キャッシュのポリシー設定

[キャッシュ]カテゴリには、狭帯域幅のクライアント接続でイメージデータをユーザーデバイス上にキャッシュする機能を有効にするための設定項目が含まれています。

固定キャッシュしきい値

注:Virtual Delivery Agent 7.xでは、[従来のグラフィックモード]設定が有効な場合のみこの設定項目が適用されます。

この設定では、ビットマップをユーザーデバイスのハードドライブ上にキャッシュするときの帯域幅しきい値を指定します。この機能により、サイズの大きな、頻繁に使用されるイメージがキャッシュされ、以降のセッションで再使用されます。

デフォルトのしきい値は、3000000bpsです。

帯域幅がこのしきい値を下回る場合、固定キャッシュ機能が有効になります。つまり、デフォルトの設定では、接続帯域幅が3,000,000bpsを下回る場合に、ビットマップがユーザーデバイスのハードドライブ上にキャッシュされます。

キャッシュのポリシー設定