既知の問題

  • Provisioning Services UEFIターゲットデバイスでは、[起動メニューにローカルハードディスクを一覧表示する] オプションはサポートされていません。起動メニューでこのオプションを選択している場合、UEFIターゲットデバイスのハードディスクは起動しません。代わりに、タイムアウト後にもう一度起動メニューが表示されます。
  • Provisioning Servicesは、Windows 10 Fall Creatorバージョン1709をサポートし、次の既知の問題があります:
    • ターゲットデバイスのアンインストールは、Windows 10バージョン1709で停止します。この問題を解決するには、ターゲットデバイスのインプレースアップグレードを使用します。[LCM-3219]
    • Windows 10(32ビット)バージョン1709は、プライベートイメージモードのvDiskからは起動できません。[LCM-3224]
  • PVSセットアップウィザードでXenServerホストに仮想マシンを作成して1つのvCPUを指定した場合、その仮想マシンは1つのvCPUと「2コア、1ソケット」のトポロジで作成されます。この構成によって仮想マシンを起動することができなくなり、XenCenterで次のエラーメッセージが表示されます。「’VCPU_max must be a multiple of this field’の値がフィールド’platforms:cores-per-socket’に対して無効です。」結果として、トポロジとvCPU構成が適合しないため、XenCenterは仮想マシンを起動できません。

[#PVS-1126]

  • Ubuntu(バージョン16.04.2)でvDiskを作成する場合、プロセスの最初と最後でエラーメッセージが表示されます。[OK] をクリックして、vDiskの作成を続行します。この問題によって、イメージ作成が影響を受けることはありません。

[#PVS-2200]

  • 日本語などにローカライズされた環境でLinuxストリーミング機能を使用すると、構成イメージウィザードの使用中に文字化けが発生します。

[#PVS-1454]

  • Windows 10 Fall Creatorの更新プログラムを使用してターゲットデバイスをアップグレードした後にアンインストールしようとすると失敗します。Provisioning Servicesでは、Windows 10 Fall Creator(v1709)はサポートされません。ただし、このバージョンを公開する時点で最新の半年ごとのWindows 10リリースはサポートされます。

[#PVS-3123]

  • オンプレミスPVSサーバーでマシンカタログを作成できません。オンプレミスPVSサーバーのPVSマシンがそのPVSマシンに関連するActive Directoryアカウントを持っていない場合にStudioからPVSマシンカタログを作成しようとすると、この問題が発生します。この問題を解決するには、Citrix Cloud StudioとDesktop Delivery Controllerを使用して、PVSマシンカタログ作成時に:
  1. オンプレミスPVSサーバーに接続します。
  2. PVSコレクションを選択します。
  3. マシンをそのコレクションからXenDesktopマシンカタログにインポートします。:PVSマシンがそのPVSマシンに関連するActive Directoryアカウントを持っている必要があります。

[#XACO-674]

  • Nutanixに関するこのリリースの既知の問題は次のとおりです:
    • XenDesktopまたはStudioを使用すると、既存のPVSコレクションをインポートできません。
    • XenDesktopセットアップウィザードを使用してAcropolisハイパーバイザーをプロビジョニングする場合、ハードディスクを選択せずにスナップショットを選択し、スナップショットが新しい仮想マシンになるようにします。
    • XenDesktopセットアップウィザードは、Acropolisハイパーバイザーへの接続で無効な資格情報が指定されると、誤ったエラーメッセージを報告します。この問題は、無効な認証情報を使用する他のハイパーバイザープラットフォームのエラー条件と一致しています。
    • Nutanix AcropolisハイパーバイザーはAVU(vDiskの自動更新)をサポートしません。[#PVS-2164]

既知の問題