仮想IPのポリシー設定

重要:

Windows 10 Enterpriseマルチセッションでは、リモートデスクトップIP仮想化(仮想IP)がサポートされていないため、Windows 10 Enterpriseマルチセッションでは、仮想IPも仮想ループバックもサポートしていません。

[仮想IP]カテゴリには、セッションの仮想ループバックアドレスの使用を制御するための設定項目が含まれています。

仮想IPループバックサポート

この設定項目では、各セッション固有の仮想ループバックアドレスの使用を有効にするかどうかを指定します。無効にすると、セッション固有の仮想ループバックアドレスは使用されません。

デフォルトでは、この設定は無効になっています。

仮想IPループバックプログラム一覧

この設定項目では、仮想ループバックアドレスを使用できるアプリケーション実行可能ファイルを指定します。一覧にプログラムを追加するときは、実行可能ファイルの名前のみを指定します。パス全体を入力する必要はありません。

デフォルトでは、実行可能ファイルは指定されていません。