構成

管理者のタスクと注意事項

ここでは、iOS向けCitrix Workspaceアプリの管理者に関連するタスクと注意事項について説明します。

フィーチャーフラグ管理

実稼働環境のCitrix Workspaceアプリで問題が発生した場合、機能が出荷された後でも、影響を受ける機能をCitrix Workspaceアプリで動的に無効にすることができます。無効化するには、フィーチャーフラグと、LaunchDarklyと呼ばれるサードパーティ製サービスを使用します。ファイアウォールまたはプロキシが送信トラフィックをブロックしている場合を除いて、LaunchDarklyへのトラフィックを有効にするために構成する必要はありません。送信トラフィックがブロックされている場合、ポリシー要件に応じて、特定のURLまたはIPアドレス経由のLaunchDarklyへのトラフィックを有効にします。

LaunchDarklyへのトラフィックと通信は、次の方法で有効化できます:

次のURLへのトラフィックを有効にする

  • app.launchdarkly.com
  • events.launchdarkly.com
  • stream.launchdarkly.com
  • clientstream.launchdarkly.com
  • Firehose.launchdarkly.com
  • mobile.launchdarkly.com

IPアドレスの許可リストを作成する

IPアドレスの許可リストを作成する必要がある場合、現在のすべてのIPアドレス範囲については、「LaunchDarklyのパブリックIP一覧」を参照してください。この一覧を使用すると、インフラストラクチャの更新に合わせてファイアウォールの構成が自動的に更新されます。インフラストラクチャの変更の状態について詳しくは、LaunchDarkly Statusのページを参照してください。

LaunchDarklyのシステム要件

Citrix ADCの分割トンネリングが以下のサービスに対して [オフ] に設定されている場合、アプリがこれらのサービスと通信できることを確認してください:

  • LaunchDarklyサービス。
  • APNsリスナーサービス

パスワードの保存

Citrix Web Interface管理コンソールでは、認証時にユーザーがパスワードを保存することを許可できます。管理者がユーザーのアカウントを設定すると、パスワードが暗号化され、そのユーザーの初回接続時まで保存されます。以下に注意してください:

  • ユーザーによるパスワードの保存を許可すると、iOS向けCitrix Workspaceアプリでパスワードがデバイス上に格納され、アプリケーションへの接続時にパスワードの再入力が不要になります。

    注:

    パスワードが保存されるのは、ユーザーがアカウントを作成するときにパスワードを入力した場合のみです。アカウントのパスワードが入力されていない場合は、サーバー側の設定にかかわらずパスワードは保存されません。

  • 管理者がパスワードの保存を無効(デフォルト設定)にすると、ユーザーがiOS向けCitrix Workspaceアプリに接続するときにパスワードの入力が常に必要になります。

注:

StoreFront直接接続では、パスワードを保存することはできません。

パスワード保存設定を上書きするには

サーバー側でパスワードの保存を有効にしても、ユーザーは以下の方法でパスワードの入力が毎回要求されるように設定できます:

  • アカウント作成時に、パスワードフィールドを空白のままにする。
  • アカウント編集時に、パスワードを削除して設定を保存する。

パスワードの保存機能の使用

Citrix Workspaceアプリでパスワードを保存することができるため、接続プロセスが効率的に処理されます。これにより、Citrix Workspaceアプリを開くたびにセッションを認証する追加手順が省かれます。

注:

パスワードの保存機能は現在、PNAプロトコルをサポートしています。StoreFrontネイティブモードはサポートしていません。ただし、StoreFrontでPNAレガシモードを有効にすると、この機能が有効になります。

StoreFrontの構成

StoreFrontを構成してパスワードの保存機能を有効にするには:

  1. 既存のストアを構成している場合は、手順3に移動します。

  2. 新しいStoreFront展開を構成するには、「インストール、セットアップ、アップグレードおよびアンインストール」で説明されているベストプラクティスの説明に従ってください。

  3. Citrix StoreFront管理コンソールを開きます。ベースURLがHTTPSを使用し、SSL証明書の生成時に指定したのと同じ共通名にする必要があります。

  4. 構成するストアを選択します。

  5. [XenApp Servicesサポートの構成] をクリックします。

  6. [XenApp Servicesサポートを有効にする] をオンにし、任意で [デフォルトストア] を選択し、[OK] をクリックします。

  7. 「c:\\inetpub\\wwwroot\\Citrix\\\<ストア名\>\\Views\\PnaConfig\\」にあるテンプレート構成ファイルにアクセスします。

  8. Config.aspxのバックアップを作成します。

  9. 元のConfig.aspxファイルを開きます。

  10. 行「<EnableSavePassword>false</EnableSavePassword>」の「false」値を「true」に変更します。

  11. 編集したConfig.aspxファイルを保存します。

  12. StoreFrontサーバーで、管理者権限を使ってPowerShellを実行します。

  13. PowerShellコンソールで、次のように実行します:

    a. 次のディレクトリに変更します。「c:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\Scripts」

    b. 次のように入力します。「Set-ExecutionPolicy RemoteSigned」

    c. 次のように入力します。「.\ImportModules.ps1」

    d. 次のように入力します。「Set-DSServiceMonitorFeature –ServiceUrl」https://localhost:443/StorefrontMonitor

  14. StoreFrontグループがある場合は、グループのすべてのメンバーで同じコマンドを実行します。

パスワードを保存するCitrix Gatewayの構成

注:

この構成は、Citrix Gateway負荷分散サーバーを使用します。

Citrix Gatewayを構成してパスワードの保存機能をサポートするには:

