ライセンスの種類

Citrix製品は、このドキュメントで説明されているライセンスの種類のいずれかを使用します。一部の製品では、複数の種類のライセンスを選択できます。購入したライセンスの種類とそれらの使用方法を確認してください。一部のライセンスの種類では、機能としてライセンスの超過使用保護追加猶予期間を提供します。

Citrixライセンスサーバーは、Citrixライセンスを必要とするすべてのCitrix製品をサポートします。詳しくは、「製品とライセンスモデル」を参照してください。

ユーザー/デバイスライセンス

概要

ライセンスの種類がユーザー/デバイスの場合、ライセンスサーバーは使用状況に応じてユーザーまたはデバイスに動的にライセンスを割り当て、ライセンスの消費を監視します。デフォルトの割り当てはユーザーライセンスです。ライセンスサーバーは、各接続とその最適化エンジンを考慮します。これにより、ユーザーIDとデバイスIDに基づいて使用されるライセンスの数が最小になります。

ライセンスサーバーは、eng@abc.comcitrite@abc.comが同じユーザーとして扱われるように、デフォルトでドメイン名を切り捨てます。詳しくは、「ドメイン名切り捨ての無効化」を参照してください。

注:

ライセンスをホストしているドメインにライセンスサーバーを参加させないでください。

シナリオ

  • ライセンスがユーザーに割り当てられた場合。ユーザーライセンスにより、ユーザーは無制限の数のデバイスからアクセスできます。ライセンスが割り当てられたユーザーは、Active Directoryエントリなど一意のユーザーIDを必要とします。

たとえば、ユーザーは、デスクトップ、ノートブック、スマートフォン、シンクライアントなどの複数のデバイスを使用して、デスクトップやアプリケーションに接続できます。この場合、1人のユーザーがCitrix Virtual Desktopsの複数のインスタンスに同時に接続することができます。

  • ライセンスがデバイスに割り当てられている場合。複数のユーザーが排他的に共有されているエンドポイントデバイスに接続すると、デバイスにデバイスライセンスが割り当てられます。

たとえば、複数のユーザーが使用するコールセンター環境のキオスクやワークステーションなどの単一の共有デバイスです。

次の表では、ユーザー/デバイスライセンスが非共有デバイスと排他的に共有されたデバイスに割り当てられています。青色のセルには、デバイスが共有されていないユーザーライセンスが表示されています。緑色のセルには、デバイスが排他的に共有されているデバイスライセンスが表示されています。

ユーザー/デバイスライセンスの割り当て

ライセンス割り当て期間

ユーザーまたはデバイスがアプリケーションまたはデスクトップに接続すると、割り当て期間が90日のライセンスが1つ消費されます。ライセンス割り当て期間は、接続が確立されたときに開始します。この期間は、接続されている間90日満期で更新されます。ライセンス割り当てのユーザー/デバイスリースは、最後に接続したユーザーまたはデバイスが切断されてから90日で期限切れになります。

ユーザーやデバイスのライセンスの解放

次の場合に限り、ユーザーのライセンスを解放できます:

  • 会社への関連付けがなくなった従業員。
  • 長期休暇中の従業員。

デバイスのライセンスの解放が必要になるのは、デバイスが故障した場合などです。

詳しくは、「ユーザーやデバイスのライセンスの表示と解放」を参照してください。

ライセンスの最適化

ライセンスサーバーの最適化処理により、ライセンス消費を最小化する方法が決定されます。最適化は、使用中のライセンスおよびライセンスサーバーへの接続に基づきます。この最適化は5秒間隔で実行され、個別の接続数が5000になるまで継続されます。接続数が5000以上になると、最適化は5分ごとになります。このため、管理コンソールに表示されるライセンス使用量が更新されるまでに時間がかかる場合があります。

