Citrix Virtual Apps and Desktops

除外のポリシー設定

除外セクションには、ユーザープロファイル内のファイルやディレクトリを同期処理から除外するためのポリシー設定が含まれています。

除外の一覧 - ファイル

同期時に無視されるファイルの一覧。ファイル名は、ユーザープロファイル(%USERPROFILE%)に対する相対パスで指定する必要があります。ワイルドカードを使用でき、またこれは再帰的に適用されます。

例:

  • 「デスクトップ\Desktop.ini」と指定した場合、デスクトップフォルダーのDesktop.iniファイルは同期されません。
  • 「%USERPROFILE%*.tmp」と指定した場合、プロファイル全体で.tmp拡張子を持つすべてのファイルを無視します。
  • 「AppData\Roaming\MyApp*.tmp」と指定した場合、プロファイルのある一部で.tmp拡張子を持つすべてのファイルを無視します。

このポリシーが無効の場合、ファイルは除外されません。このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、ファイルは除外されません。

デフォルトの除外一覧の有効化 - ディレクトリ

同期時に無視されるディレクトリのデフォルトの一覧。このポリシーは、手動で記入しないでGPO除外ディレクトリを指定するために使用します。

このポリシーを無効にすると、デフォルトでProfile Managementは、いかなるディレクトリも除外しません。このポリシーをここで構成しない場合、Profile ManagementはINIファイルの値を使用します。このポリシーを、ここでもINIファイルでも構成しない場合、デフォルトでProfile Managementは、いかなるディレクトリも除外しません。

除外の一覧 - ディレクトリ

同期時に無視されるフォルダーの一覧。フォルダー名は、ユーザープロファイル(%USERPROFILE%)に対する相対パスで指定する必要があります。

例:

  • 「Desktop」と指定した場合、ユーザープロファイルのDesktopフォルダーを無視します。

このポリシーが無効の場合、フォルダーは除外されません。このポリシーをここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、フォルダーは除外されません。

ログオン時の除外チェック

この設定は、ユーザー ストアのプロファイルに除外されたファイルまたはフォルダーが含まれる場合にProfile Managementがこれをどのように処理するかを構成します。

この設定を無効にするかデフォルト値の[ログオン時に除外されたファイルまたはフォルダーを同期]に設定すると、Profile Managementはログオン時にユーザーストアの除外されたファイルまたはフォルダーをローカルプロファイルに同期します。

この設定を[ログオン時に除外されたファイルまたはフォルダーを無視]にすると、Profile Managementはログオン時にユーザーストアの除外されたファイルまたはフォルダーを無視します。

この設定を[ログオン時に除外されたファイルまたはフォルダーを削除]にすると、Profile Managementはログオン時にユーザーストアの除外されたファイルまたはフォルダーを削除します。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここで構成しない、またはINIファイルからの値がない場合、除外されたファイルまたはフォルダーはログオン時にユーザーストアからローカルプロファイルに同期されます。

大きなファイルの処理 - シンボリックリンクとして作成されるファイル

より快適にログオンしたり大きなサイズのファイルを処理したりするために、この一覧のファイルをコピーするのではなくシンボリックリンクが作成されます。

ファイルを参照するポリシーではワイルドカードを使用できます。たとえば!ctx_localappdata!\Microsoft\Outlook\*.OSTなどです。

Microsoft Outlookでオフラインフォルダーファイル(*.ost)を処理するために、OutlookフォルダーがProfile Managementから除外されていないことを確認してください。

これらのファイルは、複数のセッションで同時にアクセスできないことに注意してください。