解決された問題

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU7

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU6との比較

コンテンツリダイレクト

  • Desktop Viewerが全画面モードに設定されており、エンドポイントデバイスでデフォルトのブラウザーが最大化されている場合、コンテンツの双方向リダイレクト機能によってローカルのデフォルトのブラウザーウィンドウが前面に表示されない場合があります。この問題は、ローカルのデフォルトのブラウザーがInternet Explorer以外の場合に発生します。[CVADHELP-19041]

ログオン/認証

  • Citrix Gateway URLを追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示されて断続的に失敗する場合があります:

    認証サービスにアクセスできません。

    [CVADHELP-19415]

セッション/接続

  • Storebrowseユーティリティを使用してCitrix Gateway URLのリソースを列挙すると、構成されたDelivery Controllerの少なくとも1つに到達できない場合に失敗する可能性があります。[CVADHELP-15416]

  • Citrix IMEが有効になっていると、特定のサードパーティアプリケーションが応答せず、ユーザーセッションでのアプリケーションの起動が失敗する場合があります。この問題は、CtxImeモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-18511]

  • アプリを更新または起動しようとすると、「ストアにアクセスできません」エラーメッセージが表示されることがあります。この問題は、特定のサブスクライブ済みアプリのショートカットの説明の取得に失敗した場合に発生します。

    現在アプリケーションを使用できません。しばらく待ってから再試行するか、ヘルプデスクに次の情報を知らせてください:ストアにアクセスできません。

    [CVADHELP-18736]

  • selfservice.exe –init –ipoll –exitコマンドを使用した後、ユーザーセッションを起動しようとすると失敗する場合があります。[CVADHELP-19095]

  • この修正により、HKEY_LOCAL_MACHINEルートレジストリツリーでTWITaskbarGroupingModeGroupNoneに設定できます。HKEY_CURRENT_USERとHKEY_LOCAL_MACHINEの両方に設定する必要はありません。TWITaskbarGroupingModeキーは、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Lockdown Profiles\All Regions\Lockdown\Virtual Channels\Seamless Windowsにあります。[CVADHELP-19106]

ユーザーエクスペリエンス

  • マルチモニター環境で[操作時は低品質]ポリシーが有効になっている場合、ノートブックと外部モニターにまたがった画面が歪む可能性があります。[CVADHELP-19065]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU6

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU5との比較

クライアントデバイスの問題

  • Citrix Workspaceアプリセッションで、YouTubeビデオまたはMicrosoft Teams呼び出しを開始してからヘッドセットを切断すると、セッションが応答しなくなることがあります。[CVADHELP-17629]

インストール、アンインストール、アップグレード

  • セルフサービスをインストールせずにWindows向けCitrix WorkspaceアプリをバージョンCU4からバージョンCU5にアップグレードすると、次のプロンプトが表示されることがあります:

    サポートされていないバージョンからのアップグレード

    Citrix Workspaceは、古いバージョンを自動的にアンインストールし、すべての設定を削除します。これらの設定は後で復元できます。それ以外は、すべてを手動で削除する必要があります。[OK]をクリックして続行します。

    [CVADHELP-18790]

ログオン/認証

  • 間違ったパスワードを使用してCitrix Gatewayにログオンすると、ユーザーアカウントをロックアウトしてしまう可能性のある複数回の認証をStorebrowseが試行します。[CVADHELP-17467]

  • Citrix Gatewayを介してスマートカードを使用しようとすると、初期化後にCitrix Workspaceアプリの認証が失敗することがあります。15分後に認証プロセスを更新すると、Citrix Workspace内の組み込みブラウザーに404エラーメッセージが表示されることがあります。これにより、アプリを閉じて再度開くまで、アプリが認証ループで停止します。[CVADHELP-18305]

セッション/接続

  • フォルダーリダイレクト共有がオフラインのときにフォルダーリダイレクトを使用して公開アプリケーションを開くと、次のエラーメッセージが表示されて失敗することがあります。

    Unable to launch application」(アプリケーションを起動できません)

    [CVADHELP-16387]

  • [ユーザーごとに1つのインスタンスに制限] オプションと [vPrefer] オプションを有効にして、ショートカットを使用してアプリケーションを開こうとすると、Citrix Directorに接続失敗エラーが表示されることがあります。[CVADHELP-17372]

