ユーザー個人設定ポリシーの設定

Virtual Delivery Agent内のユーザーレイヤーのマウントを有効にするには、構成パラメーターを使用して以下を指定します:

  • ユーザーレイヤーにアクセスするネットワーク上の場所。
  • 新しいユーザーレイヤーのディスクが拡大できるサイズ。

このために、次の2つのポリシーが利用可能なポリシーの一覧に表示されます:

  • ユーザーレイヤーリポジトリパス - 「値」フィールドに「server name or address\folder name」の形式でパスを入力します。
  • ユーザーレイヤーサイズ(GB) - デフォルト値の0からユーザーレイヤーが拡大できる最大サイズ(GB)に変更します。デフォルト値を保持する場合、最大ユーザーレイヤーサイズは10GBです。

注:

ポリシーでユーザーレイヤーサイズを変更しても、既存のレイヤーのサイズは変更されません。

デフォルトのレイヤーサイズは0です。

詳しくは、「ユーザー個人設定レイヤー」を参照してください。

ユーザー個人設定ポリシーの設定