  1. Citrix Gateway管理コンソールにログオンします。

  2. Citrixベストプラクティスに従って負荷分散仮想サーバー用の証明書を作成します。

  3. [Configuration]タブで、[Traffic Management]>[Load Balancing]>[Servers]の順に移動し、[Add] をクリックします。

  4. StoreFrontサーバーのサーバー名とIPアドレスを入力します。

  5. [Create] をクリックします。StoreFrontグループがある場合は、グループ内のすべてのサーバーで手順5.を繰り返します。

  6. [Configuration]タブで、[Traffic Management]>[Load Balancing]>[Monitor] の順に移動し、[Add] をクリックします。

  7. モニター名を入力します。[Type]として [STOREFRONT] を選択します。ページ下部で、[Secure] を選択します(StoreFrontサーバーではHTTPSを使用するため必要です)。

  8. [Special Parameters] タブをクリックします。前の手順で構成したStoreFront名を入力し、[Check Backed Services] を選択してから [Create] をクリックします。

  9. [Configuration] タブで、[Traffic Management]>[Load Balancing]>[Service Groups] に移動し、[Add] をクリックします。

  10. サービスグループ名を入力し、プロトコルを [SSL] に設定し、[OK] をクリックします。

  11. 画面の右側の[Advanced Settings]で [Settings] を選択します。

  12. クライアントIPを有効にして、Header値をX-Forwarded-Forにして [OK] をクリックします。

  13. 画面右側で([Advanced Settings]の下) [Monitors] を選択します。矢印をクリックして新しいモニターを追加します。

  14. [Add] ボタンをクリックして、[Select Monitor] ドロップダウンメニューを選択します。(Citrix Gatewayで構成されている)モニターのリストが表示されます。

  15. 作成したモニターの横にあるラジオボタンをクリックして、[Select][Bind] の順にクリックします。

  16. 画面右側で([Advanced Settings]の下) [Members] を選択します。矢印をクリックして新しいサービスグループメンバーを追加します。

  17. [Add] ボタンをクリックして、[Select Member] ドロップダウンメニューを選択します。

  18. [Server Based] ラジオボタンを選択します。(Citrix Gatewayで構成されている)サーバーメンバーの一覧が表示されます。作成済みのStoreFrontサーバーの横にあるラジオボタンをクリックします。

  19. ポート番号として「443」と入力し、Hash IDに一意の番号を指定してから [Create][Done] の順にクリックします。すべてが適切に構成されたら、[Effective State] が緑となってモニターが適正に機能していることが示されます。

  20. [Traffic Management]>[Load Balancing]>[Virtual Server]の順にクリックし、[Add] をクリックします。サーバー名を入力してプロトコルに [SSL] を選択します。

  21. StoreFront負荷分散サーバーのIPアドレスを入力し、[OK] をクリックします。

  22. [Load Balancing Virtual Server Service Group Bindling] を選択し、矢印をクリックして以前に作成したサービスグループを追加します。[OK] を2回クリックします。

  23. 負荷分散仮想サーバーに対して作成されたSSL証明書を割り当てます。[No Server Certificate] を選択します。

  24. 一覧から負荷分散サーバー証明書を選択し [Bind] をクリックします。

  25. ドメイン証明書を負荷分散サーバーに追加します。[No CA certificate] をクリックします。

  26. ドメイン証明書をクリックし、[Bind] をクリックします。

  27. 画面右側で [Persistence] を選択します。

  28. [Persistence]を [SOURCEIP] に変更して、タイムアウト値を [20] に設定します。[Save][Done] の順にクリックします。

  29. ドメインDNSサーバーで負荷分散サーバー(未作成の場合)を追加します。

  30. iOSデバイスでiOS向けCitrix Workspaceアプリを起動して、完全なXenApp URLを入力します。

Content Collaborationサービスの統合

Citrix Content Collaborationを使用すると、ドキュメントを簡単かつセキュアに交換したり、メールで大容量のドキュメントを送信したり、サードパーティへのドキュメント転送をセキュアに処理したり、コラボレーションスペースにアクセスすることができます。また、Webベースのインターフェイス、モバイルクライアント、デスクトップアプリ、Microsoft OutlookやGmailとの統合など、Citrix Content Collaborationにより、さまざまな方法で作業できます。

Citrix Content Collaboration機能には、Citrix Workspaceアプリの [ファイル] タブからアクセスできます。この [ファイル] タブは、Citrix Cloudコンソールのワークスペース構成でContent Collaborationサービスが有効になっている場合にのみ表示されます。

注:

オペレーティングシステムでセキュリティオプションが設定されているため、Citrix WorkspaceアプリでのCitrix Content Collaborationの統合は、Windows Server 2012およびWindows Server 2016ではサポートされていません。

次の図は、Citrix Workspaceアプリの [ファイル] タブの例です:

ファイル

制限事項

  • Citrix Workspaceアプリをリセットしても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。
  • Citrix Workspaceアプリでストアを切り替えても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)

収集データ 説明 使用目的
構成および使用状況データ Ctrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)では、iOS向けCitrix Workspaceアプリの構成および使用状況データが収集され、Google Firebaseに自動的に送信されます。 このデータは、Workspaceアプリの品質、信頼性、およびパフォーマンスを向上させる目的でCitrixによって使用させていただきます。

追加情報

Citrixは、お客様のデータをCitrixとの契約条件に従って処理し、Citrix Trust Centerで利用できるCitrix Services Security Exhibitにおいて指定されているとおりにお客様のデータを保護します。

