差分ディスクのVHDXチェーン

バージョン管理によって、vDiskの更新と管理のタスクがシンプルになり、より柔軟かつ信頼できる方法でvDiskを管理することができます。

vDiskは、VHDXベースのイメージファイル、関連するサイドカーファイル、さらに当てはまる場合は、参照されるVHDX差分ディスクのチェーンから構成されます。差分ディスクは基本ディスクイメージに対する変更を記録するために作成され、元の基本ディスクは変更されずに残ります。基本ディスクに関連付けられた差分ディスクは、それぞれが異なるバージョンに相当します。

次の図は、使用されるファイル命名規則と、基本ディスクおよびその基本ディスクを参照するすべてのバージョンの関係を示しています。

VHDXチェーン

注:vDiskバージョンは[vDiskバージョン]ダイアログボックスで共通のvDiskのバージョン管理タスクを実行することによって作成し管理します。

vDiskを保守モードにするたびに、新しいバージョンのVHDX差分ディスクが作成されます。次の表に示すようにファイル名に含まれる数が1つずつ増えていきます。

  VHDXファイル名 プロパティファイル名 ロックファイル名
基本イメージ win7dev.vhdx win7dev.pvp win7dev.lok
バージョン1 win7dev.1.vhdx win7dev.1.pvp win7dev.1.lok
バージョン2 win7dev.2.vhdx win7dev.2.pvp win7dev.2.lok
バージョンN win7dev.N.vhdx win7dev.N.pvp win7dev.N.lok

VHDXファイルのマージについて詳しくは、「VHDX差分ディスクのマージ」を参照してください。

差分ディスクのVHDXチェーン