  • 電話会議中に、HDX最適化モードでMicrosoft Teamsを使用 すると、着信のビデオ部分がちらつく場合があります。[CVADHELP-17398]

  • Citrix Workspaceアプリが、内部ストアの外部ビーコンをポーリングすることがあります。この修正により、ストアがゲートウェイなしで使用された場合は外部ビーコンはポーリングされません。[CVADHELP-18275]

  • Citrix Workspaceアプリを介して公開されたアプリケーションのショートカットは、適切な権限がないと作成できません。その結果、更新のたびにアイコンがユーザープロファイルにダウンロードされ、エンドポイントのキャッシュサイズが増加し、StoreFront側のCPU消費量が増加することがあります。[CVADHELP-18609]

  • Mac向けCitrix WorkspaceアプリからWindows向けCitrix Workspaceアプリへの、最適化されたMicrosoft Teamsピアツーピア呼び出しが、切断されることがあります。[CVADHELP-18696]

  • クライアントに複数のNICがある場合、クライアントIPアドレスを指定するアクセスポリシー規則を使用してデリバリーグループからセッションを起動すると、失敗することがあります。

    Rule: Set-BrokerAccessPolicyRule -Name <rulename> -includedClientIPs <Client ip address>

    [CVADHELP-18783]

システムの例外

  • Citrix Authentication Manager(AuthManSvr.exe)は、ログオン中に予期せず終了することがあります。[CVADHELP-17233]

ユーザーエクスペリエンス

  • マルチモニター環境でウィンドウモードでデスクトップウィンドウを開くと、次の動作が見られることがあります。

    モニター1で開いてモニター2にドラッグしたウィンドウが、モニター2ではなくモニター1で最大化されて表示されることがあります。

    [CVADHELP-17373]

ユーザーインターフェイス

  • この修正により、複数のアカウントと現在のアカウントレジストリが構成されている場合に、必要なアカウントに切り替えることができます。 [CVADHELP-17718]

  • グループポリシーオブジェクトを使用して有効なストアと無効なストアを一緒に構成すると、有効なストアで最初にX1ユーザーインターフェイスではなく、非X1または緑色の泡のユーザーインターフェイスが表示されることがあります。[CVADHELP-17942]

  • Citrix Workspaceアプリでストアアカウントを無効にしても、[スタート] メニューまたはデスクトップから、アプリのショートカットが削除されないことがあります。[CVADHELP-18260]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU5

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU4以降の修正

クライアントデバイスの問題

  • Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU4を使用している場合、COMポートに接続されているデバイスが9台を超える場合、セッション内でのマッピングに失敗する可能性があります。[CVADHELP-17734]

インストール、アンインストール、アップグレード

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリを/forceinstallパラメーターを使用してアップグレードしようとすると、失敗することがあります。この問題は、Receiverクリーンアップユーティリティがクリーンアッププロセスの開始に失敗した場合に発生します。[CVADHELP-17656]

ログオン/認証

  • Citrix Gatewayセッションがタイムアウトになった場合、アプリケーションの起動時にCitrix Workspaceが認証を要求しないことがあります。[CVADHELP-17187]

シームレスウィンドウ

  • 一部のサードパーティアプリケーションは前面に残り、起動された他のアプリケーションがバックグラウンドに保持される場合があります。[CVADHELP-16897]

セキュリティの問題

  • USB .catファイルがSHA-1証明書で署名されている場合、Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSRをインストールしようとすると失敗する可能性があります。[CVADHELP-17679]

セッション/接続

  • GPUシンクライアント上でHTMLまたはアニメーションを使用する一部のブラウザーでWebページを参照すると、Windows向けCitrix Workspaceアプリが応答しなくなることがあります。この問題は、wfica32プロセスが大量のメモリを消費する場合に発生します。[CVADHELP-16172]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリをバージョン1912 LTSR CU1またはCU2にアップグレードした後、セッション画面の保持に失敗する可能性があります。この問題は、Enlightened Data Transport(EDT)プロトコルが有効になっていて、接続がCitrix Gatewayを経由している場合に発生します。[CVADHELP-16694]

  • エンドポイントでCGPポート(2598)がブロックされている場合、Windows向けCitrix Workspaceアプリを介してセッションを起動しようとすると失敗する可能性があります。[CVADHELP-17632]