Citrixは、CEIPの一環として、Google Firebaseを使用してCitrix Workspaceアプリから特定のデータを収集します。Google Firebaseのために収集されたデータのGoogleの取り扱い方法について確認してください。

CitrixおよびGoogle FirebaseへのCEIPデータの送信をオフにするには:

  1. iOS向けCitrix Workspaceアプリを開きます。
  2. [ホーム]>[設定] をタップします。
  3. [一般] セクションに移動します。
  4. [使用統計の送信] オプションを無効にします。

Google Firebaseによって収集される特定のCEIPデータ要素は次のとおりです:

       
セッション情報とセッション起動方法 Citrixストアとストア構成 認証の種類と認証構成 ICA接続
HDXセッションの起動 ストアアプリセッション WebViewアクションを開く WebViewアクションのコピー
WebViewアクションの共有 Workspaceアプリのレビュー 接続の状態、接続エラー、コネクションセンターの使用 外部ディスプレイ
ソケットの状態 セッションの実行時間 HDX over UDP セッションの起動時間
デバイス情報 デバイスモデル情報 使用統計の送信 アプリ言語、ワークスペースアプリ言語
キーボード言語 Citrixストアの種類 Citrixストアの組み合わせ ストアプロトコルの種類
ストア数 HDX UDPの状態 RSAトークンのインストール  

Citrix Readyワークスペースハブ

Citrix Readyワークスペースハブは、デジタル環境と物理環境を組み合わせて、セキュアなスマートスペース内にアプリやデータを配信します。このシステム全体が、モバイルアプリやセンサーなどのデバイス(「モノ」)を接続して、インテリジェントで応答性の高い環境を作ります。

Citrix ReadyワークスペースハブはRaspberry Pi 3プラットフォーム上に構築されます。Citrix Workspaceアプリを実行しているデバイスはCitrix Readyワークスペースハブに接続し、デスクトップまたはアプリをより大きなディスプレイにキャストします。

Citrix Readyワークスペースハブについて詳しくは、Citrix Readyワークスペースハブドキュメントを参照してください。

セキュリティ上の理由から、Citrix Readyワークスペースハブでは、モバイルデバイスとハブ間のSSL(Secure Sockets Layer)接続がサポートされます。各デバイスを一意に特定するため、完全修飾ドメイン名(FQDN)を設定します。詳しくは、Citrix Readyワークスペースハブドキュメントの「セキュリティ接続」を参照してください。

次のシステム要件がすべて満たされている場合、Citrix WorkspaceアプリでCitrix Readyワークスペースハブが有効になります:

  • iOS向けCitrix Workspaceアプリ1810.1以降
  • Bluetoothに対応している
  • モバイルデバイスとワークスペースハブが同じWi-Fiネットワークを使用している

構成

Citrix Readyワークスペースハブの各機能を有効にするには、デバイス上で [設定] に移動し、[Citrix Casting] をタップして機能を有効化します。詳細については、iOSデバイスのヘルプドキュメントを参照してください。

Citrix Workspaceアプリに、iOSデバイス上の信頼できるデバイス一覧に対してワークスペースハブを追加または削除する新しい手順が統合されました。詳しくは、「セキュリティ接続」を参照してください。

既知の制限事項

  • VDA 7.18およびそれ以前の場合、ワークスペースハブにキャストするには、使用するデスクトップまたはその他のリソースでH.264の全画面ポリシーが有効、および従来のグラフィックモードポリシーが無効になっている必要があります。

セッション共有

Citrix Workspaceアプリアカウントからログオフするときに、実行中のアプリケーションやデスクトップが検出されると、セッションを切断するかログオフするかを選択する画面が開きます:

  • 切断:アカウントからログオフされますが、Windowsアプリケーションやデスクトップはサーバー上で実行されたままになります。ほかのデバイス上のiOS向けCitrix Workspaceアプリからこのセッションに再接続すると、切断時の状態から作業を続行できます。このオプションにより、ユーザーがほかのデバイスに移動して、作業を続行できるようになります。
  • ログオフ:実行中のWindowsアプリケーションが終了しCitrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaS(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)のサーバーからログオフされます。このオプションを使用すると、ユーザーはサーバーから切断して、アカウントからログオフできます。iOS向けCitrix Workspaceアプリを再度起動すると、デフォルトの状態で開きます。

Workspaceのインテリジェント機能

1911リリース以降、今後リリースされるインテリジェント機能を使用するように最適化されています。詳しくは、「Workspaceのインテリジェント機能 - マイクロアプリ」を参照してください。

iOS 13とiPadOSのサポート

iOS向けCitrix Workspaceアプリは、iOS 13およびiPadOSでサポートされています(iPadOSでのマルチタスクを含む)。

重要:

  • CR01アプリはiOS 13ではサポートされていません。CitrixではCR01アプリを使用している場合、iOS 13にアップグレードしないことをお勧めします。

  • SHA-1証明書チェーンを使用するときは、SHA-2証明書チェーンに切り替える必要があります。SHA-1署名済み証明書は、iOS 13では信頼されません。TLSサーバー証明書について詳しくは、iOS 13およびmacOS 10.15における信頼済み証明書の要件を参照してください。

  • iOS 13では、Safari Webブラウザーからのセッションの起動方法が変更されました。詳しくは、ヘルプのドキュメントを参照してください。

AssistiveTouchのサポートにより、iOS向けCitrix WorkspaceアプリはCitrix X1 Mouseに異なる方法で接続できるようになりました。Citrix Workspaceアプリは、起動時にCitrix X1 Mouseに接続しなくなりました。そのため、[設定]アイコンの横にあるツールバーで[Citrix X1 Mouse]アイコンを使用できなくなります。ペアリングされたCitrix X1 MouseへのアクセスがCitrix Workspaceアプリで有効になっているかどうかを確認するには、[設定]>[Citrix X1 Mouse] の順に選択します。

