構成

パスワードの保存

Citrix Web Interface管理コンソールでは、認証時にユーザーがパスワードを保存することを許可できます。管理者がユーザーのアカウントを設定すると、パスワードが暗号化され、そのユーザーの初回接続時まで保存されます。以下に注意してください。

  • ユーザーによるパスワードの保存を許可すると、パスワードがデバイス上に格納され、アプリケーションへの接続時にパスワードの再入力が不要になります。

    注:

    パスワードが保存されるのは、ユーザーがアカウントを作成する時にパスワードを入力した場合のみです。アカウントのパスワードが入力されていない場合は、サーバー側の設定にかかわらずパスワードは保存されません。

  • 管理者がパスワードの保存を無効(デフォルト設定)にすると、接続時に常にパスワードの入力が必要になります。

注:

StoreFront直接接続では、パスワードを保存することはできません。

パスワード保存設定を上書きするには

サーバー側でパスワードの保存を有効にしても、ユーザーは以下の方法でパスワードの入力が毎回要求されるように設定できます:

  • アカウント作成時に、パスワードフィールドを空白のままにする。
  • アカウント編集時に、パスワードを削除して設定を保存する。

パスワードの保存機能の使用

iOS向けCitrix Workspaceアプリでパスワードを保存することができるため、接続プロセスが効率的に処理されます。これにより、iOS向けCitrix Workspaceアプリを開くたびにセッションを認証する追加手順が省かれます。

注:

パスワードの保存機能は現在、PNAプロトコルと連携して機能します。StoreFrontネイティブモードでは機能しません。ただし、StoreFrontでPNAレガシモードを有効にするとこの機能が有効になります。

StoreFront PNAレガシモードの構成

StoreFront PNAレガシモードを構成してパスワードの保存機能を有効にするには:

  1. 既存のストアを構成している場合は、手順3に移動します。

  2. 新しいStoreFront展開を構成するには、Citrix StoreFrontの「インストール、セットアップ、およびアンインストール」で説明されているベストプラクティスの説明に従ってください。

  3. Citrix StoreFront管理コンソールを開きます。ベースURLがHTTPSを使用し、SSL証明書の生成時に指定したのと同じ共通名にする必要があります。

  4. 構成するストアを選択します。

  5. [XenApp Servicesサポートの構成] をクリックします。

  6. [レガシサポート] を有効にして [OK] をクリックします。

  7. c:\inetpub\wwwroot\Citrix\<store name>\Views\PnaConfig\にあるテンプレート構成ファイルにアクセスします。ここで、store nameはストア名です。

  8. Config.aspxのバックアップを作成します。

  9. 元のConfig.aspxファイルを開きます。

  10. 行「<EnableSavePassword>false</EnableSavePassword>」の「false」値を「true」に変更します。

  11. 編集したConfig.aspxファイルを保存します。

  12. StoreFrontサーバーで、管理者権限を使ってPowerShellを実行します。

  13. PowerShellコンソールで、次のように実行します:

    a. 次のディレクトリに変更します。「c:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\Scripts」

    b. 次のように入力します。「Set-ExecutionPolicy RemoteSigned」

    c. 次のように入力します。「.\ImportModules.ps1」

    d. 次のように入力します。「Set-DSServiceMonitorFeature –ServiceUrl」https://localhost:443/StorefrontMonitor

  14. StoreFrontグループがある場合は、グループのすべてのメンバーで同じコマンドを実行します。

パスワードを保存するCitrix Gatewayの構成

注:

この構成は、Citrix Gateway負荷分散サーバーを使用します。

Citrix Gatewayを構成してパスワードの保存機能をサポートするには:

  1. Citrix Gateway管理コンソールにログオンします。

  2. Citrixベストプラクティスに従って負荷分散仮想サーバー用の証明書を作成します。

  3. [Configuration]タブで、[Traffic Management]>[Load Balancing]>[Servers]の順に移動し、[Add] をクリックします。

  4. StoreFrontサーバーのサーバー名とIPアドレスを入力します。

  5. [作成] をクリックします。StoreFrontグループがある場合は、グループ内のすべてのサーバーで手順5.を繰り返します。

  6. [Configuration]タブで、[Traffic Management]>[Load Balancing]>[Monitor] の順に移動し、[Add] をクリックします。

  7. モニター名を入力します。[Type]として [STOREFRONT] を選択します。ページ下部で、[Secure] を選択します(StoreFrontサーバーではHTTPSを使用するためこれを選択する必要があります)。

  8. [Special Parameters] タブをクリックします。前の手順で構成したStoreFront名を入力し、[Check Backed Services] を選択してから [Create] をクリックします。

  9. [Configuration] タブで、[Traffic Management]>[Load Balancing]>[Service Groups] に移動し、[Add] をクリックします。

  10. サービスグループ名を入力し、プロトコルを [SSL] に設定し、[OK] をクリックします。

  11. 画面の右側の[Advanced Settings]で [Settings] を選択します。

  12. クライアントIPを有効にして、Header値をX-Forwarded-Forにして [OK] をクリックします。

  13. 画面右側で([Advanced Settings]の下) [Monitors] を選択します。矢印をクリックして新しいモニターを追加します。

  14. [Add] ボタンをクリックし、[Select Monitor] ドロップダウンを選択します。モニターの一覧(Citrix Gatewayで構成)が表示されます。