個別の接続数が1~4999の場合は5秒ごとに、5000以上の場合は5分ごとに最適化が行われます。

最適化は消費ではありません。次の表は、最適化が行われるときの接続と最適化の間隔の例です。

デバイスとユーザーの接続 最適化の間隔
700ユーザー * 1デバイスごと 700(5秒間隔で最適化)
5000ユーザー * 1デバイスごと 5000(5分間隔で最適化)
5000デバイス * 1ユーザーごと 5000(5分間隔で最適化)
2500ユーザー * 2デバイスごと 5000(5分間隔で最適化)

注:

  • 大規模な展開環境では、個別の接続数によっては、最適化によりCPUに負荷がかかることがあります。マルチコアのマシンの使用をお勧めします。
  • 多くのライセンスサーバーまたは共有ディスクシステムをホストしている場合、頻繁な読み取りおよび書き込み操作が発生します。すべてのライセンスサーバーのユーザー数が5000人未満の場合でも、それぞれが5秒ごとに最適化し、キャッシュデータをディスクに書き込みます。最適化を無効にしたり、頻度を変更したりすることはできません。

同時使用ライセンス

概要

同時使用ライセンスは、特定のユーザーID、Active Directoryアカウント、またはドメインに関連付けられていません。同時使用ライセンスは、元のエンドポイントのデバイスIDに基づきます。

ライセンスを要求する製品を起動すると、一意のエンドポイントのデバイスIDにチェックアウトされます。ログオフするか、セッションから切断すると、ライセンスがチェックインされ、新しいユーザーが使用できるようになります。

シナリオ

  • 異なるコンピューターから複数のセッションを起動すると、複数のライセンスが使用されます。さまざまなデバイスからCitrixセッションを開始するたびに、そのセッションを閉じるまでライセンスがチェックアウトされます。そのユーザーが各コンピューターやデバイスでセッションを閉じると、ライセンスがチェックインされます。

    たとえば、ユーザーがあるコンピューターからセッションを起動し、別のコンピューターからもう1つのセッションを起動する場合は、最初のセッションを閉じるまでは、2つのライセンスがチェックアウトされます。

  • ライセンスサーバー間で通信することはありません。複数のライセンスサーバーを実行している場合、複数のライセンスを使用していることがあります(負荷分散などの場合)。負荷分散を使用している場合は、同じ製品が動作するサーバーは同じライセンスサーバーを参照するように設定することをお勧めします。

  • 異なるエディションでは異なるライセンスが消費されます。同じクライアントを使用して、それぞれAdvanced EditionとPremium Editionで実行されているアプリケーションに接続する場合、2つのライセンスが消費されます。

  • 同じ製品、エディション、ライセンスモデルは単一のライセンスを消費します。同じエディションとライセンスモデルが構成され、同じライセンスサーバーを参照する異なる製品サーバーに対して、単一のデバイスから複数の接続を行う場合、1つのライセンスのみが消費されます。

  • ライセンス共有の場合、Citrix Virtual Apps and Desktopsのパススルー接続がエンドポイントクライアントのデバイスIDを製品サーバーに渡します。共有ライセンスサーバーを使用して単一の製品、エディション、ライセンスモデルに接続する場合、すべての接続で単一のライセンスが共有されます。

  • ユーザーは、単一のデバイスから同じエディションの違うバージョンの2つの製品サーバーに接続します。接続の順番によって、1つまたは2つのライセンスが消費されます。

    たとえば、2つのサーバーがCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1811とCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1903の場合:

    • ユーザーは最初にCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1811に接続します。2つのライセンスが消費される可能性があります。最初に古い製品の古いライセンス、次に新しいライセンスが消費されます。これは、バージョン1903では、最新のカスタマーサクセスサービスの日付が必要なためです。詳しくは、「カスタマーサクセスサービス」を参照してください。
    • ユーザーが先にCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1903に接続した場合。バージョン1903で必要なカスタマーサクセスサービスの日付は、古い製品バージョンのすべてと互換性があるため、ライセンスは1つだけ消費されます。
    • インストールされているすべてのライセンスのカスタマーサクセスサービスの日付がすべての製品バージョンと互換性がある場合は、接続デバイスごとに1つのライセンスが必要です。
  • RDP接続によりライセンスが消費されます。ただし、コンソールセッションに接続する場合は消費されません。

