可するかを制御できます。

デフォルトでは、Windows Image Acquisitionにアクセスできるアプリケーションはありません。

VDA上のアプリケーションに対してWindows Image Acquisitionを調整するには、次のレジストリ設定を作成します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix
  • 値の名前:WIAAllowedProcesses

    [WIAAllowedProcesses] を選択して右クリックします。[新規]>[複数行文字列値] の順に選択して、新しい値の名前を「AllowProcesses」 に変更します。

  • 値のデータ:Windows Image Acquisitionにアクセスできる各アプリケーションのフルパスとプロセス名を入力します。各アプリケーションを新しい行に入力します。

この設定への変更は、次にVDAでセッションを起動したときに有効になります。

一般

VDAへの自動ログオンの構成

この設定により、Windows 10シングルセッションOSおよびマルチセッションOS VDAで、Microsoftポリシーの [常にパスワードの入力を求める] 設定を有効または無効にすることができます。

[常にパスワードの入力を求める] が有効になっている場合、ユーザーはリモートセッションを開始するときにVDAで資格情報を入力する必要があります。この設定が無効になっている場合、ユーザーはVDAで資格情報を入力せずにリモートセッションに自動的に接続します。

デフォルトでは、Microsoftポリシー設定は無効になっています。[常にパスワードの入力を求める] 設定を有効または無効にするには、VDAで次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Portica
  • 値の名前:AutoLogon
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:
    • 1 - Microsoftポリシー設定を無効にして、ユーザーがリモートセッションに自動的にサインインできるようにします。
    • 0 – Microsoftポリシー設定を有効にし、ユーザーがリモートセッションを起動するときに資格情報を入力するように求めます。

タイムアウト警告を無効にする

デフォルトでは、非アクティブまたはアイドルのセッション状態にあるユーザーは、セッションが自動的に切断される2分前に警告メッセージを受け取ります。

この設定により、以下でアイドルセッションタイムアウトの上限に達したユーザーに対して表示される警告メッセージが無効および削除されます:

  • Windows Server 2004
  • Windows 10マルチセッション2004以降のマルチセッションOS

警告を削除するには、VDAで次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\ICA-CGP
  • 値の名前:fEnableTimeoutWarning
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1 = 警告メッセージ無効、0 = 警告メッセージ有効

警告メッセージを表示するには、レジストリ値を削除するか、0に設定します。

EDT MTU Discovery

MTU Discoveryにより、セッション確立時にEDTが最大伝送単位(MTU)を自動的に決定できるようにします。これにより、パフォーマンスの低下やセッションの確立失敗となる可能性のある、EDTパケットのフラグメンテーションが防止されます。

この設定項目は、デフォルトで有効になっています。EDT MTU Discoveryを無効にするには、以下のレジストリ値を構成してVDAを再起動します。

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Wds\icawd
  • 値の名前:MtuDiscovery
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:0

この設定はマシン全体で有効であり、サポートされているクライアントから接続しているすべてのセッションに反映されます。

一般コンテンツリダイレクト

ホストからクライアントへのリダイレクトのURLタイプ一覧の追加

デフォルトでは、次のURLタイプのリダイレクトをサポートしています:HTTP、HTTPS、RTSP、RTSPU、PNM、およびMMS。Windowsクライアントで、以下のレジストリキーと値を作成することで、一覧にURLタイプを追加できます。

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Policies\Citrix\ICA Client\SFTA
  • 値の名前:ExtraURLProtocols
  • 値のタイプ: REG_SZ
  • 値のデータ:必要なURLタイプをセミコロンで区切って指定します。URLの権限部分の前にすべてを含めます。次に例を示します: ftp://;mailto:;customtype1://;custometype2://

Windowsクライアントに対してのみURLタイプを追加できます。このレジストリ設定がないクライアントは、Citrixセッションへ戻るリダイレクトを拒否します。クライアントには、指定されたURLタイプを処理するようにアプリケーションがインストールおよび構成されている必要があります。

