Linux Virtual Delivery Agent

このリリースについて

新機能

1912 LTSRの新機能

Linux VDAのバージョン1912には、次の新機能と強化された機能があります。

AWSプラットフォームでのMCSのサポート

Machine Creation Services(MCS)を使用して、AWSプラットフォームでLinux仮想マシンを作成できます。詳しくは、「MCSを使用したLinux仮想マシンの作成」を参照してください。

現在実行中のVDAをテンプレートとして使用

MCSを使用してLinux仮想マシンを作成する場合、現在実行中のVDAをテンプレートとして使用し、既存の構成をすべて継承できます。この実行中のVDAは、手動でインストールすることも、簡易インストールでインストールすることもできます。詳しくは、「MCSを使用したLinux仮想マシンの作成」を参照してください。

クライアントドライブマッピング:大容量ファイル転送のサポート

クライアントドライブマッピングでは、Linux VDAとクライアントデバイス間で、4GB以上のサイズのファイル転送がサポートされるようになりました。この拡張機能では、クライアントで1808以降のWindows向けCitrix Workspaceアプリが実行されている必要があります。

注:

このリリースでは、サポートされているすべてのディストリビューションでOpenJDKをバージョン1.8.0に更新します。

このリリースについて