  • 接続数が購入済みで使用可能なスタンドアロンの同時使用ライセンスの数を超えると、追加猶予期間が有効ではない限りユーザーはアクセスを拒否されます。詳しくは、「追加猶予期間」を参照してください。

単一ユーザーライセンス

概要

ライセンスが割り当てられたユーザーは、Active Directoryエントリなど一意のユーザーIDを必要とします。ライセンスが割り当てられたユーザーは、複数のデバイスを使ってデスクトップやアプリケーションに接続できます。ユーザーライセンスは、ユーザーのデバイスではなく、ユーザーに割り当てられます。

注:

これらのライセンスはユーザーライセンスのみで、ユーザー/デバイスライセンスとは異なります。

シナリオ

  • ユーザーは、デスクトップコンピューター、ノートブック、ネットブック、スマートフォン、シンクライアントなどの複数のデバイスに接続できます。この場合、1人のユーザーがCitrix Virtual Desktopsの複数のインスタンスに同時に接続することができます。

ライセンス割り当て期間

ユーザーが複数のデバイスに接続すると、90日間の割り当て期間にユーザーライセンスが消費されます。ライセンス割り当て期間は、接続したときから開始します。この期間は、接続されている間90日満期で更新されます。ライセンス割り当てのデバイスリースは、最後に接続したユーザーまたはデバイスが切断されてから90日で期限切れになります。

ユーザーやデバイスのライセンスの解放

次の場合に限り、ユーザーのライセンスを解放できます:

  • 会社への関連付けがなくなった従業員。
  • 長期休暇中の従業員。

デバイスのライセンスの解放が必要になるのは、デバイスが故障した場合などです。

詳しくは、「ユーザーやデバイスのライセンスの表示と解放」を参照してください。

単一デバイスライセンス

概要

ライセンスが割り当てられたデバイスは一意のデバイスIDを必要とし、任意のユーザーが製品インスタンスにアクセスできます。そのデバイスからのアクセスが許可されるユーザー数に制限はありません。1つのデバイスライセンスで、同じデバイスの複数のユーザーをサポートできます。

注:

これらのライセンスはデバイスライセンスのみで、ユーザー/デバイスライセンスとは異なります。

シナリオ

  • 多くの学生が使用する、クラスルームワークステーション。
  • 病院のスタッフが使用する、病院内の臨床ワークステーション。

ライセンス割り当て期間

1つのデバイスを複数のユーザーが使用する場合、デバイスライセンスは90日間の割り当て期間に消費されます。ライセンス割り当て期間は、接続したときから開始します。ライセンス割り当てのデバイスリースは、最後に接続したユーザーまたはデバイスが切断されてから90日で期限切れになります。

ユーザーやデバイスのライセンスの解放

次の場合に限り、ユーザーのライセンスを解放できます:

  • 会社への関連付けがなくなった従業員。
  • 長期休暇中の従業員。

デバイスのライセンスの解放が必要になるのは、デバイスが故障した場合などです。

詳しくは、「ユーザーやデバイスのライセンスの表示と解放」を参照してください。

単一ソケットライセンス

単一ソケットライセンスは、CPUソケットの数に基づいて消費されます。コアではカウントされません。例:

  • コンピューターにCPUソケットが2つあっても、CPUが1つしかない場合、消費されるライセンスは1つのみです。
  • コンピューターにクアッドコアCPUが2つある場合でも、消費されるライセンスは2つのみです。

Citrix Hypervisorは単一ソケットライセンスを使用します。

指定ユーザーライセンス(レガシー)

製品でライセンスを要求すると、事前設定された期間中、指定ユーザーライセンスがチェックアウトされます。この種類のライセンスのチェックアウトはコンピューターまたはデバイスに関連付けられません。ライセンスがチェックアウトされると、追加のライセンスをチェックアウトしなくても、ユーザーは複数のセッションを複数の異なるコンピューターで実行できます。