詳しくは、「ホストからクライアントへのリダイレクト」を参照してください。

クライアントフォルダーのリダイレクト

クライアントフォルダーのリダイレクトは、クライアント側のファイルがホスト側のセッションのへアクセスする方法を変更します。管理者がサーバーでクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にし、ユーザーがユーザーデバイスでリダイレクトを構成することを検討してください。この場合、ユーザーが指定したローカルボリューム部分がリダイレクトされます。

サーバー側でクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にするには、次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\Client Folder Redirection
  • 値の名前:CFROnlyModeAvailable
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1

詳しくは、「クライアントフォルダーのリダイレクト」を参照してください。

特定のWebサイトのセットについてホストからクライアントへリダイレクト

特定のWebサイトのセットについてホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効にするには、サーバーVDAで次のレジストリ値を設定します。

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\SFTA
  • 値の名前:ValidSites
  • 値の種類:REG_MULTI_SZ
  • 値のデータ:FQDN(完全修飾ドメイン名:Fully-Qualified Domain Name)の組み合わせを指定します。1つの行に1つのFQDNを入力してください。プロトコル(http://またはhttps://)を使用せずに、FQDNのみを含めます。FQDNには、左端にのみワイルドカード文字としてアスタリスク(*)を含めることができます。このワイルドカードは単一レベルのドメインと照合されます。これはRFC 6125の規則に準拠しています。次に例を示します:

www.example.com

*.example.com

詳しくは、「ホストからクライアントへのリダイレクト」を参照してください。

ログオフおよび切断時のローカルアプリケーションの動作

デフォルトでは、ユーザーが仮想デスクトップからログオフまたは切断しても、ローカルアプリケーションは実行したまま保持されます。仮想デスクトップに再接続すると、そのローカルアプリケーションが再統合されます(仮想デスクトップで使用可能な場合)。ログオフおよび切断時のローカルアプリケーションの動作を構成するには、ホストされるデスクトップで次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\wow6432node\Citrix\Client Hosted Apps\Policies
  • 値の名前:セッション状態
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:
    • 1 — ユーザーが仮想デスクトップからログオフまたは切断しても、ローカルアプリケーションは実行したまま保持されます。仮想デスクトップに再接続すると、そのローカルアプリケーションが再統合されます(仮想デスクトップで使用可能な場合)。
    • 3 — ユーザーが仮想デスクトップからログオフまたは切断した場合、ローカルアプリケーションが終了します。

詳しくは、「ローカルアプリアクセスとURLリダイレクト」を参照してください。

ホストからクライアントへのリダイレクトのURLタイプ一覧の削除

デフォルトのリダイレクト一覧からURLタイプを削除するには、サーバーVDAで次のレジストリキーと値を作成します。

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\SFTA

  • 値の名前:DisableServerFTA
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1

  • 値の名前:NoRedirectClasses
  • 値の種類:REG_MULTI_SZ
  • 値のデータ:値の組み合わせを指定します:httphttpsrtsprtspupnm、またはmms。1つの行に1つの値を入力してください。次に例を示します:

http

https

rtsp

詳しくは、「ホストからクライアントへのリダイレクト」を参照してください。

サーバーVDAのデフォルトのWebブラウザー構成

ホストからクライアントへのリダイレクトを有効にすると、サーバーVDAのデフォルトのWebブラウザー構成を置き換えることができます。Web URLがリダイレクトされない場合、Citrix LauncherはURLをcommand_backupレジストリキーで構成されたWebブラウザーに渡します。キーはデフォルトでInternet Explorerを指定しますが、これを変更して別のWebブラウザーへのパスを含めることができます。

  • Internet Explorer(デフォルト)

    • キー:HKEY_CLASSES_ROOT\http\shell\open\command_backup
    • 値の名前:デフォルト
    • 値のタイプ: REG_SZ
    • 値のデータ:"c:\program files\internet explorer\iexplore.exe" %1

    • キー:HKEY_CLASSES_ROOT\https\shell\open\command_backup`
    • 値の名前:デフォルト
    • 値のタイプ: REG_SZ
    • 値のデータ:"c:\program files\internet explorer\iexplore.exe" %1
  • Google Chrome

