Synchronizer

Synchronizerは、仮想マシン(VM)をDesktopPlayerクライアントに配信するために使用されるサーバーです。次の項目を管理します。

  • ユーザー(それぞれに割り当てられているコンピューター、仮想マシン(VM)、ポリシー、仮想アプライアンスの割り当て、および各VMのバックアップ)
  • グループ(どのユーザーがどのグループに属しているか、およびグループ割り当て)
  • VM(OSの種類とバージョン、グループとユーザー、ポリシーの割り当て)
  • ポリシー(バックアップ頻度、USBおよびその他のデバイス制御、VMとコンピュータのアクセス制御など)
  • ソフトウェア(ソフトウェアライブラリで使用可能なもの、および割り当てられたVM)
  • コンピューター(ユーザーに登録され、仮想マシンを実行するDesktopPlayerを実行しているコンピューター)
  • イベント(Synchronizerの各オブジェクトのアクションの詳細な監査記録)

Synchronizerは、仮想マシンを構築し、ユーザーとそのグループを管理し、Active Directoryの統合を処理し、仮想マシンをユーザーに割り当てます。コンピューターから接続されると、更新された仮想マシンとポリシーを送信します。

管理者は、Synchronizerを使用して、VMを実行しているコンピューターに関する情報(ディスク使用量、使用可能なハードウェア、および診断)を要求できます。

現在のリリース:5.9.1

リリースノート(PDFのダウンロード)

インストール前のチェックリスト(PDFダウンロード)

クイックインストールガイド(PDFのダウンロード)

インストールに関する注意事項と例(PDFのダウンロード)

クイックスタートガイド(PDFのダウンロード)

Synchronizer