Citrix X1 Mouse

Citrix X1 Mouseのペアリングと接続の状態

この機能を使用すると、Citrix X1 Mouseのペアリングプロセスをより細かく制御できます。[設定] 画面では、次の操作を実行できます:

  • Citrix X1 Mouseのペアリング。セッション中にCitrix X1 Mouseをペアリングすることもできます。
  • 接続状態の表示。 AssistiveTouchスキャン中 AssistiveTouchスキャン再開 AssistiveTouch接続

  • [名前][UUID][ファームウェアのリビジョン][バッテリー残量] などのCitrix X1 Mouseのプロパティを表示する。そのためには、[接続されたマウス] で、Citrix X1 Mouseエントリをタップします。 AssistiveTouch接続大なり記号

    Connected mouse properties:

Assistivetouchプロパティ

AssistiveTouch

iOS 13以降のデバイスでAssistiveTouch機能を有効にすると、デスクトップマウスモードとAssistiveTouchモードの切り替えで、AssistiveTouchカーソルが表示されます。

注:

デスクトップマウスモードでは、ポインターカーソルが表示されます。AssistiveTouchモードでは、丸いカーソルが表示されます。

以下の操作を行うと、AssistiveTouchカーソルが表示されます。

  • セッションを終了する
  • iOS App Switcher画面に移動する
  • iOSのホーム画面または別のアプリに移動する

Citrix Workspaceアプリに戻ったとき、およびセッション中は、デスクトップモードが再開されます。

外部モニターとツールバーのサポート

Citrix X1 Mouseを使用して外部モニターでツールバーを操作できます。ツールバーを閉じている間は、ツールバーのノッチを水平に移動することができます。iOSデバイスを外部モニターに接続すると、Citrix Workspaceアプリによって外部モニターの画面解像度が自動的に検出されます。ツールバーの表示ボタンを使用して、特定の画面解像度を選択できます。表示オプションにアクセスするには、アカウントを追加したりサインインしたりする必要はありません。

汎用マウス

汎用マウスとトラックパッドのサポート

汎用マウスまたはトラックパッドを使用して、HDXセッションで右クリック、スクロール、ホバーが可能です。これらの操作は、Citrix X1 Mouseの操作と同様です。ローカルのマウスカーソルのスタイルは、リモートカーソルのスタイルと一致するように変更されます。

メモ:

  • この機能はiPadOS 13.4以降で利用できます。
  • この機能はiPhoneではサポートされていません。

制限事項

セッション中に外部モニターが接続された場合、iOSの制限事項により、汎用マウスカーソルはネイティブデバイスに残ります。

外部モニターでの汎用マウスのサポート

iPadに接続された外部モニターで汎用マウスを使用できます。汎用マウスは、iOS 13.4以降を実行しているデバイスでサポートされています。

重要

外部モニターで汎用マウスを使用するには、[設定]>[表示オプション] に移動して、Citrix Workspaceアプリで [プレゼンテーション] モードがオフになっていることを確認します。

汎用マウスを使用すると、外部モニターでツールバーが非表示になります。また、マウスポインターは外部モニターにミラーリングされ、iPad画面と外部モニターの両方に同時に表示されます。

iPadでのセッションローミング

1906リリース以降、クラウドストア使用時にiPhoneとiPadのタッチデバイスでセッションローミングが使用できるようになりました。詳しくは、iOSデバイスのヘルプドキュメントを参照してください。

キーボードレイアウトの同期

キーボードレイアウトの同期によって、クライアントデバイスの優先キーボードレイアウトを切り替えることができます。この機能はデフォルトでは無効になっています。

キーボードレイアウトの同期を有効にするには、[設定]>[キーボードオプション] に移動し、[キーボードレイアウトの同期] オプションを有効にします。

注:

ローカルキーボードレイアウトオプションで、クライアントIME(Input Method Editor)を有効にします。日本語、中国語、または韓国語でサーバーIMEを使用する場合は、[環境設定]>[キーボード] のチェックボックスをオフにして、ローカルキーボードレイアウトオプションを無効にします。

特殊キーのサポート

iOS 13.4以降で外部キーボードの次の単一キーがサポートされます:

  • PageUp
  • PageDown
  • Home
  • End
  • F1
  • F2
  • F3
  • F4
  • F5
  • F6
  • F7
  • F8
  • F9
  • F10
  • F11
  • F12

特殊キーの組み合わせのサポート

このリリースでは、iOS対応の外部キーボードで次のキーの組み合わせのサポートが追加されています:

  • Windows + R
  • Windows + D
  • Windows + E
  • Windows + L
  • Windows + M
  • Windows + S
  • Windows + CTRL+ S
  • Windows + T
  • Windows + U
  • Windows +数字
  • Windows + 上方向
  • Windows + 下方向
  • Windows + 左方向
  • Windows + 右方向
  • Windows + X
  • Windows + K
  • CTRL + ESC

ホストからクライアントへのリダイレクト

コンテンツのリダイレクト機能では、ユーザーが特定の種類のコンテンツにアクセスするときに、公開アプリケーションを使うのか、ユーザーデバイス上のアプリケーションを使うのかを制御できます。

ホストからクライアントへのリダイレクトは、コンテンツのリダイレクト機能の一種です。この機能は、サーバーOSのVDAでのみサポートされ、デスクトップOSのVDAではサポートされません。

ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効にすると、URLはサーバーVDAでインターセプトされてからユーザーデバイスに送信されます。これらのURLは、ユーザーデバイス上のWebブラウザーまたはマルチメディアプレーヤーで開かれます。ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効にしても、ユーザーのデバイスからURLに接続できない場合は、そのURLがサーバーVDAに戻されます。ホストからクライアントへのリダイレクト機能が無効な場合、URLはサーバーVDA上のWebブラウザーまたはマルチメディアプレーヤーで開きます。 ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効な場合、ユーザーがこの機能を無効にすることはできません。

ホストからクライアントへのリダイレクトは、以前はサーバーからクライアントへのリダイレクトと呼ばれていました。

詳しくは、「一般コンテンツリダイレクト」を参照してください。

Purebredによる派生資格情報のサポート

1810リリース以降、iOS向けCitrix Workspaceアプリでは、Purebredによる派生資格情報がサポートされます。派生資格情報を使用できるストアに接続するときに、ユーザーは仮想スマートカードを使用してiOS向けCitrix Workspaceアプリにログオンできます。この機能は、オンプレミス展開のみでサポートされます。

注:

この機能を使用するには、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1808以降が必要です。

派生資格情報の構成について詳しくは、「派生資格情報」を参照してください。

Webページ

Webページの外部共有

Citrix Workspaceアプリから開いたWebページを他のユーザーと共有できます。次の操作を実行できます:

  • Webビュー内からリンクをコピーする
  • SafariでWebページを直接開く
  • 相手やアプリにリンクを直接送信する

共有するには、Webビューの右上にある […] アイコンをタップするか、Webビュー内の任意のリンクを長押ししてから、必要なオプションをタップします。

Webビュー

SaaSアプリのネイティブコントロールによるWebビュー機能強化

SaaSアプリのネイティブコントロールを備えたWebビューを使用できます。この機能強化により、次のことが可能になります:

  • アプリのURLを表示する。
  • アプリのセキュリティ情報を表示する。
  • アプリを共有する。

また、アプリを左右にスワイプして、それぞれ前後に移動できるようになりました。

ユーザビリティの向上

ユーザビリティの向上により、マイクロアプリのビューだけでなく、Webアプリ内やSoftware-as-a-Service(SaaS)アプリ間でも自在に移動できるようになりました。

ナビゲーションボタンは、iPhoneのWorkspaceでは、WebおよびSaaSアプリセッションの左下に表示されます。

ナビゲーション

ナビゲーションボタンは、iPadのWorkspaceでは、WebおよびSaaSアプリセッションの左上に表示されます。

ナビゲーション

クライアントドライブマッピング(CDM)

構成されたすべてのストアで特定のデバイスストレージへのアクセスを選択できます。デバイスストレージへのアクセスには、次のオプションがあります。

  • アクセスなし
  • 読み取り専用アクセス
  • 読み取り/書き込みアクセス
  • 毎回確認する

[毎回確認する] を選択すると、起動するたびにデバイスストレージへのアクセスの種類を選択するように求められます。デフォルトでは、[アクセスなし] が選択されています。

注:

この機能は、ICAの直接起動とCitrix Gateway構成ストアにのみ適用されます。エンドツーエンドSSLがセットアップされていないストアはサポートされていません。

デバイスストレージ設定は、[設定]に新設された [ストアの設定] セクションで使用できます。[デバイスストレージ] を表示するには、[設定] > [ストアの設定] にアクセスします。

マイクとカメラへのアクセス

VDAセッションを介してオーディオ/ビデオ会議でマイクとカメラにアクセスできるようになりました。Citrix Workspaceアプリがマイクやカメラにアクセスすることを許可する必要あります。デバイスの [設定] に移動し、カメラやマイクを有効にします。

また、Client Selective Trustセキュリティ機能の一部としてストアごとのマイクとカメラへのアクセスが含まれているため、Citrix WorkspaceアプリはVDAセッションからのアクセスを信頼できます。

Citrix Workspaceアプリでは、マイクまたはカメラにアクセスするためにはユーザーの許可が必要です。

[設定]>[ストアの設定] に移動して、アクセスレベルを構成できます。[ストアの設定] メニューで、必要なマイクまたはカメラへのアクセスを有効にするストアをクリックします。選択したマイクアクセス設定またはカメラアクセス設定は、ストアごとに適用されます。

クラウドストア

アクセス場所に関係なく、組織がホストするWeb、SaaSアプリ、およびWebサイトにアクセスできます。この機能は、クラウドストアのお客様のみが使用できます。

ユーザーエクスペリエンス

EDTスタックパラメーターのデフォルトでの有効化

[EDTスタックパラメーターの読み取り] オプションは [詳細]>[アダプティブトランスポート設定] から削除され、デフォルトでバックグラウンドで有効になっています。これにより、iOS向けCitrix Workspaceアプリをインストールするときにこの機能を有効にする必要がないため、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

エンドユーザー状況監視の機能強化

EUEM(End User Experience Monitoring:エンドユーザー状況監視) のクライアント開始メトリックがサポートされるようになりました。EUEMは、非常に詳細なセッション状況監視データをリアルタイムで収集するのに役立ちます。データがDirectorダッシュボードに送信されるため、管理者はユーザーエクスペリエンスを監視できます。データは、VDA上のセッション状況監視サービス(SEMS)を介して収集されます。ダッシュボードで監視できるクライアント開始メトリックデータには、次のものが含まれます:

  • ICAファイルのダウンロード実行時間。
  • セッション作成時のクライアントの実行時間。セッション作成時のクライアントの実行時間は、セッションの作成にかかった時間です。具体的にはICAファイルが実行されてから接続が確立されるまでの時間を表しています。
  • セッション検索時のクライアントの実行時間。セッション検索時のクライアントの実行時間は、要求された公開アプリケーションをホストするためにすべてのセッションを照会するのにかかる時間を表します。この照会処理は既存のセッションでアプリケーションの起動要求を処理できるかどうかを判断するために、クライアント上で実行されます。
  • ICA往復時間のCitrixによるリアルタイム記録。ICA RTTとも呼ばれる。ICA RTTは、ユーザーがキーを押してからエンドポイントに応答が表示されるまでの経過時間です。

バッテリー状態インジケーター

デバイスのバッテリー状態が、仮想デスクトップセッションのシステムトレイに表示されるようになりました。

この機能は、VDAバージョン7.18以降でのみサポートされています。

注:

  • Microsoft Windows 10 VDA上で実行されているセッションでは、バッテリー状態インジケーターが表示されるまでに約1〜2分かかる場合があります。

無料デモへのアクセス

モバイルデバイスでのCitrix Workspace環境の試用が簡単になりました。潜在的なユーザーや関心のある人は誰でも、iOS向けCitrix Workspaceアプリの無料デモにアクセスできます。

72時間の無料トライアルをリクエストして、Citrix Workspaceアプリを試用できます。

無料デモへのアクセスをリクエストするには、以下を実行します:

  1. Citrix Workspaceアプリのサインイン画面で [Request demo access] をタップします。 デモをリクエストする
  2. CitrixのデモへのアクセスをリクエストするWebページが表示されます。
  3. 名前、会社、住所、電話番号、市区町村、会社のメールアドレスなどの必要な情報をフィールドに入力し、次に [Submit Request] をタップします。 デモ用のメールアドレス
  4. 会社のメールアドレスに一時的なユーザー名とパスワードが送信されます。サインイン画面で一時的なユーザー名とパスワードを入力します。 これで、Citrix Workspaceアプリの72時間の無料デモアクセスが可能になりました。

長押し機能によるリソースへのアクセス

Citrix Workspaceアプリのアイコンを長押しして、最後に起動したリソースにアクセスできるようになりました。Citrix Workspaceアプリを終了しても、最後に起動したリソースにアクセスできるようになりました。

ページ内の検索機能の強化

ページ内の検索機能の強化では、単語や語句を検索できます。ユーザビリティの向上により、Webアプリ内やSoftware-as-a-Service(SaaS)アプリ内、およびマイクロアプリのビューから利用できます。

検索するには、以下を実行します:

  1. iPadでは、右上隅の省略記号(…) ボタンをタップし、[ページ内の検索] を選択します。 iPad用のページ内の検索 iPhoneで、右下隅の省略記号(…)ボタンをタップし、[ページ内の検索] を選択します。 iPhone用のページ内の検索 スクリーンキーボードが表示されます。 キーボード
  2. 検索するテキスト(たとえば、「Citrix」)をテキストボックスに入力します。検索結果が表示されます。 検索結果

Spotlight検索によるアプリとデスクトップへのアクセス

Spotlight検索を使用して、デスクトップ、Webアプリ、SaaS(Software as a Service)アプリ、およびデスクトップアプリを検索できます。その後、Citrix Workspaceアプリを起動しなくても、Spotlight検索から直接これらのアプリやデスクトップにアクセスできます。

注:

  • Spotlight検索機能はモバイルアプリをサポートしていません。

Spotlight検索

セッション内ツールバーの位置を変更

セッション内ツールバーは、画面の上部または右側に再配置できます。ツールバーのノッチをツールバーの端からドラッグすると、長方形のドラッグインジケーターとドロップ先が表示されます。ドロップ先の上でドラッグインジケーターをドロップして、ツールバーの位置を変更します。

メモ:

  • この機能はiPadユーザーにのみ適用されます。
  • この機能は、タッチパッドまたはマウスで動作します。
  • この機能は、iPadまたは外部ディスプレイで動作します。
  • 最後のツールバーの位置は、次のセッションまたはアプリケーションの起動まで保持されます。

フィードウィジェット

ウィジェットを使用して、Citrix Workspaceアプリの通知フィードを構成および表示できます。これをiOSのホーム画面に追加できます。この機能により、ユーザーエクスペリエンスが向上し、最新のフィードを表示できるようになります。

フィードをタップすると、Citrix Workspaceアプリの詳細ビューが開きます。この機能は、iOSバージョン14.0以降で利用できます。

注:

この機能はクラウドアカウントで利用できます。ただし、クラウドアカウントが構成されていない場合、ウィジェットはWorkspaceストアを追加するために必要なメッセージを表示します。

通知フィードウィジェットを構成するには、以下を実行します:

  1. ホーム画面の任意の場所を長押しします。アプリが揺れ始めます。
  2. 画面右上の [+] ボタンをクリックします。検索ウィジェット画面が表示されます。
  3. 検索ボックスに「Workspace」という単語を入力し、Citrix Workspaceアプリをタップします。アクティビティフィード画面が表示されます。
  4. [ウィジェットを追加] をクリックします。ウィジェットがホーム画面に表示されます。
  5. [完了] をクリックします。これで、フィード ウィジェットを操作できるようになります。

注:

ウィジェットを削除するには、ウィジェットを長押ししてクイックアクションメニューを開きます。[ウィジェットを削除][削除] の順にタップします。

Spotlight検索の機能強化

アプリアイコンは、対応するアプリ検索と一致しています。以前は、すべての検索でCitrix Workspaceアプリのアイコンが表示されていました。

Spotlight検索

3D Touchジェスチャによる最近のアプリへのアクセス

Citrix Workspaceアプリアイコンで3D Touch(長押し)ジェスチャを使用すると、最近起動した一覧からすばやくアプリにアクセスできます。

オンプレミスからクラウドアカウントへの移行

管理者は、エンドユーザーをオンプレミスのStoreFrontストアのURLからWorkspace URLにシームレスに移行できます。管理者は、Global App Configuration Serviceを使用して、最小限のエンドユーザー操作で移行を実行できます。

構成するには、以下を実行します:

  1. Global App Configuration Store Settings APIに移動し、クラウドストアのURLを入力します。 例:https://discovery.cem.cloud.us/ads/root/url/<hash coded store URL>/product/workspace/os/ios
  2. API Exploration>SettingsController>postDiscoveryApiUsingPOSTに移動して、[POST] をクリックします。
  3. [INVOKE API] をクリックします。
  4. ペイロードの詳細を入力してアップロードします。StoreFrontストアの有効期限をミリ秒形式のエポックタイムスタンプで入力します。

    例:

    "migrationUrl": [
    {
    
    "url": "<cloud store url>"
    "storeFrontValidUntil": "<epoch timestamp in milliseconds>",
    }
    ]   ,
    <!--NeedCopy-->
    
  5. [EXCUTE] をクリックして、サービスをプッシュします。

エンドユーザーエクスペリエンス

エンドユーザーとしてCitrix Workspaceアプリを初めて使用する場合、認証が成功すると、[Introducing the new Citrix Workspace] 移行画面が表示されます(資格がある場合)。[Try new Citrix Workspace now] オプションをタップすると、移行が開始されます。移行が成功すると、Workspaceストア(クラウドストア)にアクセスできます。

注:

移行は3回スキップできます。その後、スキップのオプションなしで移行が強制されます。

新しいWorkspace

Workspace(クラウド)ストアに移行すると、[Settings] でStoreFrontとWorkspaceストアの両方を表示できます。クラウドストアからオンプレミスのStoreFrontストアに切り替えると、応答を収集するフィードバック画面が表示されます。

注:

StoreFrontストアには有効期限があります。有効期限を指定すると、ストアは削除されます。

iPadで汎用マウスを使用したマルチモニター拡張サポート

注:

この機能は、バージョン22.3.5以前ではプレビュー段階です。

iPadと汎用マウスを接続すると、デスクトップセッションを外部モニターに拡張できます。この機能は、iPadOSバージョン14.0以降で利用できます。

注:

  • この機能は、以前のバージョンでも一部利用できる場合があります。完全な機能を使用するには、バージョン22.1.0にアップグレードしてください。
  • Citrix Workspaceアプリのマウスクリックを優先させるには、iOS設定で [設定]>[アクセシビリティ]>[タッチ]>[AssistiveTouch] でAssistiveTouchを無効にします。

拡張モードの構成

拡張モードを有効にするには、以下を実行します:

  1. HDMIケーブルと必要なアダプターを使用して外部モニターをiPadに接続します。

    注:

    このセットアップでは、AppleのUSB-C to Digital AV MultiportアダプターまたはLightning Digital AVアダプターが最適に機能します。

  2. [設定]>[表示オプション] に移動して [外部ディスプレイ]オンに切り替えます。さまざまな表示モードが表示されます。iPadOSのバージョンが14.0以降の場合、ミラーリングモードとプレゼンテーションモードでも汎用マウスが使用されます。

    外部ディスプレイ

  3. [Extend] オプションを選択します。

    Extendモード

メモ:

  • デスクトップセッションを起動して拡張する前に、[Extend] モードを設定します。
  • [Extend] モードのサポートは、iPhoneではまだ発表されていません。

ディスプレイ配置の構成

ディスプレイ配置を構成するには、以下を実行します:

  1. [Extend] モードを選択すると、[Display arrangement] オプションが 表示されます。
  2. 外部ディスプレイタイルをiPadディスプレイの左、上、右、または下に再配置します。

注:

セッション内ツールバーで [表示] 設定アイコンを使用して、ディスプレイの配置を調整できます。

拡張ディスプレイ

注:

外部ディスプレイの解像度は、以下に応じて異なります:

  • アダプター
  • iPad
  • 使用される他のハードウェア

汎用マウスモードとCitrix X1マウスモード

汎用マウスモードは、自動的にCitrix X1マウスモードよりも優先されます。X1マウスを接続している場合は、汎用マウスの代わりとして使用されます。そのため、汎用マウスのフィーチャーフラグが有効になっている場合、X1マウス設定ページにはアクセスできません。

注:

iPadOSバージョン14.0以降の場合、iPadに接続されているすべてのX1マウスはBluetoothマウスとして動作します。

マウスが使用できない

汎用マウスアイコン

[マウス] 設定アイコンは、セッション内ツールバーの [表示] 設定アイコンの横に追加されます。[マウス] 設定を使用して、セッション中の汎用マウスの追跡速度を調整します。リモートカーソルイメージを使用して切り替えることもできます。

注:

iOSの設定からネイティブマウスの追跡速度を調整できます。

マウス設定

機能の制限事項

  • Citrix Workspaceアプリのマウスクリックを優先させるようにするには、iOSの [設定]>[アクセシビリティ]>[タッチ]>[AssistiveTouch] でAssistiveTouchを無効にします。

