Citrix Virtual Apps and Desktops

ユーザー個人設定レイヤーポリシーの設定

Virtual Delivery Agent内のユーザーレイヤーのマウントを有効にするには、構成パラメーターを使用して以下を指定します:

  • ユーザーレイヤーにアクセスするネットワーク上の場所。
  • 新しいユーザーレイヤーのディスクが拡大できるサイズ。

このために、次の2つのポリシーが利用可能なポリシーの一覧に表示されます:

  • ユーザーレイヤーリポジトリパス - 「値」フィールドに「server name or address\folder name」の形式でパスを入力します。
  • ユーザーレイヤーサイズGB - デフォルトのユーザーレイヤーサイズを0GBのままにすると、ユーザーレイヤーは10GBに設定されます。これは、推奨の最小値です。ユーザーレイヤーは、ディスク上の領域が使用されると設定したサイズまで拡張するシンプロビジョニングされたディスクです。既存のユーザーレイヤーのサイズが小さくなることはありません。

注:

ユーザーレイヤーサイズを大きくすると、新しいユーザーレイヤーに影響し、既存のユーザーレイヤーが拡張されます。レイヤーサイズを小さくすると、新しいユーザーレイヤーにのみ影響します。既存のユーザーレイヤーのサイズが小さくなることはありません。

詳しくは、ユーザー個人設定レイヤーを参照してください。

ユーザー個人設定レイヤーポリシーの設定