ユーザーエクスペリエンス

  • この修正では、新しいグループポリシーオブジェクト設定(Trusted Store Accounts List)を利用して信頼アカウントのポップアップが表示されないようにします。[CVADHELP-16597]

  • VDAで一部のサードパーティアプリケーションを使用すると、マウスの動きに遅延が発生する場合があります。[CVADHELP-16737]

ユーザーインターフェイス

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU2を使用している場合、[スタート]メニューのショートカットが自動的に更新されないことがあります。この問題は、新しいアプリケーションが追加されたとき、またはバックエンドで変更が加えられたときに発生します。[CVADHELP-17122]

  • レジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\DazzleのCurrentAccount値をAllAccountに設定すると、有効にならない場合があります。この問題は、1つまたは複数のストアアカウントが存在する場合に発生します。[CVADHELP-17229]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリを使用してWyseシンクライアントデバイスにログオンしようとすると、認証プロンプトがDesktop Lock画面の背後に表示される場合があります。その結果、認証プロンプトウィンドウを前面に表示するまでログオンできません。[CVADHELP-17880]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU4

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU3との比較

クライアントデバイスの問題

  • クライアントCOMポートリダイレクトポリシーを有効にすると、BluetoothデバイスのCOMポートにアクセスできないことがあります。[CVADHELP-14939]

ログオン/認証

  • ユーザー名にウムラウト記号が含まれている場合、Windows向けCitrix Workspaceアプリのバージョン1912 LTSR CU3にログオンしようとすると失敗することがあります。[CVADHELP-17267]

セキュリティの問題

  • 制御フローガードのバイナリ保護が、バイナリから欠落している可能性があります。[CVADHELP-16531]

セッション/接続

  • ピアツーピア通話中にMicrosoft Teamsの画面共有機能を使用すると、黒い画面が表示されることがあります。[CVADHELP-15605]

  • HDXアダプティブトランスポートポリシーが優先に設定され、EDT MTU検出が有効になっている場合、アプリケーションまたはデスクトップを起動しようとしたときに、警告メッセージとともに灰色または黒色の画面が表示されることがあります。[CVADHELP-15805]

  • アプリケーションを無効にしたり、ショートカットのパスを変更したりした後も、そのアプリケーション用に作成したショートカットが削除されない場合があります。[[CVADHELP-16448]

  • Citrix Gatewayを経由してVPN接続を接続または切断すると、Windows向けCitrix Workspaceアプリを使用してアプリケーションを起動できないことがあります。[CVADHELP-16714]

  • ダブルホップシナリオでは、エンドポイントクライアント名がDelivery ControllerまたはDirectorに渡されないことがあります。この問題は、VDAバージョン2003以降で発生します。[CVADHELP-16783]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリをバージョン1912 LTSR CU1またはCU2にアップグレードした後、セッション画面の保持に失敗する可能性があります。この問題は、Enlightened Data Transport(EDT)プロトコルが有効になっていて、接続がCitrix Gatewayを経由している場合に発生します。[CVADHELP-16694]

ユーザーエクスペリエンス

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリのバージョン1912 LTSR CU2を使用している場合、セッションで画面の内容を不鮮明にするグラフィックアーティファクトが表示されることがあります。[CVADHELP-16451]

  • Citrix Receiver for Windows 4.9.6をCitrix Workspaceアプリのバージョン1912 LTSR CU2またはCU3にアップグレードした後、アプリケーションのショートカットを起動しようとすると、一部のデスクトップでショートカットアイコンが点滅することがあります。[CVADHELP-16967]

ユーザーインターフェイス

  • セッションの実行中に [ログアウト] を選択すると、操作が正しいかどうかを確認する [サインアウト] プロンプトが表示されます。[キャンセル] をクリックするとエラーが発生します。[CVADHELP-15516]

  • Citrix Receiver for Windows 4.9 LTSR CU7を、Windows向けCitrix WorkspaceアプリのバージョンCU2またはCU3にアップグレードして、デフォルトのストアアカウントを設定しようとすると、整合性のない動作が発生することがあります。たとえば、デフォルトのストアアカウントは、常にデフォルトの「すべてのアカウント」になります。この変更により、Citrix Workspaceアプリを終了して再起動した後でも、プライマリストアアカウントは別のストア名に設定されたままになります。[CVADHELP-16903]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU3

