Citrix Virtual Apps and Desktops

上級設定のポリシー設定

ロックされたファイルにアクセスする場合の試行数

ロックされたファイルにアクセスする場合の試行数を設定します。

このポリシーが無効の場合は、デフォルト値の5回が使用されます。このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、デフォルト値が使用されます。

ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理

一部の展開環境では、Index.datで参照されない余分なインターネットCookieがそのまま残ります。ブラウズ実行後にファイルシステムに余分なCookieが残ると、プロファイルが膨張化することとなります。このポリシーにより、Profile ManagementでIndex.datの処理を強制実行し余分なCookieを削除できます。このポリシーは、有効にするとログオフに時間が長くなるため、問題が発生した場合にのみ有効にしてください。

このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでもINIファイル内でも構成しない場合、Index.datの処理は実行されません。

自動構成を無効にする

Profile Managementでは、あらゆるCitrix Virtual Desktops環境(Personal vDiskの存在など)が検査され、それに応じてグループポリシーが構成されます。調整されるのは[未構成]状態のProfile Managementポリシーのみなので、ユーザーによるカスタマイズは保持されます。

このポリシーにより、展開を迅速化し最適化を簡易化することができます。このポリシーを構成する必要はありません。ただし、次のいずれかを実行する場合は、自動構成を無効にすることができます:

  • 以前のバージョンから設定を保持してアップグレード
  • トラブルシューティング

自動構成機能は、ランタイムの環境に応じてデフォルトのポリシー設定を自動的に構成する動的な構成チェッカーのようなものです。これによって、設定を手動で構成する必要がなくなります。ランタイム環境には、以下の要素が含まれます:

  • Windows OS
  • Windows OSバージョン
  • Citrix Virtual Desktopsがある
  • Personal vDiskがある

環境が変更されると、自動構成により次のポリシーが変更される場合があります:

  • アクティブライトバック
  • 常時キャッシュ
  • ログオフ時にローカルでキャッシュしたプロファイルの削除
  • キャッシュしたプロファイルを削除する前の待ち時間
  • プロファイルストリーミング

これらのポリシーのOSごとのデフォルトの状態については、次の表を参照してください:

  マルチセッションOS シングルセッションOS
アクティブライトバック 有効 無効。Personal vDiskが使用されている場合。それ以外の場合は有効。
常時キャッシュ 無効 無効。Personal vDiskが使用されている場合。それ以外の場合は有効。
ログオフ時にローカルでキャッシュしたプロファイルの削除 有効 無効 (次のいずれかの状況になった場合):Personal vDiskが使用されている場合、Citrix Virtual Desktopsが割り当てられている場合、またはCitrix Virtual Desktopsがインストールされていない場合。それ以外の場合は有効。
キャッシュしたプロファイルを削除する前の待ち時間 0秒 ユーザーの変更が永続的でない場合は60秒。それ以外の場合は0秒。
プロファイルストリーミング 有効 無効。Personal vDiskが使用されている場合。それ以外の場合は有効。

ただし、自動構成機能を無効にすると、上記のすべてのポリシーがデフォルトで無効になります。

重要:

Personal vDiskは廃止されました。詳しくは、「PvD、AppDisk、およびサポートされていないホストの削除」を参照してください。

Profile Management 1909以降、Windows 10(バージョン1607以降)およびWindows Server 2016以降の[スタート]メニューの操作性が向上しました。この機能強化は、次のポリシーの自動構成を通じて行われます:

  • ミラーリングするフォルダーAppdata\Local\Microsoft\Windows\CachesAppdata\Local\Packagesを追加します。
  • 同期するファイルAppdata\Local\Microsoft\Windows\UsrClass.Dat*を追加します。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここでもINIファイル内でも構成しない場合は、自動構成が有効になります。この場合、環境が変わるとProfile Managementの設定が変更される可能性があります。

問題が発生する場合にユーザーをログオフ

問題が発生した場合にProfile Managementによってユーザーをログオフさせるかどうかを指定できます。

このポリシーが無効になっているか構成されていない場合は、問題が発生すると、Profile Managementによってユーザーに一時的なプロファイルが提供されます。ユーザーストアは利用できません。

このポリシーが有効な場合は、エラーメッセージが表示されて、ユーザーはログオフされます。この手順により、問題のトラブルシューティングが容易になります。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここでもINIファイル内でも構成しない場合は、一時プロファイルが提供されます。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム

カスタマーエクスペリエンス向上プログラムは、デフォルトで有効になっており、匿名の統計および使用状況データを収集して、Citrix製品の品質とパフォーマンスを向上させるために役立てます。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

