MAM SDKの概要

MDX Toolkitから移行するにあたって、MAM SDKは、iOSおよびAndroidプラットフォームで対応されていないMDX機能の領域を置き換えます。MDX ServiceまたはMDX Toolkitを使用してサードパーティアプリをラップするのではなく、MAM SDKを使用してアプリを作成します。このアプリ開発方法では、ラッパーに依存せずにAPIを直接呼び出すことができます。MAM SDK APIについて詳しくは、Device Managementの開発者用のドキュメントを参照してください。

MAM SDKは以下で利用できます:

  • iOS 12以降
    • Objective C/Swift
  • Android 7以降
    • Java
    • Cordova
    • Xamarin

MAM SDKは現在、Citrix IDプラットフォームをサポートしていません。

MAM SDKはプレビューとして利用できます。MDX Toolkitが廃止される前に、MAM SDKをダウンロードしてテストすることをお勧めします。ダウンロードファイルは、MAM SDKとToolkitから利用できます。

MAM SDKを使用するには、次の手順を実行します:

  1. 開発に使用する言語に対応したMAM SDKをダウンロードします。必要なファイルは、CitrixのダウンロードページMAM SDKとToolkitで確認できます。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し、開発フォルダーに配置します。
  3. アプリを開発し、適切なAPIを呼び出します。MAM SDKの一部として利用可能なAPIについて詳しくは、Device Managementの開発者用のドキュメントを参照してください。
  4. iOSの場合、XcodeでIPAファイルを作成するときに、次のコマンドを追加して、IPAをMDXファイルに埋め込むこともできます:

    
    export TOOLKIT_DIR="$PROJECT_DIR/Frameworks/MdxCore.framework"
    
    export IPA_FILE_PATH="Provide IPA File Path"
    
    export EXECUTABLE_NAME="Provide the name for your application's app folder."
    
    #CONFIGURATION_BUILD_DIR comes from Xcode.
    
    "$TOOLKIT_DIR/CGAppCLPrepTool" SetInfo -in "$CONFIGURATION_BUILD_DIR/$EXECUTABLE_NAME.mdx" -out "$CONFIGURATION_BUILD_DIR/$EXECUTABLE_NAME.mdx"  -embedBundle "${IPA_FILE_PATH}"
    
    
  5. デバイス管理モードでAndroid EnterpriseデバイスおよびAndroidデバイス用のMDXファイルを生成するには、コマンドラインから次のコマンドを実行します:

    
    java -jar ~/MAMSDK/Library/tools/managed-app-utility.jar \
    
    wrap \
    
    -in ~/Desktop/SampleApps/Sample.apk \
    
    -out ~/Desktop/SampleApps/Outputs/Sample.mdx \
    
    -appType sdkapp \
    
    -keystore ~/Desktop/MyCompany.keystore \
    
    -storepass MyKeystorePassword \
    
    -keyalias MyCompanyKeyAlias \
    
    -keypass MyKeyAliasPassword \
    
    -storeUrl "https://play.google.com/store/apps/details?id=MyAppPackageName" \
    
    
  6. アプリの記事」の説明どおりにEndpoint ManagementコンソールにMDXファイルをアップロードします。

iOSおよびAndroidに関するサードパーティのアプリポリシー

次の表は、MAM SDKを使用してiOSおよびAndroidアプリに統合できるサードパーティポリシーです:表のは、MAM SDKの一部としてサポートされているデバイスポリシーのみを示します。プラットフォームを使用とラベル付けされたAndroid Enterpriseポリシーの場合は、Endpoint Managementプラットフォームのデバイスポリシーをチェックして、ポリシーを追加できることを確認します。

MAM SDKライブラリについて詳しくは、Device Managementの開発者用のドキュメントを参照してください。

| ポリシー名 | iOSで有効 | Android Enterprise | MAM SDKの種類 | | ——– | ———– | ———– | ———– | | 分析: | | Google Analyticsの詳細レベル | ○ | ○ | コア | | アプリのネットワークアクセス: | | デフォルトのログ出力 | ○ | ○ | ネットワーク/VPN | | デフォルトのログレベル | ○ | ○ | ネットワーク/VPN | | 最大ログファイル数 | ○ | ○ | ネットワーク/VPN | | 最大ログファイルサイズ | ○ | ○ | ネットワーク/VPN | | ネットワークアクセス | ○ | ○ | ネットワーク/VPN | | 除外の一覧 | ○ | ○ | ネットワーク/VPN | | アプリ相互作用: | | 切り取りおよびコピー | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 貼り付け | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | ドキュメント交換(このアプリケーションで開く) | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | [このアプリケーションで開く]制限の例外一覧 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 受信ドキュメント交換(このアプリケーションで開く) | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | アプリのURLスキーム | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 許可するURL | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | アプリ制限: | | カメラを禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | フォト ライブラリを禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | マイク録音を禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | ディクテーションを禁止 | ○ | プラットフォームを使用| 抑制 | | 位置情報サービスを禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | SMS作成を禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | iCloudを禁止 | ○ | 使用できません | 抑制 | | 検索を禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | ファイルのバックアップを禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | AirPrintを禁止 | ○ | 使用できません | 抑制 | | AirDropを禁止 | ○ | 使用できません | 抑制 | | TwitterとFacebookのAPIを禁止 | ○ | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 画面の内容を不鮮明にする | X | プラットフォームを使用 | | サードパーティ製キーボードを禁止(iOS 11+以降のみ) | X | プラットフォームを使用 | 抑制 | | アプリログを禁止 | X | プラットフォームを使用 | 抑制 | | アプリのジオフェンス: | | | | | 中心点の経度 | X | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 中心点の緯度 | X | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 半径 | X | プラットフォームを使用 | 抑制 | | 認証: | | | | | デバイスのパスコード | X | プラットフォームを使用 | コンプライアンス | | アプリのパスコード | X | プラットフォームを使用 | ローカル認証 | | 最大オフライン期間(時間)| X | プラットフォームを使用 | ローカル認証 | | デバイスのセキュリティ : | | | | | ジェイルブレイクまたはRoot化を禁止 | X | プラットフォームを使用 | コンプライアンス | | EDPアプリのコンプライアンス | X | プラットフォームを使用 | コンプライアンス | | EDPアプリのコンプライアンス条件 | X | プラットフォームを使用 | コンプライアンス | | Secure Mail: | | | | | メールのリダイレクト | X | プラットフォームを使用 |抑制 | | その他のアクセス: | | | | | ロック時にアプリデータを消去 | X | プラットフォームを使用 | コンプライアンス | | アプリ更新猶予期間(時間) | X | プラットフォームを使用 | Core | | アクティブなポーリング周期(分) | X | プラットフォームを使用 | コア | | 必要なアップグレードを無効化 | X | プラットフォームを使用 | コア |

MAM SDKの概要