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU2以降の修正

インストール、アンインストール、アップグレード

  • 手動で作成したショートカットを使用してCitrix Workspaceアプリを更新しようとすると、ショートカットが削除されてから再作成される場合があります。[CVADHELP-15397]

キーボード

  • 日本語キーボードを使用する場合、ローカルアプリアクセスを介して起動されたMicrosoft Excelでは、全角入力モードが機能しないことがあります。この問題は、アプリ保護機能が有効になっているWindows向けCitrix Workspaceアプリで発生します。[CVADHELP-15410]

ログオン/認証

  • [サインインしたままにする] ポリシーと [今後60日間はこのメッセージを表示しない] ポリシーを有効にした場合でも、Microsoft Azure多要素認証が認証を要求することがあります。

    注:

    ユーザーは、ストアからログオフするのではなく、ストアを終了することをお勧めします。ユーザーがWebビュー認証を使用してストアからログオフすると、Internet ExplorerのCookieがクリアされるため、再度認証を求められる場合があります。デフォルトでは、修正が有効になっています(Cookieが保存されます)。[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[ユーザー認証][永続的なCookieが保存されないようにします] GPOポリシーを有効にすることで、この修正を無効にできます。修正を無効にすると、Cookieは保存されずログオフ中にクリアされます。修正を無効にすると、Cookieは保存されずログオフ中にクリアされます。

    [CVADHELP-14814]

  • Azure Active Directory(AD)に参加しているデバイスで、Citrix Workspaceアプリがストアにアクセスしようとしてエンドポイントのログオン資格情報を渡すと、ユーザーにログオンが許可されない場合があります。また、別のユーザーアカウントでログオンするオプションはありません。[CVADHELP-14844]

印刷

  • 生データ形式で印刷キューに送信すると、印刷されないことがあります。この問題は、XPSプリンタードライバーを使用すると発生します。[CVADHELP-14497]

セッション/接続

  • 特定のシナリオでは、Citrix Studioに表示されるシトリックス製品のライセンスの使用状況が、Citrix License Managerに表示されるライセンス使用状況と一致しません。[CVADHELP-14950]

  • vPreferオプションを有効にすると、App-Vアプリケーションがローカルサーバーではなくリモートサーバーで起動することがあります。[CVADHELP-15356]

  • ネイティブのWindows向けCitrix Workspaceアプリ経由で公開デスクトップを起動すると、ネイティブのCitrix Workspaceアプリがデスクトップのフォアグラウンドで自動的に実行されます。この問題は、ローカルアプリアクセス機能が有効になっている場合に発生します。[CVADHELP-15654]

  • Selfservice.exeプロセスが応答しなくなり、.NET-BroadcastEventWindow.4.0.0.0.1プロンプトが表示されることがあります。この問題は、Windows 10バージョン1909を実行しているシステムからログオフしようとすると発生します。[CVADHELP-15700]

  • セッションの確立時にすべてのストアアカウントに接続するようにWindows向けCitrix Workspaceアプリを構成します。Citrix Workspaceアプリからログオフして再度ログオンすると、ストアアカウント設定が、デフォルトですべてのアカウントに設定されず、1つのストアアカウントに変更されます。[CVADHELP-15728]

  • 双方向コンテンツリダイレクトポリシーを有効にすると、URLをクライアントからVDAにリダイレクトしようとして失敗する場合があります。[CVADHELP-15739]

  • プロキシサーバーがポート8080を使用しないシナリオでは、Citrix Workspaceアプリが公開アプリケーションおよびデスクトップに接続できないことがあります。この問題は、Windows向けCitrix Workspaceアプリがプロキシポートの使用に失敗し、代わりにデフォルトポートの8080を使用する可能性があるために発生します。[CVADHELP-15977]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリは、プロキシの種類の設定を無視することがあります。この問題は、英語版以外のMicrosoft Windowsオペレーティングシステムで発生します。[CVADHELP-16017]

  • EnableFactoryResetレジストリ設定がFalseに設定されている場合、Citrix Workspaceアプリをアンインストールしようとすると、次のエラーメッセージが表示されて失敗することがあります:

    この機能は無効になりました。

    [CVADHELP-16114]

  • Microsoft Teamsが最適化モードになっている場合に電話会議に参加すると、音声が乱れる可能性があります。[CVADHELP-16232]

システムの例外

  • EchoCancellationポリシーを有効にして音質を中に設定すると、wfica32.exeプロセスが断続的に終了し、セッションが最終的に切断される場合があります。[CVADHELP-14568]

  • Receiver.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。[CVADHELP-15669]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU2

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU1以降の修正

インストール、アンインストール、アップグレード

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリをバージョン190xからバージョン1912にアップグレードしようとして、失敗することがあります。この問題は、問題のあるファイルが実行可能フォルダーのパスのいずれかに存在する場合に発生します。[CVADHELP-15277]

  • Citrix Workspaceアプリをバージョン1912からバージョン1912 CU1または2006に更新しようとすると、Citrix Workspaceアプリの更新機能が英語以外の言語のオペレーティングシステムで機能しない場合があります。[CVADHELP-15357]

キーボード

  • 中国語の入力システム(IME)Wuxiamiを使用すると、Shiftキーが押されたままになる場合があります。この問題は、一般的なローカル時間がONに設定されている場合に発生します。[CVADHELP-15243]

セキュリティの問題

  • この修正により、セキュリティ上の問題が1件解決されます。詳しくは、Knowledge CenterのCTX277662を参照してください。[CVADHELP-15613]

セッション/接続

  • レジストリ編集ツールを無効にすると、アップグレードを実行した後、以前インストールされたレジストリキーが保持されない場合があります。その結果、デスクトップを起動しようとすると失敗します。[CVADHELP-15104]

  • Citrix Workspaceアプリでは、1911より前のバージョンでスクリプトエラーが表示され、バージョン1911以降で空白のページが表示される場合があります。この問題は、MicrosoftセキュリティベースラインGPOポリシーが適用されている場合に、Internet Explorer WebBrowserコントロールを使用してログインページを表示するストアで発生します。[CVADHELP-15475]

  • ダブルホップシナリオでは、[スタート] メニューのショートカットを使用してアプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。この問題は、1ユーザーにつき1つのインスタンスのアプリケーション制限を有効にした場合に発生します。[CVADHELP-15576]

  • Citrix Workspaceアプリバージョン1912以降でストアにログオンすると、アプリケーションの列挙に失敗する場合があります。[CVADHELP-15597]

ユーザーエクスペリエンス

  • VPN経由でSelf-service Plug-in(SSP)に接続する場合、SSPの更新に失敗する可能性があります。[CVADHELP-14418]

  • SelfService.exe -init -ipoll-exitコマンドを使用してSelfService.exeプロセスを閉じようとすると失敗する場合があります。[CVADHELP-15126]

  • HP Active Stylusペンを使用して公開アプリケーションに書き込む場合、書き込み機能に3〜4秒の遅延が発生する場合があります。[CVADHELP-15203]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリを新規インストールした後、または既存のインストールを最新のものにアップグレードした後、セッションを起動しようとすると失敗する場合があります。セッションの起動が「デスクトップを準備しています」画面で停止します。この問題は、Citrix Gateway URLを使用してDesktop Lockを構成するときに発生します。

    注:

    Citrix Gateway URLとDesktop Lockを使用してWindows向けCitrix Workspaceアプリを初めて構成するときに、Desktop Lockが表示されるまでしばらくの間黒い画面が表示されます。黒い画面が長時間続く場合、物理マシンの場合はCtrl+Alt+Deleteキーを使用して、仮想マシンの場合はCtrl+Alt+Endキーを使用してサインアウトします。

    [CVADHELP-15334]

  • Citrix Workspaceアプリをバージョン1912からバージョン1912 CU1にアップグレードした後、アプリケーションの列挙が遅くなり、完了までに約10分かかる場合があります。[CVADHELP-15766]

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU1 Hotfix 1 for Windows(19.12.1001)

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU1との比較

セキュリティの問題

  • この修正により、セキュリティ上の問題が1件解決されます。詳しくは、Knowledge CenterのCTX277662を参照してください。[CVADHELP-15613]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR CU1