    • キー:HKEY_CLASSES_ROOT\http\shell\open\command_backup
    • 値の名前:デフォルト
    • 値のタイプ: REG_SZ
    • 値のデータ:"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" %1

    • キー:HKEY_CLASSES_ROOT\https\shell\open\command_backup
    • 値の名前:デフォルト
    • 値のタイプ: REG_SZ
    • 値のデータ:"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" %1
  • Microsoft Edge

    • キー:HKEY_CLASSES_ROOT\http\shell\open\command_backup
    • 値の名前:デフォルト
    • 値のタイプ: REG_SZ
    • 値のデータ:"C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe" %1

    • キー:HKEY_CLASSES_ROOT\https\shell\open\command_backup
    • 値の名前:デフォルト
    • 値のタイプ: REG_SZ
    • 値のデータ:"C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe" %1

公開アプリケーションのローカルアプリアクセス

ローカルアプリアクセスを有効にすると、ローカルにインストールされているWindowsアプリケーションが仮想デスクトップ環境にシームレスに統合されます。公開アプリケーションへのアクセスを許可するには、サーバーで次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\DesktopStudio
  • 値の名前:ClientHostedAppsEnabled
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1 = 有効、0 = 無効

詳しくは、「ローカルアプリアクセスとURLリダイレクト」を参照してください。

グラフィック

CUDAまたはOpenCLアプリケーション用のGPUアクセラレーション機能

ユーザーセッションで実行中のCUDAおよびOpenCLアプリケーションのGPUアクセラレーションは、デフォルトで無効です。

CUDAアクセラレーションPOC機能を有効にするには、次のレジストリを設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\CtxHook\AppInit_Dlls\Graphics Helper
  • 値の名前:CUDA
  • 値の種類:DWORD
  • 値データ:00000001

OpenCLアクセラレーションPOC機能を有効にするには、次のレジストリを設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\CtxHook\AppInit_Dlls\Graphics Helper
  • 値の名前:OpenCL
  • 値の種類:DWORD
  • 値データ:00000001

詳しくは、「WindowsマルチセッションOSのためのGPUアクセラレーション」を参照してください。

プログレッシブモード

プログレッシブモードはデフォルトで無効になっています。プログレッシブモードの状態は、次のレジストリ値を使用して変更できます:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Graphics
  • 値の種類:REG_DWORD
  • 値の名前:ProgressiveDisplay
  • 値のデータ:
    • 0 = 常時オフ(プログレッシブモードが無効。この値がデフォルト)
    • 1 = 自動(ネットワーク状態に基づいてオンとオフを切り替える)
    • 2 = 常時オン

詳しくは、「プログレッシブモード」を参照してください。

Windows Presentation Foundation(WPF)のレンダリング

HDX 3D Pro機能により、WindowsマルチセッションOSのセッションで実行しているグラフィック処理アプリケーションで、サーバー上のGPU(Graphics Processing Unit)リソースを使用できるようになります。Windows Presentation Foundation(WPF)の処理をサーバーのGPUに移すことで、グラフィック処理によりサーバーのCPU速度が低下することを回避できます。

WPFアプリケーションでのレンダリングにサーバーのGPUが使用されるようにするには、WindowsマルチセッションOSを実行するサーバー上で次のレジストリキーを設定します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432\Citrix\CtxHook\AppInit_Dlls\Multiple Monitor Hook
  • 値の名前:EnableWPFHook
  • 値の種類:DWORD
  • 値データ:00000001

詳しくは、「WindowsマルチセッションOSのためのGPUアクセラレーション」を参照してください。

マルチメディア

マルチメディア会議でのエコーの解消

Citrix Virtual Apps and Desktopsは、エコーを最小限に抑えるエコーキャンセルオプションを提供します。この機能はデフォルトで有効になっています。エコーキャンセルを無効にするには、次のレジストリ設定のいずれかを変更します:

  • キー:
    • 32ビット:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\ClientAudio
    • 64ビット:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\ClientAudio
  • 値の名前:EchoCancellation
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:False