ライセンスの超過使用保護

ユーザー/デバイスユーザー、またはデバイスライセンスモデルをサポートするオンプレミス製品には、ライセンスの超過使用保護機能が含まれています。この機能によって、購入した数量に対して10%の追加ライセンスを使用できるため、アクセス拒否を防ぐことができます。ライセンスの超過使用数は、ライセンス管理コンソール内の別の列に表示されます。インストールされた列には、購入したライセンスの合計と関連する超過使用数の合計の両方が表示されます。超過使用情報はStudioでも確認できます。

ライセンスの超過使用保護機能は、ライセンス使用権には関係なく便宜上提供されています。使用されるすべての超過使用保護ライセンスは初回の使用から30日以内に購入する必要があります。

同時使用ライセンスとサーバーライセンスには、超過使用保護機能は含まれません。シトリックスは、本製品の新規リリースで超過使用保護機能を削除する権利を留保します。

追加猶予期間

追加猶予期間により、15日間連続して製品に無制限にアクセスできます。この機能は、Citrix Virtual Apps and Desktopsライセンスで利用できます。この機能は、バージョンがXenApp 7.6またはXenDesktop 7.6以降で利用できます。

すべてのライセンス(該当する場合はライセンスの超過使用保護ライセンスも含む)が使用されている場合、追加猶予期間中に、ユーザーの作業を中断させることなく最大ライセンス数を超過した原因を調査し、さらにライセンスを購入するかを検討することができます。

追加猶予期間が終了すると、通常の接続制限が適用されます。アクティブなセッション中にユーザーが切断されることはありません。ただし、ユーザー側で切断した場合は、ライセンスレベルが通常の状態に戻るまで新しい接続は拒否されます。

終了した追加猶予期間が自動的に再度有効になることはありません。再度有効にするには、別の製品版ライセンスをインストールして、次に使用ライセンス数が超過したときに再び15日の追加猶予期間が開始されるようにする必要があります。

追加猶予期間が開始されたら、満期まで使用することをお勧めします。警告状態を取り消すために、すぐにライセンスを追加しないでください。この期間中に現状を総合的に判断し、問題に適切に対応できます。

注:

追加猶予期間中にライセンスをインストールすると、ライセンスサーバーが追加猶予期間を終了します。追加猶予期間の理由と必要なライセンス数を最終的に決定する前に追加猶予期間を再度有効化すると、別ライセンスのインストール後に追加猶予期間が再度発生する可能性があります。

追加猶予期間は、製品のバージョンおよびエディションに応じて付与され、対象は製品版ライセンスのみです。最初にライセンスをインストールするとき、追加猶予期間は、デフォルトで有効になっています。追加猶予期間機能を無効にするには、Citrix Licensing Managerを使用します。

追加猶予期間中に消費されたライセンスの合計数を追跡する方法はありません。lmstat udadminおよび製品からの接続情報を使用して、必要な追加ライセンスの数を判別できます。

注:

猶予期間と追加猶予期間は、2つの異なる機能です。

ライセンスの有効期限が切れると、猶予期間および追加猶予期間機能は適用されません。

猶予期間について詳しくは、「猶予期間」を参照してください。

Citrix Virtual Apps and DesktopsのDirectorは猶予期間の状態を表示します。詳しくは、「Directorのダッシュボードのパネル」を参照してください。

追加猶予期間は、ライセンスの権利ではなく便宜上提供されています。シトリックスは、本製品の新規リリースでこのような機能を削除する権利を留保します。

超過使用保護および追加猶予期間の例

例1: Citrix Virtual Apps and Desktopsのユーザー/デバイス、ユーザー、またはデバイスライセンス。超過使用保護機能および追加猶予期間機能を使用