Citrix Workspaceアプリ1912 LTSR以降の修正

コンテンツリダイレクト

  • 長いURLをリダイレクトしようとすると、URLがVDAにリダイレクトされず、Redirector.exeプロセスが次の例外で予期せず終了することがあります。

    INVALID_CRUNTIME_PARAMETER

    [CVADHELP-13197]

インストール、アンインストール、アップグレード

  • Windows 10を実行しているVDAに対してCitrix Workspaceアプリをインストールまたはアップグレードしようとすると失敗することがあります。この問題は、次の手順の実行時に発生します:

    1. Citrix Workspaceアプリをインストールします。
    2. VDAをインストールします。
    3. Citrix Workspaceアプリを新しいバージョンにアップグレードします。

    この問題は、アップグレードまたはインストールによってCitrixディスプレイアダプターが削除されるために発生します。[CVADHELP-13764]

  • 自動更新機能を使用して、HDX RealTime Media Engine(RTME)とCitrix Workspaceアプリを自動的に更新しようとすると失敗する場合があります。RTMEを最新バージョンにアップグレードできません。[CVADHELP-15047]

ログオン/認証

  • 2つの異なるアカウントを使用してWindows向けCitrix Workspaceアプリに2つのストアを追加すると、プライマリストアを削除した後、セカンダリストアでサインインボタンが機能しないことがあります。[CVADHELP-13805]

  • 多要素認証が有効で、Windowsセキュリティダイアログを使用してログインする場合、ストアへの認証時にActive Directoryフェデレーションサービス(ADFS)ダイアログは表示されません。[CVADHELP-14316]

  • Citrix Workspaceアプリを介してシングルサインオン(SSO)をサポートするようにCitrix Gatewayを構成すると、SSOが失敗する場合があります。この問題は、ユーザー名またはパスワードに%=&などの特殊文字が含まれている場合に発生します。[CVADHELP-14564]

SDK

  • この修正により、従来の秘密キーハンドルのサポートが強化されます。[CVADHELP-14530]

セッション/接続

  • ローカルアプリアクセスとDesktop Lockを有効にした場合、Ctrl+Alt+Delキーを押した後にユーザーの切り替え機能を実行すると、ローカルユーザーセッションが再接続されることがあります。ただし、サーバーセッションが再接続しようとすると、VDAが白い画面で表示され、デスクトップに接続されたことを示すメッセージが表示されます。デスクトップは表示されません。[CVADHELP-13046]

  • マルチモニター環境では、ユーザーセッションを最大化しようとすると失敗する場合があります。この問題は、ノートブックを再接続すると発生します。[CVADHELP-13614]

  • ダブルホップシナリオでは、セッションを起動しようとすると、Citrix HDX Engineが予期せず終了することがあります。[CVADHELP-13915]

  • Citrix WorkspaceアプリでvPreferオプションを有効にすると、App-Vアプリケーションの起動に失敗して、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    起動できません

    [CVADHELP-14039]

  • 公開アプリケーションを [お気に入り] に追加すると、開くことができるアプリケーションが1つだけになります。この問題は、公開アプリケーションがKEYWORDS:prefer=”<application_name>と同じ実行可能ファイルの名前を使用すると発生します。[CVADHELP-14098]

  • Citrix Workspaceアプリのアップグレード後、廃止される機能であるHDX MediaStream for Flashに関連したレジストリ値(FlashおよびFlash2など)が、レジストリ設定( HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\ICA 3.0\VirtualDriver)から削除されない場合があります。この問題は、接続エラーを引き起こす可能性があります。[CVADHELP-14850]

システムの例外

  • セッションへ接続しようとすると、wfica32.exeプロセスが予期せずに終了する場合があります。この問題は、Windows向けCitrix Workspaceアプリのバージョン1904.1で発生します。[CVADHELP-12807]

  • ローカルアプリアクセスを有効にすると、セッションが応答しなくなり、次のエラーメッセージが表示される場合があります:

    Citrix HDX Engine is not responding

    [CVADHELP-14058]

  • セルフサービスモードを構成せずにCitrix Workspaceアプリをインストールしようとすると、例外が発生する場合があります。この問題は、[高度な設定] シートから [ショートカットと再接続] メニューを開いたときに発生します。この問題は、Citrix Workspaceアプリのバージョン1907〜2002で発生します。[CVADHELP-14940]