Outlookで検索インデックスの移動を有効にする

Outlook検索データをユーザープロファイルと一緒に自動的に移動することで、ユーザーベースのOutlookの検索エクスペリエンスを実現します。この機能には、ユーザーストアにOutlookの検索インデックスを保存するための追加の領域が必要です。

このポリシーを有効にするには、ログオフしてから再度ログオンします。

Outlook検索インデックスデータベース–バックアップと復元

[Outlookで検索インデックスの移動を有効にする]ポリシーが有効になっている場合にログオン時にProfile Managementで実行される処理を指定できます。

このポリシーが有効になっている場合、Profile Managementは、ログオン時にデータベースが正常にマウントされるたびに、検索インデックスデータベースをバックアップします。Profile Managementは、バックアップを検索インデックスデータベースの完全な状態に近い正常なコピーとして扱います。データベースが破損したために検索インデックスデータベースのマウントが失敗すると、Profile Managementは、検索インデックスデータベースを、前回認識された正常なコピーに自動的に戻します。

注:

Profile Managementは、新しいバックアップが正常に保存された後に、以前に保存されたバックアップを削除します。バックアップにより、利用可能なVHDXストレージが消費されます。

プロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にする

マルチセッションシナリオで、プロファイルコンテナへのライトバックを有効にします。有効にすると、すべてのセッションでの変更がプロファイルコンテナに書き戻されます。それ以外の場合、最初のセッションのみがプロファイルコンテナで読み取り/書き込みモードになっているため、最初のセッションの変更のみが保存されます。Citrix Profile Managementプロファイルコンテナは、Citrix Profile Management 2103以降でサポートされます。FSLogixプロファイルコンテナは、Citrix Profile Management 2003以降でサポートされています。

FSLogixプロファイルコンテナにこのポリシーを使用するには、次の前提条件が満たされていることを確認してください:

  • FSLogixプロファイルコンテナ機能がインストールされ、有効になっている。
  • プロファイルの種類が、読み取り/書き込みプロファイルを試みてから、読み取り専用にフォールバックするようにFSLogixで設定されている。

ユーザーストアを複製する

[ユーザーストアへのパス] ポリシーで指定するパスのほか、ログオンおよびログオフのたびに1つのユーザーストアを複数のパスに複製できます。セッション中に変更されたユーザーストアのファイルおよびフォルダーと同期するには、アクティブライトバックを有効にします。この機能は現在、完全なコンテナソリューションをサポートしていません。ポリシーを有効にすると、システムの入出力が増え、ログオフに時間がかかるようになる場合があります。

ユーザーストアへの資格情報ベースのアクセスを有効にする

デフォルトでは、Citrix Profile Managementは現在のユーザーを偽装してユーザーストアにアクセスします。ユーザーストアにアクセスするときにProfile Managementに現在のユーザーを偽装させたくない場合は、この機能を有効にします。現在のユーザーがアクセス権限を持たないストレージリポジトリ(Azure Filesなど)にユーザーストアを配置できます。

Profile Managementがユーザーストアにアクセスできるようにするには、プロファイルストレージサーバーの資格情報をWorkspace Environment Management(WEM)またはWindows資格情報マネージャーに保存します。Profile Managementが実行されている各マシンに同じ資格情報を構成する必要がないように、Workspace Environment Managementを使用することをお勧めします。Windows資格情報マネージャーを使用する場合は、ローカルシステムアカウントを使用して資格情報を安全に保存します。

注:

NTFSアクセス権限が保持されるようにするには、プロファイル全体をプロファイルコンテナに入れる必要があります。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。この設定をここで構成しない、またはINIファイルからの設定がない場合、デフォルトで無効になります。

VHDXファイルのストレージパスのカスタマイズ

Profile Managementは、次のVHDXベースのポリシーを提供します:プロファイルコンテナ、Outlookの検索インデックスの移動、およびフォルダーのミラーリングの高速化。デフォルトでは、VHDXファイルはユーザーストアに保存されます。このポリシーでは、個別のパスを指定してVHDXファイルを保存できます。

セッションでVHDXディスクを自動的に再接続

このポリシーを有効にすると、Profile Managementにより、VHDXベースのポリシーに高いレベルの安定性が保証されます。デフォルトでは、このポリシーは有効になっています。

このポリシーを有効にすると、Profile ManagementはVHDXベースのポリシーで使用されているVHDXディスクを監視します。いずれかのディスクの接続が解除されている場合、Profile Managementはディスクを自動的に再接続します。