超過使用保護および追加猶予期間

最初に、Citrix(I)から1000ライセンスを購入してインストールします。これには、10%の超過使用保護ライセンスの割り当て(OD)が含まれます。ライセンスが割り当てられると、合計で1100ライセンスになります。この時点で、接続するユーザーの数に対して十分な数です。

d0後日(0日目)。1050ライセンスを使用しています。1001番目のライセンスが使用されると、超過使用保護機能がアクティブになります。ユーザーは中断なくサービスに引き続き接続できます。すぐにライセンスのニーズの評価を開始します。ODを超えるまで待たないでください。最初に購入した1000に加えて、さらにライセンスを購入することを検討してください。

d10 10日後(10日目)。より多くのユーザーが接続し、1150ライセンスが使用されています。これは、使用可能な合計ライセンス、1100を超えています。1101番目のライセンスが使用されると、15日間の追加猶予期間(SPG)が開始され、追加ライセンスの必要性を評価する時間が与えられます。ユーザーは中断なくサービスに引き続き接続できます。

d25 15日後(25日目)。追加のライセンスを購入してインストールしないことを選択したため、追加猶予期間が終了します。1100を超えるライセンスをチェックアウトする必要がある場合、ユーザーは新しい接続を確立できません。さらにライセンスを購入してインストールするまで、追加猶予期間を再度有効にすることはできません。

例2: Citrix Virtual Apps and Desktopsの同時使用ライセンス。追加猶予期間機能を使用

追加猶予期間

最初に1000の同時使用ライセンスを購入してインストールします(I)。同時使用ライセンスでは超過使用保護の割り当てはありません。この時点で、接続するユーザーの数に対して十分な数です。

d0後日(0日目)。1050ライセンスを使用しています。1001番目のライセンスが使用されると、15日間の追加猶予期間(SPG)が開始され、追加ライセンスの必要性を評価する時間が与えられます。ユーザーは中断なくサービスに引き続き接続できます。すぐにライセンスのニーズの評価を開始します。追加猶予期間が終了するまで待たないでください。最初に購入した1000に加えて、さらにライセンスを購入することを検討してください。

d15 15日後(15日目)。追加のライセンスを購入してインストールしないことを選択したため、追加猶予期間が終了します。1000を超えるライセンスをチェックアウトする必要がある場合、ユーザーは新しい接続を確立できません。さらにライセンスを購入してインストールするまで、追加猶予期間を再度有効にすることはできません。

超過使用保護および追加猶予期間の可用性

次の表に、各製品のライセンスにおける超過使用保護と追加猶予期間のサポートの有無を示します。詳しくは、「製品とライセンスモデル」を参照してください。

オンプレミス製品 ライセンスの種類 10%の超過使用保護 追加猶予期間(15日間)
Citrix Virtual Apps and Desktops ユーザー/デバイス、ユーザー、デバイス はい はい
Citrix Virtual Apps and Desktops 同時使用 いいえ はい
XenMobile Server ユーザー、デバイス はい いいえ

年間および期間ベースの製品版ライセンスのCitrixオンプレミスサブスクリプション

オンプレミスサブスクリプションライセンスにより、お客様は自社インフラストラクチャ内でCitrix環境を一定期間ホストできます。オンプレミスサブスクリプションライセンスの期限は1〜5年で、特定の日付で有効期限が切れます。ライセンスは、有効期限が切れると機能を停止します。これらの製品では、利用可能なすべての最新機能が提供され永続的ライセンスに変換することができます。

購入したライセンスには、オンプレミスサブスクリプションライセンスとCustomer Success Services Selectサービスの両方が含まれます。Customer Success Services Selectサービスは、サブスクリプションの全期間で利用できます。

注:

無期限(永続的)ライセンスとサブスクリプションライセンスの混在がサポートされています。お客様が同じ製品、エディション、およびライセンスモデルを使用している場合、既存の環境を拡張するために混在させることができます。永続的ライセンスまたはサブスクリプションライセンスのどちらを使用しても、パフォーマンスに違いはありません。唯一の違いは、有効期限の有無です。