TWAIN

  • TWAINデバイスを使用してスキャンを実行しようとすると失敗する場合があります。Windowsタスクマネージャーの [アプリケーション] タブの [状態] 列に、Citrix HDX Engineが「応答なし」と表示されます。[CVADHELP-14782]

ユーザーエクスペリエンス

  • マルチセッションOS対応VDAが最初のホップで実行され、公開アプリケーションが2番目のホップで実行されるダブルホップシナリオでは、Citrix Workspaceアプリのアカウントメニューの[アプリ一覧の更新]オプションが機能しない場合があります。[CVADHELP-13230]

  • Windows向けCitrix WorkspaceアプリでストアURLを使用してアカウントを追加すると、完了までに時間がかかる場合があります。この問題は、URLにポート番号が含まれている場合に発生します。[CVADHELP-14051]

  • システムトレイに2つのCitrix Workspaceアプリアイコンが表示されます。この問題は、Citrix Workspaceアプリバージョン1912で発生します。[CVADHELP-14577]

  • VDA環境でシングルサインオンを使用すると、スプラッシュスクリーンが表示される場合があります。この問題は、Windows向けCitrix Workspaceアプリをバージョン1911以降にアップグレードすると発生します。[CVADHELP-14590]

ユーザーインターフェイス

  • アプリケーションが、現在のアプリケーションに代わって前面に移動しようと断続的に試みることがあります。タスクバーのアイコンが点滅し、アプリケーションが前面への移動を試みていることをユーザーに通知する場合があります。[CVADHELP-13071]

Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912 LTSR

注:

現在、Citrix Workspaceアプリ1911の最新リリースを使用していて、LTSRトラックに移行しようとしている場合:

このリリースには、Citrix Workspaceアプリ1911と比較して、以下の修正が含まれています。

現在、Citrix Receiver for Windows 4.9を使用していて、LTSRトラックのまま使用する場合:

このリリースでは、Citrix Receiver for Windows 4.9(CUを含む)から4.12までに含まれるすべての修正と、Citrix Workspaceアプリ1808から1911までに含まれるすべての修正に加えて、Citrix Workspaceアプリ2002に含まれる、次の一覧に示す修正(Citrix Workspaceアプリ1911と比較した)が含まれています:バージョン1912には、Citrix Receiver for Windows 4.9 LTSR CU9とCitrix Workspaceアプリバージョン1911の間のすべての修正に加えて、次の修正が含まれています:

HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト

  • マルチモニター環境では、ユーザーセッションでWindows Media Playerを使用してMP4ビデオを再生すると、ビデオがプライマリモニターで正しく再生されます。ただし、プレーヤーを別の画面に移動すると、ドッキングステーションを使用してDisplayLink経由で接続されたセカンダリモニターまたは拡張モニターに黒い画面が表示される場合があります。[CVADHELP-11848]

セッション/接続

  • 高速スマートカードを使用してHDX RealTime Media Engineからセッションに再接続しようとすると、HDX RealTime Media Engineが予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-12605]
  • 公開アプリケーションが短時間に短い音を再生するための要求を多数受信すると、wfica32.exeプロセスが予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-12855]
  • セッションがタイムアウトになると、自動的にログオフする場合があります。セッションを再度起動しようとすると、セッションの起動に通常より時間がかかります。この問題は、ネットワークが中断したときに発生します。[CVADHELP-13017]
  • シームレスアプリケーションウィンドウは、部分的に欠けた状態になり、手動でウィンドウのサイズを変更するまで欠けたままになることがあります。[CVADHELP-13108]
  • Workspaceアプリが、更新または起動するたびに、ショートカットアイコンの有無をチェックするようになりました。アイコンがない場合、Workspaceアプリは再びアイコンを取得します。これにより、ショートカットが適切に表示されます。[RFWIN-15501]
  • コンテンツの双方向リダイレクトポリシー([コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[従来の管理用テンプレート(ADM)]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[ユーザーエクスペリエンス]) を有効にしようとすると、URL固有のアプリケーションまたはデスクトップの上書きを有効にしていなくても、URL固有のエントリの入力を求められます。[RFWIN-15867]

システムの例外

  • CDFトレースのキャプチャ中に、Receiver.exeプロセスが予期せず終了することがあります。[CVADHELP-13077]