Citrix Virtual Apps and Desktops

クロスプラットフォームのポリシー設定

クロスプラットフォームセクションには、Profile Managementのクロスプラットフォーム機能を構成するためのポリシー設定が含まれています。

クロスプラットフォーム設定の有効化

展開を簡素化するため、デフォルトではクロスプラットフォーム設定は無効になっています。この機能の計画とテストが完了した後後にのみ、このポリシーを有効にしてクロスプラットフォーム設定を有効にします。

このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、クロスプラットフォーム設定は適用されません。

クロスプラットフォーム設定ユーザーグループ

1つ以上のWindowsユーザーグループを入力します。たとえば、このポリシーを使ってテストユーザーグループのプロファイルのみを処理するとします。このポリシーを構成すると、Profile Managementのクロスプラットフォーム設定機能によりこれらのユーザーグループのメンバーのみが処理されます。このポリシーが無効な場合、[処理済みグループ]ポリシーで指定されたユーザーのすべてが処理されます。

このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここまたはINIファイルで構成しない場合、すべてのユーザーグループが処理されます。

クロスプラットフォーム定義へのパス

ダウンロードパッケージからコピーされた定義ファイルのネットワークの場所です。このパスは、UNCパスである必要があります。ユーザーにはこの場所への読み取りアクセス権限、管理者には書き込みアクセス権限が必要です。この場所は、サーバーメッセージブロック(SMB)またはCommon Internet File System(CIFS)ファイル共有である必要があります。

このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、クロスプラットフォーム設定は適用されません。

クロスプラットフォーム設定ストアへのパス

クロスプラットフォーム設定ストアへのパスを設定します。このフォルダーには、ユーザーのクロスプラットフォーム設定が保存されています。ユーザーには、このフォルダーに対する書き込みアクセス権限が必要です。パスは絶対UNCパスまたはホームディレクトリへの相対パスにすることができます。

この領域は、複数のプラットフォームにより共有されるプロファイルデータがあるユーザーストアの共有領域である必要があります。ユーザーには、このフォルダーに対する書き込みアクセス権限が必要です。パスは絶対UNCパスまたはホームディレクトリへの相対パスにすることができます。[ユーザーストアへのパス]と同じ変数を使用できます。

このポリシーが無効な場合は、パスにWindows\PM_CPが使用されます。このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、デフォルト値が使用されます。

クロスプラットフォーム設定を作成するためのソース

プラットフォームのOUでこのポリシーが有効な場合、基本プラットフォームとしてプラットフォームを指定します。このポリシーは、基本プラットフォームのプロファイルからクロスプラットフォーム設定ストアにデータを移行します。

各プラットフォームのプロファイルのセットは、個別のOUに格納されます。管理者はどのプラットフォームのプロファイルデータを使用してクロスプラットフォーム設定ストアをシードするかを決定する必要があります。このプラットフォームを基本プラットフォームと呼びます。クロスプラットフォーム設定ストアの定義ファイルにデータがない、または単一のプラットフォームプロファイルのキャッシュデータを含んでいる場合、このポリシーを無効にしない限りはProfile Managementが単一のプラットフォームプロファイルからストアにデータを移行します。

重要:

このポリシーを複数のOUやユーザー/マシンオブジェクトで有効にすると、最初のユーザーがログオンしたプラットフォームが基本プラットフォームになります。 デフォルトでは、このポリシーは有効になっています。