ライセンスの有効期限前

毎月自動的に更新される製品の場合、有効期限が切れる前にCitrixから通知が送信されることはありません。

自動的に更新されない製品の場合、既存のサブスクリプションの有効期限が近くなると、Citrixから一定の間隔で通知が送信されます。これらの通知は、サブスクリプションを延長してサービスの中断を回避するよう促します。

すべてのオンプレミスサブスクリプションの、年間およびその他の期間ベースの製品版ライセンスには、有効期限にあらかじめ追加の30日が含まれています。これらの追加の30日は、Citrix Licensing Managerに表示される有効期限に含まれています。この30日の間、元のサブスクリプションライセンスが期限切れになる前に、サブスクリプションライセンスの再購入、割り当て、およびインストールを行うことができます。更新しない場合、製品は機能が制限されたライセンスが適用されていない状態になります。

例: 2020年10月21日に1年間のオンプレミスサブスクリプションライセンスを購入した場合、ライセンスの有効期限は2021年11月22日の12時1分です。

Citrix Licensing Managerに表示されている日付に従って、オンプレミスサブスクリプションの有効期限が切れると、新しい接続は許可されません。利用中のユーザーは影響を受けませんが、ユーザーがログオフまたは切断した場合、再アクセスは許可されません。

オンプレミスサブスクリプションライセンスの延長

Citrix Auto-Renewal(自動更新)プログラムは、すべてのオンプレミスサブスクリプションライセンスのデフォルトの更新プログラムです。オンプレミスサブスクリプションライセンスは、自動更新プログラムに登録されています。自動更新プログラムについて詳しくは、「https://www.citrix.com/buy/licensing/citrix-cloud-services-renewals.html」を参照してください。

オンプレミスライセンスサブスクリプションを延長するには、https://www.citrix.com/ja-jp/buy/にアクセスします。

注:

開始日が将来に設定されているライセンスは、ライセンスファイルに記載されている実際の開始日までライセンスサーバーインベントリに表示されません。

よくある質問

  • オンプレミスサブスクリプションライセンスは、同じサーバー上に既存の永続的ライセンスがあっても機能しますか?

    はい、既存のライセンスサーバー運用のガイドラインの範囲内です。お客様は、新しい期間ライセンスファイルをライセンスサーバーに追加する必要があります。

    製品バージョン(Virtual Apps/ Virtual Apps and Desktops)、エディション(Standard、Advanced、Premium)、および種類(ユーザー/デバイス、同時使用)が同じである場合、期間ライセンスまたはサブスクリプションライセンスの存在によって、オンプレミスサブスクリプションライセンスを既存の環境に配信するときに問題が発生することはありません。例:

    • Virtual Apps and Desktops Premiumの同時使用永続的ライセンスと、Virtual Apps and Desktops Premiumの同時使用期間ライセンスを組み合わせても問題は発生しません。

    • Virtual Apps and Desktops Premiumの同時使用永続的ライセンスとVirtual Apps and Desktops Premiumのユーザー/デバイス期間ライセンスを組み合わせる場合。このライセンスの組み合わせは標準的ではないため、考慮事項と追加の構成が必要です。この組み合わせは、ライセンスの利用には最適でない場合があります。

    • Virtual Apps and Desktops Premiumの同時使用永続的ライセンスとVirtual Apps and Desktops Advancedのユーザー/デバイス期間ライセンスを組み合わせる場合。このライセンスの組み合わせは標準的ではないため、お勧めできません。購入したすべてのライセンスを使用するには、複数のサイトまたはファームが必要です。

  • XenAppファーム、Cirtrix Virtual Apps、Citrix Virtual Apps and Desktopsにアクセスできなくなりますか?

    はい。ライセンスの有効期限が切れると、新しいアクセスは許可されません。既に利用中の場合は、ユーザーが切断、ログオフ、またはリセットするまで影響を受けません。

  • 15日間の追加猶予期間(SGP)は存在しますか? それとも、SGPは永続的ライセンスにのみ適用されますか?

    いいえ。ライセンスの有効期限には追加猶予期間はありません。お客様が再購入したライセンスをインストールする場合は、有効期限に1か月が追加されます。