Linux Virtual Delivery Agent

HDX Webカメラビデオ圧縮

概要

Linux VDAセッションで実行されているビデオ会議アプリケーションのユーザーは、HDX Webカメラビデオ圧縮を使用してWebカメラを利用できるようになりました。この機能はデフォルトで有効になっています。可能であれば常に、HDX Webカメラビデオ圧縮を使用することをお勧めします。

HDX Webカメラビデオ圧縮は、最適化Webカメラモードとも呼ばれます。このタイプのWebカメラビデオ圧縮では、仮想セッションで実行されているビデオ会議アプリケーションにH.264ビデオを直接送信します。HDX Webカメラビデオ圧縮では、クライアントオペレーティングシステムに含まれるマルチメディアフレームワークテクノロジにより、キャプチャデバイスのビデオをインターセプトし、トランスコードおよび圧縮します。各キャプチャデバイスの製造元から、OSカーネルのストリーミングアーキテクチャに組み込まれるドライバーが提供されています。

クライアントは、Webカメラとの通信を処理します。その後、サーバーで適切に表示できるビデオのみを、サーバーに送信します。サーバーがWebカメラと直接やり取りをするわけではありませんが、統合によりデスクトップでも同様のエクスペリエンスが得られます。Citrix Workspaceアプリがビデオを圧縮するため、帯域幅が節約され、WANシナリオでの回復性の向上します。

Webカメラ圧縮

注:

  • この機能は、Citrix WorkspaceアプリクライアントからのH.264ビデオのみをサポートします。
  • サポートされているWebカメラの解像度は48x32から1920x1080の範囲です。
  • Webカメラを使用している場合、Citrix Workspaceアプリのツールバーの [汎用USBデバイス] は選択しないでください。選択すると、予期しない問題が発生する可能性があります。
    汎用USBデバイス

サポートされているLinuxディストリビューション

  • RHEL 8.3/CentOS 8.3
  • RHEL 7.9/CentOS 7.9
  • Ubuntu 20.04
  • Ubuntu 18.04
  • Ubuntu 16.04
  • Debian 10

完全にテスト済みのWebカメラ

Webカメラが異なれば、フレームレートや、明るさとコントラストのレベルも異なります。Citrix製品では、初期の機能検証に次のWebカメラを使用します:

  • Logitech HD Webcam C270
  • Logitech Webcam C930e
  • Microsoft-LiftCam-HD3000

構成

この機能はデフォルトで有効になっています。これを使用するには、次の検証と構成を完了します:

ヒント:

Citrix Workspaceアプリのユーザーは、Desktop Viewerの [マイクとWebカメラ] 設定で [接続しない] を選択すると、デフォルト設定を上書きできます。 接続しない

  1. VDAのインストールが完了したら、VDAがDelivery Controllerに登録でき、公開されたLinuxデスクトップセッションがWindows資格情報を使用して正常に起動できることを確認します。

  2. VDAがインターネットにアクセスできることを確認してから、sudo /opt/Citrix/VDA/sbin/ctxwcamcfg.shコマンドを実行してWebカメラの構成を完了します。VDAにインターネットアクセスがない場合は、手順3に進みます。

    VDAがDebian 10にデプロイされている場合は、最新のカーネルバージョンで実行されていることを確認してください。それ以外の場合は、次のコマンドを実行して最新のカーネルバージョンに更新します:

    sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
    sudo reboot
    <!--NeedCopy-->
    

    ctxwcamcfg.shスクリプトは、次のことに役立ちます:

    1. FFmpegkernel-devel、および動的カーネルモジュールサポート(DKMS)プログラムをVDAにインストールします。
      • FFmpegはビデオのデコードに使用されます。
      • kernel-develは、対応するバージョンの仮想Webカメラカーネルモジュールを構築するために使用されます。
      • DKMSは、仮想Webカメラカーネルモジュールを動的に管理するために使用されます。

      注:

      上記のプログラムをRHELおよびCentOSにインストールすると、ctxwcamcfg.shスクリプトがインストールされ、VDAの次のリポジトリが有効になります:

      • Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL)
      • RPMフュージョン
    2. https://github.com/umlaeute/v4l2loopbackからオープンソースコードv4l2loopbackをダウンロードし、DKMSを使用してv4l2loopbackを管理します。
      v4l2loopbackは、V4L2ループバックデバイスを作成できるカーネルモジュールです。

    3. sudo service ctxwcamsd restartコマンドを実行します。Linux VDAのWebカメラサービス、ctxwcamsdは、HDX Webカメラビデオ圧縮機能のv4l2loopbackカーネルモジュールを再起動してロードします。
  3. VDAにインターネットアクセスがない場合は、別のマシンでv4l2loopbackカーネルモジュールをビルドしてから、VDAにコピーします。

    1. インターネットにアクセスでき、かつVDAと同じカーネルバージョンのビルドマシンを準備します。uname -rコマンドは、カーネルのバージョンを見つけるのに役立ちます。

    2. ビルドマシンで、sudo mkdir -p /var/xdlコマンドを実行します。

    3. /var/xdl/configure_*を、VDAから/var/xdl/のビルドマシンにコピーします。

    4. ビルドマシンで、sudo /opt/Citrix/VDA/sbin/ctxwcamcfg.shコマンドを実行してカーネルモジュールをビルドします。コマンドが正常に実行されると、/var/lib/dkms/v4l2loopback/1.81b8df79107d1fbf392fdcbaa051bd227a9c94c1/$(uname -r)/x86_64/module/パスにv4l2loopback.koファイルが作成されます。ctxwcamcfg.shスクリプトを実行するときに発生する可能性のあるエラーは無視します。
    5. v4l2loopback.koをビルドマシンからVDAにコピーして、/opt/Citrix/VDA/lib64/に配置します。
    6. VDAで、sudo service ctxwcamsd restartコマンドを実行してWebカメラサービスを再起動し、v4l2loopbackカーネルモジュールをロードします。
    7. HDX Webカメラのビデオ圧縮機能を使用する前に、必ずFFmpegプログラムをVDAにインストールしてください。
HDX Webカメラビデオ圧縮