Citrix Virtual Apps and Desktops

マルチストリーム接続のポリシー設定

マルチストリーム接続セクションには、単一セッションでの複数ICA接続のQoS(サービス品質)優先度の管理に関するポリシー設定が含まれます。

UDPを使用したオーディオ

この設定では、サーバーのUDPを使用したオーディオを許可または禁止します。

デフォルトでは許可されます。

この機能を有効にすると、サーバー上のUDPポートが開き、[UDPでのオーディオリアルタイムトランスポート]設定が有効なすべての接続でそのポートが使用されます。

オーディオUDPポートの範囲

この設定項目では、Virtual Delivery Agent(VDA)でユーザーデバイスとのオーディオパケットデータの送受信に使用されるポート番号の範囲(最小ポート番号、最大ポート番号)で指定します。VDAでは、オーディオデータの送受信に各UDPポートペアの使用が試行されます。まず最小のポート番号が使用され、以降の試行では2ずつ番号を増やしていきます。各ポートは、受信トラフィックと送信トラフィックの両方に使用されます。

デフォルトでは、「16500,16509」の範囲が設定されています。

マルチポートポリシー

この設定では、ICAトラフィックで使用されるTCPポートおよび各ポートのネットワーク優先度を指定します。

デフォルトでは、プライマリポート(2598)に優先度[高]が設定されています。

ポートには、以下の優先度を設定できます。

  • 最高 - Webカメラを使ったビデオ会議など、リアルタイムプロセスに適しています。
  • 高 - 画面、キーボード、マウスなど、インタラクティブなトラフィックに適しています。
  • 中 - クライアント側ドライブのマッピング機能など、バルクプロセスに適しています。
  • 低 - 印刷など、バックグラウンドプロセスに適しています。

各ポートには異なる優先度を設定する必要があります。つまり、CGPポート1とCGPポート3の両方で優先度に[最高]を設定することはできません。

ポートの優先度設定を削除するには、ポート番号として「0」を入力します。プライマリポートの優先度設定を削除したり変更したりすることはできません。

この設定項目をポリシーに追加したら、サーバーを再起動します。この設定は、[マルチストリーム]ポリシー設定が有効な場合のみ適用されます。

マルチストリームコンピューター設定

この設定では、サーバーのマルチストリーム機能を有効または無効にします。

デフォルトでは、無効になっています。

Citrix SD-WANでマルチストリーム機能をサポートする場合は、この設定項目を使用する必要はありません。このポリシー設定は、サードパーティ製のルーターや従来のBranch Repeaterを使用する環境でQoS(サービス品質)優先度を指定するときに使用できます。

この設定の変更を反映させるには、サーバーを再起動する必要があります。

重要:

この設定項目を、帯域幅を制限するポリシー設定([セッション全体の最大帯域幅]など)と一緒に使用すると、予期しない動作が発生する可能性があります。ポリシーでこの設定を使用する場合は、帯域幅を制限する設定を構成しないでください。

マルチストリームユーザー設定

この設定では、ユーザーデバイスのマルチストリーム機能を有効または無効にします。

デフォルトでは、すべてのユーザーに対して無効になっています。

この設定は、[マルチストリームコンピューター設定]ポリシー設定が有効なホストに対してのみ適用されます。

重要:

この設定項目を、帯域幅を制限するポリシー設定([セッション全体の最大帯域幅]など)と一緒に使用すると、予期しない動作が発生する可能性があります。ポリシーでこの設定を使用する場合は、帯域幅を制限する設定を構成しないでください。

マルチストリーム仮想チャネルの割り当て設定

マルチストリーム使用時に仮想チャネルが割り当てられるICAストリームを指定します。

これらの設定を構成しない場合、仮想チャネルはデフォルトのストリームに保持されます。仮想チャネルをICAストリームに割り当てるには、仮想チャネル名の横の[ストリーム番号] 一覧から目的のストリーム番号(0、1、2、3)を選択します。

使用環境にカスタム仮想チャネルがある場合、[追加] をクリックして [仮想チャネル] の下のテキストボックスに仮想チャネル名を入力し、その隣の[ストリーム番号] 一覧からストリーム番号を選択します。実際の仮想チャンネル名を入力し、フレンドリ名は使用しないでください。例:Citrix Browser AccelerationではなくCTXSBRと入力します。

これらの設定は、マルチストリームコンピューター設定を有効にしたときのみ機能します。

デフォルトの仮想チャネルおよびストリーム割り当ては次のとおりです:

  • AppFlow:2
  • オーディオ:0
  • ブラウザーコンテンツリダイレクト:2
  • クライアント側COMポートのマッピング:3
  • クライアントドライブマッピング:2
  • クライアント側プリンターのマッピング:3
  • クリップボード:2
  • CTXDND:1 (注: 新しいドラッグアンドドロップ機能を評価するお客様にCTXDNDを追加しています。詳しくは、「新機能」の「Citrixセッションとローカルエンドポイント間でファイルをドラッグアンドドロップ(評価専用)」を参照してください。
  • DVCプラグイン(DVCプラグインのフレンドリ名から自動的に生成された、または管理者によって割り当てられた静的VC名):2
  • End User Experience Monitoring:1
  • ファイル転送(HTML5 Receiver):2
  • 汎用データ転送:2
  • ICAコントロール:1
  • Input Method Editor:1
  • 従来のクライアント側プリンターのマッピング(COM1):1、3
  • 従来のクライアント側プリンターのマッピング(COM1):2、3
  • 従来のクライアント側プリンターのマッピング(LPT1):1、3
  • 従来のクライアント側プリンターのマッピング(LPT2):2、3
  • ライセンス管理:1
  • Microsoft Teams/WebRTCリダイレクト:1
  • モバイルデバイス上のReceiver:1
  • マルチタッチ:1
  • ポート転送:2
  • リモートオーディオおよびビデオ拡張機能(RAVE):2
  • シームレス(透過型ウィンドウ統合):1
  • センサーおよび位置情報:1
  • スマートカード:1
  • Thinwireグラフィック:1
  • 透過型UI統合/ログオン状態:2
  • TWAINリダイレクト:2
  • USB:2
  • 遅延のないフォントとキーボード:2
  • 遅延のないデータチャネル:2

仮想チャネルの割り当てと優先度について詳しくは、Knowledge CenterのCTX131001を参照してください。