詳しくは、「オーディオ機能」を参照してください。

オーディオ制限

クライアントにオーディオデバイスをインストールし、オーディオリダイレクトを有効にして、RDSセッションを開始すると、オーディオファイルがオーディオを再生できないことがあります。回避策として、次のレジストリキーをRDSマシンに追加し、マシンを再起動します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SCMConfig
  • 値の名前:EnableSvchostMitigationPolicy
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:0

詳しくは、「オーディオ機能」を参照してください。

ブラウザーコンテンツリダイレクトとDPI

ユーザーのマシン上でWebブラウザーコンテンツのリダイレクトのDPI(スケール)を100%を超えて設定して使用すると、リダイレクトされたブラウザーコンテンツ画面が正しく表示されません。この問題を回避するには、ユーザーのマシン上で次のレジストリ値を設定して、Chromeに対するWebブラウザーコンテンツのリダイレクトのGPUアクセラレーションを無効にします:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\HdxMediaStream
  • 値の名前:GPU
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:0

詳しくは、「WebブラウザーコンテンツのリダイレクトおよびDPI」を参照してください。

高品位Webカメラストリーミング

サーバーのビデオ会議アプリケーションは、サポートされている形式の種類に基づいてWebカメラの形式と解像度を選択します。Citrix Virtual Apps and Desktopsは、最大1920x1080のWebカメラ解像度をサポートしています。高品位Webカメラストリーミングを無効および有効にするには、次のレジストリ値を追加します:

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\HDXRealTime
  • 値の名前:Enable_HighDefWebcam
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:
    • 0 = 高品位Webカメラストリーミングを無効化
    • 1 = 高品位Webカメラストリーミングを有効化

高品位Webカメラの解像度

メディアの種類のネゴシエーションが失敗した場合、HDXはデフォルトの解像度である352x288 CIFに戻ります。クライアントのレジストリキーを使用して、デフォルトの解像度を設定することができます。以下のレジストリキーを設定する前に、カメラが指定された解像度をサポートしていることを確認してください。

  • キー:HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HDXRealTime
    • 値の名前:DefaultWidth
    • 値の種類:DWORD
    • 値のデータ:10進数で必要な幅(1280など)
  • 高さ
    • 値の名前:DefaultHeight
    • 値の種類:DWORD
    • 値データ:10進数で必要な高さ(720など)

高品位Webカメラの帯域幅

HDX Webカメラのビデオ圧縮は、プラグアンドプレイの汎用USBリダイレクトと比較して、使用する帯域幅が少なく、WAN接続で適切に動作します。帯域幅を調整するには、クライアントで次のレジストリ値を設定します:

  • キー:HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HDXRealTime
  • 値の名前:TargetBitrate
  • 値の種類:DWORD
  • 値データ:350000

1秒あたりのビット数で値を入力します。帯域幅を指定しない場合、ビデオ会議アプリケーションはデフォルトで350000bpsを使用します。

詳しくは、「HDXビデオ会議とWebカメラビデオ圧縮」を参照してください。

Microsoft Teamsフォールバックモード

最適化されたVDIモードでMicrosoft Teamsが読み込めない場合(Teams/About/Versionで「Citrix HDX未接続」)、VDAでは、Webカメラリダイレクトやクライアントのオーディオとマイクのリダイレクトなどの従来のHDXテクノロジにフォールバックされます。Microsoft Teamsの最適化をサポートしていないWorkspaceアプリのバージョンまたはプラットフォームOSを使用している場合は、フォールバックレジストリキーが適用されません。

フォールバックメカニズムを制御するには、VDAで次のいずれかのレジストリ値を設定します:

  • キー(1つだけ必要):
    • コンピューターの設定: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Teams
    • ユーザーの設定: HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\Teams
  • 値の名前:DisableFallback
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1 = フォールバックモード無効、2 = オーディオのみ有効

値がない、または0に設定されている場合、フォールバックモードが有効になります。この機能を使用するには、Microsoft Teamsバージョン1.3.0.13565以降が必要です。詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化」を参照してください。

