同期のポリシー設定

同期セクションには、プロファイルがインストールされているシステムとユーザーストア間で同期する、ユーザープロファイル内のファイルやフォルダーの指定に関するポリシー設定が含まれています。

同期するディレクトリ

この設定項目では、Profile Managementで同期する、除外フォルダー内のファイルを指定します。デフォルトでは、ユーザープロファイル内のすべてのファイルがProfile managementにより同期されます。ユーザープロファイルのサブフォルダーは、この一覧に含めなくても同期されます。詳しくは、「項目の包含および除外」を参照してください。

この一覧にパスを追加するときは、ユーザープロファイルからの相対パスを入力します。

例:「Desktop\exclude\include」と指定した場合、Desktop\excludeフォルダーを同期対象から除外しても、includeフォルダーは同期されます。

この設定はデフォルトで無効になっており、フォルダーは指定されていません。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここまたはINIファイルで構成しない場合、ユーザープロファイル内の非除外フォルダーのみが同期されます。

同期するファイル

この設定項目では、Profile Managementで同期する、除外フォルダー内のファイルを指定します。デフォルトでは、ユーザープロファイル内のすべてのファイルがProfile Managementにより同期されます。ユーザープロファイル内のファイルは、この一覧に含めなくても同期されます。詳しくは、「項目の包含および除外」を参照してください。

この一覧にパスを追加するときは、ユーザープロファイルからの相対パスを入力します。相対パスは、ユーザープロファイルの場所から相対的に解釈されます。ワイルドカード文字は、ファイル名に対してのみ使用できます。ワイルドカードは入れ子にできず、再帰的に適用されます。

例:

  • 「AppData\Local\Microsoft\Office\Access.qat」と指定した場合、デフォルト構成で除外されるフォルダー内のファイルAccess.qatは同期されます。
  • 「AppData\Local\MyApp\*.cfg」と指定した場合、プロファイルフォルダーAppData\Local\MyAppとそのサブフォルダー内の.cfg拡張子を持つすべてのファイルが同期されます。

この設定はデフォルトで無効になっており、ファイルは指定されていません。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここまたはINIファイルで構成しない場合、ユーザープロファイル内の非除外ファイルのみが同期されます。

ミラーリングするフォルダー

この設定項目では、ミラーリングするフォルダーを、ユーザープロファイルのルートフォルダーからの相対パスで指定します。このポリシー設定を構成することで、相互に依存するファイルが格納されたトランザクションフォルダー(参照フォルダー)に関する問題を解決できます。

フォルダーのミラーリングにより、Profile Managementがトランザクションフォルダーおよびその内容を単一エンティティとして処理するため、プロファイルの膨張を防ぐことができます。ただし、ミラーリングされたフォルダー内のファイルが複数のセッションで変更された場合、最後の更新によりそのファイルが上書きされ、プロファイルの変更が失われることがある点に注意してください。

たとえば、Internet ExplorerのCookieフォルダーをミラーリングして、Index.datが対象のCookieと同期されるように設定できます。

ユーザーが異なるサーバー上の2つのInternet Explorerセッションを実行して、各セッションで異なるWebサイトにアクセスする場合、それらのWebサイトからのCookieがそれぞれのサーバーに追加されます。ユーザーが1つ目のセッションからログオフするときに(アクティブライトバック機能が有効な場合はセッションの途中でも)、2つ目のセッションからのCookieにより最初のセッションのCookieが置き換えられなければなりません。ところが、これらのCookieはマージされてしまい、Index.datのCookieへの参照は最新ではなくなります。新しいセッションでの以降のWebサイト閲覧ではマージが繰り返され、Cookieフォルダーのサイズが膨張します。

Cookieフォルダーをミラーリングすると、ユーザーがログオフするたびにCookieが最新セッションのもので上書きされ、Index.datが最新の状態で維持されます。

この設定はデフォルトで無効になっており、フォルダーはミラーリングされません。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

このポリシーをここでまたはINIファイルで構成しない場合、フォルダーはミラー化されません。

同期のポリシー設定