  15. 作成したモニターの横にあるラジオボタンをクリックして、[Select][Bind] の順にクリックします。

  16. 画面右側で([Advanced Settings]の下) [Members] を選択します。矢印をクリックして新しいサービスグループメンバーを追加します。

  17. [Add] ボタンをクリックして、[Select Member] ドロップダウンを選択します。

  18. [Server Based] を選択します。サーバーメンバーの一覧(Citrix Gatewayで構成)が表示されます。作成したStoreFrontサーバーの横にあるラジオボタンをクリックします。

  19. ポート番号として「443」と入力し、Hash IDに一意の番号を指定してから [Create][Done] の順にクリックします。すべてが適切に構成されたら、[Effective State] が緑となってモニターが適正に機能していることが示されます。

  20. [Traffic Management]>[Load Balancing]>[Virtual Server]の順にクリックし、[Add] をクリックします。サーバー名を入力してプロトコルに [SSL] を選択します。

  21. StoreFront負荷分散サーバーのIPアドレスを入力し、[OK] をクリックします。

  22. [Load Balancing Virtual Server Service Group] を選択し、矢印をクリックして以前に作成したサービスグループを追加します。[OK] を2回クリックします。

  23. 負荷分散仮想サーバーに対して作成されたSSL証明書を割り当てます。[No Server Certificate] を選択します。

  24. 一覧から負荷分散サーバー証明書を選択し [Bind] をクリックします。

  25. ドメイン証明書を負荷分散サーバーに追加します。[No CA certificate] をクリックします。

  26. ドメイン証明書をクリックし、[Bind] をクリックします。

  27. 画面右側で [Persistence] を選択します。

  28. [Persistence]を [SOURCEIP] に変更して、タイムアウト値を [20] に設定します。[Save][Done] の順にクリックします。

  29. ドメインDNSサーバーで負荷分散サーバー(未作成の場合)を追加します。

  30. iOSデバイスでiOS向けCitrix Workspaceアプリを起動して、完全なXenApp URLを入力します。

Content Collaborationサービスの統合

Citrix Content Collaborationを使用すると、ドキュメントを簡単かつセキュアに交換したり、メールで大容量のドキュメントを送信したり、サードパーティへのドキュメント転送をセキュアに処理したり、コラボレーションスペースにアクセスすることができます。また、Webベースのインターフェイス、モバイルクライアント、デスクトップアプリ、Microsoft OutlookやGmailとの統合など、さまざまな方法で作業できます。

Citrix Content Collaboration機能には、Citrix Workspaceアプリの[ファイル]タブからアクセスできます。[ファイル]タブは、Citrix Cloudコンソールのワークスペース構成でContent Collaborationサービスが有効になっている場合にのみ表示されます。

注:

オペレーティングシステムでセキュリティオプションが設定されているため、Citrix WorkspaceアプリでのCitrix Content Collaborationの統合は、Windows Server 2012およびWindows Server 2016ではサポートされていません。

次の図は、新しいCitrix Workspaceアプリの [ファイル] タブの例です:

ファイル

制限事項

  • Citrix Workspaceアプリをリセットしても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。
  • Citrix Workspaceアプリでストアを切り替えても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。

Citrix Readyワークスペースハブ

次のシステム要件がすべて満たされている場合、Citrix WorkspaceアプリでCitrix Readyワークスペースハブが有効になります:

  • iOS向けCitrix Workspaceアプリ1810.1以降
  • Bluetoothに対応している
  • モバイルデバイスとワークスペースハブが同じWi-Fiネットワークを使用している

構成

Citrix Readyワークスペースハブの各機能を有効にするには、デバイス上で [設定] に移動し、[Citrix Casting] をタップして機能を有効化します。詳しくは、iOSデバイスのヘルプドキュメントを参照してください。

既知の制限事項

  • VDA 7.18およびそれ以前の場合、ワークスペースハブにキャストするには、使用するデスクトップまたはその他のリソースでH.264の全画面ポリシーが有効、および従来のグラフィックモードポリシーが無効になっている必要があります。

セッション共有

iOS向けCitrix Workspaceアプリアカウントからログオフするときに、実行中のアプリケーションやデスクトップが検出されると、セッションを切断するかログオフするかを選択する画面が開きます:

  • 切断:アカウントからログオフされますが、Windowsアプリケーションやデスクトップはサーバー上で実行されたままになります。ほかのデバイス上のiOS向けCitrix Workspaceアプリからこのセッションに再接続すると、切断時の状態から作業を続行できます。このオプションにより、ユーザーがほかのデバイスに移動して、作業を続行できるようになります。
  • ログオフ:実行中のWindowsアプリケーションが終了し、Citrix Virtual Apps and Desktopsサーバーからログオフされます。このオプションによりCitrix Workspaceセッションが終了します。次にiOS向けCitrix Workspaceアプリを起動すると、デフォルトの画面が開きます。