レジストリのポリシー設定

[レジストリ]カテゴリには、特定のレジストリキーをProfile Managementの処理対象として指定したり除外したりするための設定項目が含まれています。

除外の一覧

この設定では、ユーザーのログオフ時にProfile Managementの処理対象から除外するHKEY_CURRENT_USERハイブのレジストリキーを指定します。

この設定を有効にすると、一覧に追加したレジストリキーがユーザーのログオフ時にProfile managementで処理されなくなります。

この設定はデフォルトで無効になっており、HKEY_CURRENT_USERハイブのすべてのレジストリキーがユーザーのログオフ時に処理されます。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここまたはINIファイルで構成しない場合、HKEY_CURRENT_USERハイブのすべてのレジストリキーがユーザーのログオフ時に処理されます。

包含の一覧

この設定では、ユーザーのログオフ時にProfile Managementの処理対象にするHKEY_CURRENT_USERハイブのレジストリキーを指定します。

この設定を有効にすると、一覧に追加したレジストリキーのみがユーザーのログオフ時にProfile managementで処理されます。

この設定はデフォルトで無効になっており、HKEY_CURRENT_USERハイブのすべてのレジストリキーがユーザーのログオフ時に処理されます。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。

この設定をここまたはINIファイルで構成しない場合、HKEY_CURRENT_USERハイブのすべてのレジストリキーがユーザーのログオフ時に処理されます。

レジストリのポリシー設定