Citrix App LayeringによるMicrosoft Teamsの最適化

Citrix App Layeringを使用してVDAとMicrosoft Teamsインストールを異なるレイヤーで管理する場合、ALLUSER=1でMicrosoft Teamsをインストールする前にWindowsでこのレジストリキーを使用します。

PortICAという名前の空のレジストリキーを作成し、デフォルトの値の名前、種類、データはそのままにします。

  • レジストリエディターの32ビットバージョンのキー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\PortICA
  • レジストリエディターの64ビットバージョンのキー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\PortICA

詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化」を参照してください。

Webブラウザーコンテンツリダイレクトの統合Windows認証によるシングルサインオン

この設定は、VDAと同じドメイン内の統合Windows認証(IWA)で構成されたWebサーバーへのシングルサインオンを提供します。シングルサインオンを有効にするには、次のレジストリ値を1に設定します:

  • キー:

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\HdxMediastream

    または

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Citrix\HdxMediastream
  • 値の名前:WebBrowserRedirectionIwaSupport
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1

詳しくは、「統合Windows認証によるシングルサインオン」を参照してください。

user-agent要求ヘッダー

user-agentヘッダーは、Webブラウザーコンテンツリダイレクトから送信されたHTTP要求を識別するのに役立ちます。この設定は、プロキシ規則とファイアウォール規則を構成するときに役立ちます。たとえば、サーバーがWebブラウザーコンテンツリダイレクトから送信された要求を禁止する場合、user-agentヘッダーを含む規則を作成して、特定の要件をバイパスできます。Windowsデバイスでのみ、user-agent要求ヘッダーがサポートされています。

デフォルトでは、user-agent要求ヘッダー文字列は無効になっています。クライアント側でレンダリングされたコンテンツのuser-agentヘッダーを有効にするには、レジストリエディターを使用します。

Windowsクライアント向けCitrix Workspaceアプリごとに、次のレジストリ設定のいずれかを設定します:

  • キー:
    • 32ビット:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\HdxMediaStream
    • 64ビット:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\HdxMediaStream
  • 値の名前:EnableCefUserAgentString
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1

レジストリ値を追加すると、user-agentヘッダーにCitrixBCR/2102.1というテキストが追加されます。この2102.1は、Windows向けCitrix Workspaceアプリのバージョンです。

Webカメラソフトウェア圧縮

Webカメラでハードウェアエンコード機能がサポートされる場合、HDX Webカメラビデオ圧縮ではデフォルトでそのハードウェアエンコードが使用されます。ハードウェアエンコード機能は、ソフトウェアエンコードより多くの帯域幅を消費する場合があります。ソフトウェア圧縮が使用されるようにするには、クライアント側に次の値を追加します:

  • キー:HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HdxRealTime
  • 値の名前:DeepCompress_ForceSWEncode
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:1

詳しくは、「HDXビデオ会議とWebカメラビデオ圧縮」を参照してください。

Webカメラビデオ圧縮

HDX Webカメラビデオ圧縮では、仮想セッションで実行されているビデオ会議アプリケーションにH.264ビデオを直接送信します。VDAリソースを最適化するため、HDX Webカメラ圧縮ではWebカメラビデオをエンコード、トランスコード、およびデコードしません。この機能はデフォルトで有効になっています。

サーバーからビデオ会議アプリへの直接ビデオストリーミングを無効にするには、VDAで次のレジストリ値を設定します。

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\HdxRealTime
  • 値の名前:OfferH264ToApp
  • 値の種類:DWORD
  • 値のデータ:0

詳しくは、「HDXビデオ会議とWebカメラビデオ圧縮」を参照してください。

Webカメラビデオ圧縮フレームレート

最適なビデオフレームレートを調整するには、クライアントで次のレジストリ値を編集します:

  • キー:HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HDXRealTime
  • 値の名前:FramesPerSecond
  • 値の種類:DWORD
  • 値データ:15

指定したフレームレートをWebカメラがサポートしていない場合、アプリケーションはデフォルトで15 FPSを使用します。

詳しくは、「HDXビデオ会議とWebカメラビデオ圧縮」を参照してください。

レジストリで管理されるHDX機能