  • iOS設定の軌跡の速さとナチュラルスクロールオプションは、セッション内の汎用マウスには影響しません。ただし、スクロール速度はiOSの [設定] から制御できます。 セッションツールバー内のマウス設定画面から、軌跡の速さとナチュラルスクロールオプションにアクセスできます。

  • iPadが分割モードで使用され、モニターが接続されている場合、汎用マウスはデスクトップセッション内のミラーモードでのみ機能します。

  • アプリがポインターロックを取得する前、つまりセッションの起動前にネイティブカーソルがマルチタスクメニュー上にある場合、マウスイベントが受信されません。 この問題を回避するには、通知センターをプルダウンし、ネイティブポインターを別の場所に移動して、通知センターを閉じます。

  • iPadを外部モニターに接続すると、オーディオリダイレクトが失敗します。オーディオはiPadスピーカーから再生されます。[HDX-39159]

この機能の既知の問題

  • セッションがアクティブな間に以下を変更すると、iPadまたは外部モニターに表示されるデスクトップイメージが乱れます:
    • ディスプレイの配置
    • 解像度
    • 方向または
    • 表示モード

    この問題を回避するには、モニターを切断してから再接続します。問題が解決しない場合は、セッションを切断して再起動します。[HDX-37038][HDX-36979] [HDX-36925] [HDX-36924]。

  • まれに、ビデオが外部モニターで再生されるときに、オーディオに数秒の遅れが発生する場合があります。[HDX-39159]

  • まれに、iPadおよび外部モニターでVDAディスプレイが一部欠けることがあります。この問題を回避するには、モニターを切断してから再接続します。問題が解決しない場合は、セッションを切断して再起動します。[HDX-37100]

  • 外部モニターでビデオを全画面に最大化すると、ビデオ品質の問題が発生する場合があります。[HDX-39159]

  • まれに、デスクトップセッション内で、アプリをiPadから外部モニターに移動しようとして失敗することがあります。この問題を回避するには、モニターを切断してから再接続します。問題が解決しない場合は、セッションを切断して再起動します。[HDX-36981]

  • まれに、サードパーティのアダプターを使用してiPadを外部モニターに接続すると、表示オプションの下に表示モードが表示されないことがあります。[HDX-39713]

  • VDAセッション内のマウスポインターの下に線が表示されることがあります。[RFIOS-9569]

Siriの統合

毎回Citrix Workspaceアプリを起動しなくても、Siriを操作して、アプリやデスクトップなどのリソースを起動できます。

詳しくは、「Siriの統合」を参照してください。

構成するには

  1. Citrix Workspaceアプリを起動し、[アプリ] または [デスクトップ] をタップします。Siriショートカットに追加するリソースを選択します。
  2. 省略記号(…)をタップします。ダイアログボックスが開きます。

    注:

    iPhoneまたはiPadデスクトップユーザーの場合は、省略記号(…)>[App Details] 画面> [View Details] の順にタップします。ダイアログボックスが開きます。手順3に進みます。

    Siri

  3. [Add to Siri] をタップします。[Add to Siri] ダイアログボックスが開きます。

    Siri

  4. (オプション)Siriを呼び出すためのカスタムフレーズを編集します。[Add to Siri] をタップします。これで、リソースがSiriショートカットに追加されました。ダイアログボックスを閉じます。

    注:

    Siriを呼び出すための、カスタムフレーズの記録に対応しているデバイスもあります。

    Siri

アプリケーション設定

Citrix Workspaceアプリを起動し、プロファイルアイコン> [Application Settings]>[Siri Configuration] の順にタップします。この機能を有効にするには、[Add to Siri] をタップします。

Siri

これで、音声を使用してこのリソースを起動できます。

ショートカットを編集または削除するには

  1. リソースを選択します。
  2. 省略記号(…)をタップします。ダイアログボックスが開きます。
  3. [Add to Siri] をタップします。[Edit Shortcut] ダイアログボックスが開きます。

    Siriを呼び出すためのカスタムフレーズを変更し、[Save Shortcut] をタップするか [Delete Shortcut] をタップして、既存のショートカットを削除できます。

Safari View Controller

エンドユーザーは、証明書ベースの認証を処理できるようになりました。証明書はデバイスのキーチェーンに保存されます。サインイン中に、Citrix Workspaceアプリはデバイス上の証明書の一覧を検出し、認証用の証明書を選択できます。

重要:

証明書を選択した後、その選択は次回のCitrix Workspaceアプリの起動まで保持されます。別の証明書を選択するには、iOSデバイスの設定から「Safariをリセット」するか、Citrix Workspaceアプリを再インストールします。

Safari View Controller

注:

この機能は、オンプレミス展開でサポートされます。

構成するには、以下を実行します:

  1. Global App Configuration Store Settings APIに移動し、クラウドストアのURLを入力します。 例:https://discovery.cem.cloud.us/ads/root/url/<hash coded store URL>/product/workspace/os/ios
  2. API Exploration>SettingsController>postDiscoveryApiUsingPOSTに移動して、[POST] をクリックします。
  3. [INVOKE API] をクリックします。
  4. ペイロードの詳細を入力してアップロードします。次のいずれかの値を選択します:

    • “Embedded”:WKWebViewを使用できます。このオプションは、デフォルトで設定されます。
    • “system”:Safari View Controllerを使用できます。

    例:

    "category": "Authentication",
    "userOverride": false,
    "settings": [
    { "name": "Web Browser to use for Authentication", "value": "\*Embedded\*/\*System\*" },
    <!--NeedCopy-->
    
  5. [EXCUTE] をクリックして、サービスをプッシュします。